TitanFXは最大レバレッジ500倍で制限なし。変更・確認方法もまとめた。

TitanFXのレバレッジルールまとめ。制限されるケースはない?

    本記事では海外FX業者TitanFXのレバレッジルールについてまとめている。

    結論からいうと、TitanFXはレバレッジの面でかなり魅力のある海外FX業者だ。

    最大レバレッジが500倍で、口座残高がどれだけ増えてもレバレッジを制限されることはない
    その気になれば、常時エントリーポジションの500分の1でポジションを建てたり、保持することができる。

    上記含めてTitanFXのレバレッジルールの全てを解説しているので、参考にしてみてほしい。

    TitanFXの口座開設はこちら

    TitanFXは最大レバレッジ500倍で取引できる

    冒頭でも説明したが、TitanFXでは最大500倍のレバレッジで取引可能。
    また他の海外業者によくあるレバレッジ制限が存在しないので、取引の自由度が高い。

    TitanFXは1倍~500倍の間で自由に口座レバレッジを設定できる

    TitanFXでは1倍~500倍の中から、任意の口座レバレッジを設定できる。
    他の海外FX業者では100倍や10倍刻みでのレバレッジ設定を強いられるのに対し、TitanFXでは1倍~500倍の、500通りの中から口座レバレッジを選ぶことができる

    たとえば、XMという海外FX業者で取引する場合、以下の16種類からレバレッジを選ぶことになる。

    • 1:888(最大レバレッジ888倍)
    • 1:500(最大レバレッジ500倍)
    • 1:400(最大レバレッジ400倍)
    • 1:300(最大レバレッジ300倍)
    • 1:200(最大レバレッジ200倍)
    • 1:100(最大レバレッジ100倍)
    • 1:66(最大レバレッジ66倍)
    • 1:50(最大レバレッジ50倍)
    • 1:25(最大レバレッジ25倍)
    • 1:20(最大レバレッジ20倍)
    • 1:15(最大レバレッジ15倍)
    • 1:10(最大レバレッジ10倍)
    • 1:5(最大レバレッジ5倍)
    • 1:3(最大レバレッジ3倍)
    • 1:2(最大レバレッジ2倍)
    • 1:1(最大レバレッジ1倍)

    500倍以下のレバレッジで十分なら、TitanFXの方が設定できるレバレッジの自由度が高い。

    最大レバレッジ500倍で設定するのがおすすめ

    設定するレバレッジは、最大レバレッジである500倍がおすすめ
    最大レバレッジが大きいとエントリーに必要な証拠金が減るので、口座の証拠金維持率を高く維持することができる

    たとえば、口座残高10万円で、10万通貨(1ロット)のドル円(100円とする)のポジションでエントリーする場合を考えてみよう。

    ■最大レバレッジ100倍の場合

    • 必要証拠金:10万円
    • エントリー時の証拠金維持率:100%
      (スプレッドは加味していない)

    ■最大レバレッジ500倍の場合

    • 必要証拠金:2万円
    • エントリー時の証拠金維持率:500%
      (スプレッドは加味していない)

    最大レバレッジ500倍の方が、証拠金維持率に余裕をもってポジションを保持可能。
    それだけ強制ロスカットまで許容できる含み損が大きくなる。

    またレバレッジが500倍だからといって、必ずしも口座残高の500倍のポジションを持たないといけないわけではない

    口座残高が10万円でドル円(100円とする)のポジションでエントリーする場合、以下のようにエントリー枚数によって実効レバレッジを変更できる。

    • 1000通貨(0.01ロットエントリー)
      実効レバレッジ1倍、必要証拠金100円
    • 1万通貨(0.1ロットエントリー)
      実効レバレッジ10倍、必要証拠金1,000円
    • 5万通貨(0.5ロットエントリー)
      実効レバレッジ50倍、必要証拠金5,000円
    • 10万通貨エントリー(1ロットエントリー)
      実効レバレッジ100倍、必要証拠金1万円
    • 50万通貨エントリー(5ロットエントリー)
      実効レバレッジ500倍、必要証拠金5万

    ただ「口座レバレッジが大きい=実効レバレッジが高い状態でポジションを持てる状態である」ということには留意しておこう。
    熱くなりやすい人は、あえて口座レバレッジを落として自身に枷を課すのもいいだろう。

    口座残高が大きくなってもレバレッジ制限されない

    GEMFOREXは口座残高が500万円でも1000万円でも、レバレッジが制限されることはない。

    (引用元:TitanFX公式HP「口座残高によってレバレッジ制限はありますか?」

    他の海外FX業者には口座残高によってレバレッジを制限するところもあるので、これはTitanFXならではのメリットだ。

    【他の海外FX業者のレバレッジ制限テーブル】

    業者名~残高200万円~残高500万円~残高1000万円~残高2000万円
    TitanFX500倍500倍500倍500倍
    XM888倍200倍100倍100倍
    LAND-FX500倍200倍100倍100倍
    Axiory400倍400倍300倍200倍

    上記の表を見れば、TitanFXが口座残高200万円超えでも最大レバレッジ500倍をキープできる稀有な存在であることがわかるだろう。

    取引量が大きくなってもレバレッジが制限されない

    • FX通貨ペア・株価指数:最大100ロット/注文
    • 貴金属:最大50ロット/注文
    • 原油:最大20ロット/注文

    上記がTitanFXで取引可能な取引量の最大値だが、上限の注文でも最大レバレッジ500倍でエントリーできる。

    たとえばドル円100ロット(=100万通貨)でも、約20万円の証拠金があれば取引可能だ。

    EAを用いた自動売買でもレバレッジが制限されない

    TitanFXはEAを利用できるが、自動売買の場合でも最大レバレッジは変わらず500倍だ。

    取引スタイルが自動売買であれ、裁量トレードであれ、最大レバレッジ500倍で取引できる。

    TitanFXで最大レバレッジが制限されるのは金融市場が荒れる時だけ

    上述した通り、TitanFXのレバレッジは基本的に最大500倍で制限されることがない。

    ただし相場が急変動しそうなタイミングのみ、レバレッジの制限が入る。
    (相場急変動時にレバレッジが制限されるのは、どこの海外FX業者も同じだ。)

    たとえば、イギリスがEU離脱に関する国民投票を実施した際には一時的にイギリスポンド(GBP)絡み最大レバレッジが100倍に引き下げられた。

    有事の際のレバレッジ制限はトレーダーを損失から守るための措置だ。

    またTitanFXは追証なしのゼロカットシステムを採用している。

    ゼロカットシステムにおいて、トレーダーのマイナス残高を補填するのは海外FX業者。
    追証祭りになって、業者が補填できるラインを越えて追証が発生するのを防ぐために、海外FX業者は有事の際にレバレッジを制限する傾向にある。

    TitanFXでレバレッジを確認・変更する方法

    クライアントキャビネット(会員ページ)で口座のレバレッジを確認できる

    現在のTitanFXのレバレッジはクライアントキャビネットと呼ばれる会員ページから確認できる。

    クライアントキャビネットの「取引口座」のタブをクリックすれば、口座残高とレバレッジが一覧で確認可能だ。

    お問い合わせフォームから口座のレバレッジを変更できる

    新規口座開設後にレバレッジを変更したい場合は、サポート(support.jp@titanfx.com)に下記情報を添えて連絡しよう。

    • 口座開設時の登録メールアドレス
    • お名前(アルファベット)
    • 口座番号
    • 変更前レバレッジ
    • 変更後レバレッジ

    最短で翌営業日にはTitanFXのサポートデスクが対応してくれる。

    また運用中の口座レバレッジを変更する場合は、保有ポジションの決済をすませておこう。
    オープンポジションがある口座だとレバレッジを変更してもらえないので気を付けてほしい。

    • 約定スピード
    • 業界屈指の低スプレッド

    に定評があるTitanFXだが、レバレッジ面にも隠れメリットがあることがわかったのではないだろうか。

    最大レバレッジである500倍は、為替相場が狂ったように動きまくるタイミングを除いて、制限されることはない。
    特に口座に潤沢な資金をぶち込んでの運用を考えている人にとっては、おいしいメリットだといえるだろう。

    レバレッジ面でのメリットも活かしつつ、TitanFXでハイレバスキャルピングを堪能しよう。

    TitanFXの口座開設はこちら

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *