iFOREX(アイフォレックス)のアプリ機能・使い方を解説!10のメリットと6つのデメリット

iFOREXアプリの機能・使い方解説!

iFOREX(アイフォレックス)は追証不要のゼロカットシステムと豊富なボーナスを提供しており、代表的なツールであるMT4・5は導入していないものの自社開発の高機能スマホアプリは特に利便性が高い。

「iFOREXのアプリの使い方が分からない」「具体的な機能を知りたい」

iFOREXのアプリを検討している方は、そんな悩みを持つこともあるだろう。

iFOREXのアプリは以下のような特徴を持っており、高精度な分析を行いつつスピーディーに取引できる。

  • 法定通貨とCFDがワンタッチで切り替えられる
  • 77種類ものインジケーターと描画ツールを搭載している
  • 利確と損切り幅を3種類の方式で設定できる
  • 必要証拠金が分かりやすい
  • センチメント分析で未決済ポジションがわかる

今回はiFOREXのアプリをインストールする方法やメリット・デメリット、実際に利用してみて分かったポイントについてもお伝えしていく。

多彩なインジケーターシンプルな操作性で効率的に資産を形成したい方は、ぜひ本記事を参考にiFOREXのアプリをインストールしてほしい。

iFOREXの公式サイトはこちらiFOREX自体の評判は、以下記事で詳しく解説している。

iFOREXの口座開設手順に関しては、以下記事で画像付きで開設しているため参考にしてほしい。

iFOREXの特徴であるハイレバレッジな取引環境は、海外FX業者全体の特徴として挙げられる。

以下記事では海外FX歴10年以上の管理人が忖度なしにおすすめできる業者を比較・ランキング化しているため、ぜひ目を通してほしい。

>>海外FX歴10年の私が選ぶ!2022年に絶対おすすめの海外FX業者13選

本ページの記載事項一覧

【画像付き】iFOREX(アイフォレックス)のアプリのインストール方法

ここではまず、iFOREXのアプリをインストールする方法について解説を行う。

大きく分けて以下3つのステップで完結するため、ぜひ参考にしてほしい。

  1. iFOREXの口座を開設する
  2. iFOREXのアプリをインストールする
  3. アプリを起動してログインする

大して難しい操作でもなく、スマートフォンの基本的な扱い方さえ分かっていれば誰でも簡単にインストールできる

ステップ①iFOREXの口座を開設する

まずはiFOREXの公式サイトにアクセスして、右上の「登録」から口座開設に進む。

iforex-apply-1

 

iFOREXはクイック口座開設を導入しているため、「氏名」「メールアドレス」を入力するだけで手続きが完結する。

詳しい手順については以下ページを参考にしてほしい。

ステップ②iFOREXのアプリをインストールする

iFOREXの口座を開設した後は、自身のスマホにアプリをインストールする。

具体的には、検索窓に「アイフォレックス」と入力して「入手」をタップするだけだ。

iforex-apply-2

 

今回はAPP Storeを例に挙げているが、GooglePlayでも大きな流れは変わらないためぜひ参考にしてほしい。

ステップ③アプリを起動してログインする

スマホのトップ画面に下図のアイコンが表示されたら、タップしてアプリを起動してほしい。

iforex-アプリ

 

以下画面ではiFOREXのパスワードと、自身が登録したメールアドレスを入力する。

今後のログインにおける手間を削減するためにも、「ログイン状態を維持する」のトグルをオンにしておくのがおすすめだ。

iforex-apply-4

 

ローディング画面の後、下図のレート一覧に移行すれば完了だ。

iforex-apply-5

 

ここまでのステップは慣れていない方でも15分程度で行えるだろう。

本人確認に関しては出金を行うまでに済ませれば問題ないため、iFOREXなら思い立ったその日に資産運用が始められる。

【画像付き】iFOREX(アイフォレックス)のアプリの使い方

ここからは成行注文やアラート設定といった、iFOREXのアプリの使い方を確認していきたいと思う。

取引における必要な操作を網羅しているため、ぜひ参考にしてほしい。

新規で成行注文を入れる

「成行(なりゆき)注文」は通貨ペアの最新レートで約定させる、最もスタンダードな注文方式だ。

まずは下図から希望銘柄をタップして、取引画面に移行する。

iforex-apply-6

 

以下で「売り」「買い」を選択し、下部に表示されている「注文」をタップすれば発注が行える。

iforex-apply-7

 

参考までに利幅を指定する「リミット」と損切り注文を指す「ストップロス」も同じ画面で設定できる。

iforex-apply-8

 

いつチャンス相場が訪れても良いように、初心者はあらかじめ把握しておいてほしい。

指値注文を入れる

iFOREXのアプリはトレーダーが価格を指定する「指値(さしね)注文」も簡単に行える。

具体的には先ほどの画面上部に表示された「新規指値注文」をタップして、希望のレートを入力するだけだ。

iforex-apply-9

 

成行注文と同じように「イフダンストップ」は損切りライン、「イフダンリミット」ならあらかじめ利確のレートが設定できる。

iforex-apply-10

 

こちらも運用効率を高めるには必要不可欠な注文方式であるため、積極的に活用した方が良いだろう。

保有ポジションを決済する

保有ポジションを決済する場合は、アプリ下部の「取引」から一覧を呼びだす。

iforex-apply-11

 

該当ポジションを指定し以下の決済画面に移行した後、「決済」をタップすれば完了だ。

複数を一括決済するには「すべて選択」というボックスにチェックを入れて、「選択取引を決済」を選んでほしい。

iforex-apply-12

 

決済は注文と対になる基本動作であるため、スムーズに行えるよう事前にデモ口座などで練習するのがおすすめだ。

口座に入金する

一般的な海外FXは公式サイトにアクセスする必要があるが、iFOREXはアプリから手早く入金手続きが行える。

利用できる方法については、下表を参考にしてほしい。

入金方法 入金反映時間 最低入金額 入金手数料
国内銀行送金 3~4営業日程度 1万円 振込手数料が発生
海外銀行送金 3~5日営業程度 1万円 振込手数料が発生
クレジットカード 即日 1万円 無料
bitwallet 原則即日 1万円 無料
仮想通貨ウォレット 原則即日 1万円 無料

ここでは、最もスタンダードな国内銀行送金の入金手順について触れておきたいと思う。

まずはトップ画面右下の「資金を入金」をタップする。

iforex-apply-13

 

次に入金方法選択画面にて「現地銀行/電信送金」に進む。

iforex-apply-14

 

下図で希望の金額を入力したら、「続行」から振込先確認画面へ移行してほしい。

iforex-apply-15

 

以下でiFOREXの口座情報が確認できた場合は、IDなどをメモに控えて不備のないように振込手続きを進めよう。

iforex-apply-16

 

iFOREXでは即日反映のクイック入金を導入していないため、スピーディーに始めたい方はクレジットカードを利用した方が良いだろう。

自身の状況に応じて2つの方法を切り替えるのがおすすめだ。

アプリを日本語化する

iFOREXのアプリは基本的に日本語表記だが、稀にデフォルトで英語仕様になっているケースもあるのだ。

もし言語設定を変更したい場合は、トップ画面左側のメニューバーで「環境設定」に進み「言語」から日本語を選択する。

iforex-apply-17

 

参考までに、環境設定画面ではカラーテーマログインオプションに関しても自分好みの仕様に変えられる。

簡単な手順でアレンジできるため、操作を行う上で使いにくさを感じる方はぜひ参考にしてほしい。

チャートの分析機能を利用する

iFOREXのアプリは「インジケーター」「描画ツール」「時間足変更」といった機能が1つの画面で利用できる。

具体的にはチャート上部に並んでいるシンボルマークをタップするだけだ。

iforex-apply-18

 

それぞれの対応項目は以下の通りである。

  1. 時間足:tick・1分・5分など13種類
  2. 描画ツール20種類
  3. インジケーター57種類
  4. 表示したツールの削除

マークの内容を覚える手間はあるが、慣れればワンタッチで起動できる

分析精度を高めるためにも、早い段階から覚えるのがおすすめだ。

価格アラートを設定する

iFOREXの「価格アラート」とは事前に設定したレートに実価格が到達した際、売買シグナルを発する機能だ。

まずは取引画面右上に表示されているベルマークを選択する。

iforex-apply-19

 

次に「価格レベル」「売り」「買い」いずれかのシグナルを選び、「アラートを設定」をタップすれば完了だ。

iforex-apply-20

 

エントリーチャンスを細かくキャッチするには大変利便性の高い方法であるため、まとまった取引時間が確保できないトレーダーは積極的に利用してみてほしい。

セグメント分析(LS比率)とVIPシグナルを見る

トレーダーの未決済ポジションが可視化できる「セグメント分析」と、専門アナリストの見解がメッセージ送信されてくる「VIPシグナル」は特に押さえておきたい機能といえる。

まずは取引画面を表示して、以下のマークに注目してほしい。

iforex-apply-21

 

セグメント分析は1をタップすれば簡単に確認可能だ。

iforex-apply-22

 

VIPシグナルを利用するには2から「VIPシグナルをリクエスト」を選択し、申請を行う必要がある。

iforex-apply-23

 

VIPシグナルがスタートするまでには数日程度を要する可能性もあるため、可能な限り早い段階から済ませておくと良いだろう。

いずれも他のFX会社には見られない高品質のサービスである。

iFOREX(アイフォレックス)アプリの10のメリット

次はiFOREXのアプリにおけるメリットを解説していく。

現在検討している方は、最大限のパフォーマンスを引き出すためにもぜひ参考にしてほしい。

FXの法定通貨とCFDをワンタッチで切り替え可能

iFOREXはFXの法定通貨以外にも数百種類のCFDを取り扱っており、以下画面からワンタッチで切り替えられる

iforex-apply-24

 

テスラ株やNYダウなどはビットコイン相場と連動するケースも多いため、多角的な相関取引が行える点も魅力といえるだろう。

資金を分散させれば価格変動による損失リスクの軽減にも繋がることから、トレーダーにとっては優位性の高い環境である。

3つの方法で利確と損切りが設定できる

iFOREXのアプリでは「注文数量」「レート」「パーセント」といった3種類の方法で利確、損切りの値幅設定が行える。

iforex-apply-25

 

実際のところMT4・5は価格でしか指定できないため、資金状況や相場状況に応じて切り替えればより柔軟な取引に繋がるだろう。

未決済ポジションがチェックできる

無料サービスのセグメント分析を活用すれば、iFOREXで取引している全トレーダーの未決済ポジションをチェックすることができる。

環境認識に自信のない初心者でも優位性の高いエントリーが行えるため、分析の際は基本動作として取り入れると良いだろう。

当然予想とは逆方向に価格が変動する可能性もあるが、1つの根拠として参考にしてほしい。

必要証拠金が一目で判断できる

iFOREXのアプリは以下のように希望取引量を入力するだけで、必要証拠金が自動算出される。

iforex-apply-26

 

一般的な取引ツールは一切表示されないケースもあり、そういった場合はあらかじめ自身で計算しなければならない

より効率的な運用に寄与するiFOREXならではのメリットといえるだろう。

日本語メニューが分かりやすい

iFOREXのアプリは日本語で表記されているため、様々な操作を迷わず行えるメリットがある。

一見すると当たり前のようにも思えるが、ロシアの企業が運営するMT4・5は基本的にすべてのメニューが英語仕様なのだ。

慣れないうちは誤操作にも繋がるポイントであることから、英語に自信のない方には特におすすめのツールである。

アプリ経由で入金できる

汎用ツールであるMT4・5には固有のFX会社に対する入金機能は保有していない一方、iFOREXのアプリはワンタッチで申請画面に移行できる。

いつ訪れるか分からないチャンスを掴むには優位性の高い仕様であり、価格変動による損失分をスピーディーに補填することも可能だ。

独自システムを開発しているiFOREXだからこそ叶う運用環境といえるだろう。

VIPシグナルで市場の動向が手早く把握できる

iFOREXの独自サービスである「VIPシグナル」は専門知識を保有するアナリストの相場見解が参照できるため、初心者でも手早く環境認識が行えるだろう。

実際のところ日々変動する価格からファンダメンタルを導きだすには多くの時間とノウハウが必要となることから、分析の時間が確保できないトレーダーにとっても大きなメリットといえる。

スピーディーに発注操作が行える

先ほど触れた通りiFOREXのアプリはワンタッチで注文と決済が行える仕様であるため、突発的な価格変動が発生してもスピーディーに取引できるだろう。

実際のところMT4・5では保有ポジションを長押ししてから決済注文を入れる必要があり、その分のタイムロスが発生するのだ。

ハイレバレッジと追証不要のiFOREXにおいて乱高下相場はチャンスタイムでもあることから、より効率的に利益を得たい方にはぜひ活用してほしい機能である。

57種類のインジケーターと20種類の描画ツールを搭載している

iFOREXのアプリには57種類ものインジケーターに加えて20種類の描画ツールが搭載されており、他社よりも高精度の分析が行えるメリットがある。

参考までに世界的な人気を誇るMT4・5でさえ利用できるインジケーターは30種類程度だ。

FX会社によってはさらに少ないケースもある点を考慮すれば、どれだけハイスペックな取引プラットフォームかが分かる。

13種類の時間足が利用できる

一般的な取引ツールは多くても9種類程度だが、iFOREXのアプリは以下13種類にも及ぶ時間足が利用可能だ。

iforex-apply-27

 

特に秒単位の値動きが反映されるtickチャートは採用しているFX会社自体が少ないため、スキャルピングなどで細かい利幅を狙う方には特に魅力的である。

もちろん短期と長期足を絡めたフラクタル(多重構造)な視点による分析にも役立つことから、すべてのトレードスタイルにおいてメリットの大きい機能といえる。

iFOREXの口座開設はこちら

iFOREX(アイフォレックス)アプリの6つのデメリット

iFOREXのメリットを解説したところで、次は同じく重要なデメリットについても触れておきたいと思う。

投資の安全性を高めるためにも、ぜひ参考にしてほしい。

誤って発注する危険性がある

iFOREXのアプリは注文と決済ともにワンタッチで行える一方、初心者のうちは押し間違えてしまうケースもあるだろう。

たった1度のミスが大きな損失に繋がることから、実際に取引する際は特に注意するべきデメリットといえる。

もし不安な場合は約定前の確認画面が表示されるように設定しておけばある程度対策が講じられるため、ぜひ参考にしてほしい。

具体的なスプレッドが表示されない

売値と買値の価格差であるスプレッドは最も注意するべき取引コストだが、iFOREXのアプリは手計算以外に判断する術がないデメリットがある。

流動性が低下する日本時間早朝や経済指標発表前後などは通常よりも大幅に拡大するケースもあるため、普段から概算だけでも素早く算出できるように慣れておいた方が良いだろう。

十字カーソル(クロスヘア)がスライドできない

iFOREXのアプリはチャートをタップすれば十字カーソルで高値や安値などがピンポイントにチェックできる一方、スライドするとチャート画面自体が拡大縮小されてカーソル移動が行えない。

iforex-apply-28

 

MT4・MT5なら以下の通り指を動かすだけで滑らかにカーソルが移動できるため、操作性の低さを感じざるを得ないデメリットといえる。

iforex-apply-29

 

実際のところツールに慣れない方は戸惑ってしまうケースも多いことから、あらかじめ把握しておくのがおすすめだ。

インジケーターはすべて英語表記になっている

iFOREXのアプリは設定を行えば日本語表記に切り替えられる一方、インジケーターに関してはすべて英語で列挙されている。

iforex-apply-30

 

移動平均線やボリンジャーバンドといった利用頻度の高いものは選択時に迷ってしまうケースもあるため、現在検討している方は事前に注意した方が良いだろう。

描画ツールのシンボルを覚えるのに時間がかかる

iFOREXのアプリに搭載されている描画ツールは固有のシンボルマークで表記されており、覚えるまでに時間がかかるデメリットがある。

iforex-apply-31

 

一見すると大変使い勝手の悪い仕様にも思えるが、文字にすればなお分かりにくい上に初心者のうちはトレンドラインとフィボナッチの2つだけを押さえれば十分だろう。

自身の分析スキルの習熟度に合わせてゆっくりと慣れていってほしい。

経済指標カレンダーが日本時間に変えられない

iFOREXのアプリにはファンダメンタルや突発的な価格変動に大きく影響する経済指標のカレンダーも搭載されているが、すべて現地時間である上に設定も変更できない。

iforex-apply-32

 

自身で直したい場合は9時間分足せば解消するデメリットではあるが、その都度行っていては大きな手間になってしまう。

もし煩わしく感じる場合は、無料のベンダーサイトを併用するなどしてカバーするのがおすすめである。

iFOREX(アイフォレックス)のアプリを実際に使って分かった3つのポイント

ここからは、iFOREXのアプリを実際に使用して分かったポイントについて解説を行う。

より操作性を高めるためにも、きちんと把握してほしい。

注文数量はあらかじめ設定しておいた方が良い

iFOREXのアプリは通貨の価格を直接入力する必要があるため、素早く取引できるようにあらかじめ設定しておくのがおすすめといえる。

たとえば5,000から10,000へ変更するには一度カーソルを移動して修正しなくてはならず、実際に利用してみると比較的数字を間違えやすい上に手間がかかることが分かった。

特に桁数を間違えてしまうと大きな損失を招くリスクもあることから、初心者は特に注意してほしい。

描画ツールはPCで使うのがおすすめ

iFOREXのアプリには業界最多水準の描画ツールが搭載されている一方、分析においてはPCを利用した方が良いだろう。

実際にスマホのチャート画面に表示させてみたところ、ラインを引くために指をスライドするとチャートごと移動してしまうのだ。

iforex-apply-33

 

結果として自身の理想の位置にセットすることができず、将来的な価格変動を予測する上では少々心許ない仕様といえるだろう。

PCなら起点を指定してドラッグすれば簡単に描けることから、より精度を高めたい方には適している。

ネット接続が切れることがある

常に変動し続ける相場を捉えるためには取引ツールの安定性がなによりも重要だが、iFOREXのアプリはMT4・5に比べてネット接続が切れる頻度が多い印象だ。

その都度で表示される「再接続」ボタンをタップすれば即座に復旧するためクリティカルな欠点ではない一方、タイミングによっては煩わしく感じる可能性もある。

今後メインツールに検討している方は、事前に念頭に置いておいた方がいだろう。

iFOREX(アイフォレックス)のアプリは高水準の取引環境を求める人におすすめ

iFOREXでは海外トレーダーに人気の高いMT4・5は利用できない一方、次のポイントを備えた高水準スマホアプリを提供している。

  • 57種類のインジケーターと20種類の描画ツールを搭載
  • 市場センチメント機能でiFOREXの全トレーダーが保有しているポジションがチェックできる
  • 数量を入力するだけで必要証拠金が表示される
  • アプリから手早く入金できる
  • 簡単操作でスピーディーに発注できる

以上のことから、iFOREXのアプリはシンプルな操作性を求める初心者はもちろん豊富なツールで多角的に分析したい中上級者にもおすすめといえるだろう。

ダイナミックなレバレッジ追証不要のゼロカットシステムも活用してより効率的な資産運用を行いたい方は、以下リンクからiFOREXの口座を開設しよう。

iFOREXの口座開設はこちら

iFOREX自体の評判は、以下記事で詳しく解説している。

iFOREXの口座開設手順に関しては、以下記事で画像付きで開設しているため参考にしてほしい。

SNSでもご購読できます。