STICPAYとは?評判は?利用価値があるのか強み弱みから徹底解説!

    本ページでは、STICKPAYを海外FX業者の入出金手段として検討している方に向けて、オンライン上の決済サービスSTICPAYの特徴を徹底解説している。

    • そもそもSTICKPAYってどんなサービスなのか
    • STICKPAYの運営会社の評判が知りたい
    • STICKPAYに口座開設の価値はあるのか
    • 入金手数料や出金手数料の詳細が知りたい
    • STICKPAYカードはどんなサービスなのか
    • bitwalletと比較してどうなのか

    上記の疑問が一つでも当てはまれば、ぜひご覧いただきたい。

    STICKPAY公式サイト:https://www.sticpay.com/

    そもそもSTICPAYとは?

    STICPAYでできること

    • 入金(クレジットカード入金、銀行振込・ビットコイン)
    • 出金(国内銀行出金・海外銀行送金・STICPAYカード)
    • 全世界でのATM出金(STICPAYカード)
    • 送金(海外FX口座やオンラインカジノ口座へ)
    • 決済(オンラインショップの決済など)
    • 受取(相手からの受取)

    STICPAYとは、オンライン上のウォレット&国際決済サービスだ。

    STICPAYを通すことによって、海外送金にかかる時間を短縮でき、手数料も安く抑えることができるのがウリのサービス。

    STICPAYから、海外FX口座・ブックメーカー口座・オンラインカジノ口座などのへの入出金ができる。

    またそれだけでなく、海外のインターネットショップでの現地通貨での買い物や決済、国境を超えた個人間の送金も可能だ。

    『STICKPAYカード』と呼ばれるMasterCardブランドのデビットカードを発行すると、日本の銀行ATM・海外の銀行ATMから出金できるだけでなく、MasterCard加盟店での支払いをすることもできる。

    STICPAYに利用価値はあるのか

    STICPAYの詳細スペックを話す前に、STICKPAYに対する管理人の結論から先に述べると以下の通りだ。

    • STICKPAYの手数料は決して安くはない
    • あなたが利用している(または利用しようとしている)海外FX業者がbitwalletに対応しているならばbitwalletを使った方が良い

    詳しくは後述しているが、決済サービスとしてのスペックは、bitwalletの方が断然良い。

    bitwalletとSTICKPAY両方に対応している海外FX業者をお使いなら、bitwallet一択だ。

    STICKPAYの口座開設をオススメするトレーダー

    上記を踏まえた上で、以下のどれかに当てはまるトレーダーはSTICKPAYの口座開設を検討してもよいだろう。

    9,000円以下の出金がメイン

    9,000円以下の出金だと、STICKPAYはbitwalletよりも出金手数料が安くなるので、少額出金メインの方にもおすすめだ。

    bitwallet非対応の海外FX業者がメイン

    決済サービスとしてbitwalletが強すぎるだけで、STICKPAYが全然ダメなサービスというわけではない。

    例えば、STICKPAYと似たようなサービスで『PerfectMoney』や『OKPAY』などがあるが、全て英語で手数料も高く使いづらい。

    それらに比べると、STICPAYは日本語完全対応でサポートも丁寧な上、手数料も安い。

    STICKPAYカード(デビットカード)目的での利用

    STICKPAYカードを発行することによって、全国・全世界のATMから口座から出金することができる。

    必要な時にいつでもどこでも口座のお金がおろせるのにメリットを感じる方には、とてもオススメなサービスだ。

    STICKPAYカードについて詳しくは『ATMで出金可能な『STICPAYカード』がある』で、後述している。

    STICKPAY公式サイト:https://www.sticpay.com/

    bitwalletとは?

    bitwalletとはSTICKPAYと同様のサービスで、オンラインウォレットのこと。

    国内の銀行へ出金する際の手数料はわずか777円で資金は即時反映されるサービスだ。

    bitwalletについて詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてほしい。

    bitwallet公式サイト:https://www.bitwallet.com/ja/

    2017年から運営開始の新しいサービス

    STICPAYは香港に本社を持ち、2017年にスタートしたかなり新しめのサービスだ。

    運営会社の歴史が浅いので少し心配になるが、以下の点からSTICPAYは怪しい会社ではなさそうだというのが管理人の印象だ。

    • MasterCardブランドを利用できている
    • イングランドプロサッカーリーグ(プレミアリーグ)のサンダーランドAFCとの2018~2019のスポンサー契約が決定していること
    • 世界各国の有名なエキスポに多数参加していること

    STICPAYJはイングランドプレミアリーグのスポンサーを務める

    上記の活動は、資本や人材がしっかりしている会社でしか実現できない。少なくとも、ポッと出の会社ではないだろう。

    STICPAYに対応している海外FX業者は6つ

    2019年12月現在STICPAYに対応している海外FX業者は、XM、LANDFX、MyfxMarkets、GEMFOREX、Tradeview・TitanFXの6業者。

    STICPAYの入金・出金手段と手数料

    STICPAY 入金手段と手数料

    項目手数料着金までの時間
    海外銀行送金入金額の1%3~5営業日
    クレジットカード
    (MatserCard・VISA)
    入金額の3.85%即時~30分
    NETELLER入金額の1%即時~30分
    bitcoin0%
    即時~30分

    STICPAY 出金手段と手数料

    項目手数料着金までの時間
    海外銀行送金出金額の5%3~5営業日
    国内銀行送金出金額の2.5%
    +600円
    1~2営業日
    STIC Card出金額の1.3%即時~30分

    STICPAY 個人間(アカウント同士)の送金と手数料

    項目手数料着金までの時間
    個人⇔個人1%
    (最大35ドル)
    即時
    個人⇔加盟店(お店など)2.5%
    +0.3ドル
    即時

    STICPAYの弱み

    国内銀行入金に非対応

    STICPAYは、国内銀行入金に対応していない

    海外銀行への入金は手続きが面倒だし、クレジットカード入金は手数料が3.85%と高い。

    bitcoin入金は手数料無料なのでオススメだが、そもそもbitcoinを持っていないという人も多いだろう。

    入金の幅が少ないのは大きなマイナスポイントだ。

    手数料メリットがそこまでない

    正直にいうと、STICKPAYは手数料がそこまで安くはない

    ここでは、オンライン決済サービスでメジャーとなりつつあるbitwalletと比較してみよう。

    入金手数料比較

    入金手段bitwalletSTICKPAY
    国内銀行送金無料非対応
    海外銀行送金非対応入金額の1%
    クレジットカード
    (MatserCard・VISA)
    入金額の4.00%入金額の3.85%
    クレジットカード入金
    (AMEX・Diners・Discover)
    入金額の5.00%非対応
    NETELLER無料入金額の1%
    bitcoin非対応無料

    出金手数料比較

    出金手段bitwalletSTICKPAY
    国内銀行送金777円出金額の2.5%
    +600円
    海外銀行送金4,800円出金額の5%
    オリジナルカード非対応出金額の1.3%
    (STICPAYCard)

    クレジットカードの入金手数料以外、入金手数料にしても出金手数料にしても、bitwalletの圧勝だ。

    特に、bitwalletの出金手数料の安さ(いくら出金しても777円)は強烈。

    あなたが利用している海外FX業者がbitwallet対応の場合は、bitwalletを使った方が良い!と断言できるくらいの差がある。

    STICKPAY対応海外FX業者は、LANDFX以外bitwalletに対応

    STICKPAY対応業者(LANDFX、MyfxMarkets、GEMFOREX、Tradeview)の中で、LANDFX以外の業者はbitwalletでの入出金もできる。

    STICKPAYCardにメリットを感じない方は、bitwalletを使うことをオススメする。

    bitwalletについての詳細は以下で説明している。

    bitwallet公式サイト:https://www.bitwallet.com/ja/

    少額(9,000円以下)の出金がメインの場合はSTICKPAYの方がメリットが大きくなる

    あなたが9,000円以下の出金をメインにしたいというのであればSTICKPAYの方が、bitwalletよりも出金手数料はお得になる。

    例えば5,000円の出金の場合、STICKPAYでかかる手数料は、2.5%(125円)+600円で合計725円となる。

    bitwalletよりも、わずかだが出金手数料は下がる計算だ。

    STICPAYの強み

    ウェブ・アプリともに日本語対応しており使いやすい

    STICPAYは完全日本語対応

    STICPAYは、完全日本語対応なので英語が全く読めなくても大丈夫だ。

    海外業者のサービスでよくあるカタコトの日本語ではなく、違和感のない日本語なので、読みにくさもない。

    サポートも丁寧で日本語対応

    サポートも日本語対応しているため、わからないことがあればすぐに質問できる。

    また問い合わせからのレスポンスも早く丁寧に返答してくれる。

    STICPAYのサポート窓口

    一般の問い合わせ
    account@sticpay.com

    資金(入出金)に関する問い合わせ
    funds@sticpay.com

    口座に関する問い合わせ
    account@sticpay.com

    どの窓口に問い合わせて良いかわからない場合は一般窓口から問いあわせよう。

    ATMで出金可能な『STICPAYカード』がある

    stickpaycardは優れもの

    STICKPAYカードとは、STICKPAYが発行する、MasterCardブランドのデビットカードのことだ。

    これがSTICKPAYの最大の強みともいえる。

    STICKPAY Cardでできること

    STICKPAY Cardでできること図解

    • 全国の銀行ATMからの出金
    • 全国のコンビニATMからの出金
    • MasterCard対応のお店での支払い
    • 海外ATMからの現地通貨出金

    以上、4つのことが可能になる。

    国内のATMのみならず、海外ATMから現地通貨で出金できるので、海外旅行などに行った際にも便利なカードだ。

    STICKPAY Cardの出金手数料

    項目手数料
    STICKPAY口座から
    STICKPAYCardへの
    チャージ手数料
    チャージ金額の
    1.3%
    STICKPAYCardから
    ATMへの
    引き出し手数料
    引き出し金額の
    1%
    STICKPAY Cardを使うには口座からカードにチャージする必要がある

    注意点としては、STICKPAY口座の残高とSTICKPAY Cardの残高は連動しているわけではないこと。

    STICKPAY Cardを利用するには、STICKPAY口座からSTICKPAY Cardへ資金をチャージ(資金移動)しなければいけない

    STICKPAYカードのチャージ

    チャージ申請から反映までは、1営業日ほど時間を要する。

    チャージ手数料は、チャージ金額の1.3%だ。

    例えば、STICKPAY口座からSTICKPAY Cardに10万円チャージした場合、1,300円の手数料がかかる。

    ATMにて出金する際の流れ

    ATMにて出金する際の手数料の流れとしては、以下の通りだ。

    1. 海外FX業者からSTCKPAY口座へ出金(手数料無料)
    2. STCKPAY口座からSTCKPAY Cardにチャージ(手数料1.3%)
    3. STCKPAY CardからATMにて出金(手数料1%)

    出金額にかかってくる手数料は、チャージ時とATM出金時の手数料を合わせて2.287%となる。

    (例)海外FX口座で出た利益の10万円をATMで出金する場合

    1. 海外FX業者からSTCKPAY口座へ10万円出金
      (手数料無料)
    2. STCKPAY口座からSTCKPAY Cardに10万円をチャージ
      (手数料1.3%→1,300円)
    3. STCKPAY CardからATMにて出金
      (手数料1%→987円)

    10万円を出金した場合、手数料合計は2,287円で、97,713円となる。

    ご覧の通りATMを通しての出金は、なんだかんだで手数料が結構かかる。

    しかし、海外FX業者から海外銀行送金で出金すると、手数料が2500円~5000円ほどは必要だ。

    その点、国内・海外のATMからいつでも出金できるという利便性を考えると、利用する価値はあるサービスと言えるだろう。

    STICKPAY Cardの会費など

    項目金額
    カード発行手数料無料
    (配送料35ドルは別途)
    残高確認オンライン:無料
    ATM:HKD 5(約70円)
    会費STICKPAY Card発行13か月後から
    毎月HKD 10(約140円)
    カード再発行手数料
    (有効期間満了後、再発給手数料)
    HKD 100(約1400円)

    ご覧の通り、ATMでの残高照会は無駄に手数料がかかってしまうので、アプリやオンライン上で確認するようにしよう。

    カード会費は発行後1年間は無料、2年目からも月々140円ほどとかなり安い。

    STICKPAY Cardの限度額

    項目限度額
    一日の利用限度額HKD 15,000 (US $ 2,000)
    月間 決済可能金額HKD 75,000 (US $ 9,000)
    一日のATM引出限度HKD 25,000 (US $ 3,000)
    一ヶ月のATM引出限度HKD 75,000 (US $ 9,000)

    STICKPAY Cardには上記のように限度額が設定されている。

    月間最大9,000ドル(約100万円)とそこそこのサイズのATM出金や決済を行うことができる。

    審査基準は緩く、2~3週間でカード審査が完了する

    STICKPAYCardの審査所要時間

    クレジットカードではなく、デビットカードの審査なので、審査基準は非常に緩く、ほぼ全ての人が通ると思ってもらってよい。

    ただし、STICKPAY口座に35ドル(配送料)以上の残高と、パスポートがないと申し込み自体ができないので注意しよう。

    審査申し込みから、配送まで2~3週間ほどで完了する。

    STICKPAYは今後に期待

    STICKPAYはサービス開始からまだ1年ちょっとしか経っていない。伸びしろはまだまだあるはずだ。

    国内銀行送金による入金手段の追加を現在準備中との情報も入ってきている。

    手数料の面でいうと、今はbitwalletに大きく溝をあけられているが、これからドンドン改善されていくことを期待している。

    STICKPAY公式サイト:https://www.sticpay.com/

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *