原油取引にXM(海外FX)がおすすめの理由。取引方法や条件も徹底解説。

XMでの原油取引まとめ。取引方法や取引条件を徹底解説

2020年3月に新型コロナウイルス流行の煽りを受けて歴史的安値を記録したことで、トレーダーから再度注目を浴びることになった原油。

「海外FX業者のXMで原油を取引できるらしい…」
ということで、リサーチする過程でこのページに訪れた人が多いだろう。

結論、XMは原油の取引に対応しているし国内外のFX証券会社と比べても魅力的なバランスのいい取引環境を提供している。
以下、XMの原油取引の特徴だ。

  • 最大レバレッジ66.6倍で追証なし
  • スプレッドは5pips(100バレル取引で0.05ドル相当)
  • ポジション持ち越しでもマイナスのスワップポイントが発生しない

本ページでは上記含めてXMでの原油取引について、競合他社との比較を交えつつ徹底解説。
また実際に取引を始めるまでの手順も紹介しているので、インプットから実践までノンストップで実行できる内容になっている。

XMで原油取引を始める

「そもそもXMとは?」という人は、下記のページを参考にしてほしい。
XMの特徴を解説しつつ、管理人が正直にレビューしている。

原油取引にXMがおすすめな理由4つ

最大レバレッジ66.6倍。400円程度の証拠金で取引可能。

XMでの原油取引で利用可能なレバレッジは最大で66.6倍
後述しているが、XMは1ロット=10バレル(2020年4月6日現在価格で約280ドル)から取引できるので、最低約420円の証拠金さえあればエントリーできる
※バレルは原油の単位=約159リットル。

国内の証券会社だと最大でも10倍までしかレバレッジを効かせられない。
また国内業者は最低取引単位が大きい(50キロリットル=約314バレル)なので、取引のために多額の証拠金が必要になる。

  • 国内業者(最低50キロリットル~最大レバレッジ10倍)
    必要証拠金は約8万8000円~
  • XM(最低10バレル~最大レバレッジ66.6倍)
    必要証拠金は約420円~

最低取引単位が低いこと、利用できるレバレッジが大きいことで、XMでは少額資金から原油投資を始めることができる。

追証なしのゼロカットシステム採用。

国内のFX・証券会社で口座残高がマイナスになった際に発生する追証だが、XMでは一切発生しない。
追証なしのゼロカットシステムを採用しているので、仮にマイナス残高が発生してもXMが全て補填してゼロにリセットしてくれる。

なのでトレーダーの損失範囲は入金額・口座残高まで。
今回のようにコロナウイルス相場で価格が急落しても、追証という名の借金を背負う心配はない。

ちなみにコロナウイルス流行の煽りを受けて、50ドル台だった原油価格は20ドルを下回る価格まで急落。
国内の証券会社で5万円入金してレバレッジ10倍で取引していた場合、含み損は30万円になるので、口座残高がマイナス25万円なで削られた後に強制決済された人もいるだろう。

  • 国内業者で取引していた場合
    →損失25万円を補填するために追加入金しないといけない
  • XMで取引していた場合
    →損失25万円はチャラ。追証を支払う必要はない

国内外どちらの業者で取引しているかで、トレーダーの明暗はハッキリわかれることになった。。。

国内業者と遜色ない日本人向けサービスを提供。

XMは海外に拠点を置くXM業者だが、下記の通り日本人をかなり意識したサービスを展開している。

  • 公式HPや口座開設フォーム・会員ページは全て完全日本語対応
  • 専属日本人スタッフが配属された日本語サポートデスク完備
  • クレジットカードや国内銀行口座への振込で即日入金可能
  • 対応取引プラットフォームが完全日本語対応

管理人は5年以上XMを利用しているが、海外業者だからといって特段使いづらさを感じたことはない。
国内業者を利用しているのと同じ感覚で利用できる。

FX通貨ペアや他のCFD商品も同一口座・プラットフォームでで取引可能

XMでは原油の他にFX通貨ペア天然ガス日経225などの幅広い銘柄を取り揃えている。
以下、XMで取引可能な通貨ペア・商品の一例だ。

  • FX通貨ペア
    (ドル円・ユーロドル・ポンド円など67種類)
  • 資源CFD
    (天然ガス・軽油など原油含む5種類)
  • 商品CFD
    (ココア・コットン・とうもろこしなど8種類)
  • インデックス
    (日経225など16種類)
  • 貴金属
    (金銀・プラチナなど4種類)
  • 仮想通貨
    (ビットコイン・リップルなど5種類)

XMでは上記の商品を同一プラットフォーム・同一アカウントで取引・管理可能
国内業者のように取引商品によって口座開設先を分ける必要はなく、一元管理できる。

XMで取引可能な通貨ペア・貴金属・CFD一覧

FX通貨ペア

AUDCAD AUDCHF AUDJPY AUDNZD AUDUSD

CADCHF CADJPY

CHFJPY CHFSGD

EURAUD EURCAD EURCHF EURDKK EURGBP EURHKD EURHUF EURJPY EURNOK EURNZD EURPLN EURRUB EURSEK EURSGD EURTRY EURUSD EURZAR

GBPAUD GBPCAD GBPCHF GBPDKK GBPJPY GBPNOK GBPNZD GBPSEK GBPSGD GBPUSD

NZDCAD NZDCHF NZDJPY NZDSGD NZDUSD

SGDJPY

USDCAD USDCHF USDCNH USDDKK USDHKD USDHUF USDJPY USDMXN USDNOK USDPLN USDRUB USDSEK USDSGD USDTRY USDZAR

仮想通貨(NEW)

BTCUSD BCH/USD ETH/USD LTC/USD XRP/USD

貴金属

GOLD SILVER PALL PLAT

商品

COCOA COFFE CORN COTTO HGCOP SBEAN SUGAR WHEAT

エネルギー

BRENT GSOIL NGAS OIL WTI Oil OILMn

インデックス

現物指数CFD

AUS200Cash CHI50Cash EU50Cash FRA40Cash GER30Cash HK50Cash IT40Cash JP225Cash NETH25Cash SINGCash SPAIN35Cash SWI20Cash UK100Cash US100Cash US30Cash US500Cash

現物指数CFD

CHI50 EU50 FRA40 GER30 JP225 SING SWI20 UK100 US100 US30 US500

XMで原油取引を始める

XMの原油取引条件

1ロットの価値は「OIL」か「OILMN」かで異なる(最低10バレル~)

XMは「OIL」と「OILMN」の2種類の原油銘柄を用意。
商品自体は全く同じだが、取引可能な最低数量が異なる。

  • OIL:1ロット=100バレルから取引可能
  • OILMN:1ロット=10バレルから取引可能

どちらを取引するかで1ロットの価値が異なるので気を付けよう。

最大取引可能数量は4万バレルで同じ

一方で取引可能な最大値は「OIL」と「OILMN」共通で4万バレルまで

  • OIL:400ロット=4万バレルまで取引可能
  • OILMN:4000ロット=4万バレルまで取引可能

1ロットの価値が異なるので最大取引可能ロット数は異なるが、取引可能な数量は同じになる。

余談だがXMで取引可能な原油はWTI原油と呼ばれている。
WTIとは「ウエスト・テキサス・インターミディエイト)の頭文字をとったもの。
アメリカ南部のテキサス州とニューメキシコ州で産出される原油の総称で、アメリカ国内で産出される原油の6%、世界で産出される原油の1%~2%を占める。

最低必要証拠金はエントリーポジションの1.5%

XMの原油における必要証拠金計算式は以下の通り。

必要証拠金=ロット数 × コントラクトサイズ × オープン価格 × 証拠金率(=1.5%=レバレッジ66.6倍)

※コントラクトサイズ:1ロットの単位のこと。OIL=100バレル。OILMN=10バレルになる。
※オープン価格=エントリー時の原油価格。ロングの場合はBID値、ショートの場合はASK値が適用される。

例えば28ドルのOILを2ロット(200バレル)取引する際の必要証拠金は「2×100×28ドル×1.5%」で84ドル(=約8,400円相当)になる。

スプレッドは最低0.05ドル(5pips相当)

XMの原油取引におけるスプレッドはOIL1ロットの取引で0.05ドル~
pipsに換算すると5pipsになる。
例えばOIL2ロットでエントリーする場合、エントリーに0.1ドル相当がエントリー時に差し引かれる。

国内業者では2pips~3pipsが原油スプレッドの相場なので、XMの方が若干高くなることを念頭に置いておこう。
(ただ差は100バレル取引で0.15ドル~0.1ドルなので、国内業者よりもめちゃくちゃ高いかといわれると、そうではない。)

ちなみに下記のページではXMで取引可能な全商品の平均スプレッド・リアルタイムスプレッドをまとめている。

スワップポイントは発生しない

XMの原油ポジションにはスワップポイントが一切発生しない。
ポジションを持ち越してもスワップで残高が増えたり減ったりすることはない。

後述しているが、基本的に原油ポジションにはロングでもショートでもマイナススワップが発生するので、スワップポイントなしはXMで原油を取引する上でのメリットだ。

スワップポイントとは、各国の政策金利の差を参考に各FX業者が定めている数字。日をまたいでポジションを持つことで、スワップポイント分だけ口座残高が増減する。

スワップポイントについては下記のページで詳しく解説しているので、知識が乏しい方は参考にしてほしい。

基本的に平日の時間帯はいつでも取引可能

XMで原油を取引できる時間帯は以下の通り。

  • 冬時間:月曜日07:05~土曜日05:10
    ※平日05:55~07:05はメンテナンス
  • 夏時間:月曜日06:05~土曜日04:10
    ※平日04:55~06:05はメンテナンス

他のFX・CFD取引商品と同様、基本的に取引可能なのは平日だけで土日・祝日は休場となる。

夏時間とは

欧米で適用されているタイムゾーンで、日の出が早まる時期は時計の針が1時間早まる。(通常16時のところが、夏時間は15時になるイメージ。)
毎年3月の最終日曜日の午前1時から10月の最終日曜日午前1時までが夏時間となる。

XMの取引時間については下記のページで詳しく解説しているので、あわせて参考にしてほしい。

XMで原油取引を始める

XMの原油取引条件を他の海外FX業者と比較

これまで解説してきたXMの原油取引条件について、業者によって異なる部分をピックアップして比較した表が以下。

業者名最低スプレッドスワップポイント最低取引単位最大レバレッジ
xmのロゴ_120_605pipsなし10バレル66.6倍
AXIORYのロゴ_120_604pipsロング-0.67
ショート-0.11
100バレル20倍
titanfxのロゴ_120_607pipsロング-3.26
ショート-0.66
10バレル100倍

スプレッドの狭さは他と比べて劣る場合もあるが、マイナスのスワップポイントが発生しないので、ポジション長期保有のスイング運用ならXMの方がメリットがある。
(例えばスプレッドが狭いAxioryでは、ロングポジションで1ロットあたり0.67ドル(6.7pips相当)、ショートポジションで0.11ドル(1.1pips相当)のスワップポイントが徴収される)

また資金効率や取引ハードルの低さはTitanFXに劣るが、TitanFXはスプレッドがXMよりも広いのに加えてマイナスのスワップポイントも発生する。

他の海外FX業者と比べると、XMはバランスのいい原油取引環境を提供しているといえるだろう。

XMで原油取引を始める

XMで原油取引する上での注意点

満了日(限月)に強制決済される

XMで取り扱っている原油は先物。
満了日(限月)にはトレーダーの意向に関わらず強制的に決済されるので注意しよう。
満了日はMT4の銘柄表示で確認可能だ。

原油の満了日はMT4で確認できる

ZERO口座は原油非対応。マイクロ口座・スタンダード口座を開設しないと取引できない

  • マイクロ口座
  • スタンダード口座
  • ZERO口座

XMには上記3種類の口座タイプが用意されているが、ZERO口座のみ原油取引に対応していないので気をつけよう。
XMで原油を取引するなら、口座開設時にマイクロ口座もしくはスタンダード口座を選択するようにしてほしい。

ちなみにマイクロ口座とスタンダード口座の違いは「ワンショットあたりの取引上限」と「最低取引枚数」の2つだけ。

  • マイクロ口座
    →ワンショットあたり最大10万通貨(100ロット)まで
    →最低取引枚数は10通貨(0.01ロット)
  • スタンダード口座
    →ワンショットあたり最大500万通貨(50ロット)まで
    →最低取引枚数は1000通貨(0.01ロット)

1000通貨以下のFX通貨ペアでの取引を希望する人以外、スタンダード口座を選んでおけば問題ない。

XMで原油を取引する方法・手順

XMで新規口座開設・アカウント認証する

まだXMの口座をお持ちではない人はXMの無料口座開設フォームから口座開設しよう。
口座開設フォームでの操作や入力については、下記のページで詳しく解説している。

また口座開設の申し込み完了後、XMに書類を提出してアカウントを有効化するまでの手順は下記のページでまとめているので参考にしてほしい。

XMで取引プラットフォーム(MT4/MT5)をダウンロードする

口座開設が終わったら、XM専用のMT4(MT5)をダウンロードしよう。
口座開設時に選択したプラットフォームを間違いなくダウンロードするようにしてほしい。
(ここでミスるとログインできなくなってしまう。)

XMのMT4やMT5のダウンロード・ログイン方法は、Windows版やiOS版、スマホアプリ版に分けて下記のページで詳しく解説している。

チャートに原油を表示させる

MT4(MT5)をダウンロードしたら、原油チャートを表示させよう。

ログイン後、ツールバーの「気配値表示」をクリックすれば、チャート左に気配値が表示される。

ツールバーの気配値表示をクリック

気配値表示箇所(どこでもOK)で、左クリックして「全て表示」を選択すれば、原油の気配値が表示される。

全て表示クリックで原油の気配値を表示

「OIL」を選択したまま左クリックで「チャート表示」をすると、MT4(MT5)に原油チャートが表示される。

チャート表示クリックで原油チャート表示

チャート表示が完了したら、チャート上から原油を注文可能になる。

以上、原油取引と海外FX業者のXMが相性抜群だといえる理由やXMで原油を取引する方法を解説してきた。

一時20ドルを切るレベルまで急落した原油価格は2020年4月6日現在で約28ドル
急落前は50ドル~60ドルで推移していたので、平常時の価格とは差が開いている状態が続いている。

原油価格の推移

  • 価格回復のトレンドを見越して、原油のロングポジションを保有する
  • 値動きが激しい中でスキャルピングを駆使して利幅を稼ぐ

上記のように取引チャンスはまだ転がっているので、この機会に原油取引にチャレンジしてみるのも一興だ。

このページで解説してきたが、原油取引するならXMを利用するのがおすすめ
国内証券業者よりもハイレバレッジで取引できるのに加え、追証なしのゼロカットシステム採用で借金のリスクはない。
また他の海外FX業者と比べても、バランスのいい環境でと取引できる。

まだXMの口座をお持ちでない人は新規口座開設で3,000円の未入金ボーナスがもらえるので、試しに3,000円分原油ポジションを持ってみるのもいいだろう。

XMで原油取引を始める

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*