Exness(エクスネス)の実質無制限レバレッジ(最大21億倍)とは?制限条件についても解説

exnessの無制限レバレッジとは?

Exnessは業界最狭水準のスプレッドと170種類以上の銘柄を取り扱っており、最大21億倍の実質無制限レバレッジでダイナミックに取引できるFX業者だ。

「Exnessの無制限レバレッジの適用条件が知りたい」「銘柄ごとの倍率が分からない」

Exnessを検討している方は、そんな悩みを持つこともあるだろう。

Exnessは以下のような特徴を持っており、数千円程度の少額資金でも十分大きな利益を狙うことができる。

  • 実質無制限の21億倍レバレッジを提供
  • FX通貨ペアや株式CFDあわせて170種類以上の銘柄が取引できる
  • 取引条件の異なる4つの口座タイプ
  • 0%のロスカット水準で資産の保全が可能
  • 業界最狭水準のスプレッドで取引コストも抑えられる

本記事ではExnessの無制限レバレッジ適用条件に加えて、全銘柄ごとの倍率や制限ルールについても解説する。

豊富な銘柄を多角的に運用しつつ無制限レバレッジで収益性向上とリスクヘッジの両方を行いたい方は、ぜひ本記事を参考にExnessの口座開設を進めてほしい。

exnessの口座開設はこちら

口座開設の方法は、以下記事でも画像付きで詳しく説明している。

Exnessの評判やメリット・デメリットは以下記事に詳しくまとめている。

Exness(エクスネス)の無制限レバレッジを開放する3つの条件とは

ここではまず、Exnessの無制限レバレッジを開放する以下3つの条件を解説する。

  • 口座残高999ドル以下
  • 10ポジション以上の取引実績
  • 過去5ロット以上の決済

少額資金で破格のハイレバ取引にチャレンジしたい方は、ぜひ参考にしてほしい。

口座残高999ドル以下

Exnessの無制限レバレッジは口座残高が999ドル以下の場合にのみ適用されるため、原則として数十万円規模の投資では利用できない。

もし利益を重ねて1,000ドル以上になった際は出金か追加口座へ移行する他ない一方、5,000ドルまでのレバレッジは2,000倍と引き続き高水準だ。

具体的な引き下げ条件については後で詳しく解説するが、差し当たり21億倍のハイレバ取引を行いたければ資金を10万円未満に抑える必要がある。

10ポジション以上の取引実績

無制限レバレッジを開放するには、Exnessの口座で10ポジション以上の取引を行わなければならない。

0.1ロット(1万通貨)でも1回分にカウントされるためそこまで難易度は高くないが、後述する通貨量の条件も同時に満たす必要がある点には注意するべきだ。

当然価格変動によって損失が発生するリスクもあるため、きちんと相場環境をチェックしながら取り組んでほしい。

過去5ロット以上の決済

Exnessで無制限レバレッジを利用するには、先ほど触れたポジション数の条件に加えて5ロット以上(50万通貨)を決済しなければならない。

一見すると難しいようにも思われるが、0.5ロット(5万通貨)を10回取引すれば最短ルートでクリアできるだろう。

具体的に2,000倍レバレッジ100円のUSDJPYを5万通貨保有する際の必要証拠金は、以下計算式の通り3,000円にも満たない。

100円×50,000通貨=5,000,000円

5,000,000円÷2,000=必要証拠金2,500円

数万円程度の資金があればロスカット水準の0%まで十分な余裕が持てるため、無制限レバレッジが開放されるまで安全第一でチャレンジすると良いだろう。

exnessの口座開設はこちら

Exness(エクスネス)のレバレッジ制限ルール

無制限レバレッジの開放条件を確認したところで、次はレバレッジの制限ルールについても確認していく。

  • 取引銘柄ごとの制限
  • 口座資金に応じた制限
  • 時間帯による制限

それぞれきちんと把握しておいてほしい。

取引銘柄ごとの制限

Exnessのレバレッジは銘柄によって細かく制限されており、無制限の対象となっているのはFXのメジャー・マイナー通貨と金・銀のみである。

銘柄 レバレッジ制限
FX通貨ペア メジャー通貨:2,000倍(無制限対象)
マイナー通貨:2,000倍(無制限対象)
エキゾチック通貨:100~200倍
仮想通貨ペア ビットコイン・イーサリアムペア:400倍
リップル・ライトコインペアなど:200倍
その他のペア:20倍
個別株CFD 20倍
インデックス US500・US30・USTEC:400倍
その他:200倍
貴金属・エネルギーCFD 金・銀:2,000倍(無制限対象)
プラチナ・パラジウム:100倍
原油・ブレンド原油:200倍

Exnessで最大限効率的に資産を運用する上では当然重要なポイントとなるため、自身が取引する銘柄の取引条件をきちんと把握しておいてほしい。

当サイトではexness(エクスネス)で仮想通貨を始める方法も紹介しているので、覗いてみてほしい。

口座資金に応じた制限

Exnessは口座残高が1,000ドル以上になると2,000倍に引き下がってしまうが、それ以上の金額についても下表の通り詳細に規定されている。

口座残高 レバレッジ倍率
0~999ドル 21億倍(無制限)
1,000~4,999ドル 2,000倍
5,000~29,999ドル 1,000倍
30,000ドル以上 500倍

300万円を超える資金を運用したい場合は500倍レバレッジにまで低下してしまうが、それでも他社と比較すると十分高水準である。

もし最大倍率を利用したい場合は、追加口座へ振り合分けるなどしてこまめに調整するのがおすすめだ。

時間帯による制限

Exnessのレバレッジは、銘柄や口座残高だけでなく経済指標発表などの時間帯によっても制限される。

場合によっては200倍にまで引き下げられるため、取引を始める前にきちんと押さえておいてほしい。

制限対象の時間帯 レバレッジ倍率
経済指標発表15分前から終了後5分まで 最大無制限⇒200倍
金・銀の日本時間早朝
夏時間:6:29~6:59
冬時間:5:29~5:59
最大2,000倍⇒1,000倍
市場オープン直後の2時間
市場クローズ直前の3時間
最大無制限⇒200倍

上表の通り、指標発表時と市場の開始前後はどのような銘柄でも200倍にまで倍率が低下する。

ハイレバポジションを保有している場合は一瞬でロスカットとなるリスクもあるため、あらかじめしっかりスケジュールを管理してほしい。

【画像付き】Exness(エクスネス)のレバレッジ設定・変更方法

ここからは、Exnessのレバレッジを確認する方法と変更のやり方を画像付きで解説する。

現在検討している方は、ぜひ参考にしてほしい。

レバレッジの確認

現在自身の口座に適用されているレバレッジ倍率を調べるには、まず「マイアカウント」の一覧に進む。

exness-leverage1

 

次に該当口座欄の「歯車」をクリックして、「口座情報」を選択すれば表示される。

exness-leverage2

 

下図の通り「サーバー」「MT5ログイン情報」「口座タイプ」なども確認できるため、レバレッジ倍率以外にも活用する場面は多いだろう。

exness-leverage3

 

現在のレバレッジに対して通貨量を適切にコントロールするためにも、こまめにチェックしていくのがおすすめだ。

適用レバレッジの変更

現状の適用レバレッジを変更するには、先ほどの「歯車」をクリックして「レバレッジの変更」を選択する。

exness-leverage4

 

下図が表示されたら、希望のレバレッジ倍率を選び「レバレッジ設定」を押下すれば手続きが完了する。

exness-leverage5

 

特に難しい手順は必要ないため、初心者も積極的にチャレンジすると良いだろう。

必要証拠金の計算方法

Exnessでは公式サイトのツールを用いて、簡単にレバレッジに対する必要証拠金を計算することができる。

まずはトップ画面上部の「ツール」をクリックし、「取引計算ツール」を選択する。

exness-leverage6

 

下図のフォーマットに希望条件を入力して、「計算」を押下すればすぐに結果が表示される。

exness-leverage7

 

最低限の資金で安全投資を行う上では大変有用な無料ツールであるため、ぜひ活用してみてほしい。

exnessの口座開設はこちら

Exness(エクスネス)の全銘柄レバレッジ一覧

次はExnessで取り扱っている全銘柄のレバレッジを解説していきたいと思う。

  • FX通貨ペア
  • 仮想通貨CFD
  • 株式・インデックス
  • エネルギー・貴金属

現在口座開設を検討している方は、きちんと押さえてほしい。

【無制限レバレッジ銘柄多数】FX通貨ペア

メジャー・マイナー通貨に関しては一律最大2,000倍に設定されているが、エキゾチック通貨はペアによって大きな差がある。

FX通貨ペア 最大レバレッジ
【メジャー・マイナー通貨】
AUDUSD・EURUSD・GBPUSD
NZDUSD・USDCAD・USDCHF
USDJPY・AUDCAD・AUDCHF
AUDGBP・AUDJPY・AUDNZD
CADCHF・CADJPY・CHFJPY
EURAUD・EURCAD・EURCHF
EURGBP・EURJPY・EURNZD
GBPAUD・GBPCAD・GBPCHF
GBPJPY・GBPNZD・HKDJPY
NZDCAD・NZDCHF・NZDJPY
USDCNH・USDHKD・USDTHB
最大2,000倍(無制限)
【エキゾチック通貨】
AUDDKK・AUDMXN・AUDNOK
AUDPLN・AUDSGD・AUDZAR
CADMXN・CADNOK・CADPLN
CHFDKK・CHFMXN・CHFNOK
CHFPLN・CHFSEK・CHFSGD
CHFZAR・DKKJPY・DKKPLN
DKKSGD・DKKZAR・EURDKK
EURMXN・EURNOK・EURPLN
EURSEK・EURSGD・EURZAR
GBPDKK・GBPNOK・GBPSGD
GBPZAR・NOKDKK・NOKJPY
NOKSEK・NZDNOK・NZDPLN
NZDSEK・NZDSGD・NZDZAR
PLNDKK・PLNJPY・PLNSEK
SEKDKK・SEKJPY・SEKNOK
SGDHKD・SGDJPY・USDDKK
USDNOK・USDPLN・USDSEK
USDSGD・USDZAR・ZARJPY
最大200倍
【エキゾチック通貨②】
AUDSEK・GBPILS・GBPMXN
GBPPLN・GBPSEK・MXNJPY
NZDDKK・NZDMXN・USDILS
USDRUB
最大100倍
【エキゾチック通貨③】
USDMXN
最大50倍

もちろん必要証拠金額も変動するため、自身の取引通貨の条件をきちんとチェックしておこう。

【ビットコインも取り扱いアリ】仮想通貨CFD

仮想通貨CFDはビットコインとイーサリアム以外が比較的低水準となっているため、マイナーな銘柄にチャレンジしたい場合は注意が必要だ。

仮想通貨CFD 最大レバレッジ
BTCAUD・BTCCNH・BTCJPY
BTCKRW・BTCTHB・BTCUSD
BTCXAG・BTCXAU・ETHUSD
最大400倍
BCHUSD・BTCZAR・LTCUSD
XRPUSD
最大200倍
1INCHUSD・AAVEUSD・ADAUSD
BATUSD・BNBUSD・CAKEUSD
COMPUSD・DOGEUSD・DOTUSD
ENJUSD・FILUSD・HBARUSD
HTUSD・IOSTUSD・LINKUSD
MANAUSD・MATICUSD・SNXUSD
SOLUSD・THETAUSD・UNIUSD
XTZUSD
最大20倍

FX通貨ペアと同様倍率の差が激しい特徴があるため、銘柄を選定する際は慎重にチェックした方が良いだろう。

【仮想通貨との相関取引におすすめ】株式・インデックス

株式CFDとインデックスは仮想通貨相場とも相関性が高いため、効率的に運用できるようにしっかりレバレッジ倍率を押さえておくべきだ。

株式・インデックス 最大レバレッジ
【インデックス】
DXY
最大2,000倍(無制限)
【インデックス②】
US30・US500・USTEC
最大400倍
【インデックス③】
AUS200・DE30・FR40
HK50・JP225・STOXX50
UK100
最大200倍
【全株式CFD】 最大20倍

無制限レバレッジが適用されるのはDXY(ドルインデックス)のみであり、その他のインデックスは400~200倍に設定されている。

株式CFDに関してはすべて最大20倍と低水準であるため、あらかじめ把握しておいてほしい。

【金・銀CFDは21億倍レバレッジ】エネルギー・貴金属

エネルギーと貴金属CFDは南アフリカランドといった資源国通貨と相関性が高く、法定通貨が下落した際に資金の逃避先として利用されやすい。

多角的な投資には必要不可欠であるため、こちらもきちんとチェックしておこう。

エネルギー・貴金属 最大レバレッジ
【貴金属】
XAGAUD・XAGEUR・XAGGBP
XAGUSD・XAUAUD・XAUEUR
XAUGBP・XAUUSD
最大2,000倍(無制限)
【エネルギー】
UKOIL・USOIL
最大200倍
【貴金属】
XPDUSD・XPTUSD
最大100倍

Exnessでは豊富な貴金属銘柄で無制限レバレッジが適用されており、エネルギーCFDに関しても高水準だ。

自身の投資の幅を広げるためにも、ぜひチャレンジしてみると良いだろう。

Exness(エクスネス)のレバレッジの注意点3つ

メリットが把握できたところで、ここからはExnessの3つの注意点についても解説する。

  • ExnessではMT4とMT5どちらもレバレッジ無制限利用可能
  • 損失も同時に大きくなる
  • 制限がかかった瞬間にロスカットになるリスクがある

いずれも資産を守る上では重要なポイントであるため、きちんと押さえてほしい。

ExnessではMT4とMT5どちらもレバレッジ無制限利用可能

無制限レバレッジに対応しているのが、MT4だけだと認識しているなら要注意だ。
確かに過去にはMT4のみが無制限レバレッジに対応していたが、現在ではMT5にも対応している。

「MT5を使いたいのに、わざわざMT4で新規に口座開設してしまった。」

貴重な時間をロスし不要な口座を増やすことにもなるので、このような事態は避けるべきだ。

もちろんMT4とMT5は、一概にどちらのほうが良いとはいえない。
当サイトではMT4やMT5の違いも紹介しているので、参考にしてみると良いだろう。

損失も同時に大きくなる

レバレッジ取引の大原則ともいえるが、実際に運用する際は利益だけでなく損失も同時に拡大する点には注意した方が良いだろう。

ゼロカットシステムを導入しているため追証(おいしょう)を心配する必要はない一方、やはりロスカットで資金の大半を失う事態は避けるべきだ。

特に将来的な値動きが予測できない初心者は、通貨量を抑える口座残高自体を少額に留めるなどの対策をきちんと講じてほしい。

制限がかかった瞬間にロスカットになるリスクがある

Exnessではハイレバ取引も醍醐味の1つである一方、あまり大きな通貨量を保有しすぎるとレバレッジ制限がかかった瞬間にロスカットとなるリスクがある。

21億倍では1円未満でポジションが持てるとしても200倍に縮小されれば必要証拠金が一時的に増加し、ロスカット水準に到達するケースが多いからだ。

貴重な資金を減らさないためにも、経済指標発表前後といったタイミングはなるべくポジションを持たないようにするのがおすすめである。

Exness(エクスネス)の無制限レバレッジは収益性向上とリスクヘッジに役立つ

Exnessは業界最高水準となる21億倍の実質無制限レバレッジは、リスクを想定して対応策さえ知っておけば最大限の利益が得られる。

業界最高水準レバレッジに加え追証不要のゼロカットシステムも利便性が高い。

ロスカット水準に関しても0%とハイレバ取引に適した取引環境であり、170種類を超える豊富な銘柄も大きな魅力。

公式サイトの無料ツールを用いれば手早く必要証拠金が計算できる上に、レバレッジ倍率もマイアカウントから簡単に変更可能だ。

本記事で解説したハイレバ取引のメリットとリスクヘッジを把握したのなら、早速以下リンクをクリックしてExnessの口座を開設してみよう。

exnessの口座開設はこちら

口座開設の方法は、以下記事でも画像付きで詳しく説明している。

Exnessの評判やメリット・デメリットは以下記事に詳しくまとめている。

SNSでもご購読できます。