【2021年1月】Axioryがお年玉ボーナス(100%入金ボーナス)キャンペーンを開催中!

Axioryのお年玉100%入金ボーナスまとめ

    2021年の幕開けとともに、Axioryが豪華絢爛のボーナスキャンペーンを開催している。

    その名も「10周年スペシャル感謝祭。第一弾!お年玉ボーナスキャンペーン」。
    ボーナスの最大額は10万円で、入金額と同額(=入金額の100%)の取引用資金を受け取ることができる。

    ただ2021年1月29日23時59分までの期間限定なので、乗り遅れないようにしよう。

    本記事ではそんなAxioryのお年玉ボーナスキャンペーンについて、注意点を交えながら丁寧に開設していく。

    Axioryのボーナスバナー

    Axioryで無料口座開設して
    ボーナスを受け取る

    【Axioryの口座開設方法】管理人が実践した口座有効化までの全手順を公開

    本記事は英語版の利用規約「Terms & ConditionsAxiory Bonus Scheme for the 2021 Otoshidama Bonus」を参考に執筆している。

    Axioryのお年玉100%入金ボーナスの概要

    Axioryのお年玉100%ボーナスは、以下の4つのポイントを抑えておけば問題ない。

    • 上限10万円の100%入金ボーナス。2回目以降の入金にも対応
    • 入金の期限は2021年1月29日の23時59分。ボーナスは2021年12月31日まで有効
    • 全口座対象。既存口座開設者も受け取れる
    • ボーナスは入金後24時間以内に自動反映

    1つずつ見ていこう。

    上限10万円の100%入金ボーナス。2回目以降の入金にも対応

    今回のキャンペーンでAxioryから受け取れるボーナス額の上限は10万円
    入金額の100%がボーナス支給額なので、入金額と同等のボーナスを受け取ることができる。

    上限額の10万円を受け取りたい人は、期間中に10万円をAxioryに入金しよう。

    ちなみに今回のボーナスキャンペーンは、初回入金だけが対象ではない
    累計で10万円入金するまで入金額と同額のボーナスが受け取れる仕様だ。

    • 1回目入金:5万円
      5万円のボーナス
    • 2回目の入金:2万円
      2万円のボーナス
    • 3回目の入金:3万円
      3万円のボーナス

    上記のように、小分けに入金しても都度100%ボーナスを受け取ることができる。

    また詳しくは後述しているが、規定の取引条件を満たせば出金可能な現金に変換できるのも特徴だ。

    入金の期限は2021年1月29日の23時59分。ボーナスは2021年12月31日まで有効

    ボーナス対象になるのは「2019年1月29日23時59分までの入金」
    それ以降の入金はボーナスの対象にならないので気をつけよう。

    ちなみに受け取ったボーナスは2021年12月31日の23時30分まで取引用の資金として口座に残る
    2022年になる前にボーナスは消失してしまうので、期間内にしっかり使い切るようにしよう。

    スタンダード口座・ナノスプレッド口座問わず対象。既存口座開設者もボーナスを受け取れる

    • スタンダード口座
    • ナノスプレッド口座

    Axioryには上記2つの口座タイプが用意されているが、どちらもボーナスの対象だ。
    また今回新たにAxioryで口座開設する人も、すでに口座開設している人も、どちらもボーナスを受け取ることができる。

    ちなみにスタンダード口座とナノスプレッド口座の違いは「スプレッドの広さ」と取引手数料の有無だけ。

     AXIORY
    スタンダード口座
    AXIORY
    ナノスプレッド口座
    手数料なし0.6pips
    ドル円1.5pips0.4pips(1.0pips)
    ユーロ円1.7pips0.7pips(1.3pips)
    ポンド円2.7pips1.7pips(2.3pips)
    豪ドル円2.1pips0.9pips(1.5pips)
    ユーロドル1.3pips0.4pips(1.0pips)
    ポンドドル1.9pips0.9pips(1.5pips)
    豪ドル米ドル2.1pips0.6pips(1.2pips)

    ※Axioryは変動スプレッド制(スプレッドが時間帯でコロコロ変化する仕組み)なので、スプレッドの平均値を記載している。

    ナノスプレッド口座の方が、取引手数料(0.6pips相当)を加味しても、取引コストが安くつくことがわかるだろう。
    (表のカッコ内がスプレッド+取引手数料の値だ。)

    (参考:Axioryのスプレッド一覧!アキシオリーの全通貨ペア・取り扱い商品でまとめた。

    Axioryで取引コストを安く抑えるなら、ナノスプレッド口座がおすすめだ。

    など、他の口座スペックはナノスプレッド口座とスタンダード口座で差がない。

    ボーナスは入金後24時間以内に自動反映

    Axioryのお年玉キャンペーンを受け取るのに、煩わしい手続きは一切不要。

    ボーナス期間中に入金すれば、入金後24時間以内に口座に「クレジット」として自動反映される。

    \最大10万円!入金額と同額のボーナスGET/
    Axioryで無料口座開設して
    ボーナスを受け取る

    Axioryのお年玉ボーナスは取引条件を満たせば出金可能な現金に変換可能

    Axioryのお年玉ボーナスは、規定の取引ロット数を満たせば出金可能な現金に自動で変換される。
    現金が増える口座は「Axioryの口座の中で一番残高が多い口座」だ。

    取引ロット数に応じた現金化されるボーナス額は以下の通りだ。

    取引ロット数現金化されるボーナス額
    303万円
    605,000円
    905,000円
    1205,000円
    1506,000円
    1807,000円
    2108,000円
    2409,000円
    2701万円
    3001万5,000円

    例えば120ロット取引すれば「3万円+5,000円+5,000円+5,000円」で4万5,000円のボーナスを現金化できる。

    特に「30ロットの取引で3万円現金化」は決して高いハードルではないので、とりあえずこのラインを目指して取引してみよう。

    ちなみに入金ボーナスキャンペーンを開催している海外FX業者は複数あるが、出金可能な現金に換金できる業者はほとんどない

    ボーナス額以上の規定ロット数を満たした場合は、現金化できる枠が温存される

    上述した通り、Axioryは小分けに入金しても入金ボーナスを受け取ることができる。

    もし「あと3,000円分ボーナスを現金化できるのに、ボーナスが口座にない…」という場合になったら「現金化できるボーナス枠」は次回入金時まで温存される。

    【例】3万円入金して90ロット取引した場合

    • 受け取っているボーナス額:3万円
    • 現金化できるボーナス枠:4万円(3万円+5,000円+5,000円)

    →まず口座にあるボーナス3万円が現金かされる。
    残りの1万円は次回の入金時以降に温存される。

    この後2万円入金して2万円のボーナスを受け取った場合、ボーナス2万円のうち1万円が即座に「ボーナス→残高」に反映されることになる。

    ボーナス受け取り後、かなりのロット数取引した場合は、取引ロット数に応じた金額を入金すれば、現金が増える仕様だ。

    「ちょっとわかりづらい…」という人も安心してほしい。

    • 受け取りボーナス額
    • 取引ロット数
    • 現金化できるボーナス枠(達成額)

    は、Axioryの会員ページTOPで確認できる。

    Axioryのボーナス状況確認画面

    (参照:Axioryのお年玉キャンペーン特設ページ

    Axioryのお年玉入金ボーナスの注意点

    ゼロカットが適応された場合はボーナスが全消滅

    Axioryは追証なしのゼロカットシステムに対応しているが、ゼロカットが執行された後はボーナス額がゼロになる。

    • 残高:5万円
    • ボーナス(クレジット):10万円

    上記の口座状況において、相場の急変動で5万円を超える含み損が発生するとマイナス残高が発生。
    ゼロカットが執行されるので、10万円のボーナスはゼロになる。

    1円でもマイナス残高が発生しまうとボーナスが全消滅になるので、気をつけよう。

    ボーナスだけで取引できるのはMT4口座のみ

    • MT4
    • cTrader

    Axioryは上記2つの取引プラットフォームに対応しているが、ボーナスのみで取引できるのはMT4だけ。
    cTraderはボーナスだけを証拠金にしてポジションを建てることができない

    • 残高:0円
    • ボーナス(クレジット):5万円

    上記の口座状況の場合、MT4口座では5万円を証拠金にすることが可能だが、cTraderでは新たに証拠金を建てることができない。

    もしcTrader口座でボーナスだけが存在している状況になった場合は、追加入金しよう。
    1円でも残高がある状態なら「ボーナス+残高」を証拠金として、ポジションを建てられる。

    cTrader口座では「残高ー未決済損益」までのボーナスを証拠金にできる

    MT4口座では存在するボーナス全てを取引の証拠金に活用できるが、cTrader口座はこの限りではない。

    • 残高:5万円
    • 評価損益:-1万円
    • ボーナス:5万円

    このような口座状況の場合、cTraderで証拠金として活用できるボーナスは「5万円-1万円」で4万円になる。

    上述した「ボーナスのみで取引できない」という特徴もあるので、cTrader口座は活用できるボーナスの自由度が下がってしまうことに留意しておこう。

    ボーナスの口座間資金移動は不可能

    ボーナスが付与された口座から、別の取引口座にボーナスを移動することはできない。
    最初に入金した口座に、入金ボーナスが塩漬けとなってしまう。
    (もちろん「スタンダード口座」→「ナノスプレッド口座」へのボーナス移動は不可能だ。)

    普段利用している口座、これから利用するであろう口座に間違いなく入金するようにしよう。

    Axioryのような低スプレッドを提供している業者が入金ボーナスキャンペーンを開催するのはかなりのレアケース

    など、他の海外FX業者にも低スプレッドの口座が用意されているが、いずれも入金ボーナスを開催していない業者ばかりだ。
    (XMには100%入金ボーナスがあるが、低スプレッドのZERO口座はボーナスの対象外。)

    またAxioryは今年で創業から10周年。
    本キャンペーンも「第一弾」と銘打っているところから、今後も定期的に豪華なボーナスキャンペーンを開催することが考えられる。
    (次はゴールデンウィークだろうか…。)

    今回のように既存口座開設者も対象になる可能性が高いので、この機会にAxioryで口座を開設しておいて、キャンペーン開催時に入金して取引するのもいいだろう。

    Axioryのボーナスバナー

    \最大10万円!入金額と同額のボーナスGET/
    Axioryで無料口座開設して
    ボーナスを受け取る

    【Axioryの口座開設方法】管理人が実践した口座有効化までの全手順を公開

    また下記ページでは、現時点でボーナスでお得に取引できる海外FX業者をまとめているので、あわせて参考にしてみてほしい。

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *