LANDFX(ランドFX)の評判!他サイトには記載がないことを正直に話す。

海外fX業者landfxを管理人が徹底レビューします

LANDFX(Land Prime Ltd)は、ニュージーランドに本社を置く新興海外FXブローカーだ。

ブローカー業務を世界中で展開しており、現在イギリス・ニュージーランド・中国・フィリピン・ロシア・シンガポール・インドネシア・マレーシア・アメリカ・エジプト、計13カ国に拠点をもって活動している。

0.0035秒以内の高約定・豪華なボーナス・60種類以上の豊富な通貨ペアなどを提供することによって、LANDFXを利用する日本人トレーダーは年々増加中だ。

NDZライセンスに加え、2016年には取得が難しいとされている英国FCAライセンスをとり、FCA CASS(顧客資金取扱規定)に則り顧客資金も5万ユーロまで補償される。

※2017年2月1日追記

LANDFXは『日本人専用の低スプレッド口座の廃止』を行った。
LANDFXの一番のメリットであるスプレッドが拡大してしまったことを踏まえると評価を下げざるを得ない。単純に海外FX業者としてのスペックが下がってしまったので、加筆修正を行っている。

※2019年3月18日追記
一度廃止した低スプレッド口座だが、2017年6月1日より低スプレッド口座を再開した。
加えて、100%入金ボーナスキャンペーンも開始したので、再び加筆修正を行っている。2019年3月18日現在もLPボーナス口座100%入金ボーナスキャンペーンは継続中だ。※2019年5月31日追記
上記100%入金ボーナスを50万円分使いきったトレーダーは、申請後、1万円以上のにゅうきんをするとさらに100%の入金ボーナスが得られる令和ボーナスプロモーションも開始した。(上限30万円)

事前申請をしないと適用されないので注意しよう。

LANDFXでもし新規で口座開設するなら、100%の入金ボーナスが最大50万円まで付くLPボーナス口座の開設をおすすめする。(スペックはLIVE口座とほぼ同様)

LANDFXの口座開設はこちら

当ページでは、管理人が感じたLANDFXの良い点、悪い点を公平にレビューしていく。

LANDFXの強み

海外FX業界でも最高水準のスプレッド

LANDFXのスプレッド水準は業界でもNo1,2を争うレベルだ。

LANDFXの平均スプレッドを外為オンラインと比較

通貨ペアlandfxのロゴ_120_60

平均スプレッド

外為オンラインのロゴ

平均スプレッド

ドル円0.80pips1.00pips
ユーロ円1.50pips2.00pips
ユーロドル0.80pips1.00pips
オージー円1.60pips3.00pips
オージードル0.90pips2.00pips
ポンド円1.80pips3.00pips
ポンドドル1.20pips1.00pips
カナダ円2.30pips5.00pips
カナダドル2.50pips6.00pips

大島優子のCMで有名な国内FX業者の外為オンラインとスプレッドを比較してみた。

国内FX業者に見劣りしないスプレッド水準であることがお分かりいただけるだろう。

最大レバレッジ500倍&追証なし

LANDFXの最大レバレッジは500倍

国内FXの最大レバレッジ25倍と比較すると、約20倍ものレバレッジで取引できることになる。
裏を返せば、国内FXの20分の1の証拠金さえあれば同等のポジションを持てるわけだ。

【ドル円100円で10,000通貨ポジる場合】

  • LANDFX(レバレッジ500倍):必要証拠金は2,000円
  • 国内FX(レバレッジ25倍):必要証拠金は40,000円

国内FXよりもはるかに資金効率よくトレードできる。

またLANDFXは追証なしのゼロカットシステムを採用。

LANDFXで取引している限り、口座がマイナス残高になってしまっても追証請求されることはない。
仮にマイナスが100万円だろうが1,000万円だろうが、すべてゼロ(0円)に戻してくれる。

最大損失は口座残高までとリスクが限定されているので、アクティブなハイレバトレードが可能だ。

LANDFXのゼロカットは”自動処理”ではないため申請が必要

LNDFXのゼロカットは、座残高がマイナスになった時点で自動的に執行されるわけではない

トレーダーがサポートへ連絡後、LANDFX側で審査が行われた後にマイナス残高がリセットされる。
つまりサポートへ連絡しないままだと、ずっとマイナス残高のままになってしまうわけだ。
(マイナス残高の状態で追加入金してしまうと、マイナス分と入金分が相殺されてしまうので注意)

もし残高がマイナスになってしまったら、すぐにサポートへ連絡しよう。

なお審査があることに不安を覚える方もいるだろうが、審査落ちしてLANDFXで追証が発生したという方の報告はいまだかつて見たことがないので過剰な心配は不要だ。

通貨ペア数が60種類と豊富。MT4対応

LANDFXはとにかく通貨ペアの種類が豊富だ。

メジャー通貨はもちろんのこと、ロシアルーブルやスウェーデンクローナ、チェココルナなど国内FX業者ではなかなかお目にかかれないマニアックなマイナー通貨まで数多く取り揃えている。

LANDFXで取引可能な通貨ペア・貴金属・資源・インデックス一覧

FX通貨ペア

AUD/CAD AUD/CHF AUD/JPY AUD/NZD AUD/USD CAD/CHF CAD/JPY CHF/JPY EUR/AUD EUR/CAD EUR/CHF EUR/CZK EUR/DKK EUR/GBP EUR/HKD EUR/HUF EUR/JPY EUR/MXN EUR/NOK EUR/NZD EUR/PLN EUR/RUB EUR/SEK EUR/SGD EUR/TRY EUR/USD EUR/ZAR GBP/AUD GBP/CAD GBP/CHF GBP/CZK GBP/DKK GBP/HKD GBP/HUF GBP/JPY GBP/MXN GBP/NOK GBP/NZD GBP/PLN GBP/SEK GBP/SGD GBP/TRY GBP/USD GBP/ZAR NOK/SEK NZD/CAD NZD/CHF NZD/JPY NZD/SGD NZD/USD USD/CAD USD/CHF USD/CNH USD/CZK USD/DKK USD/HKD USD/HUF USD/ILS USD/JPY USD/MXN USD/NOK USD/PLN USD/RUB USD/SEK USD/SGD USD/TRY USD/ZAR

貴金属

XAU/USD XAU/USD(mini) XAU/EUR XAU/AUD XAG/USD XAG/AUD XPD/USD XPT/USD

オイル

Brent Crude NGas

インデックス

DE30 DE30(mini) EU50 UK100 FR40 JP225 AU200 US30 US30(mini) US100 US100(mini) SP500 SP500(mini) Spain35 HK50

CFDも各種揃えており、金・銀、オイル(ブレント、原油)をはじめ日経225やGerman30、CAC40、Wall Street30などのインデックス株取引も小ロットからハイレバレッジで取引可能だ。

MT4に対応しているため、これらの豊富なFX通貨ペアや各種CFDも全て1つのプラットフォーム上で売買することができる。

もちろんスマホでの取引も可能だ。

約定力が秀逸。ほとんど滑らない

LANDFXはデータセンター周りにかなりの額を投資しており、Equinix、PrimeXm、RousTechと提携している。

landfx_database

これがLANDFXの約定力を強固なものにしている理由である。

他のブローカーに比べてもサクサク約定し、ストレスを感じることはほとんどないだろう。

また、注文が滑ることはほとんどない。(これは後述するDD方式を採用している利点といえる。)

期間限定ボーナスあり

LANDFXは期間限定でボーナス口座というものを設けている。

口座開設時にLPボーナス口座を選択すればよい。(スペックはライブ口座と同様)

このボーナスは入金ごとに100%の取引資金が付与されるものだ。

初回入金のみならず、最大5000ドル(50万円相当)に達するまで追加入金にも100%のボーナスが反映される。

ボーナス分は出金不可だが、そのボーナスを証拠金に使って得た利益はもちろん出金可能だ。

入金処理後、MT4に自動反映(30分以内)されるのでとくに手続きはいらない。

LPボーナスで上限を使いきっても、さらに100%入金ボーナス!

LANDFXは2019年5月1日から、令和ボーナスキャンペーンを開催している。

LPボーナス口座で50万円を使い切ったあとでも、追加で最大30万円分の100%ボーナスが付与されるという太っ腹なボーナスだ。

条件は以下の3点のみ。

  • LPボーナス口座を保有し、50万円分のボーナスを全て使い切っていること
  • 事前申請を行うこと
  • 1万円以上の入金にすること

事前申請を行わずに入金したとしてもボーナスは反映されないため必ず、申請を行おう。

期間:2019年5月1日~ 8月31日

令和ボーナス口座申請方法

以下のようにサポートまでメールを送ろう。

宛先:japan.support@landfx.com
メールの題名: 令和ボーナス希望/12345(ご自身のMT4/MT5アカウント番号を記入)
メール内容  MT4/MT5アカウント, お名前(ローマ字)

適用が完了されるとLANDFXサポートからメールで連絡が来るので、メールが来た後に入金しよう。
※適用完了メールが届く前に入金してもボーナスは反映されないため注意。

Live口座を開設すると10%入金ボーナスとリカバリーボーナスが適用される

LPボーナス口座ではなく、Live口座を開設すると10%入金ボーナスとリカバリーボーナスが適用される。

【10%入金ボーナス】

規定のlot数を取引することで、入金額の10%を受け取れるボーナス。

規定のlot数は「入金額($)÷5lot」で割り出される。

例えば100$入金すると、必要な取引lot数は20lot。
20lot取引した時点でサポートへ申請すると、入金額100$の10%である10$がボーナスとして受け取れる。

受け取った10$はキャッシュバックのような扱いであるため、そのまま出金してもOKだ

【リカバリーボーナス】

リカバリーボーナスは、初回ロスカット時に適用されるボーナス。
初回ロスカット後に3万円以上の入金をすると、入金額の5%のボーナスを受け取れる。

正直上述した100%入金ボーナスと比較すると金額も小さく、メリットは薄い。

LPボーナス口座とLive口座のスペックはまったく一緒なため、圧倒的にLPボーナス口座を開設するのがオススメだ。

LANDFXのボーナスについて詳しく知りたい方はこちらをチェック

LANDFXのボーナスについて、禁止行為や出金の際のボーナスの扱いなど気になる点を以下の記事で詳しくまとめたので参考にしてほしい。

マイページが使いやすく入出金がスムーズ

LANDFXのマイページは完全日本語対応しており、かなり使いやすい。なので英語がまったくできなくても問題ない。

LANDFXのプラットフォームはかなり使いやすい

入出金スピードも優秀だ。

入金に関しては即時〜30分程度で口座に反映される。

出金に関しては出金依頼日から1営業日以内に手続きを行ってくれるため、2-3営業日中には指定の口座に着金している。

日本語サポートが手厚い

LANDFXは日本語サポートが手厚い。

上述したように公式HPは完全日本語対応済み

問い合わせ方法は「電話・ライブチャット・メール」の3種類。
中でもオススメは電話だ。

平日の10時~18時であれば、日本人サポートスタッフと日本語で通話できる。
日本語での電話問い合わせに対応している海外業者は珍しい。

なにかわからないことがあれば、すぐに電話で聞けるのは英語ができないトレーダーには嬉しいポイントだろう。

取引プラットフォームはMT4かMT5を選べる【NEW】

LANDFXはMT4のみならず、最新のMT5プラットフォームにも対応している。

MT4とMT5の違いは以下の通り。

項目MT4のロゴMT5のロゴ
動作スピードもっさり
サクサク
時間足9種類21種類
気配値、ナビゲーターウィンドウわかりやすく
使いやすい
両建て可能可能

2016年5月から
可能に
ワンクリック注文可能可能
ストラテジーテスター
可能可能

2016年5月から
可能に
カスタムインディケーターの種類かなり豊富
増えてきているが
MT4には劣る
EAの種類かなり豊富少ない
アップデート回数4回

(2017年1月~
2018年6月現在)
14回

(2017年1月~
2018年6月現在)
対応海外FX業者ほぼ全て一部大手業者のみ

動作スピードなど、性能はMT5の方が優秀なので手動の裁量取引がメインのトレーダーはMT5を選択しよう。

ただMT4とMT5はカスタムインジケーターやEAの互換性がない
(たとえばMT4対応のEAをそのままMT5に流用することはできない)

今使っているMT4のEAやカスタムインジケーターをそのまま利用したい人はMT4を選択すれば問題ない。

どちらにせよ、トレーダーが選べるプラットフォームの種類が豊富なことはLANDFXの強みだといえる。
(ちなみにMT5を使える海外FX業者はまだ少なく、管理人の知る限りLANDFXの他にXMFBSしかない。)

LANDFXの弱み

ここまではLANDFXの長所を解説してきたが、短所も存在する。

DD方式(OTC取引)を採用している

LANDFXは国内FX業者と同様、DD(ディーリングデスク)方式を採用している。

(※ここからは少し小難しい話になるが、良く分からないと言う人はLANDFXは取引の透明性が他社海外FXブローカーよりも低い。と認識していただければOKだ。)

LANDFXはDD取引

DD方式とは、間にFX会社のブローカーが入るシステムで顧客の注文をカバー先にそのまま注文するかどうするかをブローカー側で判断する。

DD方式の図

FX会社のディーラーが顧客の注文を通すか通さないかはブラックボックスになっており、顧客はわからない。

顧客の注文をカバー先に通さなかった場合は顧客とブローカーの利益が相反する取引方法だ。

間にディーラーを通さないNDD(ノーディーリングデスク)方式よりも透明性は低いといえる。

LANDFXでは不利約定やストップ狩りなどの噂は聞かない

DD業者と顧客の利益が相反する場合があるのは先述のとおりだ。

そのことから、DD業者は

  • 不利約定
  • ストップ狩り
  • レートずらし

などの不正行為をして、顧客を負けさせるという方法をとっていたという実態が過去にはあった。

しかし、ことLANDFXに関してはそういった報告はされていない。

DD業者でもかなりまっとうに運営している部類に入ると思う。

DD方式のメリットは滑らないこと

NDD方式では顧客の注文を直接インターバンクにぶつけるので、値動きが激しくトレーダーが発注したレートと注文先のレートが乖離している滑ることが多々ある。(もちろん有利に滑ることもある)

しかし、DD方式の場合、いかなるレートでも一旦FXブローカーが注文を受けてくれるので、注文が滑ることはない。

これはDD方式のメリットの一つといえるだろう。

取引禁止事項が他社よりも厳しい

LANDFXでは

  • ボーナスの悪用(他口座・他業者間での両建て取引)
  • アービトラージ(裁定)取引
  • 接続遅延・レートエラーを利用したトレード

これらを全て禁止している。通常に取引する分には、とくに気にすることはない。

しかし、上記の行為をして不正に利益を得た場合は出金拒否になる場合もあるので注意が必要だ。

以下で禁止事項を詳しく説明している。気になった方はチェックしてほしい。

ボーナスの悪用(他口座・他業者間での両建て取引)

LANDFXのバックオフィスに問い合わせたところ、一番多い不正がボーナスを悪用した両建て行為みたいだ。

LANDFX-100入金ボーナスの注意点

口座を開設する際も上記の注意書きが表示されるが、これらの両建て行為は全て禁止されており、発見され次第利益没収となる。

まとめると

  • A口座でドル円を買い、B口座でドル円を売るなどという複数口座間の両建て取引
  • 他業者間での両建て取引
  • 特定のグループでの両建て取引
  • ゼロカットシステムを利用した窓開け狙いの両建て手法
  • 家族名義でボーナス口座を複数保有する行為

これら全てが禁止されているため注意が必要だ。 

アービトラージ(裁定)取引

アービトラージ取引とは、2社間のレートにズレが生じた際に両建てをする行為だ。

具体的には、2社のレート差が開いたときに『A社で売り、B社で買い』と同時に取引して、同時に決済する手法である。A社だけ一瞬レートがおかしくなって、でもすぐにB社と同じレートに戻るとわかっていれば、両建てで10割近くの勝率を誇る。

この手法は、LANDFXはもちろん、ほぼ全てのFX業者で禁止されている。アービトラージを目的とするEA(自動売買)ももちろんNGなので要注意。

接続遅延・レートエラーを利用したトレード

システムのバグをついて過去のレートで注文をして、現在価格で買い戻すというトレードだ。

もちろん勝率は100%だが、言うまでもなく規約違反の行為であるため、無条件で利益没収となってしまう。

日本向け法人は無登録で運営されている

LANDFXはFCAライセンス(イギリス金融庁)を所持しているから信頼できると記述しているサイトも多いが、この情報は誤り

LANDFXは複数の法人にわかれており、FCAを所持しているのは欧州向け法人である「LAND-FX UK Limited」。
日本人トレーダーはLAND-FX UK Limitedの管理下ではなく、「LAND Prime Ltd.」の管理下にあるのだ。

またLAND Prime Ltd.はライセンスを所持していない無登録法人の可能性が高い。
以前はFSPR(ニュージーランド)ライセンスを所持していたが、2017年4月22日に登録が抹消されており、それ以降再取得した様子もない。

つまりLANDFXはFCAライセンスを持っているから信頼性はかなり高いという主張は、日本人トレーダーには当てはまらないということになる。

LANDFXには早急に日本人トレーダー向けの法人である「LAND Prime Ltd.」でライセンスを取得していただきたい。

とはいえ、グループ会社の1つがFCAを持っているというだけでも一定の信頼はおける

流石にライセンス未所持だからといって、LAND Prime Ltd.が日本人トレーダーに悪質な出金拒否や詐欺行為をはたらくとは考えづらい。
そんなことをしてしまえば、LANDFXグループ全体の評価が下がってしまう。

過剰に心配する必要はないだろう。

ECN口座のスペックがかなり低い

LANDFXにはSTPのLive口座(LPボーナス口座)の他に、ECN口座も用意されている。

しかし残念ながらECN口座のスペックはかなり低い

  • 最大レバレッジ200倍
  • ボーナスなし
  • 取引手数料は往復0.7pips/lot
  • 最低入金額10万円

ECN口座最大の魅力は取引コストを抑えられることだが、LANDFXのECN口座の平均スプレッドはドル円で0.5pips。
手数料と合わせると1.2pipsのコストがかかってしまう。

Live口座のドル円平均スプレッドが0.8pipsなので、Live口座よりも高くついてしまう形だ。

最大レバレッジも低く、入金額のハードルも高いため、正直LANDFXのECN口座を利用するメリットは皆無と言える。

最低入金額がやや高い

  • クレジットカード入金が最低入金額10,000円~
  • 国内銀行送金(三井住友銀行経由)が最低入金額10,000円~

とXMなどに比べるとやや高い。

5,000円などの少額で海外FXを試してみたいという方にはデメリットだろう。

出金手数料がかかる

LANDFXは入金手数料は無料だが、出金手数料はかかる。

  • 海外銀行送金:約45ドル(5,000円相当)
  • STICPAY出金:0.3ドル+出金額の2.5%

こまめに出金するのではなく、ある程度まとめて出金しないと損をすることになるので要注意だ。

LANDFXのトリセツ管理人的統括

スペック的には高い水準の海外FXブローカーと言える。

特にボーナスはオイシイので100%ボーナス付与のLPボーナス口座を開設し、使ってみる価値はあると思う。

LANDFXの口座開設はこちら

LANDFXの詳細情報

LANDFXの会社情報
正式名称
Land Prime Ltd.
所在国
ニュージーランド
所在地
Plaza Level, 41 Shortland Street, Auckland, 1010, NewZealand
金融ライセンス
FSAライセンス
事業開始年
2013年
顧客資金の管理
West銀行にて分別管理。FSCSにより5万ユーロまで補償
公式サイト日本語化
完全日本語化
サポート体制
日本語サポートあり。メール・コールバック・メール
日本語でのメール問い合わせ
japan.support@land-fx.com
電話番号
+64-9-925-0349 (日本サポートは平日10時~18時)
LPボーナス口座,LIVE口座の詳細
最大レバレッジ
500倍
追証について
ゼロカットシステム対応、追証なし
平均スプレッド
◎ ドル円0.80pips,ユーロドル0.80pips,ユーロ円1.50pips
約定スピード
◎ 非常に速い。滑りなし。
取引ツール
MetaTrader 4 MetaTrader 5
取引手数料
取引手数料なし
ボーナス
最大50万円の100%の入金ボーナス。初回入金のみならず、追加入金も対象。
口座通貨
JPY,USD(LIVE口座はEURも選択可)
商品
FX:60種類, 貴金属:金・銀,原油,インデックス:日経225をはじめとする18種類
最低入金額
10,000円($100)
両建て取引
同一口座内での両建て取引は可能。他口座・他業者との両建て取引は禁止。
最低取引量
0.01LOT(1,000通貨)
マージンコール水準
証拠金維持率50%以下
ロスカット水準
証拠金維持率20%以下
1ポジションの最大保有数
50LOT(500万通貨)
最大保有数
制限なし
ECN口座の詳細
最大レバレッジ
200倍
追証について
ゼロカットシステム対応、追証なし
平均スプレッド
〇 ドル円0.30pips,ユーロドル0.30pips,ユーロ円0.80pips
取引手数料
1Lot往復7ドル
約定スピード
◎ 非常に速い。滑りなし。
取引ツール
MetaTrader 4 MetaTrader 5
ボーナス
ボーナスなし
口座通貨
JPY,USD,EUR
商品
FX:60種類, 貴金属:金・銀,原油,インデックス:日経225をはじめとする18種類
最低入金額
200,000円($2,000)
両建て取引
同一口座内での両建て取引は可能。他口座・他業者との両建て取引は禁止。
最低取引量
0.1LOT(10,000通貨)
マージンコール水準
証拠金維持率50%以下
ロスカット水準
証拠金維持率20%以下
1ポジションの最大保有数
50LOT(500万通貨)
最大保有数
制限なし
LANDFXの入出金情報
入金方法
クレジットカード(VISA),国内銀行送金(三井住友銀行),海外銀行送金,LANDFXカード,Webmoney、Perfect Money、STICPAY
入金から口座反映までのスピード
クレジットカード→即時
国内銀行送金→着金後、即時~30分
海外銀行送金→着金後、即時~30分(着金まで3~5営業日)
電子決済サービス→即着金
入金手数料
無料
出金手数料
海外銀行送金→$45
STICPAY→0.3ドル+出金額の2.5%
出金依頼から指定口座へ着金までのスピード
1営業日~3営業日(※5営業日ほどかかる場合もあり)

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*