XMで出金拒否・詐欺はあるのか?出金トラブルの真実を伝える。

XMの出金拒否や詐欺行為の実態に切り込む

「XMは本当に信頼できる海外FX業者なの?」
「XMで出金拒否があったって聞いたことあるけど、本当?」

本ページはこのようにXMの信頼性や安全性が気になっている人のために作成した。

結論からいうと管理人は、出金拒否や詐欺被害を心配している人こそ、逆にXMで口座を開設すべきだと考えている。

XMはトレーダーの利益を理不尽に葬りさることはしないし、詐欺まがいの商法を営んでもいない。
(そんなことすれば、XM自身が窮地に立たされるだけだ)

実際に管理人はXMで5年以上取引しているが、100万円でも1,000万円でもスグに出金に応じてくれた
またSNSや掲示板をみても、根拠のある悪質な出金拒否の報告は今まで一度もみられない

これだけ言ってもまだ納得いかないという人は、このページを最後まで読んでから判断してみてほしい。

XMの口座開設はこちらから

信頼性含めて「XMがどんな海外FX業者なのか」は下記のページでも詳しくまとめている。
XM(XMTrading)の評判は?8の長所と3の短所から徹底解説

【前提①】XMの信頼性・安全性は世界的に高いといえる

XM(Trading Point of Financial Instruments Ltd)はキプロスに本社をもつ世界的な金融グループ。

 icon-hand-o-right XMグループの支社例
  • Trading Point of Financial Instruments UK ltd
    (ヨーロッパ法人)
  • Trading Point of Financial Instruments Pty Ltd
    (オーストラリア法人)
  • Trading Point (Seychelles) Limited
    (セーシェル法人)

日本人向けにサービスを提供しているのは、セーシェル法人の「Trading Point (Seychelles) Limited」だ。

XMグループでキプロス・英国でライセンス登録している

XMグループは各法人で規制が厳しい外国のライセンスに登録している。

法人名ライセンス登録難易度
Trading Point of Financial Instruments Ltd
(本社)
キプロス証券取引委員会(CySec)
ライセンス番号:120/10英国金融行動監視機構(FCA)
ライセンス番号: 538324
★★★★☆
Τrading Point of Financial Instruments UK ltd
(ヨーロッパ向け法人)
英国金融行動監視機構(FCA)
ライセンス番号: 705428
★★★★★
Trading Point of Financial Instruments Pty Ltd
(オーストラリア向け法人)
オーストラリア証券投資委員会(ASIC)
ライセンス番号: 443670
★★★★☆

どこも日本の金融庁と同等、もしくは金融庁以上の権威性がある機関だ。

FCA(英国金融行動監視機構)

FCAの登録証明

CySec(キプロス証券取引委員会)

CySECの登録証明

ASIC(オーストラリア証券投資委員会)

ASICの登録証明

他にも西欧や北欧を中心に、10カ国で認可を受けている。

XMは欧州で10のライセンスに登録している

上記の内容は日本語版公式HP(https://www.xmtrading.com/jp/)ではなく、海外版HP(https://www.xm.com/)に記載されている。

日本人向け法人はセーシェル金融庁でライセンス登録している

日本人向け法人である「Trading Point (Seychelles) Limited」も無登録の法人ではない。
東アフリカ沖のインド洋に浮かぶセーシェル共和国の金融庁(FSA)でライセンス登録されている。

FSAの登録証明

上で紹介した英国やキプロス、オーストラリアと比べると緩めのライセンスだが、一定の登録基準を満たしていることは間違いない。

事実FSAは認可を受けていない金融機関に警告を出したりと、しっかり監視の目を張り巡らせている。

XMは日本人向け法人に関しても、好き勝手できるガバガバな体制で運営されてないことがわかる。
(仮に日本人向け法人で問題があったとすると、関連会社の欧州法人や本社でのライセンス登録が脅かされるのは必死。そのようなリスクのある行動をとるとは考えにくい。)

スポンサー・チャリティー活動で社会的信頼性も高い

XMはスポンサー活動やチャリティー基金などの社会貢献活動を多数展開。
“XMブランド”という社会的ポジションを確立しつつある。

以下はXM公式HPの「XM基金」から抜粋したもの。

XMのチャリティー活動例

個別のページに移動すると、実際のチャリティー活動の様子がわかる写真が掲載されているので、でっち上げではないだろう。

XMがアジアでチャリティー活動を行っている様子

チャリティー活動やスポンサー活動ができるのはXMの資金力あってこそ。
社会的にも認められた優良企業であることがわかる。

【前提②】XMが出金拒否・詐欺をしても目先の薄利しかない

前提としてXMが出金拒否して得られるのは目先の少しの利益だけ。
出金拒否は長い目で見ると損をしてしまう”悪手”になってしまうのだ。

 icon-hand-o-right XMが出金した場合に起こりうるネガティブ現象
  1. 出金拒否や詐欺の被害者がSNSやネット掲示板に真実味を持って書き込む
  2. 書き込みをみたトレーダーがXMから撤退、新規顧客も大幅に減る
  3. XM全体の取引量が減る
  4. トレーダーから徴収できるスプレッドやスワップが大幅に減る

XM含め海外FX業者の収益の源になっているのは、トレーダーから徴収するスプレッド(手数料)やスワップポイント分の支払い。

出金拒否業者の噂が拡散してしまうとトレーダーが離れてしまい、結果的に収益源が少なくなってしまうことが考えられる。
(ネットやSNS全盛の今なら、良い悪いに関わらず噂は瞬く間に広まってしまうはずだ)

一方でXMが出金拒否で得られる利は、出金拒否した分のお金を自社の懐に入れられることだけ

XMが目先の利益だけを考えて、今まで築いてきた信頼や今後10年、100円の安寧を投げ捨てる(=出金拒否をする)とは考えにくい。

特にXMはそれほど広めのスプレッド設定ではないので、トレード量の大幅減少は間違えなく致命傷だ。

XMで出金拒否・出金トラブルが囁かれている理由

ここまでの解説で「XMが出金拒否をするような業者ではない」ということはご理解いただけただろうが、実際にネットやSNS上で「XMで出金拒否業者だ」と宣っている人がいるのも事実だ。

しかしネットで報告されている出金拒否は、必ずしもXMが悪質にトレーダーからお金を奪い取る類のものではない

トレーダーが出金ルールや取引規約を正しく理解していないことが原因だ。

またXMがかわいそうなくらい風評被害を受けている節も見受けられるので、ここで本当のところをお伝えしていきたいと思う。

出金ルールや取引ルール、ボーナス規約の理解が浅いトレーダーがいる

XMの出金ルール

XMは出金に際して下記のルールを設けている。

  • 海外送金に対応していない銀行へ出金NG
    (みずほ銀行のネット支店、ジャパンネット銀行、じぶん銀行、セブン銀行、ゆうちょ銀行、新生銀行)
  • 手数料差し引き後の金額がプラスでなければ出金NG
  • 出金後に保有ポジションの証拠金維持率が150%以上でなければ出金NG
  • クレジットカードで入金した金額まではクレジットカードにしか出金NG
  • ビットコインで入金した金額まではビットコインでしか出金NG
  • 利益分はbitwalletと銀行送金でのみ出金OK
  • XMの登録名義と同名義の送金先にしか出金NG

ルールに反した出金を申請してしまうと、一度出金が拒否されることになってしまう。

ただ正しい方法で再度申請すれば、きちんと出金を受け付けてもらえるので安心してほしい。

XMの取引ルール・禁止取引

XMは下記の取引を禁止している。

  • XM内の複数の口座を利用した両建て取引
  • XMと他の海外FX業者の口座を利用した両建て取引
  • グループ内での両建て取引
  • その他裁定取引(アービトラージ)と捉えられる取引
  • ネットワーク障害や接続遅延を利用した取引

該当する取引でいくら利益を上げても、全て出金は弾かれてしまう。

最悪の場合は口座が凍結されてしまう恐れもあるので気をつけよう。

各禁止取引の詳細は下記ページでまとめてあるので、興味がある方は読んでみてほしい。

関連記事:XMの禁止取引

XMのボーナス規約

XMで口座開設ボーナスや入金ボーナスを受け取る場合は、出金トラブルの引き金を引いてしまう恐れがあるので注意が必要だ。

  • 口座開設ボーナス・入金ボーナス自体は出金できない
    (ボーナス取引で得た利益の出金はOK)
  • 各ボーナスは1人につき1アカウントでしか受け取れない
  • ボーナスを利用した両建て取引やアービトラージはNG
  • 出金額に応じて受け取った入金ボーナスが消滅する

よくあるのが「ボーナスを不正で複数回受け取ってBANを喰らう」「ボーナス含めて出金申請して拒否される」というパターン。

トレーダーがいくら出金拒否を嘆いたところで、ボーナス規約を守っていない出金は認められない。

ボーナス目当てでXMの口座開設を検討している人は、ボーナスの取り扱いに気をつけよう。

FOREX PEACE ARMYなど、口コミ掲示板に悪質な書き込みがある

XMの悪評の一助にもなっているのが、海外のFX口コミ掲示板「FOREX PEACE ARMY」への悪質な書き込み。

XMで出金できなかったトレーダーが恨みを込めて、XMを叩きに叩いている書き込みが見受けられる。

しかし投稿内容のほとんどが上述した取引規約違反や出金ルールの誤認が原因のものばかりだ。

■悪質な書き込み例①

取引ルール違反した人の書き込み

<口コミ意訳>

私のアカウント2722101に5ドル入金して、25.58ドルの利益を得た。

その後インターネットが接続できてない状態だったのが功を奏して、友達と熱いレートで取引して利益を30.58ドルまで伸ばした。

しかしその30.58ドルを出金できなかった。

(以下省略)

<XMからの返信意訳>

あなたは不当な利益を得るために両建て取引できないことを知ってますよね?

取引規約を犯してしまっているので、アカウントは凍結状態となっています。

【管理人のコメント】

「友人と取引」はおそらくXMが禁止している「両建て取引」に該当したのだろう。

また「インターネットが接続できてない状態」に取引しているのも「ネットワーク障害や接続遅延を利用した取引」に該当し、ダブルで規約を犯している可能性がある。

■悪質な書き込み例②

出金ルールを理解してない人の口コミ

<口コミ意訳>

私はアカウント13152812から90ポンドをカードに出金申請しようとしたが、38ポンドまでしか出金できない言われた。

残りをNetellerに出金申請したが、2週間経ってもまだ出金が確認できない。

周りの人は「XMは詐欺業者だから二度と使うな」と言っている。

再度サポートにライブチャットで問い合わせたが「第三者のアカウントには出金できない」と言って、依然として出金を拒否している。

<XMからの返信意訳>

とりあえずカードで入金した38ポンドはカードに出金できてますよね?

Netellerの件ですが、Netellerアカウントの登録名義のラストネームがXMに登録されているものと異なるので出金申請を受理できません。

すでにPerfect Moneyのアカウントを新規開設してスクリーンショットを送るように要請してますよね?

まだスクリーンショットが届いていないので、出金手続きに移れません。

【管理人のコメント】

投稿者はXMの出金ルールを理解していないようだ。

おそらくカード入金額が38ポンドだったので、申請額のうち38ポンドがカードに出金処理されたのだろう。

またXMの回答にもあるようにNeteller(オンラインウォレット)とXMの登録名義が違う場合は、出金することができない。

代替案としてPerfect Money(別のオンラインウォレット)への出金を提案しているが、それもトレーダーの登録待ちで止まっているようだ。

「出金ルールに反した出金申請のせいで出金できない=出金拒否」と勘違いしている典型的なパターンだと言える。

悪質な口コミ1つ1つに対して真摯に対応しているXMがかわいそうにすら思えてくる。。。

(余談だが、これほど理不尽な「評価1」の口コミがあるのにXMのFPAでの総合評価は3.241。XMに高評価を下している外国人トレーダーが多いことが伺える。)

日本の金融庁がXMでの取引を警告している

たしかにXMは「警告書の発出を行った無登録の海外所在業者」の中にリストアップされている。

XMは日本の金融庁の警告対象

このことを知って「XMで過去に詐欺まがいの出金拒否があったのでは?」と勘ぐっている人もいるだろう。

かしこの金融庁の警告は「過去に出金拒否や出金トラブルがあったかどうか」を全く加味していない

  • 日本の金融庁に登録していない
  • 日本で目立っている海外FX業者

この2点を満たしているだけで、警告の対象になってしまうのだ。

そもそも25倍以上のハイレバレッジを提供している海外FX業者は日本の金融庁に登録することはできない。
日本人トレーダーが多く利用している業者は、ほぼ100%リストアップされるカラクリになっている。
(現にiFOREXやTitanFX、AxioryやFBSなど、出金トラブルがない海外FX業者も多数リストアップされている。)

上述したようにXMはしっかりライセンス登録した上で運営されているので、日本の金融庁の警告は全く気にしなくて大丈夫だ。

※金融庁のいうところの「無登録」は「日本の金融庁に無登録」という意味でしかないので、そこも勘違いしないでほしい。

XMの信頼性・安全性に対するQ&A

XMに預けた資金は安全ですか?信託保全は?

A.完全信託保全はないが、分別管理を徹底しているので安全だといえる。

分別管理先はイギリスのバークレイズ銀行

バークレイズ銀行はイギリスにおける3大市中銀行の1つで、総資産高は2009年で世界第2位時価総額はイギリス国内の銀行の中で第2位を誇る。
日本にも東京の六本木に支社をもつ、世界的な金融機関だ。

XMの運営資金とは別で管理されているので、XM側は顧客資金を流用することができない。

またXMはAIGの保険に加入しており、万が一倒産した場合には顧客資金に対して最大で100万ドル(約1億円)の保険金を受け取れる。
倒産時にわざわざ顧客資金を流用して赤字分を補填する必要はない。

預けた資金はほぼ100%トレーダーの元に戻ってくると考えていいだろう。

XMのハイレバ取引って危険なイメージがあるんですけど・・・?

A.「ハイレバレッジ=危険」というのは早計だ。

というより的外れもいいところ。

そもそもレバレッジの倍率とは、損益の振れ幅の大きさのことをいうのではない。
必要証拠金の大きさに過ぎないのだ。

例えばドル円が110円のとき1万通貨でロングエントリーしたと仮定する。

  • レバレッジ1倍…必要証拠金1,10,000円 1ドル101円になったとき1万円の利益
  • レバレッジ25倍…必要証拠金44,000円 1ドル101円になったとき1万円の利益
  • レバレッジ400倍…必要証拠金2,750円 1ドル101円になったとき1万円の利益

上記を見ればわかるようにレバレッジ倍率に関係なく、1万通貨の取引をして1円の値動きがあった場合、1円分の損益が発生する。

つまりレバレッジが何倍だろうと、1万通貨の取引をして1円動けば1円分の損益が発生するという事実は変わらないのだ。

レバレッジが888倍だからといって、損益の振れ幅も888倍になるとは限らない。

XM含めて、海外業者を利用しても違法にならないの?

A.日本人トレーダー自発的に利用する場合は法の網にかからない。

  • 日本人が海外のカジノで遊んでも違法ではない
  • 日本で海外の無修正アダルトサイトを閲覧しても違法ではない

日本人トレーダーが海外FX業者を利用することは、上記2事例と同じこと。
違法でもなんでもない。

ただし日本人向けに広告宣伝活動している海外FX業者は違法業者に該当するので、利用を控えるのが賢明だ。

ちなみに「海外FX業者の日本語公式サイト」は、海外居住の日本人向けに作成されたものなので広告宣伝活動には該当しない。

以上「XMは出金拒否するのか」「XMは詐欺業者なのか?」について管理人の意見を述べてきた。

最後にもう一度言っておきたいのは「真っ当な取引をして得た利益をルールに従って出金申請すれば、XMが出金拒否することは120%ない」ということ。

XMは世界中でライセンスを取得しているグローバルな金融グループ。

そのXMが目先の利益欲しさに、今ままで築き上げてきた”XMブランド”を崩壊させるようなマネをするはずがない。

そんなことをしてしまうと痛い目を見るのはXM自身で、トレーダー離れから収益減を引き起こし、最悪の場合倒産まで追い込まれてしまう恐れがある。

  • 出金ルールや取引ルールを守らないトレーダーの讒言(ざんげん)
  • 日本の金融庁のネガティブキャンペーン

この2つに踊らされてXMという選択肢を放棄してしまうのは非常にもったいないことだと思う。

ただ無理強いはしないので、このページを読んで納得できた方だけ口座開設してみてほしい。

XMの口座開設はこちらから

XMがどんな海外FX業者なのか」は下記のページで詳しくまとめている。
XM(XMTrading)の評判は?8の長所と3の短所から徹底解説




◇海外FX業者選びにまよったら◇
↓海外FXのトリセツ管理人が選ぶ厳選海外FXブローカー6社をチェック↓
管理人が選ぶ、海外FX業者おすすめ6選へGO

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*