VirtueForexの評判!管理人が絶対オススメしない理由を語る

VirtueForexの評判!管理人が絶対オススメしない理由を語るのアイキャッチ

本記事ではパナマを拠点に運営しているVirtueForexについて解説している。

VirtueForexは元々、大口投資家やリテールFXブローカー向けにサービスを展開していた業者。
2016年に個人向けFXトレーダーに対してもサービスを開始した。

突如SNSや広告で目にする機会が増えたため、気になっている方も多いと思う。

 

結論から言うと、VirtueForexの利用はまったくオススメできない

  • 業者としての信頼性が皆無と言っていいほど低い
  • FX業者としての取引環境も並以下

前提としてVirtueForexはどの国の金融ライセンスも所持していない完全無登録業者だ。
その時点でFX業者としての評価は最低クラス。

スペックも決して優秀ではなく、スプレッドはやや広め・ボーナスなし・ロスカット水準100%と使い勝手が悪い。

サブ口座としての利用価値もないだろう。

それでもなおVirtueForexを利用したい方がいれば、完全自己責任でお願いしたい。

(※)管理人のオススメ海外FX業者が知りたい方へ

管理人のオススメ海外FX業者が知りたい方は『海外FX歴10年の私が選ぶ”絶対”おすすめの海外FX業者11選!』を参考にしてほしい。

初心者にもわかりやすく、タイプ・目的別に1番オススメできる業者を紹介している。

VirtueForexの弱み・デメリット8つ

業者としての信頼性が著しく低い

VirtueForexをオススメできない最大の理由は、業者としての信頼性が著しく低いという点だ。

  • 金融ライセンス未所持の完全無登録業者
  • 約款・サービス利用規約などの表示なし
  • 受賞歴に信憑性がない
  • ForexPeaceArmyの口コミが0件

と過去に見てきた海外FX業者の中でも、信頼性は最低クラスと言える。

 

金融ライセンスなしの完全無登録業者

VirtueForexはどこの国の金融ライセンスも取得していない完全無登録業者

規制の緩いライセンスすら取得しておらず、業者としての信頼性は無登録というだけで0点だ。

管理人の元には今のところ出金拒否や悪質な詐欺行為の報告は寄せられていないが、ライセンス規制を受けない以上、今後VirtueForexが自分たちの好き放題に運営して出金拒否などを働く可能性もある。

現時点でVirtueForexの口座開設を考えている方は、完全自己責任でお願いしたい。

約款・サービス利用規約等の表示がない

FX業者に限った話ではないが、まともな企業であれば自社のサービスに約款や利用規約等の表示が公式HPに存在する。

利用者は口座開設前にそれらの規約を確認するのが一般的だ。

しかしVirtueForexには約款や利用規約が公式HPにない

受賞歴に信憑性なし

VirtueForexの公式HPには、

  • お客様満足度No.1
  • リピート率83.7%
  • 約定スピード業界No.1

の受賞歴が記載されているが、信憑性は一切ない。

リサーチ会社も不明な上、どこかの企業が開催しているコンテストのようなものでもない。

一見すると受賞歴のある優良な業者のようだが、ただの自社調べで載せているだけの可能性が高いためアテにしないほうが良いだろう。

FPAの評価なし

VirtueForexはFX最大の口コミサイトである”ForexPeaceArmy”に、まだ1件も口コミが入っていない

実際に利用している生のトレーダーの口コミがないため、実際に自分で利用してみなければならないのはネック。
客観的な判断が下しづらい。

スプレッドがやや広め

VirtueForexのスプレッドは海外FXでも広めの水準。

スプレッドを重視するトレーダーにはまったくオススメできない。

通貨ペアVirtueForex
スタンダード口座
TitanFX
ブレード口座
XM
スタンダード口座
取引手数料無料往復0.7pips/lot無料
USD/JPY2.4pips1.03pips
(0.33pips)
1.6pips
EUR/JPY2.2pips1.44pips
(0.74pips)
2.6pips
GBP/JPY2.3pips2.15pips
(1.45pips)
3.5pips
AUD/JPY2.2pips1.82pips
(1.12pips)
3.0pips
EUR/USD2.2pips0.90pips
(0.20pips)
1.6pips

(※1)VirtueForex・XMは変動スプレッド制のため、平均スプレッド値を記載。
(※2)TitanFXはECN方式のため「取引手数料+平均スプレッドの合計値」を記載。平均スプレッドのみの数値についてはカッコ内に記載。

見ての通り他業者と比べると、かなり広めなのがわかる。

スプレッドを重視するスキャルピングトレーダーは以下の記事を参考に業者選びをしてほしい。

ロスカット水準が証拠金維持率100%

VirtueForexのロスカット水準は証拠金維持率100%
海外FX業者の多くが証拠金維持率20~30%程度に設定していることを踏まえると、だいぶ辛い設定となっている。

そのためレバレッジが高くてもフルレバでの勝負ができないう上に、レバレッジを上げて大きなポジションを持つには豊富な口座残高が必要となってしまう。

少ない証拠金でもハイレバでアクティブにトレードしたい方にはあまり向いていない。

VirtueForexを利用する場合は、200~300倍のレバレッジ運用が現実的なラインになってくる。

ボーナスキャンペーン一切なし

VirtueForexではボーナスキャンペーンが一切ない

すべて自己資金での勝負になるため、自己資本が少なくボーナスを重要視している方は注意しよう。

 

取引可能FX通貨ペア数が34種類しかない

VirtueForexの取引可能なFX通貨ペアは34種類

ドル円やユーロドルを筆頭としたメジャー通貨ペアは取引可能だが、マイナー通貨ペアの取り揃えは物足りない。

マイナー通貨ペアメインで取引したい人にはオススメできない。

VirtueForexで取引可能なFX通貨ペア(34種)

AUD/JPY HKD/JPY CAD/JPY NZD/JPY CHF/JPY

USD/JPY EUR/JPY ZAR/JPY GBP/JPY

AUD/CAD GBP/CAD AUD/CHF GBP/CHF AUD/NZD

GBP/NZD AUD/USD GBP/USD CAD/CHF NZD/CAD

EUR/AUD NZD/CHF EUR/CAD NZD/USD EUR/CHF

USD/CAD EUR/GBP USD/CHF EUR/HKD USD/HKD

EUR/NZD USD/TRY EUR/USD USD/ZAR GBP/AUD

入金方法にbitwalletがない

VirtueForexの入金方法はVt Cash(国内銀行送金)・クレジットカード(VISA・Master・JCB)・海外銀行送金・ビットコインの4つ。

bitwalletでの入金ができない

またVt Cashを利用することで国内銀行送金が可能なものの、bitwalletと異なりVirtueForexでしか利用できない。
bitwalletの下位互換といった性能だ。

(※)Vt Cashとは

Vt CashはVirtueForexの親会社である「Virtue Technology Group Limited. 」が運営していると思われるグローバルオンライン支払サービス。

しかしVirtueForexと同じく、こちらも約款や利用規約等が公式HPになく、サービスの信頼性はかなり低い。
できれば利用したくないサービスと言える。

アカウント開設は無料かつ1分程度でできるため、作成してもよいが、こちらも利用は自己責任でお願いしたい。

顧客資産は分別管理のみ

VirtueForexの顧客資産管理方法は分別管理のみ。
信託保全ではない。

そのため仮にVirtueForexが倒産してしまうと、顧客資産が債権の返済やに充てられたり、持ち逃げされる可能性もある。

心配な方は最低限の金額だけ口座に残して、こまめに出金するクセをつけておくのがオススメだ。

日本語問い合わせ方法がメールしかない

現在VirtueForexの日本語問い合わせ方法はメールしかない

以前はLINEでの問い合わせも可能だったが、現在はできなくなっているようだ。

メールは24時間以内に返ってくるため、レスの早さは問題ないが、もう少し問い合わせ方法のバリエーションを増やしてほしい。

 

VirtueForexの強み・デメリット4つ

最大レバレッジ500倍×追証なし

VirtueForexの最大レバレッジは500倍

国内FXの最大25倍と比較すると、約20分の1の証拠金で同等のポジションが持てる。
小額トレーダーでも資金効率よくアクティブにトレード可能だ。

 

またVirtueForexは追証なしのゼロカットシステム採用。

取引の負債で口座残高がマイナスになってしまっても、マイナス分をゼロに戻してくれる。

損失は最大でも口座に入っている金額までとリスクが限定されているため、安心して取引してOKだ。

ただしフルレバ取引はできない

上述したが、VirtueForexのロスカット水準は証拠金維持率100%以下。

そのためいくら最大レバレッジが500倍でも、レバレッジ500倍での取引はできない。
ポジった瞬間にスプレッドが差し引かれて強制ロスカットされてしまう。

実際には200~300倍での運用が現実的なラインだ。

完全NDD方式で取引の透明性は高い

VirtueForexは完全NDD方式を採用している。

取引に業者が関与しないため、注文が業者に呑まれて利益相反の関係になることがない
つまりレートずらしやストップ狩りなどで”故意に負けさせられる心配がない”ため、非常にクリーンな環境で取引できるわけだ。

VirtueForexの提携リクイディティプロバイダー

VirtueForexが完全NDDである根拠となるのが、提携リクイディティプロバイダー(LP)を公式HPで開示していること。

BARCLAYSやBNP PARIBAS、citibankなど名だたる企業を提携LPとして公開している。
冒頭でも述べたように、もともと大口投資家やリテールFXブローカー向けにサービスを展開していただけのことはある。

提携LPを公開している以上、NDD方式の業者であることに間違いはないため安心してほしい。

クリックした瞬間に約定する約定力の高さ

VirtueForexの約定力は極めて高い。

信憑性のない受賞歴の1つに業界No.1の約定スピードを挙げているが、これだけはあながち嘘ではなさそうだ。

実際に取引してみると、クリックした瞬間に約定するイメージ。
22時以降の取引量が多くなる時間帯でも問題なく約定した。

まだ雇用統計発表時など最もスベりやすい時間帯には取引していないため、そこの約定力を確かめ次第追記する。

公式サイトは完全日本語対応で見やすい

VirtueForexの公式HPは完全日本語対応

自然な日本語ですべて記載されているので、英語ができなくてもかなりわかりやすい。

 

とはいえ、VirtueForexの公式HPは情報量が乏しく、口座の基本スペックや取り扱い商品を調べるくらいしか使い道がない。

もっと情報系・教育系のコンテンツも追加してくれれば、よりよいHPになるのに残念だ。

VirtueForexに対する管理人の総括

冒頭でも述べたが、VirtueForexの利用価値はまったくなく、管理人は絶対に利用をオススメしない

  • 金融ライセンス未所持の完全無登録業者
  • スプレッドがやや広め
  • ロスカット水準100%
  • ボーナスキャンペーンなし
  • 顧客資産が分別管理

とあまりにもFX業者として致命的なデメリットを抱えている。

信頼性が低く、スペックも悪いとなれば、利用するメリットがない。
プロモーションに力を入れているため、目にする機会も多いかと思うが現時点ではまったく利用に値しない業者だと覚えておこう。

繰り返しになるが、VirtueForexを利用する場合は自己責任でお願いしたい。

(※)管理人のオススメ海外FX業者が知りたい方へ

管理人のオススメ海外FX業者が知りたい方は『海外FX歴10年の私が選ぶ”絶対”おすすめの海外FX業者11選!』を参考にしてほしい。

初心者にもわかりやすく、タイプ・目的別に1番オススメできる業者を紹介している。

VirtueForexの会社情報

VirtueForexの会社情報
正式名称
Virtue Technology Inc
所在国
Panama
所在地
Azuero Business Center 8F Avenida Perez Chitre Panama City, Panama
金融ライセンス

なし

事業開始年
2016年
顧客資金の管理
分別管理
公式サイト日本語化
日本語
サポート体制
メール
メール問い合わせ
support@virtueforex.com
スタンダード口座の詳細
最大レバレッジ
500倍
追証について
なし(ゼロカットシステム)
平均スプレッド
ドル円1.8pips
取引手数料
無料
約定スピード
◎ 速い
取引ツール
MT4
ボーナス
あり
口座通貨
USD,JPY
商品
FX通貨ペア:34種類,株式指数:13種類,貴金属:4種類,仮想通貨:11種類
最低入金額
10,000円(100$)
両建て取引
可能
取引制限
制限なし。超短期売買,EA取引可
最低取引量
0.01LOT(1,000通貨)
ロスカット水準
証拠金維持率100%以下
VirtueForexの入出金情報
入金方法
vt Cash・海外銀行送金・ビットコイン
入金から口座反映までのスピード
bitwallet→24時間以内
クレジットカード→24時間以内
海外銀行送金→72時間以内
ビットコイン→24時間以内
入金手数料
vt Cash→入金額の2%
クレジットカード→入金額の8%
海外銀行送金→無料
ビットコイン→無料
出金手数料
vt Cash→無料
海外銀行送金→3,500円
出金依頼から指定口座へ着金までのスピード
vt Cash→24時間以内
海外銀行送金→3営業日

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*