TitanFXのスプレッドは狭い?他社と比較しながらまとめ!【平均スプレッド一覧表あり】

TitanFXのスプレッドは狭い?他社と比較しながらまとめ!【平均スプレッド一覧表あり】のアイキャッチ

本記事ではTitanFXのスプレッドについてまとめている。

「TitanFXのスプレッドは他業者と比較して狭いのかどうか?」
「スプレッドの観点で見るとブレード口座とスタンダード口座どちらを選ぶべきか?」
「TitanFXの金融商品ごとの平均スプレッドはどれほどなのか?」

TitanFXのスプレッドに関する疑問が解決できるように解説した。

 

結論から言うと、TitanFXのスプレッドは業界でも狭い水準を誇る。

特にブレード口座は最高クラスに取引コストを抑えられるといっても過言ではないほど優秀。
スプレッドを最重要視して業者選びしているなら、口座開設をオススメできる口座だ。

TitanFXの口座開設はこちら

TitanFXのスプレッドは業界”最狭”水準!オススメはブレード口座

冒頭でも述べた通り、TitanFXのスプレッドは業界でもトップクラスに狭い

TitanFXにはブレード口座(ECN)とスタンダード口座(STP)の2種類の口座タイプが用意されている。

どちらも他業者と比較すると狭いスプレッドを誇るが、より優秀なのはブレード口座

以下はブレード口座とスタンダード口座のスプレッドを比較したものだ。

FX通貨ペアブレード口座スタンダード口座
取引手数料往復0.7pips/lot無料
USD/JPY1.03pips
(0.33pips)
1.33pips
EUR/JPY1.44pips
(0.74pips)
1.74pips
GBP/JPY2.15pips
(1.45pips)
2.45pips
AUD/JPY1.82pips
(1.12pips)
2.12pips
EUR/USD0.90pips
(0.20pips)
1.20pips
GBP/USD1.27pips
(0.57pips)
1.57pips
AUD/USD1.22pips
(0.52pips)
1.52pips
USD/CHF1.62pips
(0.92pips)
1.92pips

(※1)ブレード口座はECN方式のため、MT4に表示される平均スプレッド+取引手数料の合計値を記載。平均スプレッドのみの数値はカッコ内に記載。
(※2)スタンダード口座はSTP方式のためMT4に表示されるスプレッドの平均値を記載

表を見ると、ブレード口座のほうがスタンダード口座よりもすべての通貨ペアで狭い値を記録しているのがわかる。
例として比較した通貨ペアのみで見れば、平均0.3pipsもブレード口座のほうが狭い。

ブレード口座とスタンダード口座には、取引方式とスプレッド以外のスペックの違いがない。
特別な事情でもない限りは、ブレード口座を選択するのがオススメだ。

TitanFXと他業者のスプレッド比較

以下ではTitanFXのスプレッドが他業者より本当に狭いのかを検証するために、実際に比較してみた。

ブレード口座(ECN)と他業者のECN口座のスプレッド(取引コスト)比較

FX通貨ペアTitanFX
ブレード口座
Axiory
ナノスプレッド口座
XM
ZERO口座
取引手数料往復0.7pips/lot往復0.6pips/lot往復1.0pips/lot
USD/JPY1.03pips
(0.33pips)
1.00pips
(0.40pips)
1.10pips
(0.10pips)
EUR/JPY1.44pips
(0.74pips)
1.50pips
(0.90pips)
1.60pips
(0.60pips)
GBP/JPY2.15pips
(1.45pips)
2.30pips
(1.70pips)
2.10pips
(1.10pips)
AUD/JPY1.82pips
(1.12pips)
1.50pips
(0.90pips)
2.00pips
(1.00pips)
EUR/USD0.90pips
(0.20pips)
1.00pips
(0.40pips)
1.10pips
(0.10pips)
GBP/USD1.27pips
(0.527pips)
1.50pips
(0.90pips)
1.40pips
(0.40pips)
AUD/USD1.22pips
(0.52pips)
1.20pips
(0.60pips)
1.60pips
(0.60pips)
取引コスト平均値1.39pips1.43pips1.56pips

個別の通貨ペアで見れば負けているものもあるが、上記に挙げたメジャー通貨ペアでの平均取引コストであればTitanFXが1番安い

特にドルが絡むEUR/USD・GBP/USD・AUD/USDあたりの通貨ペアでの取引コストの狭さは秀逸だ。

突き詰めるのであれば、通貨ペアごとに業者を使い分けるのが1番良いが、複数口座の管理・運用がめんどくさい場合はTitanFXのブレード口座を開設するのをオススメしたい。

スタンダード口座と他業者STP口座のスプレッド比較

FX通貨ペアTitanFX
スタンダード口座
Axiory
スタンダード口座
XM
マイクロ・スタンダード口座
iFOREX
USD/JPY1.33pips1.5pips1.6pips1.8pips
EUR/JPY1.74pips1.7pips2.6pips1.8pips
GBP/JPY2.45pips2.7pips3.5pips5.0pips
AUD/JPY2.12pips2.1pips3.0pips5.0pips
EUR/USD1.20pips1.3pips1.6pips1.8pips
GBP/USD1.57pips1.9pips2.3pips3.0pips
AUD/USD1.52pips2.1pips1.8pips3.0pips

他社のSTP口座と比較すると、TitanFXのスタンダード口座がメジャー通貨ペアだとほぼすべてで狭い値を記録している。
ブレード口座だけでなく、STP口座という括りの中でもTitanFXのスプレッドの優秀さがわかるだろう。

スプレッドにこだわるならブレード口座一択ではあるが、STP口座の中でスプレッドにこだわりたい場合でもTitanFXはオススメとなる。

TitanFXのスタンダード口座はボーナスなしがネック

ただしTitanFXのスタンダード口座は一切ボーナスキャンペーンがないのがネック。

先ほど比較したXMやiFOREXはスプレッド水準が並の代わりに、ボーナスを手厚くすることで顧客還元するタイプの業者だ。

もし仮にあなたが1日数回の取引で10pips以上の利幅を狙うようなデイトレーダーだったり、用意できる証拠金が少ないのであれば、多少スプレッドで劣ってはいてもXMやiFOREXを選んだほうが良い。
(例えばTitanFXで10回取引して10pips利幅を抜く場合だとスプレッドは13.3pips。XMで5回取引して10pips利幅を抜く場合だとスプレッドは8.0pips。取引回数が少ないほどスプレッド差は気にならなくなる。)

以下の記事ではボーナスキャンペーンが豪華な業者をまとめているので、デイトレーダーや自己資本に自信のない方は参考にしてほしい。

TitanFXブレード口座(ECN)の平均スプレッド・合計取引コスト一覧

ブレード口座はECN方式。
MT4に表示されるスプレッドとは別に、取引手数料がかかってくる

TitanFXの取引手数料は往復0.7pips/lot
そのため実際の取引コストを計算する場合は、MT4に表示されるスプレッドに取引手数料0.7pipsを足す必要があるので覚えておこう。

以下の表では中央列にMT4に表示される平均スプレッド、右列に合計取引コスト(平均スプレッド+取引手数料)を記載している。

FXメジャー通貨ペア

商品平均スプレッド合計取引コスト
EUR/USD0.2pips0.9pips
GBP/USD0.57pips1.27pips
AUD/USD0.52pips1.22pips
USD/JPY0.33pips1.03pips
USD/CHF0.92pips1.62pips

FXマイナー通貨ペア

取引通貨ペア平均スプレッド合計取引コスト
AUD/CAD1.51pips2.21pips
AUD/CHF1.41pips2.11pips
AUD/NZD2.03pips2.73pips
AUD/SGD2.55pips3.25pips
EUR/AUD1.75pips2.45pips
EUR/CHF1.04pips1.74pips
EUR/GBP0.53pips1.23pips
GBP/AUD2.94pips3.64pips
GBP/CHF2.32pips3.02pips
NZD/USD0.86pips1.56pips

FX JPYペア

商品平均スプレッド合計取引コスト
AUD/JPY1.12pips1.82pips
CAD/JPY1.1pips1.8pips
CHF/JPY1.31pips2.01pips
EUR/JPY0.74pips1.44pips
GBP/JPY1.45pips2.15pips
NZD/JPY1.62pips2.32pips
ZAR/JPY0.44pips1.14pips

FXクロスペア

商品平均スプレッド合計取引コスト
CAD/CHF1.64pips2.34pips
EUR/CAD2.4pips3.1pips
EUR/NZD3.69pips4.39pips
GBP/CAD2.86pips3.56pips
GBP/NZD4.81pips5.51pips
USD/CAD0.55pips1.25pips

FXエキゾチックペア

商品平均スプレッド合計取引コスト
CHF/SGD4.95pips5.65pips
EUR/CZK12.53pips13.23pips
EUR/SGD4.18pips4.88pips
EUR/ZAR7.01pips7.71pips
GBP/SGD5.48pips6.18pips
GBP/TRY26.43pips31.13pips
NZD/CAD3.24pips3.94pips
NZD/CHF2.99pips3.69pips
SGD/JPY2.16pips2.86pips
USD/CNH8.28pips8.98pips
USD/CZK60.8pips61.5pips
USD/MXN3.52pips4.22pips
USD/RUB800pips800.7pips
USD/SGD2.37pips3.07pips
USD/YHB2.22pips2.92pips
USD/ZAR35.69pips36.39pips

FX欧州ペア

商品平均スプレッド合計取引コスト
EUR/NOK70.02pips70.72pips
EUR/PLN20.31pips21.01pips
EUR/SEK29.73pips30.43pips
EUR/TR25.92pips26.62pips
GBP/NOK86.57pips87.27pips
GBP/SEK56.73pips57.43pips
NOK/JPY1.07pips1.77pips
NOK/SEK1.49pips2.19pips
SEK/JPY2.05pips2.75pips
USD/NOK40.47pips41.17pips
USD/PLN2.24pips2.94pips
USD/SEK28.25pips28.95pips
USD/TRY10.57pips11.27pips

メタル

商品平均スプレッド合計取引コスト
XAU/EUR2.27pips2.97pips
XAU/USD2.11pips2.81pips
XAG/EUR2.61pips3.31pips
XAG/USD2.01pips2.71pips
XPD/USD30pips30.7pips
XPT/USD30pips30.7pips

エネルギー

商品平均スプレッド合計取引コスト
XBR/USD0.59pips1.29pips
XTI/USD0.57pips1.27pips

株価指数CFD

商品平均スプレッド合計取引コスト
US5000.04pips0.74pips
US300.1~0.3pips0.8~1.0pips
UK1000.1pips0.8pips
NAS1000.2pips0.9pips
JPN2250.7~0.8pips1.4~1.5pips
GER300.1pips0.8pips
FRA400.1pips0.8pips
EUSTX500.2pips0.9pips
AUS2000.1pips0.8pips

TitanFXスタンダード口座(STP)の平均スプレッド

TitanFXのスタンダード口座はSTP方式。

そのためMT4へ表示されるスプレッドがそのまま取引コストだ。
ECNと違い、取引コストが瞬時に判断できるのはメリットだろう。

以下では各金融商品のMT4に表示される平均スプレッドをまとめている。

FXメジャー通貨ペア

商品平均スプレッド
EUR/USD1.2pips
GBP/USD1.57pips
AUD/USD1.52pips
USD/JPY1.33pips
USD/CHF1.92pips

FXマイナー通貨ペア

商品平均スプレッド
AUD/CAD2.51pips
AUD/CHF2.41pips
AUD/NZD3.03pips
AUD/SGD3.55pips
EUR/AUD2.75pips
EUR/CHF2.04pips
EUR/GBP1.53pips
GBP/AUD3.94pips
GBP/CHF3.32pips
NZD/USD1.86pips

FX JPYペア

商品平均スプレッド
AUD/JPY2.12pips
CAD/JPY2.1pips
CHF/JPY2.31pips
EUR/JPY1.74pips
GBP/JPY2.45pips
NZD/JPY2.62pips
ZAR/JPY1.44pips

FXクロスペア

商品平均スプレッド
CAD/CHF2.64pips
EUR/CAD1.1pips~2.4pips
EUR/NZD4.69pips
GBP/CAD3.86pips
GBP/NZD5.81pips
USD/CAD1.55pips

FXエキゾチックペア

商品平均スプレッド
CHF/SGD5.95pips
EUR/CZK13.53pips
EUR/SGD5.18pips
EUR/ZAR8.01pips
GBP/SGD6.48pips
GBP/TRY27.43pips
NZD/CAD4.24pips
NZD/CHF3.99pips
SGD/JPY3.16pips
USD/CNH9.28pips
USD/CZK61.8pips
USD/MXN4.52pips
USD/RUB801pips
USD/SGD3.37pips
USD/YHB3.22pips
USD/ZAR36.69pips

FX欧州ペア

商品平均スプレッド
EUR/NOK70.02pips
EUR/PLN21.31pips
EUR/SEK30.73pips
EUR/TRY26.92pips
GBP/NOK87.57pips
GBP/SEK57.73pips
NOK/JPY2.07pips
NOK/SEK2.49pips
SEK/JPY3.05pips
USD/NOK41.47pips
USD/PLN3.24pips
USD/SEK29.25pips
USD/TRY11.57pips

メタル

商品平均スプレッド
XAU/EUR2.39pips
XAU/USD2.23pips
XAG/EUR2.73pips
XAG/USD2.13pips
XPD/USD30.12pips
XPT/USD30.12pips

エネルギー

商品平均スプレッド
XBR/USD0.71pips
XTI/USD0.69pips

株価指数CFD

商品平均スプレッド
US5000.16pips
US300.22~0.42pips
UK1000.22pips
NAS1000.32pips
JPN2250.82pips~0.92pips
GER300.22pips
FRA400.22pips
EUSTX500.32pips
AUS2000.22pips

TitanFXのスプレッドを日本円換算する方法

スプレッドがpipsだといくらかかっているのか分かりづらいという方は日本円に換算してほしい。

TitanFXのスプレッドを日本円に換算する計算式は以下。

取引量×0.0001×為替レート×スプレッド=日本円換算のスプレッド

計算式を見てわかるように、スプレッドは取引する通貨量によって変化する。
たとえばドル円110円、スプレッド0.8pipsの際に10万通貨(1lot)でエントリーする場合は「10万×0.0001×110円(為替レート)×0.8」で880円となる。

pipsの計算方法については以下の記事で詳細に解説しているので参考にしてほしい。

以上でTitanFXのスプレッドに関する解説は終わりとなる。

  • TitanFXのスプレッドは業界で見てもトップクラスに優秀
  • スプレッドにこだわるならブレード口座がオススメ
  • ブレード口座はドル絡みの通貨ペアのスプレッドが特に優秀
    (全体的に見ても優秀なので1つだけ選ぶならブレード口座だけでOK)
  • スタンダード口座も他社と比べると優秀だが、ボーナスも欲しいなら他社検討はアリ

TitanFXはスプレッド以外でも、最大レバレッジ500倍・追証なし・取引制限一切なし・完全NDD方式・手厚い日本語サポートなど、総合的にスペックが高い。

誰が使っても一定以上の満足を得やすい業者なので一度使ってみることをオススメしたい。

TitanFXの口座開設はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*