iFOREXはスキャルピング禁止って本当?アイフォレックスのスキャルピングルールまとめ

iforexはスキャルピング禁止って本当?アイフォのスキャルピングルールまとめのアイキャッチ

    本記事ではiFOREXのスキャルピングルールについて解説している。

    結論から言うと、iFOREXでのスキャルピングは原則禁止
    ルールを破ってスキャルピングをしてしまうと、利益取消や口座凍結につながる可能性もある。

    「iFOREXが定めるスキャルピングの定義は何なのか」
    「なぜiFOREXではスキャルピングが禁止されているのか」

    iFOREXでのスキャルピングに関する疑問を紐解いているので、本記事を一読してからiFOREXでの取引を始めてほしい。

    iFOREXの口座開設はこちら

    iFOREXではスキャルピングが禁止されている

    冒頭でも述べた通り、iFOREXでは“基本的に”スキャルピングは禁止されている。
    (※)”基本的に”と記載した理由については後述する。

    これは公式HPでも明記されているため”おそらく禁止されている”というような曖昧な決まりではない。

    お客様は、市場濫用と定義される方法またはその他の不正な方法で取引プラットフォームを使用したり、注文をしたり、取引を開始したりしないことに、同意します。これには時間差取引やサーバーの遅延の利用、価格操作、時間操作、スキャルピング、他のすべての不法行為、お客様に不当な利益をもたらす行為、もしくは当社が本契約の範囲外で独自の裁量により不適切、もしくは不公正とみなした行為が含まれます。さらに、当社やそのサービスおよび特典を操作または乱用する目的で、別の口座との間で、または当社に関連する異なる名義の口座との間で、あるいは他社との間で、同じ銘柄または同様の銘柄のロングおよびショートポジションを同時に保有する行為もここに含まれます。

    引用:iFOREXの取引規約(顧客契約)「7.お客様の表明・保証条項」1-14

    確かにiFOREXのスプレッドは狭い
    スプレッドだけ見ればスキャルピングに適していると言える。

    通貨ペアiFOREXXM
    (スタンダード口座)
    TitanFX
    (スタンダード口座)
    FXGT
    USD/JPY0.8pips1.6pips1.33pips1.6pips
    EUR/JPY1.2pips2.6pips1.74pips2.2pips
    GBP/JPY2.3pips3.5pips2.45pips3.5pips
    AUD/JPY3.0pips3.0pips2.12pips3.0pips
    EUR/USD0.7pips1.6pips1.20pips1.6pips
    GBP/USD1.0pips2.3pips1.57pips2.2pips
    AUD/USD0.8pips1.8pips1.52pips1.8pips

    特に取引するトレーダーが多いEUR/USD・USD/JPYのスプレッドが海外業者の中ではトップクラスに狭い
    公式で禁止さえされていなければ、ゴリゴリにスキャルピングをオススメできる。

    ただ禁止事項を無視してスキャルピングしてしまうと、利益取消や最悪の場合だと口座凍結につながるので気をつけよう。

    1日10回以内のスキャルピングであればセーフの可能性がある

    iFOREXでのスキャルピングが”基本的に”禁止と記載した理由は、iFOREXが定めるスキャルピングの定義が関係している。

    iFOREXにおけるスキャルピングの定義は「1日に10から数百に及ぶ取引」。
    こちらに関しても公式で名言されているため間違いない。

    1回あたりの取引量(lot)については触れられていないため、少なくともアイフォでは回数のみが基準となっていることがわかる。
    どれだけのポジション量で取引するせよ、1日あたりの取引回数は10回以下に抑えるべきだ。

    しかし裏を返せば「1日の取引回数が10回以内であればスキャルピングOK」ということ。

    スキャルピング以外の取引も含めた取引回数が10回を超えてしまうとアウトだが、スキャルピングも含めて10回以内に回数を抑えれば問題ない。

    どうしてもiFOREXでスキャルピングしたい場合は、”1日の取引回数10回以下”というルールの範囲内で行おう。

    (※)iFOREXはデイトレード向きの業者

    そもそもiFOREXは最大レバレッジ400倍×追証なし×ロスカット水準0%を生かして、1回の取引で大きく利幅を抜くデイトレードが最も適した業者だ。

    特に初回入金時は10万円までの100%ボーナスが受け取れるため、10万円までの入金に関してはいきなり証拠金2倍(実質レバレッジ800倍)で取引できる。

    どうしてもスキャルピングしたいなら止めないが、特に理由がないなら素直にデイトレード中心で取引する方が良いだろう。

    iFOREXでスキャルピングが禁止されている理由

    iFOREXでスキャルピングが禁止されている理由はiFOREXがDD方式(ディーリング・ディスク)を採用している業者だから。

    DD方式は、トレーダーと注文先(インターバンク)の間にディーラーが入る注文方式のこと。
    DD方式では、顧客の注文を実際に注文先へ発注するか、iFOREX側で注文を呑むかがわからない。

    仮にiFOREXが注文を呑んだ場合は、トレーダーと利益が相反することも出てきてしまう。

    DD業者においては、高速スキャルピングは1番嫌われる手法。
    高速スキャルピングされすぎると、ディーラーのカバーが間に合わずに業者が損失を被る可能性が高くなってしまうためだ。

    顧客が損失を出し続けるぶんには問題ないが、利益を出し続けられると、その利益はそっくりそのまま業者の損失となる。
    そのような状況を避けるために、iFOREXではスキャルピング行為を”回数制限”という形で禁止しているのである。

    もし海外業者で高速スキャルピングをしたいのであれば、NDD方式で低スプレッドの業者を選ぼう
    間にディーラーが入らないNDD方式であれば、キャッシュポイントはスプレッドだけとなり、業者は顧客が取引すればするほど儲かるためスキャルピングし放題だ。

    以下の記事ではスキャルピングにオススメの海外業者を紹介しているので参考にしてほしい。

    またDD方式・NDD方式についてもっと詳しく知りたい方は以下を参考にすると良い。

    iFOREXはDD業者だがまっとうな運営を続けている

    DD方式を採用しているからといってiFOREXが悪徳なDD業者で、意図的にトレーダーを負けさせる行為(レートずらし・ストップ狩り・意図的なサーバーダウンなど)を行っていることはないので安心してほしい。

    前提としてiFOREXは20年以上の運営歴を持つ、超老舗の海外FXブローカー。
    過去に何度も億越えの出金報告がある上に、過去に理不尽な出金拒否があったという例もない。

    意図的にトレーダーを負けさせるような行為をすれば顧客が離れてしまうことは、iFOREXは十分に知っているため、わざわざリスクを冒して顧客を負けさせる必要がないのだ。

    • スプレッドの収益がある
    • iFOREXに多い一発狙いのトレーダーの動向を長年の経験から理解している
      →どの注文をカバーすれば勝てるのか理解しているため、わざわざカバー後に意図的に手をくだす必要がない

    iFOREXは至極まっとうな運営をしているDD業者なので、過剰に心配する必要はない。

    iFOREXでスキャルピングする際に注意すべき禁止取引

    iFOREXでのスキャルピングをオススメできないのは上述した通りだが、もし10回以下の回数だけスキャルピングする場合は禁止取引に抵触しないよう注意しよう。

    iFOREXでスキャルピングして、抵触する可能性のある取引は2つ。

    • 裁定取引(アービトラージ)
    • 接続遅延・レートエラーを利用した取引
    • EAを利用したスキャルピング

    スキャルピング回数を10回以下に抑えていても、上記に抵触すると利益取消・口座凍結につながってしまう。

    裁定取引(アービトラージ)の禁止

    iFOREXでは、いかなる裁定取引も禁止されている。

    【他業者間での両建て】
    iFOREXとその他の業者を利用した両建ては禁止。
    禁止理由は複数口座間での両建てと同じだ。

    【グループ内での両建て】
    FX仲間とグループで両建て・裁定取引するのは禁止。(グループAはドル円買い・Bグループはドル円売り)
    過去に他業者でとあるグループがこの規約に抵触し、利益をすべて没収されて口座凍結という罰則を科されたことがある。

    ガチのFX初心者で「裁定取引ってどういうやつ?」というレベルなら過剰に気にする必要はない。
    だが初心者でも他業者と並行してiFOREXを利用したりする場合は、気付かぬうちに抵触する可能性があるため、一応頭に入れておこう。

    またEAを利用する場合は要注意
    設定しているロジックによっては、意図せず裁定取引になってしまうことがある。

    スキャルピングする場合は、事前に裁定取引をしかねないロジックになっていないか確認しておこう。

    接続遅延・レートエラーを狙った取引

    世界的な有事(リーマンショック・スイスフランショックなど)では、相場の急変動が起こり、全世界のトレーダーから注文が殺到する。
    過度のアクセスによりサーバーへ負荷がかかり、ネットワークエラーや接続遅延が起こることがある。

    ネットワークエラーや接続遅延が発生している状況では、正常な市場価格が反映されていないケースもあり、このタイミングを意図的に狙ったトレードは禁止だ。

    利益を出したとしても、取消になるので注意しよう。

    EAを利用したスキャルピング

    EAを使った自動売買でのスキャルピングを考えている方は要注意。

    前提としてiFOREXではEAを用いた自動売買が禁止されている。
    スキャルピングをするしないに関わらず、EAを用いた自動売買をした時点で取り締まられるため気を付けよう。

    以上でiFOREXのスキャルピングルールについての解説は終わりとなる。

    上述したようにiFOREXでのスキャルピングは原則禁止。
    日に10回以下ならできないこともないが、正直回数制限があるのはわずらわしい。

    スキャルピングメインでハイレバトレードを心置きなく楽しむなら、NDD方式かつ低スプレッドでスキャルピングし放題の業者を素直に使うのがオススメだ。

    iFOREXはスキャルピング向きではなく、400倍のレバレッジ×追証ナシ×ロスカット水準0%×ボーナスを生かした豪快な一発狙いのトレードに適した業者だ。

    デイトレメインなら文句なしにオススメの業者なので、口座開設をオススメしたい。
    10万円上限の100%初回入金ボーナスがあるため、いきなり証拠金を2倍に増やしてガッツリ取引できる。

    iFOREXの口座開設はこちら

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *