【最新】「MT4をダウンロードできない」と嘆いている人へ、たった1つの解決策教えます。

MT4がダウンロードできない時の対策方法

    MT4をダウンロードしたはずなのに、MT5になってしまう…

    現在MT4を提供しているMeta quotes(メタクウォーツ)社の公式HPからは、MT5しかダウンロードできない仕様になっている。

    何回ダウンロードしてもMT5になってしまう状況にイライラしている人も多いだろう。

    そんな方々のために、このページはMT4を正しくダウンロードできる場所や手順について解説していく。

    結論からいうと、現在MT4をダウンロードする唯一の方法は「MT4対応の海外FX業者のHPからダウンロードすることだけだ。

    このページの内容はPCにおけるMT4がダウンロードできない場合の解決方法だ。

    スマホでのMT4ダウンロード方法については下記のページで解説している。

    【完全版】MT4・MT5アプリの使い方まとめ!海外FXをスマホでトレード!

    MT4がダウンロード不可に関して現在確認できている状況

    以下「MT4」と検索して一番上に出てくるMeta quotes社の公式ページだ。

    大々的に「無料でMeta Trader 4をダウンロードする」と表記されているが、このページからダウンロードできるのはMT5だけになっている。

    MT4公式の「MT4をダウンロードする」はウソ

    「MT4をダウンロードする」ボタンからもMT5のダウンロードになる

    ページ内にはあたかもMT4をダウンロードできるようなボタンが設置されているが、これは全てフェイクになっている。

    MT4公式のボタンからはMT4をダウンロードできない

    このボタンからもMT4をダウンロードできない

    このボタンからもMT4をダウンロードできない

    管理人自身で全てクリックしてダウンロードした結果、MT5のダウンロードになる現象が確認できた。
    (以前まではダウンロードできたみたいだが、現在は不可能になっている。)

    ちなみにセットアップのファイル名は「mt4setup」になっているが、これもフェイクなので気をつけてほしい。

    セットアップのファイル名はMT4になっているので注意

     

    余談だが、MT5しかダウンロードできない仕様になっている背景にはMeta quotes社の「MT5を広く普及させたい」という思惑がある。

    ただ「MT4との互換性がない」などの理由から、思惑に反して利用者が伸び悩んでいるのが現状だ。

    MT4は「MT4対応の海外FX業者HPから」ダウンロードできる

    冒頭でも述べたが、現在MT4をダウンロードするには「MT4に対応している海外FX業者経由でダウンロードする」しか術はない。

    ただMT4のダウンロードに口座開設やアカウント登録は不要なので、ネックになることはないだろう。

    また別の業者のサーバー情報も登録できるので「XMでMT4をダウンロード→別業者の口座で取引する」みたいなことも可能だ。

    MT4をダウンロードできる海外FX業者・ダウンロード開始場所一覧

    以下MT4をダウンロードできる海外FX業者とダウンロード場所のキャプチャを連投していく。

    XMについてはWindowsからMac、スマホアプリでのインストール方法を画像付きで解説しているページがあるので、

    • 口座開設している業者がMT4に対応している
      その業者でMT4をダウンロードする
    • 口座開設している業者がMT4に対応していない
      XMでMT4をダウンロード、口座開設している業者のサーバーを新規登録する

    という流れでやればスムーズに運ぶ。

    XM

    まずはXMの公式ページTOPに移動して「プラットホーム」をクリックする。

    XMのTOPページからプラットフォームをクリック

    プラットホームが一覧で表示されるので、自分がダウンロードしたい端末のMT4を選択すればOKだ。

    この先の手順については下記のページで詳しく解説している。

    XM(XMTrading)のMT4・MT5ダウンロードからログインまでの手順まとめ

     

    ちなみにXMでは口座開設するだけで3000円の未入金ボーナスがもらえるので、この機会に口座を作っておくのもいいだろう。

    TitanFX

    TitanFXの公式ページに移動して「お取引」をクリック。

    ダウンロードできるプラットフォームが一覧で出てくるので、自分がダウンロードしたい端末対応のMT4を選択しよう。

    TitanFXの公式ページでMT4を選択する

    Axiory

    Axioryの公式ページで「お取引ツール」にマウスカーソルを合わせよう。

    メタトレーダー4」をクリックすればMT4のダウンロードページに移動する。

    Axioryの公式ページで「メタトレーダー4」を選択する

    LANDFX

    LANDFXの公式ページで「プラットフォーム」を選択すれば、タブが開かれる。

    ご希望の端末のMT4を選択して、ダウンロードページに移動しよう。

    LANDFXの公式ページでMT4を選択する

    FBS

    FBSの公式ページで「取引」をクリック。

    FBSの公式ページで「取引」を選択

    取引プラットホーム」のところにダウンロードできるMT4が一覧で表示される。

    FBSの公式ページでMT4を選択する

     

    ちなみにFBSでは、口座開設するだけで50ドルの未入金ボーナスがもらえるキャンペーンを実施中。

    この機会に口座開設してボーナスを受け取っておくのもいいだろう。

    GEMFOREX

    GEMFOREXの公式ページで「プラットフォーム」をクリックしよう。

    GEMFOREXの公式ページで「プラットフォーム」を選択する

    ダウンロード可能なMT4が表示されるので、ご希望の環境のものを選択すればダウンロードページに移動する。

    GEMFOREXの公式ページでMT4を選択する

    HotForex

    まずはHotForexの公式ページで「プラットフォーム」を選択する。

    HotForexの公式ページで「プラットフォーム」を選択する

    ダウンロードできるMT4が一覧で出てくるので、トレード環境に合ったものを選択しよう。

    HotForexの公式ページでMT4を選択する

    Milton Markets

    Milton Marketsの公式ページに移動後、ページ下部にスクロールしよう。

    Milton Marketsの公式ページで下部にスクロール

    MT4の説明箇所に突き当たるので、ここで「Meta Trader4」の水色枠をクリック。

    MT4のダウンロードページに移動できる。

    Milton Marketsの公式ページで「Meta Trader4」を選択する

    MT4で別業者のサーバー情報を登録する方法・手順

    ここではXMでダウンロードしたMT4に、別業者Axioryのサーバー情報を登録する場合を例に解説していく。

    ①「ファイル」→「デモ口座の申請」をクリック

    XMのMT4にログインしたら「ファイル」→「デモ口座の申請」の順にクリックする。

    XMのMT4画面で「ファイル」→「デモ口座の申請」をクリック

    ②取引したい業者のサーバー情報を登録する

    取引サーバー」のタブが開いたら、緑のプラスアイコンをクリック。

    取引サーバーのプラスアイコンのところに業者名を入力

    サーバー情報を登録したい業者の名前を入力する。

    取引サーバーのプラスアイコンのところに「Axiory」と入力

    最後に右下の「スキャン」をクリックすればサーバーが順次読み込まれる。

    「スキャン」をクリックするとAxioryのサーバー群が読み込まれる

    これで設定はすべて完了だ。

    ③ログイン画面でサーバー追加を確認

    再度MT4にログインしようとすると、追加したサーバーを選択できるようになっているはずだ。

    XMのMT4でAxioryのサーバーが利用できるようになる

    ログインIDとパスワードは、口座開設中の業者が発行してくれたものを入力すれば問題ない。

    以上が現環境(2018年8月19日時点)でMT4をダウンロード・利用できる唯一の方法だ。

    繰り返しになるが「MT4は海外FX業者経由でしかダウンロードできなくなった」と覚えておこう。

    Meta quotes社のMT5を普及させたいという気持ちもわかるが、これ以上ユーザーの混乱を招かないように公式ページの仕様変更をお願いしたいものだ。

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *