GEMFOREXのスワップポイント一覧で確認した結果!両建てならノーリスクで稼げる通貨ペアを発見した

GEMFOREXのスワップポイント一覧で確認した結果!両建てならノーリスクで稼げる通貨ペアを発見した
  • GEMFOREXのスワップポイントがどのくらいなのか確認したい
  • GEMFOREXのスワップポイントで稼げる手法があるらしいけど、本当なのか気になる

当ページは上記のような人のために作成した。

全通貨ペアのスワップポイントを一覧でまとめているのはもちろん、GEMFOREXだからこそできるノーリスクのスワップ月利運用を詳細に解説している。
月利8%運用が可能な美味しい手法になるので、当ページで是非マスターしていただければ幸いだ。

※大前提として、ハイレバの海外FX業者では「両建てで為替変動リスクをゼロにできる」という前提がないと、スワップポイント狙いの取引はやめたほうがいい。
スワップポイントが大きい通貨のポジションを保有しようとしても、スプレッド手数料が大きくなったり、為替変動による損益が大きく、スワップポイントのインパクトが微小だからだ。
ただGEMFOREXの場合は、両建てで着実に稼げるスワップポイントの設計になっている通貨ペアがあったので、本記事で取り上げることにした

GEMFOREXの口座開設はこちらから

本ページの記載事項一覧

GEMFOREXの全通貨ペアのスワップポイント一覧

以下が2021年8月22日の22時時点でのGEMFOREX全通貨ペアのスワップポイント一覧だ。

 通貨ペア ショートポジション保有時 ロングポジション保有時
ASXAUD -0.92000 -0.11000
AUDCAD 1.36000 -7.84000
AUDCHF 2.16000 -10.34000
AUDJPY 1.14000 -7.66000
AUDNZD -8.09000 -0.19000
AUDUSD 1.63000 -6.37000
BRTGBP 0.00000 0.00000
CACEUR -0.38000 -0.51000
CADJPY -0.80000 -5.10000
CHFJPY -8.93000 -3.43000
DAXEUR -0.87000 -1.17000
DOWUSD -3.66000 -0.80000
ESXEUR -0.24000 -0.32000
EURAUD -14.92000 5.08000
EURCAD -7.73000 -0.80000
EURCHF -2.97000 -8.27000
EURGBP -3.64000 -0.44000
EURJPY -1.50000 -1.20000
EURNZD -20.80000 12.30000
EURUSD 0.24700 0.25300
EURZAR -465.48000 107.51000
FTXGBP -0.75000 -0.47000
GBPAUD -17.38000 3.22000
GBPCAD -6.69000 -6.69000
GBPCHF -1.29000 -13.09000
GBPJPY 0.14000 -3.78000
GBPNZD -27.30000 12.70000
GBPUSD -1.90000 -4.50000
HSXHKD -3.77000 -7.40000
JPXJPY 1.90000 -2.04000
NASUSD -1.04000 -0.23000
NZDJPY 5.81000 -11.70000
NZDUSD 3.62000 -8.18000
S&PUSD -0.40000 -0.09000
USDCAD -5.20000 -3.20000
USDCHF -1.28000 -7.58000
USDCNH -6.00000 0.00000
USDHKD -2.54000 -1.05000
USDJPY 0.21300 0.28700
USDMXN -196.74000 33.29000
USDSGD -13.07000 -6.97000
USDTRY -65.90000 30.80000
USDZAR -6.72000 1.14000
WTIUSD 0.00000 0.00000
XAGUSD -4.68000 -0.23000
XAUUSD -2.17000 -1.04000
ZARJPY -2.30000 -2.30000

後述しているがスワップポイントはGEMFOREXが任意に設定しているので上記数値は絶対ではない
最新のスワップポイントは、公式HPで確認するようにしてほしい。

GEMFOREXで売りでも買いでもスワップがプラスになる通貨ペアは「ドル円」「ユーロドル」「ユーロ香港ドル」

表で色付けしている下記3つの通貨ペアでは、ロングポジションを持とうがショートポジションを持とうがスワップポイントがプラスになる。

  • EUR/USD(ユーロ/ドル)
  • USK/HKD(ユーロ/香港ドル)
  • USD/JPY(ドル/円)

GEMFOREXには「ポジションを何日以内に決済しないといけない」という縛りがないので、建てるポジションに依存せず、ポジション保有を続ける限りプラスのスワップポイントを受け取れる

一方でメキシコペソなど、片方のポジションのスワップポイントが大きいものは、もう片方のポジションで「マイナススワップの絶対値が大きい」というところで、両建てでは稼げないので気をつけよう。

関連記事:GEMFOREXの両建て取引ルール!

GEMFOREXのスワップポイントはいくら?計算方法を解説

GEMFOREXのスワップポイントの計算式は以下の通り。

1日あたりのスワップポイント
=100,000×0.00001×スワップレート×円の為替レート×エントリーロット数

※例えば「○○/△△」の通貨ペアの場合、△△の方を日本円換算したレートになります。

実際に2つの具体例を用いて計算してみたので参考にしてみてほしい。

 icon-hand-o-right スワップポイントの計算例

【例1】ドル円のショートポジション(スワップレート0.231)で10ロットエントリー、1ドル110円の場合
100,000×0.00001×0.231×110×10=約⁺250円
→1日約250円のスワップポイントが加算される。

【例2】USD/HKDのロングポジション(スワップレート1.48)で5ロットエントリー、香港ドル=14円の場合
100,000×0.00001×1.48×14×5=約104円
→1日約104円のスワップポイントが加算される。

GEMFOREXでのスワップポイント狙いの両建て手法の概要

GEMFOREXでスワップポイントで稼ぐ方法は極めてシンプル。
上述した両ポジションでスワップポイントがプラスの通貨ペアのポジションを両建てで保有するだけだ。

両建てエントリーすれば、相場変動のリスクとは関係ないところでポジションを保有することができる。

【補足】両建て取引とは?

同じ通貨ペアで売り(ショート)と買い(ロング)の両方のポジションを同時に建てるトレード」のこと。

例えばEUR/USD(ユーロドル)の通貨ペアに対して、ユーロドルのロングとショートを同時に保有することを差す。

関連記事:GEMFOREXの出金方法・出金ルール画像付き解説

GEMFOREXのスワップポイント手法でどのくらい稼げる?【証拠金30万で月利は約8%】

以下GEMFOREXのスワップポイント狙いの手法でどのくらいの利益が獲得できるのかシミュレーションしてみた。
尚シミュレーションに際しては、下記を前提条件としている。

  • 口座レバレッジは1000倍(最大レバレッジ設定)
  • 証拠金維持率20%以下で強制ロスカット
  • 運用資金(証拠金)は30万円
  • USD/JPYのスプレッドは1.2pips(平均スプレッド)
  • 1ドル=110円時にエントリー
  • USD/JPYロングのスワップポイントは0.21300
  • USD/JPYショートのスワップポイントは0.28700

まず最大レバレッジ1000倍なので、30万円入金すれば3億円分、MAXで約300万通貨(=30ロット)のポジションを建てられる。

両建てになるので、建てられるポジションはロングとショートでそれぞれ15ロットずつ。
スプレッドは合計で2.4pipsなので、エントリー時のスプレッド支払いは約7,200円。証拠金維持率20%を下回らないので、エントリー時に強制決済されることはない

1日で稼げるスワップポイントはロングとショートでそれぞれ以下の通り。

  • USD/JPYロング
    約375円
  • USD/JPYショート
    約473円

合計で1日あたり848円が口座残高に加算される。

1ヶ月で考えると獲得利益は約25,440円
資金30万円での運用なので、約8%オーバーの月利になる。
スプレッド支払い分は7日ポジションを保有すれば回収可能。

ノーリスクで毎月8%残高が増えていくので、かなりおいしい手法だ。

GEMFOREXは両建て取引を許容している

GEMFOREXは両建て取引OK

GEMFOREXは「同一口座内で」という条件で両建て取引を認めている。
両建て取引をしたからといって、利益没収や出金拒否などのペナルティを科せられることはない。

ちなみにスワップポイントを狙った両建て取引自体、GEMFOREXが公式で推奨しているのでいちゃもんをつけられることは100%ない

GEMFOREXでスワップポイント狙いの両建てをする際に気を付けたいこと

GEMFOREXで両建てをする際に注意する点を紹介する。

  • 両建てエントリー・決済時のスプレッド拡大がリスク
  • GEMFOREX内で口座をまたいで両建てするのはNG

両建てエントリー・決済時のスプレッド拡大がリスク

スワップポイント狙いの手法の唯一のリスクなのが、エントリーと決済時のスプレッド拡大。
GEMFOREXは変動スプレッド制を採用しているので、時間帯によってはスプレッドが10pips以上拡大することがある。

  • 経済指標の発表や各国政府首脳の政策に関する発言があったタイミング
    (今回のコロナウイルスに際する緊急事態宣言に関する声明などがあげられる)
  • 平日早朝など、取引量が少ないタイミング

上記スプレッドが広がりやすい時間は避け、スプレッドが比較的狭い平日の深夜(22時~翌朝2時)にエントリーや決済するようにしよう。

GEMFOREX内で口座をまたいで両建てするのはNG

GEMFOREXが許容している両建ては、あくまで「同一口座内の両建て」だけです。
複数口座をまたいで両建てしてしまうと禁止事項に抵触してしまう。

どれだけ利益を上げても没収されてしまうのはもちろん、最悪の場合は口座凍結&強制解約の制裁を受けてしまうこともあるので気を付けよう。

GEMFOREXでスワップポイント狙いのトレーダーが知っておくべき8つこと

GEMFOREXを使うトレーダーが知っておくべきことを8つ紹介する。

  1. ロスカット水準を下回らないようにする
  2. 10Lot以上の大きなロット数で取引する場合は事前連絡をする
  3. スワップポイントだけでは出金不可
  4. マイナススワップは長期保有しない方がいい
  5. スワップポイントが変動する可能性がある
  6. 自動売買ツールは使わない方がいい
  7. 悪用・悪質なやり方での両建てはしない
  8. スプレッド分の損失はゼロにできる

ロスカット水準を下回らないようにする

スプレッドが広がっている時にエントリーしてしまい、ロスカット水準の証拠金維持率20%を下回らないように注意しておきたい。

スプレッドの性質上、注文が成立した時点の損益は0円ではなくスプレッド分が少しマイナスだ。

このマイナス分がロスカットの基準に引っかかると、即ロスカットされてしまう。

2021年以降GEMFOREXのスプレッドはかなり狭くなったが、変動スプレッドである以上は急に値が変わることはあるので気を付けよう。

 10Lot以上の大きなロット数で取引する場合は事前連絡をする

10Lot以上の取引は約定できない可能性があるため、GEMFOREXに事前に連絡する必要がある。

理由としてはGEMFOREXの利用規約第12条の「禁止行為」18項に、大きなロット数に関する記載がされているからだ。

第12条(利用者の禁止行為)

本サービスを利用する上で、利用者は以下にあげる行為をしてはなりません。以下の行為が判明した場合は、無条件で利用を停止または削除し、報酬も凍結することがあります。場合によっては法的処置により処理を行うものとします。禁止行為の有無についての判断は当社が行うこととし、利用者に対するその内容・根拠の説明を要しないものとします。

1~17.(省略)

18.事前連絡なしで大きなロット数での取引

19~24.(省略)

引用元:GEMFOREX公式サイト

ここで指す大きなロット数というのは10Lot以上のこと。

事前連絡なしで大きなLot数で取引を行ってしまうと、利用規約の記載通り「無条件で利用停止または削除し報酬も凍結」ということになりかねない。

10Lot以上の取引で事前連絡が必要なものの、9.9Lotであれば事前連絡なしで取引可能だ。

スワップポイントだけでは出金不可

スワップポイントは毎日付与されて口座に貯まっていくが、出金はできない

理由としてはGEMFOREXは保有しているすべてのポジションを決済しない限り、口座からお金を引き出せない仕組みだからだ。

そのためスワップポイントを受け取るにはポジションを決済する必要がある。

マイナススワップは長期保有しない方がいい

毎日金利差分の損失が生じるマイナススワップのポジションは長期保有することはおすすめできない

マイナススワップとは

高金利通貨を売り、低金利通貨を買う場合、その金利差を支払う必要がある。
それを「マイナススワップ」と呼ぶ。

スイングトレードしたい場合は、どれくらいの損が出るのかあらかじめ計算しておくといい。

計算方法は以下を参考にしてほしい。

計算方法

  • マイナススワップ×ポジション保有期間=損失額

マイナススワップを長期間持つことで、支払う金額は大きくなるので気を付けよう。

スワップポイントが変動する可能性がある

GEMFOREXに限った話ではないが、スワップポイントは急に変わる可能性がある

最近だと2021年8月9日にEUR/USDのロングスワップがマイナスになった。

スワップポイントが変動する理由としては、スワップポイントを算出する基準となる金利が超短期金利であるT/N(Tomorrow Next_翌日物)だから。
日々の資金需給によりT/N金利は基本変動するため、スワップポイントも変わる可能性があるということ。

ただスワップポイントは通貨ペア2ヶ国の金利水準に変更がなければ、大きく変わることはないので安心してほしい。

大きく変動する例としては年末年始、3月・9月の本邦の期末など特殊な時期には、資金需給によって大きな変動が起こる可能性が高い。

もしスワップポイントの変動に気づかず放置してしまうと知らないうちに損失が貯まってしまうので、毎日スワップポイントは確認しよう。

自動売買ツールは使わない方がいい

自動売買ツールを使っていると、勝手に両建てポジションを解除して決済してしまう可能性がある。

スワップポイントの両建てをするなら、両建て専用の口座を一つ作っておくと安心だろう。

口座が異なれば自動売買ツールによる影響を受けないので、証拠金維持率なども一定のままで安心だ。

悪用・悪質なやり方での両建てはしない

GEMFOREXでは以下3つを禁止している。

  • ボーナスを悪用した両建て
  • ゼロカットシステムを悪用した両建て
  • 大きな価格変動を狙う悪質なやり方

ボーナスを利用してハイレバレッジで両建てすると、ゼロカットシステム発動のリスクを高める。

これをGEMFOREXの利用規約第12条の「禁止行為」16項で定義し、禁止している。

第12条(利用者の禁止行為)

本サービスを利用する上で、利用者は以下にあげる行為をしてはなりません。以下の行為が判明した場合は、無条件で利用を停止または削除し、報酬も凍結することがあります。場合によっては法的処置により処理を行うものとします。禁止行為の有無についての判断は当社が行うこととし、利用者に対するその内容・根拠の説明を要しないものとします。

1~15.(省略)

16.提供サービスやシステムの盲点を狙った悪質とみなす取引

17~24.(省略)

GEMFOREXでは、ゼロカットシステムを悪用した取引手法も禁止だ。

また週明けの窓開け(ギャップ)や大きな価格変動差だけを狙った両建て取引も、GEMFOREX側が悪質と判定した場合ペナルティとなる。

禁止とは明記されていないがペナルティがある時点で、繰り返すのは禁止と言っても過言ではない。

スプレッド分の損失はゼロにできる

売りと買いのポジションを同時に持つと必ずスプレッド分の損失が出るが、含み益を持った状態の両建てによって損失を回収する期間がなくなりゼロにできる

含み益とは決済を行う前の未確定利益のこと。
両建てすることによって相場が下がった際の損益を相殺できるという仕組みだ。

売りのポジションで含み益を持っている状態ならば、同じ数量の買いポジションを持つことで含み益を持った状態の両建てをしていることになる。

含み益を持った両建ては1日目から利益が出せる上に、証拠金維持率も高くなるためやる価値はあるだろう。

GEMFOREXのスワップポイントが加算される時間

GEMFOREXでスワップポイントが加算される時間は、MT4サーバー時間で夜11時59分~0時の日付が変わるタイミング
MT4サーバー時間と日本時間には7時間(夏時間は6時間)の時差があるので、日本時間に直すと以下の通りだ。

  • 夏時間
    →朝の5時59分から6時
  • 冬時間
    →朝の6時59分から7時

※夏時間

日の出が早くなる3月の最終日曜日の午前1時~10月の最終日曜日の午前1時の期間、一部の欧米諸国では時計の針を1時間早める夏時間(サマータイム)が導入されている。
その関係でMT4の表示時間が1時間早くなるので、都合FXの取引時間が1時間早くなる現象が発生する。

たとえば5月11日現在は夏時間適応なので、毎朝6時になるタイミングでスワップポイントが加算される。

日本時間で毎週土曜日の早朝には平日の3倍のスワップポイントが反映される

MT4表示時間で金曜日から土曜日に変わるタイミングだけ、3倍のスワップポイントが反映される。
日本時間に直すと以下の通りだ。

  • 夏時間
    →土曜日の朝の5時59分から6時
  • 冬時間
    →土曜日の朝6時59分から7時

週末は取引時間外なので、金曜日にポジションを持ち越すと自動的に土日もポジションを持ち越すことになる。
土日はシステムが休止しているので、土日分のスワップポイントが土曜日の朝にまとめて加算される仕組みだ。

FXの取引時間に関係なく、スワップポイントは毎月30日分ないし、31日分受け取ることができる。

GEMFOREXのスワップポイントは気を付けるところはあるが試して損はない

GEMFOREXのスワップポイントは気を付けるところはあるが、公式ページで認められていて月利8%超えを狙える手法なので試して損はない。

ちなみに「なぜノーリスクで顧客が稼げる環境を提供しているのか」GEMFOREXに聞いてみたところ、やましい考えはなくシンプルに「自社のことを知ってくれるきっかけになってくれれば」とのこと。

GEMFOREXはプロモーションのために豪華なボーナスに力を入れているが、それでも飽き足らず別の切り口でも集客を目論んでいるようだ。
(管理人はこれを聞いた時、他社と差別化された独自のプロモーション戦略だな、と感心した。)

GEMFOREXの口座開設はこちらから

SNSでもご購読できます。