iFOREXの評判。12の特徴から見るiFOREXという海外FXブローカー

iFOREXをガチレビュー

iFOREX(アイフォレックス)は1996年創業で運営から20年を超す、海外FX業界の中では老舗中の老舗のブローカーだ。

今もなお、多くの日本人トレーダーに愛用されている業者である。

 

追証なし・ゼロカットシステム・ロスカット水準0%・変動スプレッドというスペック。

口座開設は身分証明書不要で、クレジットカードさえあれば即日ハイレバトレードができるという手軽さも魅力の一つだ。

 

iFOREXでは、超ハイレバのダイナミックトレードで資金10万円足らずから数千万越え・億超えトレーダーを多く輩出してきた業者でもある。

またそれらの勝ち組に夢をみて、多くの※アイフォ戦士が今日もiFOREXでハイレバトレードにいそしんでいる。

 

iFOREXに対する管理人の結論から言うと、『ハイレバトレードを存分にやりたい。海外FXで一発大きい金額を狙いたい!』という一発狙い向けトレードでは右に出る業者はいないのではないだろうか。と考える。

 

本ページでは、そんなiFOREXをあらゆる角度から調査してみた。参考になれば幸いだ。

【追記】本ページはかなりの長文になってしまったので、時間がない人はiFOREXに対する人の統括を読んでいただきたい。

◇iFOREXで100%ボーナス+3%の年利が付く特別プロモーション開催中◇

iFOREXの口座開設はこちら

※アイフォ戦士とは?

いきなり余談だが、資金数万円~数十万円をiFOREXに入金して、超ハイレバレッジで数百万・数千万を狙うトレーダーのことを『アイフォ戦士』と呼ぶ。

  • 3万円→10万円→50万円→100万円→500万円→ゼロカット→3万円からリベンジ
  • 60万円を1万円60回勝負にして1億円を目指す
  • 300万の利益がでたら3000万円を目標にフルレバ全ツッパ
  • 雇用統計直前に10万円レバ400倍で40万通貨かけて、100pips抜き→+40万

といったパワフルなトレードを行う姿から付けられた。

iFOREXの12の特徴

ロスカット水準0%で追証なし。レバ400倍

iFOREXの一番の特徴が、ロスカット水準0%で追証なしのゼロカットシステムを採用していることだ。

ロスカット水準が20%の業者は数多く存在するが、0%の業者はiFOREXとXLNTradeの2つだけ。

 

このロスカット水準のおかげで、フルレバ(400倍)でポジションをとってもゼロカットギリギリまで粘ることが可能だ。

iforexのロスカット水準0%

上記はロスカット水準50%とロスカット水準0%の比較だ。

このように、ロスカット水準0%だとノイズにポジションを狩られる可能性が低くなる。

iFOREXでは、ドル円をフルレバでポジションを取ったとすると、25pipsの上下で自分の証拠金がゼロになるか、2倍になるかといったアクティブなトレードをすることができる。

運営歴20年と数々の高額出金報告の信頼性

CySECにライセンスを保持している+今までのiFOREXの実績を踏まえると、信頼性はかなり高いと言える。

海外FX業者の信頼性の尺度として重要なのが運営歴。その点iFOREXは日本人を相手に歴が20年と長いのはプラス要因だ。

iforexは1996年設立

そして、こんなに運営歴が長いにも関わらず、出金拒否などのクレームを聞いた試しがない。

逆に、今までに1000万円や3000万円を超す数々の大口の出金報告も各種掲示板で見てきた。

iFOREXに限っては、せっかく儲かったのに出金ができない、ということはないだろう。

 

しかし、iFOREXには信託保全はついていない

iFOREXが万が一倒産したときには顧客資金が返ってくるという保証はないので、資金の入れすぎには気を付けよう。

口座開設が1分で。最低入金額は1万円~。気軽に始めやすい。

iFOREXの口座開設はめちゃくちゃ簡単だ。

煩雑な手続きは一切必要ないし、免許証などの本人確認書類も必要ない

電話番号・メールアドレス(ID)・パスワードの設定のみで即時口座開設できる。

iforexの口座開設はすごく簡単

さらにクレジットカード(VISA or MASTER)があれば、入金後即時反映だ。

取引のチャンスを逃す間を与えない。

最低入金額は1万円で1000通貨からの取引ができるので、海外FXをちょろっと触ってみたいというライトユーザーにもおすすめできる。

日本語サポートは手練れの集まり。かなりのクオリティ

さすがに20年間日本人のサポートを務めてきただけあって、日本語サポートの質はかなり高い

どのような質問をしても的を得たアンサーを返してくれる。

日本語サポート専属のスタッフは昔からiFOREXで勤務しているので(私が知っているスタッフさんは8年目)、海外FXについて熟知しており質問のパターンをかなりの数ストックしているようだ。

日本語サポートはメール・電話・FAX・チャットにて対応している。

iforexの日本語サポート体制

メールはカスタマーサポート営業時間なら、2~3時間以内に返信が来ることが多い。営業時間外や、カスタマーサポートが立て込んでいる場合でも、遅くとも24時間以内に返ってくる。

日本語カスタマーサポート情報

対応時間帯:月曜日~金曜日の14時~20時(夏時間は13時~19時)
メール先:cs-jp@iforex.com
電話:+30-210-374-2583
FAX:+30-210-374-2598
チャット:iFOREX公式サイトにて

取引銘柄が豊富。通貨ペア数90種類、CFD18種類、株式150種類

iFOREXは取引銘柄の幅がとても広い。

FX通貨ペアは90種類,貴金属6種類,農業7種類,エネルギー5種類,インデックス24種類,株式150種類,と海外FX業者の中でもTOPクラスの多さである。

 

CFDに関してはボラリティが激しい銘柄を多く取り揃えていておもしろい。

例えば、原油・天然ガス・金・銀・大豆・ココア・砂糖やコーンまで最大レバレッジ400倍で追証なしで取引できるのだから驚きである。

当然ダウや、日経225をはじめとする各国の株価指数もレバレッジ400倍でトレードできる。

特筆するべきは株式の種類の多さだ。

日本・アメリカをはじめとして、ドイツ・フランス・イタリア・ロシア・スペイン・・・・などの国で主要な上場企業の株式150種類を扱っている。

iFOREXでの株式人気銘柄抜粋

  • アメリカ…Coca Cola・Facebook・Google・Amazon・Tesla・Twitter・Microsoft・IBM・Intelなど
  • 日本…三菱UFJ・トヨタ・ホンダ・キャノン・ソフトバンク・ソニー・NTTドコモなど
  • その他…BNPパリバ・アリババ・ヴィトン・アディダス・BMW・H&Mなど

このような世界中の名だたる株式を最大レバレッジ20倍追証なしで取引できる。日本では株式投資ではレバレッジ3倍までなので、資金効率は段違いだ。

もちろん一つのプラットフォーム上で、FX通貨ペアのポジションを取る感覚でワンクリックトレードすることができる。

原油や天然ガスのボラは段違い

少し話がそれるが、原油や天然ガスのボラリティは、FX通貨ペアとはレベルが違う。ポンド絡みの通貨がかわいく思えるレベルで動く。

例えば以下のチャートを見てほしい。

原油10分足チャート

こちらは、10分足の原油チャートだ。(特になんのイベントもない穏やかな時間帯)

見ていただければわかるように原油は10分で平均20pipsほどのボラリティがある。

もちろん値動きの激しい時間帯ならば、1~3分で20pipsを何往復もするときもあるし、1時間で一気に200pips暴落・暴騰することも頻繁に起こるエキサイティングな通貨だ。

iFOREXでは原油よりも、まさにハイレバトレード向きのもっと値動きが激しい商品を多数扱っている。値動きが激しいということは、その分ワンチャンスがあるともいえる。

このボラが高いペアを多くそろえているのが、iFOREXが人気の理由の一つである。

スプレッド水準は通貨ペアによっては激狭

iFOREXは以前まで固定スプレッド制を採用していたが、2018年より変動スプレッド制へと変更された。

また変動スプレッドへの変更に伴い、スプレッド値が大幅に狭くなっている

 

各通貨のスプレッドは以下の通りだ。
以前の固定スプレッドとも比較している。

通貨ペアスプレッド
(変動スプレッド)
スプレッド
(固定スプレッド)
ドル円0.90pips
1.8pips
ユーロ円1.70pips1.8pips
ポンド円2.50pips5.0pips
豪ドル円3.50pips5.0pips
ユーロドル0.80pips1.8pips
ポンドドル1.50pips3.0pips
豪ドル米ドル1.0pips3.0pips

(※)変動スプレッドの値は平均値を記載している

見ての通り以前の固定スプレッドと比較すると、格段に狭くなっているのがわかるだろう。
特にドル絡みの通貨ペアに関しては、海外FXの中でもトップクラスの狭さになった。

以前までスプレッドの広さがiFOREXの弱みの1つではあったが、今回の変更で弱みが1つ変更されたことになる。
今後はiFOREXでも取引コストを抑えて取引可能だ。

注文方式は(おそらく)DD方式

iFOREXは、注文方式については明言していないが、DD(ディーリングデスク)方式を採用しているだろうと推測する。(推測した理由は後述している)

DD方式とは、トレーダーと、注文先(インターバンク)の間にブローカーが入る方式のことだ。

DD方式の図

日本では相対取引と表現される方式で、ディーラーが顧客の注文を実際にインターバンクに発注するかそのままiFOREX側で注文を呑むかはわからない。

顧客の注文を呑んだ場合はiFOREX側とトレーダーの利益が相反することもあるということだ。

ただ、iFOREXがDD方式をとっているからと言って意図的にトレーダーを負けさせる行為(レートずらしや、ストップ狩りなど)を行っていることはない

iFOREXは、大型の出金に対して難癖をつけて出金拒否をすることもしない

そんなことをしたら、一気に評判が悪くなって顧客が離れることも知っているからだ。

 

そもそも、そのようなことをしなくてもiFOREXは十分に儲かっている。

ますスプレッドの収益がある。

それに加えてディーラーの取引によるマージンが非常に大きい。

iFOREXではそのスペックから一発狙いのトレーダーが多いのは先述した通りだ。

FX取引をやったことがある人はわかると思うが、一発狙いのトレードを行うとどうしても熱くなってしまい、結果的に負けやすい。(もちろんハマれば数千万の利益を得ることもあるが)

iFOREXのディーラーは、長年の経験からそのような一発狙いのトレーダーがどのようなポジションを取るのか、どのように動くのかを把握している。そのような顧客の注文をカバーするかどうか、コントロールしやすく業者側としては勝ちやすいのだ。

 iFOREXでは高速スキャルピングのしすぎに注意

高速スキャルピングはDD業者に一番嫌われる手法である。高回転スキャルピングは、ディーラーのカバーが間に合わず業者側が損失を被ってしまう可能性が高いからだ。

顧客が損失を出し続けているならば問題はないが、利益を出しつづける場合、その利益はそのまま業者側の損失となる

 

iFOREXでは高速スキャルピングを禁止しているわけではないので取引の制限をかけることはできない。

また利益を出しているからと言って出金拒否はできない。

 

そこでiFOREXは高速スキャルピング(数分単位で1pips~5pipsを何回も抜く手法)で儲けを出し過ぎたトレーダーにはスプレッドを広げて対応しているという報告がされている。

 

大体月に300万円~をコンスタントに抜き続けていると、スプが広がりやすいみたいだ。

 

もし仮にあなたが高速スキャルピングで儲けを出し、iFOREXでのスプレッドが広がったら、それはあなたが優秀なトレーダーであると認めてもらえたことでもある。

潔くiFOREXとはおさらばし、NDD方式でスキャルピングし放題の別業者で取引しよう。

高速スキャルピングをしたいなら別ブローカーを検討

ハイレバで高速スキャルピングをしたい方は、NDD方式で低スプレッド・スキャルピングし放題のTitanFXを検討することをおすすめする。

管理人がiFOREXをなぜDD方式だと思うのか?を知りたい方は以下をチェックしてほしい。

iFOREXをなぜDD方式だと思うのか?

クレジットカード・海外銀行送金に加えbitwalletでの入金に対応

クレジットカードを持ってない人はiforexはおすすめできない

iFOREXでは以前までクレジットカード(VISA/Master/Diners)・海外銀行送金のみしか対応していなかった。

しかし新たにbitwalletが入出金方法として追加されている。

bitwalletのアカウントを開設していれば、

  • クレジットカード(VISA/MasterCard/AMEX/Diners/Discover)
  • 国内銀行送金(みずほ銀行)

のいずれかでbitwalletに入金し、bitwalletからiFOREXへ入金できる。

以前よりも入金の幅が大きく広がり、以前よりも格段にiFOREXが使いやすくなった。

bitwalletからiFOREXへの入金手数料は無料、口座への反映も即時だ。

(※)bitwalletとは

bitwalletはオンラインウォレット(電子財布)のことだ。

かなり便利な電子サービスで、

  • 入金(クレジットカード入金・銀行振込)
  • 出金(銀行振込)
  • 決済(オンラインショップ等)
  • 送金(海外FX口座やオンラインカジノ口座など)
  • 個人間送金

bitwallet1つあれば上述のことがすべて可能になる。

bitwalletは口座開設10分程度、口座維持費無料。
対応している海外FX業者もかなり多いので、この機会に1つアカウントをつくっておくと便利だ。

サーバー強度・約定スピードは並。

通常時のトレードでは約定力やサーバーレスポンスにストレスを感じることはないだろう。

ただ指標発表時など、相場が急変動した場合はサーバーが固まることが年に2-3回起こる。

3つの豪華なボーナスキャンペーンを開催している

iFOREXでは現在3つのボーナスキャンペーンを開催している。

  • 100%ボーナス×40%入金ボーナス(初回入金限定)
  • 40%キャッシュバック(ペンディングボーナス)
  • 年間3%の利息キャッシュバック

なお詳しいボーナスキャンペーン内容については以下の記事でも解説している。

初回入金限定の100%入金ボーナス×40%入金ボーナス

iforexは初回入金100%ボーナスを常時行っている

iFOREXでは常時初回入金の100%分のボーナスを”トレーディングチケット”という名称で付与してくれる。

ボーナス上限は10万円。
つまり10万円までの入金なら、資金を倍にして取引をスタートできる。

 

また10万円を超える入金をした場合は、超過分に対して上限200万円までの40%入金ボーナスが適用される。

【100%入金ボーナスと40%入金ボーナスの付与例】

入金額ボーナス取引資金
(入金額+ボーナス)
10,000円10,000円20,000円
50,000円50,000円100,000円
100,000円100,000円200,000円
200,000円140,000円340,000円
500,000円260,000円760,000円
1,000,000円460,000円1,460,000円

ただし40%入金ボーナスはサポートへ連絡しないと受け取れない。

10万円を超える入金をした場合は、サポートへ欠かさず連絡しよう。

(※)iFOREXの日本語サポート

cs-jp@iforex.com

40%キャッシュバック(ペンディングボーナス)

iFOREXでは2回目以降の入金に、入金額の40%のキャッシュバックが適用される。

一定の取引量をこなすことで、現金がキャッシュバックされるキャンペーンだ。
(入金するだけでなく、その後取引量をこなさなければキャッシュバックは受け取れない)

キャッシュバックの受け取り条件は以下。

  • キャッシュバック対象は2回目以降の入金額の40%
  • 取引量0.5lot(5万通貨)毎に1$のキャッシュバック権利獲得
  • キャッシュバックを受け取れるのは入金から3ヵ月以内

つまり1万円のキャッシュバックを受け取るだけでも、入金後3ヵ月以内に50lot(50万通貨)の取引をする必要がある。

割と条件が厳しいので、もし条件を満たせたらラッキーくらいの感覚でいると良いだろう。

年利3%の利息キャッシュバック

iFOREXでは新規口座開設者が10万円~1,500万円の入金をすると、有効証拠金に対する年利3%の利息を受け取れるキャンペーンを開催している。

入金額さえクリアしていれば、

  • 口座残高を10万円以上でキープする
  • 最後の取引(入金・取引の注文/決済・未決済取引の維持)から30日以内

という状態をキープしていると毎日利息が発生し、毎月5日に前月に獲得した利息が振り込まれる。

【年利3%の場合の1日あたりの利息計算式】

口座有効証拠金×0.03÷365×1日=1日あたり利息

例えば口座残高50万円の場合は、1日あたり41円の利息を獲得できる。
(50万円×0.03÷365=41円)

1ヵ月50万円ピッタリでキープし続けたと仮定すれば、1ヵ月で1,230円の利息を受け取れる計算だ。

大きな金額が口座に入っているほど受け取れる利息が大きくなるので、「iFOREXに数十万円・数百万円入金するつもりだ」という方には存外おいしいキャンペーンだろう。

独自の取引ツールで取引(スマホアプリあり)

iFOREXではMT4を採用していないためiFOREX独自のツールで取引することになる。

取引ツールには

  • Fxnet(インストール型)
  • Webブラウザ型

の2種類がある。

Fxnet(インストール型)はMT4と基本的な機能は変わらず、ワンクリック注文・テクニカルチャート・取引レポートなどを兼ね備えており、裁量トレードを行う分には全く問題ないだろう。

iforexのfxnetは使いやすい

日本語に完全に対応しており、注文方法に悩んだり、チャートを出すのに手こずるという心配はない。ただし、自動売買やEA取引、かなり細かいチャートカスタマイズをするには不向きなのは注意しておきたい。

また、Webブラウザ型はどこからでもログインできる、直観的に使いやすいという利点はあるが、チャート機能などはあまり充実していない。

テクニカルチャートは、ボリンジャーバンド・EMA・MACD・RSIなど必要なものはそろっている。

スマホ専用のアプリはかなり優秀

iforexのスマホアプリはシンプルで使いやすい

シンプルな操作画面で、初心者でも簡単に使える設計になっている。

かなり使いやすく、個人的にはMT4のアプリよりも優秀だと思う。もちろんAndroid,iphone対応だ。

余談だが、iFOREXを利用しているトレーダーは、PCでは別業者のMT4をみて、スマホアプリで注文を行うことも多い。

バイナリーオプションができる

iOFOREXでは2016年より、バイナリーオプションができるようになった。

iforexのバイナリーオプションの取引画面

日本業者では出来ない60秒オプション投資ができるほか、ドローなしなのが特徴だ。

FX通貨以外にも、貴金属や商品、指数・株式もバイナリーオプションの対象内だ。バイナリーオプションは、ギャンブルの要素は高いが、興味がある方は触ってみるといいだろう。

バイナリーオプションとは期限内に今の通貨が、今の価格より上がるか下がるかの2択を選択し、判定時刻に当たっていれば投資額の約80%が得られる投資のこと。

iFOREXのトリセツ管理人的統括

私ももちろんiFOREXの口座は持っているが、メイン口座ではない。

  • たまにハイレバで多少ギャンブルチックなトレードがしたいとき
  • 週明けの窓が50pips空きそうなときに全力ハリ
  • ハイレバ指標トレードをしたいとき

という感じでサブ口座として持っている。

アイフォ戦士としてメイン口座として利用するのも大いに結構だが、私のようにワンチャンス用に口座を開設して持っておくのもオススメだ。

ワンチャンスはふとした時にやってくるものである。

 

とにかく夢があるiFOREXだが、クレジットカードでいくらでも入金できてしまうので熱くなりすぎには要注意だ。

◇iFOREXで100%ボーナス+3%の年利が付く特別プロモーション開催中◇

iFOREXの口座開設はこちら

私のワンチャンスはギリシャショックで窓開けが事前に期待できたときだった。ユーロ円10万円で20枚(約260倍)をハイレバで賭け、結果的に80万円以上の利益が出た。(約4円の窓開け、もちろん逆行していたら10万円は溶ける)

iFOREXの詳細情報

iFOREXの会社情報
iFOREXの口座詳細
iFOREXの入出金情報




◇海外FX業者選びにまよったら◇
↓海外FXのトリセツ管理人が選ぶ厳選海外FXブローカー6社をチェック↓
管理人が選ぶ、海外FX業者おすすめ6選へGO

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*