【画像付き】Exnessの口座開設方法は?メリットと注意点についても解説

exnessの口座開設方法を画像付きで解説

    Exnessは最大21億倍のレバレッジと0%のロスカット水準が魅力の海外FX業者だ。

    「口座開設手順が難しそう」「注意点やその他のメリットは?」

    口座開設を検討する上で、そんな疑問を持つ方は少なくないだろう。

    結論として、Exnessは初心者でも簡単に開設できるだけでなく多彩なメリットを備えている。

    Exnessの特徴は以下の通り。

    • ロスカット水準が0%
    • 最大レバレッジが21億倍のハイレバ取引が可能
    • セーシェルFSAFCAの金融ライセンス取得で信頼性も◎
    • 取り扱い通貨ペア数は107銘柄と豊富

    今回はそんなExnessの口座開設手順やメリット、注意点についてもお伝えしていく。

    実質無制限のレバレッジと業界最低クラスのロスカット水準を活用したい方は、ぜひ当記事を参考にExnessの口座を開設してほしい。

    Exnessの口座開設はこちら

    Exnessの評判やメリット・デメリットは以下記事に詳しくまとめているので、気になる人は一読するといいだろう。

    海外FXは国内FXに比べ、軒並みハイレバレッジなトレードが可能な点が特徴だ。
    以下記事では管理人が忖度なしにおすすめ海外FX業者を紹介しているので、Exness以外の業者にも興味があるならぜひ読んでみてほしい。
    >>海外FX歴10年の私が選ぶ!2021年に絶対おすすめの海外FX業者12選

    【画像付き】Exnessの口座開設方法

    Exnessの口座開設は以下8つのステップで完結する。

    操作に慣れていない初心者でも正味10分程度で開設できるため、ぜひ参考にしてほしい。

    1. 新規会員登録
    2. メールアドレス認証
    3. 電話番号の登録と認証
    4. 個人情報の入力
    5. 本人・住所確認書類の準備
    6. プロフィールを登録
    7. 本人確認書類の提出
    8. 住所確認書類の提出

    一般的なFX業者は開設時に口座タイプ等も選択できるが、Exnessにおける最初の口座は完了と同時にデフォルト設定で自動生成される。

    デフォルト条件はレバレッジ200倍、プラットフォームはMT5で米ドルが基準通貨になっている点に注意してほしい。

    自分好みの口座タイプを開設する方法(追加口座開設)は後ほど解説する。

    →追加口座の開設方法が知りたい方はこちらをタップ
    ※該当箇所までスクロール可能

    ステップ①新規会員登録

    まずは公式サイトにアクセスして、右端に表示されている「新規口座」の欄をチェックしてほしい。

    Exnessの公式サイトはこちら

    Exness口座開設①

    赤枠内を入力してチェック欄の内容(元々既に同意済み)を確認したら、黄色ボタン「続行」を選択する。

    パスワードにはいくつかの条件があるため、その点にも注意が必要だ。

    もしページ全体が英語表記になっている場合は、下図の通りページ最上部にある地球アイコンをクリックする。

    exness口座開設 日本語変更

    一覧の中から「日本語」を選択すればサイト全体を日本語表記に切り替えられる

    ステップ②メールアドレス認証

    ステップ①の手続きを済ませるとマイページが表示されるため、ページ上部に表示されている「実際に取引する」をクリックしよう。

    Exness口座開設③

    メールアドレスのページが表示されたら「コードを受信する」をクリックして、自分宛てに認証コードを送信する。

    Exness口座開設④隠し有り

    手続き後数秒程度で以下のような確認コードが記載されたメールが届く。

    Exness口座開設⑤

    上図のような6桁の番号をメモに取る等して、先ほどの登録画面に戻る。

    この際、打ち間違いがあると二度手間になるためコピペが望ましいだろう

    Exness口座開設⑥隠し有り

    赤矢印の「メールからの認証コード」欄に先ほどのコードを入力し、黄色ボタンの「続行」を選択する。

    入力の際は1分の時間制限が設けられているが、万が一時間切れになっても「もう一度リクエストする」をクリックすれば再取得が可能だ。

    ステップ③電話番号の登録と認証

    メールアドレスの認証が済んだ後は、「電話番号の認証」画面に進む。

    Exness口座開設⑦

    自身が利用しているスマホの番号を入力して、黄色ボタンの「コードを受信する」をクリックする。

    ハイフンを抜くことに加えて電話番号先頭の「0」を抜いて入力する点に注意してほしい。

    具体的には「090-1234-5678」→「90 1234 5678」という形だ。
    ※電話番号を登録するが、外人オペレーターと電話で話すわけではない。

    入力を終えると数秒程度で6桁の認証番号が記載されたSMSが届く。

    スマホで手続きしている場合はコピペ、パソコンならメモを取って電話番号認証画面に戻ろう。

    Exness口座開設⑧隠し有り

    先ほどの番号を「認証コード」に入力し、黄色ボタンの「続行」をクリックする。

    SMSの送信から60秒以内に済ませる必要があるが、メールアドレスと同じく間に合わなくても再取得は可能だ。

    ステップ④個人情報の入力

    電話番号の認証を終えたら、以下の個人情報を入力していく。

    • 姓(苗字)
    • 生年月日
    • 住所

    生年月日以外は全てローマ字で表記し、後ほど提出する本人確認書類に記載の情報と合致していることを確認しておこう。

    Exness口座開設⑨

    全ての入力を終えて黄色ボタンの「続行」をクリックすると「完了です!」というメッセージが表示される。

    Exness口座開設⑩

    この時点でも取引は行えるが、最大20万円までしか入金が行えない。

    開設手続きを完結させるために赤枠の「認証を完了させる」ボタンをクリックして、次の「プロフィール」画面に移行しよう。

    ステップ⑤本人・住所確認書類の準備

    ここからは「本人確認書類」と「住所確認書類」の2種類の書類をアップロードして、取引口座の認証を受ける工程となる。

    まずは手元にある提出書類が有効かどうかを確認しておこう。

    本人確認書類として提出可能な書類例

    Exnessにおける本人確認書類とは「写真と氏名がはっきり判別できる政府発行の書類」を指している。

    • パスポート(有効期限内)
    • 運転免許証
    • 国民IDカード
    • 永住許可証

    上記が該当するため、事前に有効期限内かどうかを確認しておいた方が良いだろう。

    住所確認書類として提出可能な書類例

    Exnessにおける住所確認書類とは、以下2つの条件を満たしたものを指している。

    • 独立した信頼性の高い機関から発行された、氏名と住所が明記されている書類
    • 過去6ヶ月以内に発行され、発行日が確認できる書類

    具体的な有効書類の例は以下の通りである。

    • 納税通知/確認書
    • 宣誓供述書/居住証明書
    • 滞在許可証
    • 銀行口座取引明細書
    • 政府・自治体により発行された書類
    • 公共料金の領収明細書
      (電気、水道、ガス、インターネット、固定電話)

    上記の書類がすぐに準備できるのであれば、スキャナーで取り込むかスマホのカメラで撮影しよう。

    規定に則った書類であっても顔と文字が不鮮明では認証されない場合があるため、細部まで綺麗に写っている画像を使用してほしい。

    もし有効な書類が手元にない方は、一旦口座開設作業を中断して準備する必要がある。

    会員ページからログアウトした場合でも、再度ログインすれば画面上部の「認証を完了させる」ボタンから継続可能だ。

    専用のフォーマットへ書類の裏表をアップロードして手順を進めてほしい。

    ステップ⑥プロフィールを登録

    上記の書類を提出する前に、職業や投資経験等のプロフィールを登録する必要がある。

    Exness口座開設⑪ (2)

    Exness口座開設⑪ (3)

    Exness口座開設⑪ (4)

    たとえ投資経験がなくても口座開設に影響はないと思われるため、嘘偽りなく回答しよう

    上図の赤矢印で示した項目を選択した後は「続行」をクリックする。

    ステップ⑦本人確認書類の提出

    プロフィールの入力が終了したら、「書類の認証」画面へ進んで再度自分の名前を確認しておこう。

    Exness口座開設⑫

    提出書類に記載の名前と一致していれば、黄色ボタンの「書類をアップロード」をクリックする。

    下図の「本人確認書類の認証」画面で提出する書類の種類を選んでほしい。

    Exness口座開設⑬ (2)

    提出書類を選択したら「本人確認書類の認証」画面を下にスクロールして、「ドキュメントをアップロードする」をクリックする。

    先ほど撮影した本人確認書類の画像をアップロードしよう。

    Exness口座開設⑬ (3)

    免許証等を提出する場合は裏表両方の画像を選択して、黄色ボタンの「書類を送信」をクリックすれば完了だ。

    ステップ⑧住所確認書類の提出

    住所確認書類は提出書類の種類を選択する必要はなく、表示された一覧に記載があることを確認すればよい

    Exness口座開設⑭

    下にスクロールして「最初のページをアップロード」ボタンをクリックし、提出する住所確認書類の画像を選択しよう。

    Exness口座開設⑮

    最後に黄色ボタンの「次へ」をクリックして、「提出頂いた資料は検証中になります。」という画面が表示されれば作業は完了だ。

    Exness口座開設⑯

    概ね1営業日程度で承認の成否がアナウンスされるため、画面を閉じて待つか一先ず入金と取引を始めておいても良いだろう。

    参考までにExnessでは公式サイトのブラウザツールでも取引できるが、MT4・MT5を活用するのがおすすめだ。

    具体的なインストール・ログイン方法については以下記事にて画像付きで詳しく解説しているため、ぜひ参考にしてほしい。

    >>【最新】「MT4をダウンロードできない」と嘆いている人へ、たった1つの解決策教えます。
    >>【完全版】MT4・MT5アプリの使い方まとめ!海外FXをスマホでトレード!

    取引口座を自分好みにしたい場合は追加口座の開設が必要

    先ほど触れた通りExnessにおける最初の口座はデフォルト設定になってしまうため、そのままでは最大レバレッジが利用できない

    自分好みの条件に変更したい場合は、以下手順を踏んで追加口座を開設する必要がある。

    1. Exness公式サイトでサインイン
    2. 「新規口座開設」をクリックし口座タイプを選択
    3. 詳細を入力して開設完了

    ここからは、それぞれ詳しく解説を行う。

    ステップ①Exness公式サイトでサインイン

    追加口座を開設する際はExnessの会員ページにアクセスする必要がある。

    まずは公式サイトトップの右側にある「サインイン」をクリックしよう

    Exnessの公式サイトはこちら

    Exness口座開設①

    以下の画面に移行したら、最初に登録したメールアドレスとパスワードを入力して「続行」を選択する。

    Exnessへのサインアップ

    もしログインできない場合は入力した情報が間違っている可能性があるため、メールアドレスを再度確認しよう。

    何度入力してもログインできない場合は、登録したパスワードと異なっている可能性がある。

    その場合は下段青文字の「パスワードをお忘れの場合」をクリックして、再設定を行おう。

    ステップ②「新規口座開設」をクリックし口座タイプを選択

    会員ページにログインできたら「マイアカウント」右側の「新規口座開設」をクリックする。

    Exnessパーソナリエリア

    選択できる口座タイプは「スタンダード口座」「ロースプレッド口座」「ゼロ口座」「プロ口座」の4種類であり、以下のような条件の違いがある。

    各口座タイプの特徴一覧
    スタンダード口座ロースプレッド口座ゼロ口座プロ口座
    スプレッド*
    (米ドル円)
    1.1pips0.0pips0.0~0.1pips0.6~0.7pips
    最低入金額1ドル1,000ドル1,000ドル1,000ドル
    取引手数料無料1ロット当たり片道3.5ドル1ロット当たり片道3.5ドル無料
    ロスカット水準0%0%0%0%
    最小取引数量0.01ロット0.01ロット0.01ロット0.01ロット

    ※スプレッドは相場の流動性に影響されるため、日本時間早朝や重要経済指標発表前後は変動する可能性がある。

    いずれもロスカット水準と最小取引数量は同じだが、スキャルピングでこまめに利益を獲得したい方はロースプレッド口座かゼロ口座がおすすめである。

    プロ口座は取引手数料が発生しない一方、少額取引には適していない

    最初から10万円以上の資金を投入することに不安がある場合は、スタンダード口座で取引の感覚に慣れてほしい

    Exnessパーソナリエリア②

    希望する口座タイプを決めたら、該当するタイプの欄に表示されている「本取引口座開設」ボタンをクリックしよう。

    この際「デモ取引を試す」ボタンを選んでしまうと、リアルトレードが行えないデモ口座が開設されてしまうことに注意してほしい。

    ステップ③詳細を入力して解説完了

    希望口座タイプの「本取引口座開設」ボタンをクリックすると、詳細を入力する画面に移行する。

    取引プラットフォーム」「最大レバレッジ」「通貨」「口座ニックネーム」「口座パスワードの設定」の順に入力していこう。

    最大レバレッジに関しては無制限を選べば21億倍が適用されるが、以下条件を満たすまでは2,000倍の適応になる点に注意してほしい。

    • 累計5ロット以上の取引
    • 累計10回以上の取引

    上記が満たされた後、初めてレバレッジ無制限トレードが可能となる。

    Exnessパーソナリエリア③

    上記全ての項目を入力し終えたら、黄色ボタンの「口座開設」をクリックしよう。

    所定の書類は最初の段階で提出済みであるため、以上で追加口座の開設は完了し会員ページが開く。

    マイアカウント」に希望通りの口座タイプが増設されていることを確認しよう。

    Exnessで口座開設する4つのメリット

    Exnessには以下4つのメリットがあるため、口座開設の際はきちんと押さえておこう。

    • NDD方式採用で透明性がある
    • ロスカット水準が0%
    • 最大レバレッジが21億倍のハイレバ取引が可能
    • 取り扱い通貨ペア数は107銘柄

    Exnessはトレーダーの注文が直接インターバンクにて決済されるNDD(ノンディーラーデスク)方式を採用しているため、透明性の高い取引が可能だ。

    対称となるDD(ディーラーデスク)方式は国内FX業者が採用しており、各社のディーラーが全ての注文を精査している。

    すなわち注文が通るかどうか、という点が完全にブラックボックスなのだ。

    107種類という通貨ペア数も幅広い投資に寄与するメリットであり、50種類前後が多い他社と比較すればその差は歴然といえるだろう。

    一般的に20%が平均的であるロスカット水準も0%に設定されている上、ゼロカットシステムによって追証を気にする必要がない点も魅力。

    海外FXはただでさえレバレッジが200~1,000倍と高水準だが、それらを遥かに凌駕する21億倍のレバレッジも大きなメリットである。

    参考までにExnessにおける米ドル円の必要証拠金は0.01円であるため、100円でも十分な取引が行える

    Exnessで口座開設する際の注意点

    Exnessで口座開設する際に留意しておきたい点3つについても触れておこう。

    • ボーナスやキャンペーンがない
    • 時間帯によって最大発注ロット数が変わる
    • スタンダード口座以外は最低入金額が高め

    Exnessは口座開設時や入金額に応じたボーナスキャンペーンを開催しておらず、以下の時間帯で1注文あたりの最大取引ロット数が変動する点にも注意してほしい。

    取引時間※注文可能ロット数
    日本時間16:00~5:59200ロット
    日本時間6:00~15:5920ロット

    公式サイトでは現地時間表記となっている

    保有できるポジション数には制限がないため、日本時間の日中に大きなロットで取引を行いたい場合は複数の注文に分ければカバーできるだろう。

    先ほど触れた通りスタンダード口座以外は最低入金額が1,000ドル(約10万円)以上と少々高めだが、FXトレードにおける準備資金の相場としては平均水準だ。

    Exnessは初心者でも簡単に口座開設できる

    Exnessの口座開設は本記事で解説した流れに沿って行うだけであるため、初心者でも簡単に行えるだろう。

    分かりにくい場合でも、公式サイトに掲載されている動画を参照すれば問題なく進められる。

    口座タイプ毎の特徴や条件等に慣れていなくても、既にデフォルトで設定されている点も利便性が高い

    Exnessの無制限レバレッジ0%のロスカット水準を活かして取引したい方は、ぜひ以下のリンクから口座開設手続きを行おう。

    Exnessの口座開設はこちら

    SNSでもご購読できます。