GEMFOREXの追加口座開設手順とは?複数口座のメリットと注意点も解説

GEMFOREXの追加口座開設手順とは?複数口座のメリットと注意点も解説

GEMFOREXは1アカウントにつき最大5つまで口座が保有できるFX会社であり、裁量取引や自動売買運用といった目的に応じて使い分けることが可能だ。

追加口座の開設手順が分からない」「効率的に使い分ける方法を知りたい

GEMFOREXの追加口座の開設を検討している方は、そんな悩みを持つこともあるだろう。

GEMFOREXは以下のような特徴を持っており、簡単な手続きで初心者でも複数の口座を並行運用できる

  • 口座ごとに異なるEAをセットできる
  • レバレッジの倍率を変えてリスクレベルを切り替えられる
  • 口座残高を調整してレバレッジ制限を回避
  • 入金ボーナスを分散させて現金の損失を軽減できる
  • 追加口座はいつでも削除が可能

今回はGEMFOREXの追加口座の開設方法やメリット、運用における注意点についてもお伝えしていく。

複数の口座を使い分けてより効率的に利益を重ねていきたい方は、ぜひ本記事を参考にGEMFOREXの追加口座を開設してほしい。

GEMFOREXの口座開設はこちら

gemforexの特徴であるハイレバレッジな取引環境は、海外FX業者全体の特徴として挙げられる。

以下記事では海外FX歴10年以上の管理人が忖度なしにおすすめできる業者を比較・ランキング化しているため、ぜひ目を通してほしい。

>>【2022年】海外FX業者おすすめランキング14選!海外FX歴10年の私が人気会社を比較!

【画像付き】GEMFOREXの追加口座の開設方法

GEMFOREXの追加口座は、以下2ステップで開設することができる

  1. gemforexの口座開設
  2. マイページで追加口座のタイプを選択

一般的なFX会社は本人確認などで数日かかるケースもあるが、クイック口座開設を導入しているGEMFOREXは数分程度で取引が始められる

もちろん追加口座に関しても簡単な手続きで増設できるため、ここから詳しく解説を行う。

1.1 ステップ①GEMFOREXの口座開設

まずはGEMFOREXの公式サイトにアクセスして「リアル口座開設」に進んでほしい。

GEMFOREX追加口座1

以下画面で本口座のタイプと氏名、メールアドレスを入力する。

参考までに最初に選ぶことができる2つの口座の取引条件などは下表の通りだ。

GEMFOREXで開設できるデフォルト口座
口座タイプ オールインワン口座 ロースプレッド口座
EA導入 可能 不可
レバレッジ 最大1,000倍 最大1,000倍
概要 裁量とEAに対応した最もスタンダードな口座 ドル円のスプレッドが0銭から取引できるが、
EAとキャンペーンは利用不可

いずれも後から追加できるが、まずはデフォルトで表示されているオールインワン口座を選択すると良いだろう。

下部の「口座開設」をクリックすれば、ほどなくしてログイン情報が記載されたメールが送信される。

GEMFOREX追加口座2

クイック口座開設を導入しているGEMFOREXでは、ここまでの手順で既にアカウントが発行されている

下図のパスワードを確認し、「マイページログインはこちらから」のリンクをクリックする。

GEMFOREX追加口座3

口座開設ボーナスは本人確認書類を提出しなければ付与されないため、できる限り早い段階で済ませておくのがおすすめだ。

1.2 ステップ②マイページで追加口座のタイプを選択

追加口座を開設する際は、マイページ左側のメニューに記載されている「追加口座お申込み」をクリックする。

GEMFOREX追加口座4

オールインワン口座とロースプレッド口座の基本通貨を選択するフォームに移行するため、希望の条件を選択しよう。

GEMFOREX追加口座5

以上で追加口座の開設手続きは完了である。

保有口座リスト」に表示される新しい口座番号を確認して、さっそく取引を始めてほしい。

【画像付き】GEMFOREXの資金移動手順

ここからは、自身の保有口座間で資金を移動する手順を確認しておきたいと思う。

まずはマイページ左側のメニューから「保有口座リスト」に進む。

GEMFOREX追加口座6

下図に移行した後は、各口座の右側に表示されている「資金移動」をクリックしてほしい。

GEMFOREX追加口座7

以下のフォームで「資金の移動元」と「移動先の口座」、「希望の金額」を入力すれば完了だ。

GEMFOREX追加口座8

ポジションを保有している口座からは資金が移動できずキャンセルや変更も原則行えないため、口座番号と金額をきちんと確認して進めていこう。

【画像付き】GEMFOREXの追加口座の削除方法

次は不要になった口座の削除方法についても確認しておきたいと思う。

ピンポイントな項目は設けられていないため、マイページ上段の「開設・入金・サポート」から「お問合せ」に進んでほしい

GEMFOREX追加口座9

下図のフォームで必要情報を入力して、GEMFOREXのサポートセンター口座の削除を依頼すれば受理され次第実行されるだろう。

GEMFOREX追加口座10

参考までに「お問合せ内容」の選択肢にも削除の項目は存在しないことから、最下段の「その他(ご意見・ご要望について)」を選ぶと良いだろう。

GEMFOREXの追加口座を開設するメリット7つ

ここからは、GEMFOREXの追加口座を開設するメリット7つについて解説を行う。

  • 裁量と自動売買運用を分けられる
  • 無料EAを使い分けられる
  • 現金の損失を軽減できる
  • ハイレバと安全運用を切り替えられる
  • 口座残高を調整すればレバレッジ制限が発生しない
  • トレードスタイルで分けられる
  • 通貨ペアを分けて決済ミスを防止できる

いずれも効率的な運用において重要なポイントであるため、ぜひ参考にしてほしい。

裁量と自動売買運用を分けられる

自身で取引を行う裁量と自動売買運用が区別できる点は、GEMFOREXの追加口座における最大のメリットの1つといえる。

その理由として挙げられるのが、EAが発注する際に発行されるマジックナンバーという識別番号である。

複数のEAを単一口座で稼働させる際「ポジションAに対する注文を誤ってBに適用しないように」用いられるが、実際のところ完璧に機能するわけではないのだ。

裁量ポジションを決済するはずがEAの方も同時に処理されてしまう可能性もあるため、口座自体を分けて運用できる仕様は実に合理的である。

裁量と自動売買といった異なる手法を明確に分ければトレーダー自身も情報の整理が行いやすいことから、初心者はぜひ参考にしてほしい

無料EAを使い分けられる

GEMFOREXは約400種類ものEAを無料提供しており、口座を追加すればそれぞれで異なるストラテジーが使い分けられるのだ。

各EAにプログラムされている取引手法は多岐に渡ることから、日々変動し続ける相場環境にも幅広く対応できる

たとえば長期運用のトレンドフォロータイプをメインに据えつつ、別口座ではナンピンマーチンゲールタイプのセットも可能である。

対応通貨で区別すれば相関関係を利用した多角的な運用に繋がる上に、資金を分散させてリスクヘッジも行えるだろう。

実際のところ1つのEAだけではトレンドとストラテジーが噛み合わなくなった際、勝率が極端に低下するケースもある。

GEMFOREXは資産運用の効率に加えて、安全性の向上にも寄与する有用なFX会社といえる。

GEMFOREXの無料EA(gemtrade)に興味がある方は、以下記事もぜひ参考にしてほしい。

現金の損失を軽減できる

GEMFOREXが不定期開催する入金ボーナスを複数の口座に振り分ければ、現金の損失を軽減できるメリットがある。

ここではまず損失とボーナス、現金残高の関係性について触れておきたいと思う。

取引の中で損失が発生した場合は最初に現金から消費されて、その後にボーナスが差し引かれるのが基本だ。

具体的に現金とボーナスが20万円ずつの口座で16万円の損失が確定すると、ボーナスはそのままに4万円の現金しか残らないということである。

当然トレーダーにとっては避けたい状況だが、下表の通り2つの口座に10万円ずつ振り分ければ同じ損失額でも片方の現金は無傷なのだ。

単一口座運用 2つの口座で運用
口座残高 現金:20円
ボーナス:20万円
A・B口座
現金・ボーナス各10万円
損失16万円確定後 現金:4万円
ボーナス:20万円
A:現金0円・ボーナス4万円
B:現金・ボーナス各10万円
最終的な現金残高 4万円 10万円

資金を分散させるだけで実に6万円もの差が生まれる上に、投入する金額に応じて軽減できる現金損失もより大きくなるだろう。

GEMFOREXで取引を行う際は、安全性を高めるためにも積極的に実践してみてほしい。

ハイレバと安全運用を切り替えられる

追加口座を開設すれば、リスクを取ったハイレバレッジ取引と比較的取引量を抑えた安全運用で切り替えられるだろう。

実際のところGEMFOREXの口座は自動で1,000倍に設定されているため、ユーザーによる倍率自体の変更は行えない

知らぬ間にレバレッジをかけすぎてロスカットまでの余力がなくなるケースも多いため、口座ごとにリスクレベルを区別する手法は安全投資にも繋がる

たとえば50万円を入金している口座では小さなロットで運用しつつ、もう一方は喪失しても問題のない少額資金でハイレバ取引を行うということだ。

経済指標発表時の乱高下を利用すれば短期的に大きな利益を稼ぐこともできることから、数万円程度の余剰資金がある方には特におすすめといえる。

口座残高を調整すればレバレッジ制限が発生しない

GEMFOREXは口座残高によってレバレッジ制限を設けているが、実は口座ごとの資金額を調整すれば回避できるのだ。

通常のレバレッジは最大1,000倍に設定されているところ、口座残高が200万円以上となった場合は半分の500倍が適用されてしまう。

利益効率の低下に直結することから大きなデメリットである一方、対象とされているのは「1つの口座ごと」という点に注目してほしい。

300万円の資金を保有している場合は1つの口座に集中させるのではなく、150万円ずつ振り分ければレバレッジ制限が発動しないというである。

業界最高水準のレバレッジを活用するためにも、GEMFOREXにおいてはぜひ押さえておきたい仕組みといえる。

GEMFOREXのレバレッジ制限に関しては、以下記事でも詳し解説している。

トレードスタイルで分けられる

GEMFOREXの口座タイプはそれぞれ取引条件が異なるため、トレードスタイルで使い分けるられるメリットもある。

オールインワン口座」はEAやキャンペーンに特化している一方、「ロースプレッド口座」にはスプレッドが最低0銭という大きな強みがあるのだ。

長期運用のスイングトレードはボーナスが活用できるオールインワン口座で運用しつつ、短期のスキャルピングなどはロースプレッド口座で行うと良いだろう。

EAとミラートレードも加えればさらに多角的な資産形成に繋がることから、他のFX会社にはない持ち味といえる。

通貨ペアを分けて決済ミスを防止できる

口座ごとに取引通貨ペアを分けることで、ポジションの決済ミス防止にも繋がるだろう。

GEMFOREXの取引ツールであるMT4は1画面で様々な銘柄が発注できる反面、ポジション一覧画面には全て一括で表示される。

もちろん注意深く確認すれば誰でも判別できるが、乱高下相場などで慌ててしまうと現在見ているチャートとは全く異なるポジションを決済してしまうケースもあるのだ。

場合によっては多大な損失を招くリスクもあるため、ドル円やユーロドルといった通貨ペアで口座を分けて即座に判断できるようにしておくのがおすすめである。

GEMFOREXの口座開設はこちら

GEMFOREXの追加口座を開設する時の注意点6つ

ここからは、GEMFOREXの追加口座を開設する際の注意点6つについて解説を行う。

  1. 口座間で資金を移動するとボーナスが消滅する
  2. 追加口座は口座開設ボーナスの対象外
  3. ロースプレッド口座は1つしか開設できない
  4. 利用していない口座は維持手数料が発生する
  5. MT4のログインに手間がかかる
  6. 異なる口座の両建ては禁止されている

メリットと同じく重要なポイントであるため、ぜひ参考にしてほしい。

口座間で資金を移動するとボーナスが消滅する

自身の保有口座間で資金が移動できる機能は大変利便性が高い一方、ボーナスが消滅してしまうリスクについては必ず覚えておいた方が良いだろう。

実際のところ以前までは移動金額の割合に応じて減少する仕組みであったため、そのままの認識でいると大幅に資金を失ってしまう危険性がある。

現金として出金できないとは言っても取引量が増えるアドバンテージは捨てがたい魅力であることから、初心者はきちんと押さえておいてほしい

追加口座は口座開設ボーナスの対象外

GEMFOREXは不定期で口座開設ボーナスを開催している一方、追加口座に関しては対象外となっている。

具体的には最初に開設する本口座に対してのみ付与されるため、ボーナスを目当てに口座を増設しないようにしてほしい。

参考までに入金ボーナスに関してはロースプレッド口座でない限り受け取ることができる。

ロースプレッド口座は1つしか開設できない

ロースプレッド口座はスキャルピングトレーダーにとって最適な口座タイプだが、GEMFOREXでは「1アカウントにつき1つ」しか開設できない

実際のところEAやボーナスといったサービスは複数保有が可能なオールインワン口座に対応していることから、ほとんどの場合大きなデメリットとはならないだろう。

追加口座を検討している方は、あくまで知識の一環として参考にしてほしい。

GEMFOREXのロースプレッド口座の利用価値については、以下記事で詳し解説している。

利用していない口座は維持手数料が発生する

GEMFOREXでは3ヶ月間取引のない口座に対して1,500円の維持手数料を設けており、追加口座を開設する上では特に注意するべきである。

参考までに日数のカウント起算日は1月1日から3ヶ月おきであり、放置し続けると年間6,000円が徴収されてしまうのだ。

複数の口座を保有していると気付かぬうちに該当してしまう可能性もあるが、あらかじめ口座資金を全額出金しておけば手数料が差し引かれることはない。

再度利用したい場合もサポートセンターに依頼すれば凍結を解除してもらえるため、あらかじめ把握しておくと良いだろう。

MT4のログインに手間がかかる

追加口座の資金情報等はマイページ上で一括管理が行える一方、MT4には口座ごとにログインしなければならない

具体的には裁量専用のA口座とEAをセットしているB口座を同時表示することができず、取引の都度でログインし直す必要があるということだ。

操作頻度が少ない運用方法であれば大きな問題ではないが、スキャルピングやデイトレードといった短期目線のスタイルで区別している方にとってはデメリットといえる。

PCとスマホ版MT4でそれぞれ別の口座にログインすれば2つまでは閲覧できるため、ぜひ試してみてほしい。

MT4のダウンロード方法については、スマホ版も含め以下記事で画像つきで解説している。

異なる口座の両建ては禁止されている

GEMFOREXでは異なる口座間における両建てを禁止しており、もし抵触すれば全ての取引が停止される可能性もある。

参考までに両建てとは売り買い双方のポジションを同じタイミングで保有する手法であり、証拠金と損失を相殺できるのだ。

同一口座内であれば一長一短の要素を備えた通常の取引に過ぎないが、ゼロカットシステムを採用しているGEMFOREXでは別々の口座で両建てを行うと規格外に勝率が高まる

具体的に、AとBの口座に10万円ずつ入金してそれぞれで別方向の注文を入れたと仮定してほしい。

その場合片方は価格変動によって数倍の利益が発生し、もう一方の口座は口座資金がロスカットされるのみで済むのだ。

トレーダーにとっては極めて確実性の高い方法となる反面、顧客の損失を肩代わりするFX会社からすればサービスを悪用されることに等しいだろう。

複数の口座を運用していると偶然両建てになってしまうケースも考えられるため、日頃から欠かさずポジションをチェックしてほしい。

GEMFOREXの同一口座内で両建てするメリット・デメリットに関しては、以下記事で詳し解説している。

GEMFOREXなら初心者でも簡単に追加口座が開設できる

GEMFOREXでは1アカウントにつき5つの口座が開設可能であり、数回程度ボタンをクリックするだけで手続きが完結する。

口座ごとに異なるEAがセットできるだけでなく、残高を調整すればレバレッジ制限を回避できる点も大きなメリットといえる。

通貨ペアで区別すればMT4の発注ミス防止にも役立つため、投資の安全性を高める上でも有用なサービスだ。

複数の口座を活用してより多角的な資産形成を目指す方は、以下リンクをクリックしてGEMFOREXの追加口座を開設しよう。

GEMFOREXの口座開設はこちら

SNSでもご購読できます。