exness(エクスネス)でビットコインなどの仮想通貨取引を始める方法!メリットも解説

exness(エクスネス)でビットコインなどの仮想通貨取引を始める方法!メリットも解説

Exnessは35種類もの仮想通貨ペアを取り扱っており、0%のロスカット基準と追証不要のゼロカットシステムが利用できるFX会社だ。

「Exnessで仮想通貨を取引するメリットが分からない」「始め方を知りたい」

Exnessの仮想通貨取引を検討している方は、そんな悩みを持つこともあるだろう。

Exnessは以下のような特徴を持っており、安全性を保ちつつ損失を抑えながら資産が運用できる。

  • 業界最低水準のロスカット基準
  • レバレッジ制限が存在しない
  • スワップポイントが徴収されない
  • 追証不要のゼロカットシステムを採用
  • 日本語チャットサポートが夜間まで対応している

今回はExnessで仮想通貨取引を行うメリットや注意点、具体的な始め方についてもお伝えしていく。

0%のロスカット基準スワップフリーの取引環境で安全且つ効率的に資産を形成したい方は、ぜひ本記事を参考にExnessで仮想通貨を取引してほしい。

exnessの口座開設はこちら

口座開設の方法は、以下記事でも画像付きで詳しく説明している。

Exnessの評判やメリット・デメリットは以下記事に詳しくまとめている。

海外FXは国内FXに比べ、軒並みハイレバレッジなトレードが可能な点が特徴だ。
以下記事では管理人が忖度なしにおすすめ海外FX業者を紹介しているので、Exness以外の業者にも興味があるならぜひ読んでみてほしい。

>>【2022年】海外FX業者おすすめランキング14選!海外FX歴10年の私が人気会社を比較!

exness(エクスネス)の仮想通貨取引

Exnessは2008年にセーシェル共和国で設立されたFX会社であり、仮想通貨はもちろん103種類にも及ぶ法定通貨ペア多彩なCFD商品を取り扱っている。

FCAやFSCといった金融ラインセンスをグループ全体で7つ取得している上に、顧客資産を分別管理している点もトレーダーにとっては大きな安心材料だ。

追証不要のゼロカットシステムに加えて業界最低水準となる0%のロスカット基準は特に魅力的であり、最大200倍のレバレッジも効率的な資産運用に役立つだろう。

Exness(エクスネス)の取引条件

Exnessにおける仮想通貨の取引条件は下表の通りであり、銘柄によって最小取引単位レバレッジに違いがある。

仮想通貨ペア レバレッジ倍率 最小取引単位
BTCAUD
BTCCNH
BTCJPY
BTCKRW
BTCTHB
BTCUSD
BTCXAG
BTCXAU
BTCZAR
最大200倍 0.01Lot
LTCUSD
ETHUSD
BCHUSD
最大200倍 0.1Lot
SOLUSD
SNXUSD
UNIUSD
BATUSD
DOTUSD
XTZUSD
ADAUSD
BNBUSD
ENJUSD
FILUSD
DOGEUSD
COMPUSD
THETAUSD
AAVEUSD
LINKUSD
IOSTUSD
CAKEUSD
MATICUSD
HTUSD
MANAUSD
HBARUSD
1INCHUSD
最大20倍 0.01Lot
XRPUSD 最大200倍 10Lot

最大レバレッジ20倍の通貨ペアは一見すると不利なようにも思えるが、取引価格自体が少額であるためそこまでの影響はないだろう。

最小取引単位が10Lotと大きいXRPUSD(リップル)に関しても、実際に必要な証拠金は10円未満と大変安価である。

当然すべての条件を覚える必要はないが、自身が取引したい銘柄に関してはあらかじめ把握しておいてほしい。

exness(エクスネス)で仮想通貨を取引する10のメリット

exnessで仮想通貨取引を行うメリット

ここからは、Exnessで仮想通貨取引を行うメリットを解説していく。

  • オンラインウォレットを解説せずに取引できる
  • ロスカット基準0%で追証も発生しない
  • 少額取引が行える
  • レバレッジ制限が設けられていない
  • 24時間365日取引が行える
  • マイナススワップが発生しない
  • MT4・MT5が両方利用できる
  • 日本語チャットサポートが24時まで対応している
  • 35種類の仮想通貨ペアが取引できる
  • クイック口座開設を導入している

現在興味を持っている方は、ぜひ参考にしてほしい。

オンラインウォレットを開設せずに取引できる

Exnessの仮想通貨は現物を扱わないCFD取引であることから、取引所などで用いる専用のオンラインウォレットを開設する必要がない。

参考までにCFDとは差金決済取引を指しており、現物を保有していると仮定して売買差益を得る仕組みだ。

通常よりも少ない手間で始められる上に、仮想通貨ではなくシンプルに日本円で取引できる点も魅力である。

FXとほとんど変わらない手順でチャレンジできるため、トレーダーにとっては大変利便性の高いFX会社といえるだろう。

ロスカット基準0%で追証も発生しない

Exnessは業界最低水準となる0%のロスカット基準を提供しており、海外FX特有のゼロカットシステムによって追証も発生しない。

一般的な20%の水準ではまだ口座資金が残っている段階で強制決済が執行されるが、Exnessならゼロ円になる瞬間までポジションの保有が可能だ。

ハイレバ取引であれば追証を気にせずギリギリまでホールドして利益が狙える上に、取引量を落とせばロスカットまで余裕を持った安全投資が行える。

攻めと守りのダブルスタンダードで運用できるため、大変利便性の高いサービスである。

少額取引が行える

Exnessは最大200倍のレバレッジに加えて最小取引単位が低水準に設定されているため、数百円程度あれば取引が行える。

参考までに代表的な通貨ペアであるBTCUSDは0.01Lotからエントリーが可能となっており、最低限必要な資金は約300円と大変安価だ。

その他の銘柄に関しても同程度かそれ以下の金額であることから、Exnessの仮想通貨取引においては数千円準備しておけば十分だろう。

安全性を重視して少額からスタートしたい初心者には特におすすめといえる。

レバレッジ制限が設けられていない

Exnessは最大200倍のレバレッジが利用可能であり、口座残高に応じた制限も設けられていないメリットがある。

exnessのレバレッジについて詳しく見る

一般的なFX会社はある一定の資金額ごとに倍率が下がる仕組みを採用しており、当初は高くても最終的には平凡な水準に落ち込んでしまうケースが多いのだ。

取引中に売買差益が積み重なって突然適用される可能性もあるため、そういった懸念要素のない環境は精神的な安心感にも繋がるだろう。

24時間365日取引が行える

仮想通貨市場はインターバンクなどの中枢組織が存在しないため、24時間365日取引できる。

平日は本業で手が空かない場合は土日に取り組むことが可能であり、株式にありがちな休場を挟んだ突発的な価格変動リスクが発生しない点も大きなメリットだ。

FXのように通貨の発行元が稼働していない時期にボラティリティが低下することもないことから、好きなタイミングで利益チャンスが狙えるだろう。

マイナススワップが発生しない

一般的なFX会社はポジションを保有するほどマイナススワップが徴収されるが、Exnessは一切発生しない。

参考までに仮想通貨のスワップ加算タイミングは1日4回となっており、毎日数千円程度の損失が増えていくのだ。

ほんの1週間程度で数万円にも膨れ上がるケースもあるため、長期保有トレーダーは特にExnessを利用した方が良いだろう。

MT4・MT5が両方利用できる

Exnessは独自開発のブラウザツール以外に、世界的な人気を誇るMT4と5も利用できる。

具体的な両者の違いは以下の通りであるため、自身にマッチする方を選んでほしい。

機能項目 MT4 MT5
時間足 9種類 21種類
インジケーター 30種類 38種類
自動売買 多数対応 一部対応
動作速度 平均的 軽快

いずれも甲乙つけがたい高機能ツールではあるが、リップルだけはMT5でしか取引できない点には注意するべきだ。

もちろんその他の通貨ペアに関してはMT4でも取り扱えるため、1つの目安にすると良いだろう。

exnessのメイン取引ツールMT4に関しては、以下記事でも詳しく解説している。
ダウンロード・ログイン・トラブルの対処法まで網羅しているため、気になる方はぜひ読んでみてほしい。

日本語チャットサポートが24時まで対応している

Exnessの有人チャットサポートは平日8~24時まで対応しており、夜間の問合せでも日本語ネイティブのスタッフが的確にケアしてくれる。

不明点が多い初心者にとっては安心して取引が行える環境であり、それ以外の時間帯でもチャットボットによるスピーディーな回答が得られるだろう。

公式サイトのトップ画面から簡単にチャットが送信できるため、少しでも分からないことがあればぜひ利用してほしい。

35種類の仮想通貨ペアが取引できる

Exnessは業界最多水準となる35種類の仮想通貨ペアを提供しているため、他社よりも幅広い投資が行えるだろう。

一般的なFX会社は20種類程度、FXGTでも30種類である点を考慮すればどれだけ豊富かが分かる。

特にエンジンコインやポルカドットといった、仮想通貨取引所でさえ扱っているケースが少ない銘柄にもチャレンジできる点は大きなメリットだ。

資金を分散させれば突発的な価格変動における損失リスクも抑えられることから、優位性の高いプラットフォームといえる。

クイック口座開設を導入している

FX会社の口座を開設する際は本人確認などで数日程度を要するケースもあるが、クイック口座開設を導入しているExnessは数分で取引が始められる。

具体的な入力内容としては氏名や連絡先といった最低限の情報であるため、これまで経験のない初心者でも簡単に進められるだろう。

利益を出金する際は身分証明書の提出が必要だが、思い立ったその日にスタートできる仕組みは大変利便性が高い。

口座開設の方法は、以下記事でも画像付きで詳しく説明している。
これからexnessの口座を開設するならぜひ読んでみてほしい。

exness(エクスネス)で仮想通貨を取引する時の注意点3つ

ここからは、Exnessで仮想通貨を取引する際の注意点を解説する。

  • 大きなボーナスキャンペーンを開催していない
  • 短期トレードには向いていない
  • リップルはスタンダードとプロ口座しか取引できない

いずれもトレードパフォーマンスに関わる重要なポイントであるため、ぜひ参考にしてほしい。

大きなボーナスキャンペーンを開催していない

Exnessは不定期で数千円程度の口座開設ボーナスを付与するケースもある一方、その他で目立ったキャンペーンは開催していない。

入金100%ボーナスなどを提供している場合もあることを考慮すれば少々見劣りするが、実はそういった仕様は運営方針に起因している。

Exnessはボーナスではなく取引環境の拡充に資金を振り分けており、多彩な投資商品や0%のロスカット基準はその結果ともいえるだろう。

法定通貨ペアに関しては、レバレッジ無制限という他社にはない驚異のサービスを展開している。

ボーナスが活用できないこと自体は当然注意するべきだが、その分ユーザーニーズに応えているFX会社である点は理解してほしい。

短期トレードには向いていない

Exnessが設定しているスプレッドは平均的でありながら決して狭い水準とはいえないため、短期トレードを行う際は注意が必要だ。

参考までにスプレッドとは売値と買値の価格差を指しており、トレーダーにとっては実質的な取引コストである。

特にBTCUSDは時間帯によって10万円程度まで拡大するケースもあることから、スキャルピングやデイトレーダーにとっては利益確保が大変厳しい相場といえる。

先ほど触れた通り、Exnessではスワップフリーのアドバンテージを活かした長期保有トレードをメインに運用してほしい。

リップルはスタンダードとプロ口座しか取引できない

リップルは取引ツールだけでなく口座タイプに関しても制限されており、スタンダード口座とプロ口座でしか取引できない。

ここでは念のために、Exnessが提供している4つの口座タイプの違いに触れておきたい。

スタンダード ゼロ ロースプレッド プロ
レバレッジ 最大200倍 最大200倍 最大200倍 最大200倍
取引手数料 なし 最大700円(往復) 最低700円(往復) なし
平均スプレッド
(BTCUSD)
800pips 200pips 200pips 400pips
初回最低入金額 100円 10万円 10万円 10万円
取引ツール MT4・5 MT4・5 MT4・5 MT4・5

Exnessの口座タイプは上表の通り初回最低入金額などに差があり、ゼロ口座とロースプレッド口座はスプレッドが狭い分往復700円の取引手数料を徴収している。

もちろん後から異なる口座を追加することは可能だが、もしリップルをメインに取引したい方は最初からスタンダード口座かプロ口座を選んだ方が良いだろう。

【画像付き】exness(エクスネス)の仮想通貨取引の始め方

ここからは、Exnessの仮想通貨取引を始める方法について解説する。

大きく分けて4つのステップで完結するため、ぜひ参考にしてほしい。

ステップ①口座を開設する

まずはExnessの公式サイトで新規口座の欄に表示された「居住国」「メールアドレス」「パスワード」を設定して、黄色ボタンの「続行」をクリックする。

exness-virtual-currency1

下図のマイページに移行した後は、右上の「実際に取引する」を押下してメールアドレス認証を行う。

口座開設2

 

黄色ボタンの「コードを受信する」をクリックすると、先ほど登録したアドレス宛にメールが送信される。

口座開設3

以下のような6桁のコードをコピーして、マイページの認証画面に戻ってほしい。

口座開設4

「メールからの認証コード」にペーストして、下部の「続行」をクリックすればメールアドレスの認証手続きは完了だ。

口座開設5

 

次の電話番号認証では頭の0を抜いて電話番号を入力した後に「コードを受信する」をクリックすると、再度6桁のコードがSMSで送信される。

口座開設6

下図の赤矢印で示した欄にコードを入力して、「続行」を押下すれば電話番号の認証は終了だ。

口座開設7

以下画面では「氏名」「生年月日」「住所」をローマ字表記で入力して「続行」を選んでほしい。 口座開設8

赤枠の「認証を完了させる」をクリックすれば口座開設は完了だ。

口座開設9

もちろんそのまま取引を始める場合は「今すぐ入金する」に進んでも良いだろう。

ここまでは初心者でも数分程度で行えるため、ぜひ参考にしてほしい。

ステップ②資金を入金する

資金を入金する際は、マイページの左側に表示された「入金」をクリックする。

exness-virtual-currency10

Exnessでは以下の通り「クレジットカード」「オンラインウォレット」にも対応しているが、今回は最もスタンダードな「銀行送金」を例に解説する。

exness-virtual-currency11

下図では入金先の取引口座と金額を入力して、「続ける」を選択してほしい。

exness-virtual-currency12

以下で振込金額などを確認したら、下部の「確定」をクリックする。

exness-virtual-currency13

最後に表示される「振込先の銀行口座」に送金を行えば、入金手続きは完了だ。

振込名義の前に「振込ID」を追記し忘れると大幅な遅延を招くため、その点には注意してほしい。

ステップ③MT5をダウンロードする

取引ツールであるMT5をダウンロードをするには、公式サイトのトップ画面上部に表示された「ツール&サービス」から「MT5」を選択する。

exness-virtual-currency14

下図の「MetaTrader5をダウンロード」をクリックして、同意文の「次へ」を選択すれば自動でセットアップが始まる。

exness-virtual-currency15

無事にダウンロードプロセスが完了すると、以下のようにMT5が起動する。

exness-virtual-currency16

このままではネットワークに接続されておらず取引が行えないため、次のサーバーログインにステップを進めていこう。

ステップ④サーバーにログインする

まずはマイページの口座一覧の歯車アイコンをクリックして、口座情報を確認する。

exness-virtual-currency17

下図には「サーバー情報」と口座番号である「MT5ログイン」が記載されているが、この段階では肝心のパスワードが発行されていない。

先ほどのメニューにある「取引パスワードの変更」から設定しておいた方がスムーズだ。

exness-virtual-currency18

次にMT5の以下画面で「EXNESS」の証券会社情報を呼びだして「次へ」を選択してほしい。

exness-virtual-currency19

最後に「ログイン(口座番号)」「パスワード」、サーバー情報を切り替えて「完了」を選択すれば取引が行える。

exness-virtual-currency20

ここまでは少々煩雑に感じるかもしれないが、1つずつ手順を踏めば誰でも手続きできる。

Exnessで仮想通貨を取引する際は、ぜひ参考にしてほしい。

exness(エクスネス)で仮想通貨を取引するポイント

ここからは、Exnessで仮想通貨を取引する際に押さえておくべき以下2つのポイントを解説する。

  • デモ口座で取引の感覚を掴む
  • Meta TraderはPCとスマホにインストールする

安全且つ効率的に資産を運用するためにも、きちんと把握してほしい。

デモ口座で取引の感覚を掴む

Exnessは架空の通貨で本番同様の相場と取引ツールが体感できるデモ口座を提供しており、初心者はある程度練習してからリアルトレードに移行した方が良いだろう。

参考までにデモ口座を開設する際はマイアカウントの「新規口座開設」をクリックしてほしい。

exness-virtual-currency21

先ほど触れた取引条件を参照しながら、希望の口座タイプの「デモ取引を試す」を選択する。

exness-virtual-currency22

下図でレバレッジや初期残高を設定してから、下部の「口座開設」に進めば程なくしてデモ口座が開設される。

exness-virtual-currency23

実際のところ仮想通貨は法定通貨や株式に比べて非常にボラティリティが高いことから、利益だけでなく損失も拡大しやすい特徴がある。

操作に慣れてない状態で突発的な価格変動に遭遇すれば冷静さを欠いた精度の低い取引を行うリスクもあるため、最低限スムーズに発注できるようになってから資金を投じると良いだろう。

Meta TraderはPCとスマホにインストールする

Meta Traderを利用する際は、様々なシーンで取引できるようにPCとスマホの両方にインストールしておくのがおすすめである。

スマホの小さな画面では分析の効率が低下し、PCだけでは出先のレートチェックや発注が行えないからだ。

ここではiPhoneを参考に具体的なインストール手順を解説しておきたいと思う。

まずAPPStoreで「MT5」と検索して、「入手」を選択する。

exness-virtual-currency24

次に下部の歯車マークから「新規口座」に進み、PC版と同じように「EXNESS」のサーバーを検索する。

exness-virtual-currency25

下図で「サーバ」「ログイン(口座番号)」「パスワード」を入力すればすべての機能がアクティブとなる。

exness-virtual-currency26

多彩な機能を備えているだけにどちらか片方でも十分効果的な運用は行えるが、両者の不足している要素を補えばより快適な環境が構築できるだろう。

exness(エクスネス)はロスカット0%と追証不要で取引できる

Exnessは追証不要のゼロカットシステムに加えて、ロスカット基準も業界最低水準の0%に設定している。

35種類もの豊富な通貨ペアが取引できる点も魅力であり、夜間の有人チャットサポートも初心者には大きなメリットだ。

スワップポイントによるコストも発生しないため、損失を抑える上でも優位性の高いFX会社といえる。

仮想通貨のダイナミックなボラティリティで資産を形成したい方は、以下リンクをクリックしてexnessの口座を開設しよう。

exnessの口座開設はこちら

口座開設の方法は、以下記事でも画像付きで詳しく説明している。

Exnessの評判やメリット・デメリットは以下記事に詳しくまとめている。

SNSでもご購読できます。