Land Prime(ランドプライム)の評判は?他サイトには記載がない悪い部分も正直に話す。

LANDFX(ランドFX)の評判は?他サイトには記載がない悪い部分も正直に話す。
本ページはプロモーションが含まれています

 

Land Prime(ランドプライム)は、2023年11月にLAND-FXがリニューアルして誕生した海外FX業者だ。

ブローカー業務を世界中で展開しており、ニュージーランド、イギリスなど世界各地に拠点を構えるグローバル企業。

0.0035秒以内の高約定・FXだけでも60種類以上、加えて貴金属・オイル・ガス・株価指数CFDなど豊富な通貨ペアを提供しており、Land Primeを利用する日本人トレーダーも増えてきている。

NDZライセンスに加え、セントビンセント金融サービス機構(FSA)も取得している。

Land Primeでもし新規で口座開設するなら、最大レバレッジ2,000倍のプロ口座もしくはスワップフリー口座の開設をおすすめする。

Land Primeの口座開設はこちら

当ページでは、管理人が感じたLand Primeの良い評判、悪い評判を紹介していく。

他の業者の評判も知った上でLand Primeの利用を決めたいトレーダーには以下の記事もぜひ合わせて読んでもらいたい。
関連記事:海外FX業者おすすめランキング13選!日本人トレーダーに人気の会社を徹底比較!

【良い評判】Land Primeの9つのメリット

Land Primeの良い評判から分かる9つのメリットを紹介する。

  1. 海外FX業界でも最高水準のスプレッド
  2. 最大レバレッジ2,000倍&追証なし(ゼロカットシステム)
  3. FX通貨ペア数が67種類と豊富。
  4. 約定力が秀逸。ほとんど滑らない
  5. 期間限定ボーナスあり
  6. マイページが使いやすく入出金がスムーズ
  7. 日本語サポートが手厚い
  8. 最低入金額が5ドル・最小取引単位が1,000通貨でとっつきやすい
  9. 取引プラットフォームはMT4かMT5を選べる

海外FX業界でも最高水準のスプレッド

Land Primeのスプレッド水準は業界でもNo1,2を争うレベルだ。

Land Primeの平均スプレッドを外為オンラインと比較

通貨ペアlandfxのロゴ_120_60

平均スプレッド

外為オンラインのロゴ

平均スプレッド

ドル円0.80pips1.00pips
ユーロ円1.50pips2.00pips
ユーロドル0.80pips1.00pips
オージー円1.60pips3.00pips
オージードル0.90pips2.00pips
ポンド円1.80pips3.00pips
ポンドドル1.20pips1.00pips
カナダ円2.30pips5.00pips
カナダドル2.50pips6.00pips

念のため補足しておくと、Land Primeのスプレッドは、スプレッド特化型のECN口座ではなく、プロ口座のスプレッドだ。

大島優子のCMで有名な国内FX業者の外為オンラインとスプレッドを比較してみた。

国内FX業者に見劣りしないスプレッド水準であることがお分かりいただけるだろう。

海外FX業者多しと言えど、プロ口座のスプレッドで国内FX業者とガチで対抗できる業者は極めて稀だ。Land Primeのスプレッドの優秀さがよく分かる。

最大レバレッジ2,000倍&追証なし(ゼロカットシステム採用)

Land Primeの最大レバレッジは2,000倍

国内FXの最大レバレッジ25倍と比較するとかなりのハイレバレッジだ。

Land Primeの2,000倍レバレッジは、口座残高4,999ドル以下という条件は付くが、少額資金しか用意できない方にとって、これほど魅力的なことはないだろう。

国内FXの80分の1の証拠金さえあれば同等のポジションを持てることになる

【ドル円140円で10,000通貨ポジション保有する場合】

  • Land Prime(レバレッジ2000倍):必要証拠金は700円
  • 国内FX(レバレッジ25倍):必要証拠金は56,000円

国内FXよりもはるかに資金効率よくトレードできる。

またLand Primeは追証なしのゼロカットシステムを採用。

Land Primeで取引している限り、口座がマイナス残高になってしまっても追証請求されることはない。
仮にマイナスが100万円だろうが1,000万円だろうが、すべてゼロ(0円)に戻してくれる。

最大損失は口座残高までとリスクが限定されているので、アクティブなハイレバトレードが可能だ。

Land Primeのゼロカットは”自動処理”ではないため申請が必要

LNDFXのゼロカットは、口座残高がマイナスになった時点で自動的に執行されるわけではない

トレーダーがサポートへ連絡後、Land Prime側で審査が行われた後にマイナス残高がリセットされる。
つまりサポートへ連絡しないままだと、ずっとマイナス残高のままになってしまうわけだ。
(マイナス残高の状態で追加入金してしまうと、マイナス分と入金分が相殺されてしまうので注意)

もし残高がマイナスになってしまったら、すぐにサポートへ連絡しよう。

なお審査があることに不安を覚える方もいるだろうが、審査落ちしてLand Primeで追証が発生したという方の報告はいまだかつて見たことがないので過剰な心配は不要だ。

FXの通貨ペア数が60種類以上と豊富。

Land Primeはとにかく通貨ペアの種類が豊富だ。

メジャー通貨はもちろんのこと、スウェーデンクローナ、チェココルナなど国内FX業者ではなかなかお目にかかれないマニアックなマイナー通貨まで数多く取り揃えている。

Land Primeで取引可能な通貨ペア・貴金属・資源・インデックス一覧

FX通貨ペア

AUD/CAD AUD/CHF AUD/JPY AUD/NZD AUD/USD CAD/CHF CAD/JPY CHF/JPY EUR/AUD EUR/CAD EUR/CHF EUR/CZK EUR/DKK EUR/GBP EUR/HKD EUR/HUF EUR/JPY EUR/MXN EUR/NOK EUR/NZD EUR/PLN EUR/RUB EUR/SEK EUR/SGD EUR/TRY EUR/USD EUR/ZAR GBP/AUD GBP/CAD GBP/CHF GBP/CZK GBP/DKK GBP/HKD GBP/HUF GBP/JPY GBP/MXN GBP/NOK GBP/NZD GBP/PLN GBP/SEK GBP/SGD GBP/TRY GBP/USD GBP/ZAR NOK/SEK NZD/CAD NZD/CHF NZD/JPY NZD/SGD NZD/USD USD/CAD USD/CHF USD/CNH USD/CZK USD/DKK USD/HKD USD/HUF USD/ILS USD/JPY USD/MXN USD/NOK USD/PLN USD/RUB USD/SEK USD/SGD USD/TRY USD/ZAR

貴金属

XAU/USD XAU/USD(mini) XAG/USD XPD/USD XPT/USD

オイル・ガス

Brent Crude NGas

インデックス

DE30 EU50 UK100 FR40 JP225 AU200 US30 US100 SP500 SP Spain35 HK50

CFDも各種揃えており、金・銀、オイル(ブレント、原油)をはじめ日経225やGerman30、CAC40、Wall Street30などのインデックス株取引も小ロットからハイレバレッジで取引可能だ。

MT4に対応しているため、これらの豊富なFX通貨ペアや各種CFDも全て1つのプラットフォーム上で売買することができる。

もちろんスマホでの取引も可能だ。

約定力が秀逸。ほとんど滑らない

Land Primeはデータセンター周りにかなりの額を投資しており、Equinix、PrimeXm、RousTechと提携している。

landfx_database

これがLand Primeの約定力を強固なものにしている理由である。

他のブローカーに比べてもサクサク約定し、ストレスを感じることはほとんどないだろう。

また、注文が滑ることはほとんどない。(これは後述するDD方式を採用している利点といえる。)

期間限定ボーナスあり

Land Primeは期間限定で、最大50%ウェルカムボーナスを提供している。

入金ボーナスは、最大50万円まで受け取ることができ、ボーナスを使って取引することが可能だ。

入金額 ボーナス付与率 ボーナス受け取り上限額
50,000円まで 50% 25,000円
2,375,000円まで 20% 500,000円

Land Primeの口座を開設して、取引を始めてみよう。

Land Primeの口座開設はこちら

Land Primeのボーナスについて詳しく知りたい方はこちらをチェック

Land Primeのボーナスについて、禁止行為や出金の際のボーナスの扱いなど気になる点を以下の記事で詳しくまとめたので参考にしてほしい。

マイページが使いやすく入出金がスムーズ

Land Primeのマイページは完全日本語対応しており、かなり使いやすい。なので英語がまったくできなくても問題ない。

LANDFXのプラットフォームはかなり使いやすい

入出金スピードも優秀だ。

入金に関しては即時〜30分程度で口座に反映される。

出金に関しては出金依頼日から1営業日以内に手続きを行ってくれるため、2-3営業日中には指定の口座に着金している。

日本語サポートが手厚い

Land Primeは日本語サポートが手厚い。

上述したように公式HPは完全日本語対応済み

問い合わせ方法は「ライブチャット・メール」の2種類。
中でもオススメはライブチャットだ。

リアルタイムで質問でき、すぐに回答をもらえるので、早く回答が欲しい方にはライブチャットが向いているだろう。

メールでの対応時間は日本時間の平日10時~18時、ライブチャットでの対応時間は、日本時間の平日11時~17時となっている。

メールもライブチャットも、日本語対応しているのでご安心頂きたい。日本語で質問すれば、日本語で丁寧な回答が返ってくる。

何かわからないことがあれば、日本語でメール・ライブチャットで聞けるのは、英語ができないトレーダーには嬉しいポイントだろう。

最低入金額が5ドル・最小取引単位が1,000通貨でとっつきやすい

Land Primeの初回最低入金額は以下の通り。

  • STICPAY入金の最低入金額5ドル~
  • クレジットカード入金が最低入金額10,000円~
  • 国内銀行送金(みずほ銀行経由)が最低入金額50,000円~

STICPAY入金なら最低入金額が5ドル(約700円)、クレジットカード入金なら1万円あれば始められるのは、わりとハードルが低いと言える。

ただし、銀行送金の最低入金額が50,000円となっているので、ここは今後改善を期待したいところだ。

【Land Primeの入金情報】

入金方法入金手数料最低入金額入金反映時間
クレジットカード
(VISA)
無料10,000円
(100$)
1時間以内
国内銀行送金無料50,000円
(500$)
1~2営業日
STICPAY無料500円
(5$)
即時
ビットコイン無料50,000円
(500$)
1時間以内
海外銀行送金無料50,000円
(500$)
1~2営業日

※Land Primeの入金手数料は「1回の入金額が最低入金額以上」かつ「既定の取引量を満たす(1万円の入金につき2lot)」ことにより無料
条件を満たすと入金手数料が返還される。

また最小取引単位は1,000通貨(0.01lot)から。
これはレバレッジ2,000倍(ドル円140円の場合)であれば、70円でポジション保有できる枚数だ。

少額・小ロットから運用したいトレーダーにとってとっつきやすい設定となっている。

取引プラットフォームはMT4かMT5を選べる

Land PrimeはMT4のみならず、最新のMT5プラットフォームにも対応している。

MT4とMT5の違いは以下の通り。

項目MT4のロゴMT5のロゴ
動作スピード普通
早い
時間足9種類21種類
気配値、ナビゲーターウィンドウわかりやすく
使いやすい
両建て可能可能

2016年5月から
可能に
ワンクリック注文可能可能
ストラテジーテスター
可能可能

2016年5月から
可能に
カスタムインディケーターの種類豊富豊富
EAの種類かなり豊富徐々に増えつつある
対応海外FX業者ほぼ全て(FXGTを除く)大手業者を中心に増加中

動作スピードなど、性能はMT5の方が優秀なので手動の裁量取引がメインのトレーダーはMT5を選択しよう。

ただMT4とMT5はカスタムインジケーターやEAの互換性がない
(たとえばMT4対応のEAをそのままMT5に流用することはできない)

今使っているMT4のEAやカスタムインジケーターをそのまま利用したい人はMT4を選択すれば問題ない。

どちらにせよ、トレーダーが選べるプラットフォームの種類が豊富なことはLand Primeの強みだといえる。

ちなみに、以前はMT4のみ対応という業者が多かったが、徐々にMT5も使える業者が増加しつつある。逆に、FXGTのように、MT5しか対応していない業者もあるので、その点では、MT4・MT5いずれも選択可能なLand Primeは、取引プラットフォームの選択肢が広く良心的と言えるだろう。

【悪い評判】Land Primeの5つのデメリット

ここまではLand Primeの評判をもとにメリットを解説してきたが、デメリットも存在する。

  • DD方式(OTC取引)を採用している
  • 取引禁止事項は他社と同レベル
  • 日本向け法人は無登録で運営されている
  • ECN口座のスペックが若干低い
  • 出金手数料がかかる

DD方式(OTC取引)を採用している

Land Primeは国内FX業者と同様、DD(ディーリングデスク)方式を採用している。

(※ここからは少し小難しい話になるが、良く分からないと言う人はLand Primeは取引の透明性が他社海外FXブローカーよりも低い。と認識していただければOKだ。)

LANDFXはDD取引

DD方式とは、間にFX会社のブローカーが入るシステムで顧客の注文をカバー先にそのまま注文するかどうするかをブローカー側で判断する。

DD方式の図

FX会社のディーラーが顧客の注文を通すか通さないかはブラックボックスになっており、顧客はわからない。

顧客の注文をカバー先に通さなかった場合は顧客とブローカーの利益が相反する取引方法だ。

間にディーラーを通さないNDD(ノーディーリングデスク)方式よりも透明性は低いといえる。

Land Primeでは不利約定やストップ狩りなどの噂は聞かない

DD業者と顧客の利益が相反する場合があるのは先述のとおりだ。

そのことから、DD業者は

  • 不利約定
  • ストップ狩り
  • レートずらし

などの不正行為をして、顧客を負けさせるという方法をとっていたという実態が過去にはあった。

しかし、ことLand Primeに関してはそういった報告はされていない。

DD業者でもかなりまっとうに運営している部類に入ると思う。

DD方式のメリットは滑らないこと

NDD方式では顧客の注文を直接インターバンクにぶつけるので、値動きが激しくトレーダーが発注したレートと注文先のレートが乖離している滑ることが多々ある。(もちろん有利に滑ることもある)

しかし、DD方式の場合、いかなるレートでも一旦FXブローカーが注文を受けてくれるので、注文が滑ることはない。

これはDD方式のメリットの一つといえるだろう。

取引禁止事項は他社と同レベル

Land Primeでは

  • ボーナスの悪用(他口座・他業者間での両建て取引)
  • アービトラージ(裁定)取引
  • 接続遅延・レートエラーを利用したトレード

これらを全て禁止している。通常に取引する分には、とくに気にすることはない。他の海外FXでも同様の禁止事項が設定されている。

しかし、上記の行為をして不正に利益を得た場合は出金拒否になる場合もあるので注意が必要だ。

以下で禁止事項を詳しく説明している。気になった方はチェックしてほしい。

ボーナスの悪用(他口座・他業者間での両建て取引)

Land Primeのバックオフィスに問い合わせたところ、一番多い不正がボーナスを悪用した両建て行為みたいだ。

LANDFX-100入金ボーナスの注意点

口座を開設する際も上記の注意書きが表示されるが、これらの両建て行為は全て禁止されており、発見され次第利益没収となる。

まとめると

  • A口座でドル円を買い、B口座でドル円を売るなどという複数口座間の両建て取引
  • 他業者間での両建て取引
  • 特定のグループでの両建て取引
  • ゼロカットシステムを利用した窓開け狙いの両建て手法
  • 家族名義でボーナス口座を複数保有する行為

これら全てが禁止されているため注意が必要だ。 

アービトラージ(裁定)取引

アービトラージ取引とは、2社間のレートにズレが生じた際に両建てをする行為だ。

具体的には、2社のレート差が開いたときに『A社で売り、B社で買い』と同時に取引して、同時に決済する手法である。A社だけ一瞬レートがおかしくなって、でもすぐにB社と同じレートに戻るとわかっていれば、両建てで10割近くの勝率を誇る。

この手法は、Land Primeはもちろん、ほぼ全てのFX業者で禁止されている。アービトラージを目的とするEA(自動売買)ももちろんNGなので要注意。

接続遅延・レートエラーを利用したトレード

システムのバグをついて過去のレートで注文をして、現在価格で買い戻すというトレードだ。

もちろん勝率は100%だが、言うまでもなく規約違反の行為であるため、無条件で利益没収となってしまう。

日本向け法人は無登録で運営されている

LAND Prime Ltd.はライセンスを所持していない無登録法人の可能性が高い。
以前はFSPR(ニュージーランド)ライセンスを所持していたが、2017年4月22日に登録が抹消されており、それ以降再取得した様子もない。

ただし、流石にライセンス未所持だからといって、LAND Prime Ltd.が日本人トレーダーに悪質な出金拒否や詐欺行為をはたらくとは考えづらい。
そんなことをしてしまえば、Land Primeグループ全体の評価が下がってしまう。

親会社であるLand Prime UK Ltd.は厳格な英国FCAライセンス(番号:709866)を取得していることを考えても、過剰に心配する必要はないだろう。

約800万円までの資金補償が適用される可能性がある

上述した通り、Land Primeの親会社であるLand Prime UK Ltd.は、英国FCAライセンスを取得している。

そのため世界トップクラスの投資家保護サービス「英国金融サービス補償機構(FSCS)」に加入している。
万が一、Land Primeが倒産しても預けていた資産は最大で5万ポンド(約800万円)まで補償対象となる。

ただし日本向け法人は無登録のため、資金補償が正常に行われるかは不明だが、そもそもLand Primeの倒産は考えにくいので過剰に心配する必要はないだろう。

ECN口座のスペックが若干低い

Land Primeにはプロ口座・スワップフリー口座の他に、ECN口座も用意されている。

しかしECN口座のスペックは若干低い

  • 最大レバレッジ1,000倍
  • ボーナスなし
  • 取引手数料は往復0.6pips/lot
  • 最低入金額10万円

ECN口座最大の魅力は取引コストを抑えられることだ。スプレッドだけを見ると、プロ口座より狭いスプレッドで取引できるため、特にスキャルピングなどをメインで取引する方にはメリットが大きいだろう

ただし、ECN口座の最大レバレッジは1,000倍となっている。Land Primeの最大の売りとも言える2,000倍レバレッジが適用されないのは痛い。

また、期間限定ボーナスが再開された場合も、ECN口座はボーナス対象外となる可能性が高い。

最低入金額も10万円以上とハードルが高いので、ECN口座はスキャルピングトレーダーもしくはFX中上級者向きの口座タイプと言えるだろう。

出金手数料がかかる

Land Primeは入金手数料は無料だが、出金手数料はかかる。

  • 海外銀行送金:約45ドル(6,300円相当)
  • STICPAY出金:0.3ドル+出金額の2.5%

こまめに出金するのではなく、ある程度まとめて出金しないと損をすることになるので要注意だ。

Land Primeの評判まとめ

スペック的には高い水準の海外FXブローカーと言える。

特にいかに当てはまる方はLand Primeを利用するのがオススメだ。

  • スプレッドの狭さにこだわってスキャルピングしつつ、ある程度取引数をコントロールできる方
  • レバレッジ2,000倍を活かして、ダイナミックにハイレバトレードしたい方
  • 確かな約定力のもとストレスフリーでサクサク取引したい方
  • 日本語対応が手厚い業者で取引したい方

特に、Land Primeのレバレッジ2,000倍は、試してみる価値が大いにあるだろう。

Land Primeにはゼロカットシステムがあるので、いかにハイレバレッジ取引しようとも、入金額以上の借金(追証)を背負うリスクは無い

Land Primeが気になる方は、プロ口座もしくはスワップフリー口座の2,000倍レバレッジで、ダイナミックなFXトレードを楽しむのもおすすめだ。

Land Primeの口座開設はこちら

一方で以下の方にはLand Primeはおすすめできない。

  • スペックの高いECN口座を探している
  • 制限なくガンガン思い通りにスキャルピングやデイトレをしたい
  • 金融ライセンスの所在がはっきりしている信頼性の高い業者がいい

もし1つでも当てはまる方は、以下の記事で”条件別に管理人がオススメできる優良海外FX業者”を紹介しているので参考にしてほしい。

Land Primeに関するよくある質問

Q.日本語サポートの問い合わせ先はどこですか?

Land Primeの日本語サポートの問い合わせ先は以下。

※メール対応は平日10時~18時まで、ライブチャットは平日11時~17時まで。

Q.Land Primeでデモ口座は利用できますか?

Land Primeではデモ口座の利用可能。

リアル口座とまったく同じスペックで、リスクなくでもトレードできる。
デモ口座の口座開設費や口座維持費は無料なので、いきなりリアル口座での取引が不安な方は、デモ口座で練習しよう。

Q.Land Primeの取引時間はいつですか?

Land Primeの取引時間は夏時間と冬時間で異なる。

    • 夏時間:月曜日06:05~土曜日06:00(3月第2日曜~11月第1日曜)
    • 冬時間:月曜日07:05~土曜日07:00(11月第1日曜~3月第2日曜)

(※)サマータイムについて

サマータイム(夏時間)とは、日の出時刻が早まる時期(3月~11月)に、時計の針を1時間進め、太陽の出ている時間帯を有効に利用することを目的として、欧米を中心に導入されています。

(引用:トラベルコ「トラベル Question!」

サマータイムは欧米を中心に導入されている制度。
具体的には3月の第2日曜~11月の第1日曜までがサマータイムとなっている。

2022年~2023年の暦に当てはめた夏時間・冬時間は以下の通り。

  • 夏時間:2022年3月14日(月)~2022年12月5日(土)
  • 冬時間:2022年12月7日(月)~2023年3月11日(土)

Land Primeの詳細情報

Land Primeの会社情報
正式名称
Land Prime Ltd.
所在国
ニュージーランド
所在地
Plaza Level, 41 Shortland Street, Auckland, 1010, NewZealand
金融ライセンス
FSAライセンス
事業開始年
2013年
顧客資金の管理
West銀行にて分別管理。FSCSにより5万ポンドまで補償
公式サイト日本語化
完全日本語化
サポート体制
日本語サポートあり。メール・ライブチャット
日本語でのメール問い合わせ
japan.support@land-fx.com
プロ口座・スワップフリー口座の詳細
最大レバレッジ
2,000倍
追証について
ゼロカットシステム対応、追証なし
平均スプレッド
◎ ドル円0.9pips,ユーロドル1.0pips,ユーロ円1.6pips
約定スピード
◎ 非常に速い。滑りなし。
取引ツール
MetaTrader 4 MetaTrader 5
取引手数料
取引手数料なし
ボーナス
なし(2022年10月時点)、ただし不定期で期間限定ボーナスが開催される可能性あり
口座通貨
JPY,USD
商品
FX:67種類, 貴金属:金・銀,原油,インデックス:日経225をはじめとする19種類
最低入金額
プロ口座:1,000円、スワップフリー口座:1,000円
両建て取引
同一口座内での両建て取引は可能。他口座・他業者との両建て取引は禁止。
最低取引量
0.01LOT(1,000通貨)
マージンコール水準
証拠金維持率30%以下
ロスカット水準
証拠金維持率0%以下
1ポジションの最大保有数
30LOT(300万通貨)
最大保有数
100LOT(1000万通貨)
ECN口座の詳細
最大レバレッジ
1,000倍
追証について
ゼロカットシステム対応、追証なし
平均スプレッド
〇 ドル円0.6pips,ユーロドル0.4pips,ユーロ円1.0pips
取引手数料
1Lot往復6ドル
約定スピード
◎ 非常に速い。滑りなし。
取引ツール
MetaTrader 4 MetaTrader 5
ボーナス
ボーナスなし
口座通貨
JPY,USD
商品
FX:67種類, 貴金属:金・銀,原油,インデックス:日経225をはじめとする19種類
最低入金額
100,000円
両建て取引
同一口座内での両建て取引は可能。他口座・他業者との両建て取引は禁止。
最低取引量
0.01LOT(1000通貨)
マージンコール水準
証拠金維持率50%以下
ロスカット水準
証拠金維持率0%以下
1ポジションの最大保有数
30LOT(300万通貨)
最大保有数
100LOT(1000万通貨)
Land Primeの入出金情報
入金方法
クレジットカード(VISA)、国内銀行送金(みずほ銀行)、海外銀行送金、STICPAY、ビットコイン、USDT
入金から口座反映までのスピード
クレジットカード→1時間以内
国内銀行送金→着金後、1~2時間
海外銀行送金→着金後、2~3営業日
STICPAY→即時
ビットコイン→1~2時間
USDT→1時間
入金手数料
無料
出金手数料
海外銀行送金→$45(約6,300円)
STICPAY→0.3ドル+出金額の2.5%
出金依頼から指定口座へ着金までのスピード
2営業日~3営業日(※5営業日ほどかかる場合もあり)