【最新】XMのビットコイン(btc)取引まとめ。仮想通貨取引における3つの強みと4つの弱み

【最新】XMのビットコイン(btc)取引まとめ。仮想通貨取引における3つの強みと4つの弱み

 

当記事は、XMのビットコイン・仮想通貨取引について管理人が辛口で書いたものである。

情報の出し惜しみはせずどのサイトよりも公平に、本音でXMのビットコイン取引の強みと弱みについて記載している。

『XMのビットコイン取引ってぶっちゃけどうなの?』が知りたい方は目を通していただきたい。

続きを読む

Land Prime(ランドプライム)の評判は?他サイトには記載がない悪い部分も正直に話す。

LANDFX(ランドFX)の評判は?他サイトには記載がない悪い部分も正直に話す。

 

Land Prime(ランドプライム)は、2023年11月にLAND-FXがリニューアルして誕生した海外FX業者だ。

ブローカー業務を世界中で展開しており、ニュージーランド、イギリスなど世界各地に拠点を構えるグローバル企業。

0.0035秒以内の高約定・FXだけでも60種類以上、加えて貴金属・オイル・ガス・株価指数CFDなど豊富な通貨ペアを提供しており、Land Primeを利用する日本人トレーダーも増えてきている。

NDZライセンスに加え、セントビンセント金融サービス機構(FSA)も取得している。

Land Primeでもし新規で口座開設するなら、最大レバレッジ2,000倍のプロ口座もしくはスワップフリー口座の開設をおすすめする。

Land Primeの口座開設はこちら

当ページでは、管理人が感じたLand Primeの良い評判、悪い評判を紹介していく。

他の業者の評判も知った上でLand Primeの利用を決めたいトレーダーには以下の記事もぜひ合わせて読んでもらいたい。
関連記事:海外FX業者おすすめランキング13選!日本人トレーダーに人気の会社を徹底比較!

続きを読む

TitanFXの口座開設方法と手順!本人確認書類の提出から取引開始までの流れ

TitanFX(タイタンFX)の口座開設方法と本人確認書類の提出手順。どこよりも分かりやすいまとめ【所要時間3分】

 

TitanFXの口座開設方法を解説していく。

口座開設にかかる時間は1〜3分で、【STEP1】申し込みフォームへの入力【STEP2】本人確認の手続きを済ませれば完了できる。

TitanFXに関して気になる人はぜひチェックしてほしい。

TitanFXの口座開設方法から本人確認書類の提出方法・取引開始までの流れを解説している。

続きを読む

XM(XMTrading)の入金方法一覧!おすすめの方法・反映されない原因と対処法を解説

XM(XMTrading)の入金方法を鬼まとめ。手数料や反映時間、手順を伝授する。

 

2024年2月現在、XMの入金方法は国内銀行送金」「クレジットカード/デビットカード(VISA・JCB)」「bitwallet」「STICPAY」「BXONE」の5種類だ。
※このうちJCBカードとSTICPAYの新規受付は終了している。

国内銀行送金以外の入金方法は、24時間365日、いつでも即時資金反映される。

またXMでは原則入金手数料がかからないため、トレーダーにとって非常によい環境が用意されているぞ。

当ページでは海外FX業者の”XMの入金”に関わる全ての知識を動画と画像でまとめた。

XMの入金についてわからないことがあれば当ページを参考にしてほしい。

続きを読む

FX取引の”1pips”とは?1ピップスはいくら?一瞬で計算できるツールも紹介

FX取引の"1pips"とは?1ピップスはいくら?一瞬で計算できるツールも紹介

 

「50pips儲けた」
「ドル円のスプレッドが1.0pips」

このようにFX取引において頻繁に登場するpips(ピップス)という単位。

なんとなく雰囲気では理解しているが、厳密にはわからない…』という人も多いだろう。

そこで今回は国内外問わずにFX取引で重要になってくるpipsという単位について、

  • そもそもpipsってどんな単位なのか
  • 1pipsはいくらか
  • 1pispを簡単に計算する方法はないのか

を、どこよりもわかりやすくまとめている。
続きを読む

cTraderは使いにくい?19のメリットデメリットから完全解説。

cTraderを管理人がガチンコレビュー

FX取引のプラットフォームでは、MT4一強時代が長年続いてきた。

そんな中MT4に対抗して、cTraderというプラットフォームが2011年に登場したのはご存知だろうか。

cTraderは、スキャルピングやデイトレードが主のECN取引用に開発されたツールである。

まだまだ日本では聞きなじみがないかもしれないが、一部のトレーダーの中ではMT4を超えた!と言われるほど高評価を得ている。

本ページでは、そんなcTraderを管理人が実際に使ってみて感じたメリットデメリットをまとめた。

続きを読む

AXIORYの最狭スプレッド一覧!全通貨ペア・全銘柄でまとめた。

Axioryのスプレッドまとめ

 

本記事では海外FX業者AXIORYのスプレッドをまとめている。

AXIORYには「スタンダード口座」と「ナノ口座」「テラ口座」「マックス口座」「アルファ口座」※株式専用の口座タイプの5種類の口座タイプが用意されているが、スプレッドが異なる。

  • スタンダード/マックス口座
    ナノ/テラ口座よりもスプレッドが広いが、取引手数料が無料
  • ナノ/テラ口座
    スタンダード/マックス口座よりもスプレッドが狭いが、取引手数料が発生

結論からいうと、取引手数料を抑えて取引できるスタンダード/マックス口座の方が、コストが安くなる可能性が高い。

とは言っても、海外FX業者と比べるとナノ/テラ口座は「スプレッド+取引手数料」が安いので、低スプレッドの口座を探しているなら、ナノ/テラ口座の開設もおすすめだ。

以上のことに留意しながら、本記事でAXIORYのスプレッドを確認してみてほしい。

続きを読む

AXIORYのレバレッジルールまとめ!計算方法は?制限なしで最大1000倍で取引できる

Axioryのレバレッジルールまとめ!制限なしで最大400倍で取引できるの?のアイキャッチ

 

本記事では海外FX業者AXIORYのレバレッジルールについてまとめている。

結論から言うと、2023年12月にリリースされたマックス口座なら、ロスカット0%で最大レバレッジ1,000倍で取引が可能になった。

有効証拠金となる口座残高が50万円を超えると、最大レバレッジが400倍に制限される点は注意しよう。

他の口座タイプを含めて残高が1,500万円を超えない限りは最大レバレッジ400倍で取引可能だ。

口座残高にさえ気を配れば、マックス口座なら常時最大レバレッジ1,000倍でのエントリーやポジションの保持が可能となっている。

この記事では、AXIORYのレバレッジについて解説していく。

AXIORYのレバレッジルール
  • 最大レバレッジはマックス口座の1,000倍
  • レバレッジは変更可能
  • 取引ロットによるレバレッジ制限はない
  • 口座残高によりレバレッジ制限がかかる
  • 取引銘柄により最大レバレッジが異なる

続きを読む