GEMFOREX(ゲムフォレックス)で口座凍結・口座休眠される理由は?禁止事項と対処法を解説

GEMFOREX(ゲムフォレックス)で口座凍結・口座休眠される理由は?禁止事項と対処法を解説

本記事では、GEMFOREXの口座凍結が実行される理由や対処方法を解説していく。

GEMFOREXで口座凍結されるデメリットは以下の通り

  • トレード自体が行えない
  • 入出金機能が停止する
  • 口座維持手数料がかかる
  • 口座のボーナスが取り消される

上記の通りトレードできなくなる上に口座維持手数料まで徴収されるため、できる限り避けたいところだ。

本記事では、GEMFOREXの口座凍結が実行される理由や対処方法を解説していく。

正しい知識を身につければ海外FXの中でもトップクラスに使いやすいので、最後まで一読してみてほしい。

GEMFOREXの無料口座開設はこちら

関連記事:GEMFOREX(ゲムフォレックス)の評判は怪しい?14の特徴と7つの注意点を解説

GEMFOREX(ゲムフォレックス)で口座凍結される理由

GEMFOREXで口座凍結される理由は、「規約違反」と「休眠認定」だ。

GEMFOREXでは、トレーダーの公正な環境を守るための利用規約を設けており、1つでも違反すれば口座が凍結される。

通常通りトレードしていればほとんど気にする必要はないが、あらかじめ具体的に把握しておいた方が良いだろう。

ここではそれぞれの条件をより具体的に解説していく。

 icon-hand-o-right GEMFOREXで口座凍結される理由
  • 個人情報の虚偽申告
  • 複数口座間での両建て
  • 事前申請をせずに10Lot以上をトレード
  • 経済指標発表前後だけを狙ったトレード
  • 過度な頻度のスキャルピングトレード
  • ボーナスだけを用いた悪質なトレード
  • 他人に取引口座を貸与
  • 休眠口座として認定される

個人情報の虚偽申告

GEMFOREXの利用規約では、個人情報の虚偽申告を明確に禁止している。

海外FX業者は国内のようにマイナンバーカードを提出する義務はないが、もちろんアカウント情報は正確に登録しなければならない。

実際のところ免許証をアップロードした時点で簡単にバレるため、どちらかといえば複数アカウントでボーナスを得ようとする違法業者の防止措置といえる。

複数口座間での両建て

GEMFOREXは複数口座間、あるいは業者間での両建て行為を禁止している。

両建てとは売り買いを同時に行う行為であり、強い価格変動の際に「一方がロスカットされても片方は爆益確定」という極めて勝率の高い手法だ。

海外FX業者からしてみれば、自社が追証を肩代わりする「ゼロカットシステム」を悪用されることに他ならないだろう。

参考までに1つの口座内での両建ては制限されていないため、正しく理解した上で活用してみてほしい。

事前申請をせずに10Lot以上をトレード

GEMFOREXで往復10Lot以上の大口トレードを行う際は、あらかじめサポートデスクに連絡しなければ凍結対象になる可能性がある。

少額投資で始めたばかりのうちは気にする必要はないが、GEMFOREXの1,000倍レバレッジならある程度利益が乗れば十分あり得る

知らずにエントリーすると突然口座が使えなくなってしまうため、きちんと想定しながら運用した方が良いだろう。

経済指標発表前後だけを狙ったトレード

GEMFOREXはトレーダー全体の平等且つ平均的な運用を推奨しており、価格変動の大きい指標発表前後だけを狙う口座は凍結される。

たとえば米国の雇用統計などは数百pipsが動くことも多く、ロスカット覚悟のハイレバトレードなら一瞬で大金が手に入る可能性もあるだろう。

一見するとかなり魅力的だが、口座凍結に加えて口座資金をすべて失うリスクもあるため基本的におすすめはしない。

過度な頻度のスキャルピングトレード

GEMFOREXではスキャルピング自体を禁止していない一方、10Lot以上の大口取引システムトレードを利用した過度な高頻度売買は凍結対象になり得る。

特殊なツールなどを用いず通常通りにスキャルピングしている限りは問題ないが、念のため把握しておくに越したことはないだろう。

ボーナスだけを用いた悪質なトレード

口座開設や入金ボーナスはGEMFOREXの大きな魅力だが、あまりに露骨なボーナスの悪用トレードは凍結対象だ。

具体的には身分を偽って大量の口座を作り、5万円ずつ入金して経済指標発表時のみハイレバエントリーする行為が該当する。

そこまであからさまではなくとも、ロスカット覚悟の大口エントリーを何度も繰り返せば当然疑いの目を向けられるだろう。

一般的な運用を心掛ければほとんどのトレーダーは当てはまらないため、誠実な取引を徹底してほしい。

他人に取引口座を貸与

GEMFOREXに限らず、FX業界では取引口座を第三者に預けてトレードさせる行為を禁止しており、もちろん凍結対象になる。

同じく誰かの口座を借りるのも規約違反であり、GEMFOREXのきめ細かい運営体制を考慮すればほぼバレるものと思った方が良いだろう。

参考までにプロトレーダーに資金を預ける「MAM」などは正式に届け出ているため問題ない。

休眠口座として認定される

GEMFOREXの取引口座は、以下の取引が365日間一切行われないと休眠扱い(口座凍結)とされる。

  • FXトレード
  • 入出金、口座間の振替
  • マイページへのログイン

もし休眠を避けたいのなら定期的にログインしておけば問題ないが、利用予定がない場合は口座資金を抜いておくのもおすすめだ。

複数業者を併用している方は「いつの間にか対象になっている」ケースもあるため、きちんと把握しておいてほしい。

90日間トレードしないと口座維持手数料が発生

GEMFOREXで90日間トレード実績がない場合、1,500円の口座維持手数料が口座残高から差し引かれる。

先ほど触れた365日経過後の口座凍結とは別の規定となるため、こちらも十分注意した方が良いだろう。

その他の利用規約に関しては以下の通り記述されているので、事前に読んでおくのがおすすめだ。

1.実在しない利用者として利用者登録する行為
2.口座名義人以外の者が利用する行為
3.1つの口座を複数名で利用する行為
4.利用者登録の際、申告事項に虚偽の記載・誤記・または意図して記入漏れの状態で登録する行為
5.ひとつの登録種別につき、同一人物がアカウントを2つ以上持つ行為(ただし当社が特別に認めた場合を除く)
6.故意・過失に関わらず、当社の営業を妨害する行為
7.当社及び委託先企業の著作権その他の権利を侵害する行為
8.当社または第三者を中傷し名誉を傷つけ、不利益をもたらす行為
9.著作権等の知的財産権、肖像権等の人格権、その他法律上の権利ないし保護に値する権利の侵害、あるいは関連する法規に違反する行為
10.第三者のプライバシーを侵害する行為
11.違法または疑わしい活動をする行為
12.当社判断で不適切とみなすトレード行為
13.2つの業者(または複数業者)に入金して、両建て取引する行為(同通貨ペア、相関性の高い通貨ペアも含みます)
14.当社複数口座で両建て取引する行為(同通貨ペア、相関性の高い通貨ペアも含みます)
15.第3者同士が同じタイミングで入金やトレードを繰り返し、同じタイミングで出金する行為
16.提供サービスやシステムの盲点を狙った悪質とみなす取引
17.経済指標時、アメリカ雇用統計発表時ならびに政府や中央銀行介入など相場が急激に変動するタイミングのみを狙った悪質とみなす取引。
18.事前連絡なしで大きなロット数での取引
19.虚偽の連絡先または第三者の連絡先で登録する行為
20.消費者の判断に誤解を与える行為、または消費者の判断から好ましくないと当社が判断する行為
21.準禁治産者、禁治産者のいずれかであり、申込の際に法定代理人の同意等を得ずに登録する行為
22.18歳未満であるのに利用者として登録する行為
23.反社会行為、法令違反行為及び弊社が適宜禁止する行為
24.反社会勢力者、前科者、法令違反者及び弊社が適宜禁止とする者が利用者として登録する行為
引用:GEMFOREX利用規約

GEMFOREX(ゲムフォレックス)で口座凍結された時の対処法

ここからは、GEMFOREXで口座凍結された時の対処法を「規約違反」と「休眠」に分けて解説する。

万が一自分が対象となった場合に備えて、ぜひ参考にしてほしい。

休眠口座扱いの対処方法

長期間取引がなかった場合の口座凍結は、GEMFOREXのサポートデスクへ連絡すれば解除してもらえる。

具体的には公式サイトからマイページにアクセスし、右上の「開設・入金・サポート」をクリックする。

GEMFOREXの口座凍結画面

次に「お問合せ」に進んで以下のフォームに内容を入力していく。

GEMFOREXのお問い合わせ画面

  • お問合せ内容:その他(ご意見・ご要望)
  • 会員種別:ユーザー
  • お問合せ内容:口座凍結された経緯と解除を希望する旨を記載

その他のメールアドレスや利用デバイスといった項目については、現状に基づいて入力すれば問題ない。

解除されるまでには数日以上かかるケースも多いが、比較的簡単な手続きで済むため初心者でもスムーズに進められるだろう。

休眠口座からの出金は可能

休眠口座は特定の規約に違反したわけではないため、口座残高の出金は問題なく行える。

将来的にGEMFOREXを利用する予定がない場合は、全額出金して別のFX業者へ移すのもおすすめだ。

90日間トレードがないと1,500円の維持手数料がかかることから、それまでに済ませておくと無駄がない。

規約違反で口座凍結された時の対処方法

結論として、明らかな規約違反で凍結された口座を復活させる方法は存在しない。

GEMFOREX独自の判断で実行されるため抗議すれば覆せる保証もないが、まったく身に覚えがない場合は解除できる可能性がある。

もし故意的な違反でない場合は、先ほど触れた問合せ方法と同じ手順で連絡すると良いだろう。

参考までに規約違反の凍結では口座残高についてもロックされる。損失を被らないように最大限注意してほしい。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の口座凍結を回避するためのポイント3つ

次は、口座凍結を回避するためのポイントを3つ解説する。

  • 定期的なログイン
  • 10Lotを超えそうな時は事前連絡
  • 保有口座のポジションをきちんと管理する

継続的にGEMFOREXを利用したい方は、きちんと把握しておこう。

定期的なログイン

トレード自体を行わずとも、定期的にログインだけしておけば口座は凍結されない。

90日間トレードしなければ口座維持手数料が発生する点には注意が必要だが、口座残高を抜いておけば損失がでることはないだろう。

いつでもGEMFOREXを使えるように、月に一回程度のペースでログインするのがおすすめだ。

10Lotを超えそうな時は事前連絡

上手く資産が増えて取引数量が10Lotを超えそうな時は、必ずお問合せフォームから事前に連絡をしなければならない。

手順としては口座凍結の解除依頼と変わらず、「お問合せ内容」の欄に大口取引を行う旨を記載するだけだ。

チャンス相場ではつい勢いでエントリーしそうだが、口座凍結を回避するためにも忘れずに申請しておこう。

儲かりすぎで口座凍結されることはない

GEMFOREXには様々な利用規約が設けられているが、儲かりすぎで口座凍結される心配はない。

実際のところFX業者の中には顧客の利益が損失となる「利益相半」のノミ業者も多く、出金額が多いと拒否される事例もある。

GEMFOREXのユーザーから出金拒否などの口コミは挙がっていないため、ダイナミックなボーナスを使って思う存分稼ぐことが可能だ。

保有口座のポジションをきちんと管理する

GEMFOREXの両建て禁止の規約を守るには、保有口座のポジションをきちんと管理する必要がある。

特に複数口座を同時に運用している場合は、口座Aで買って口座Bで売りポジションを持ってしまう可能性もゼロではない。

悪気なく行っても禁止行為と認定されればそれまでなので、こまめにチェックして口座の稼働状況を把握するのがおすすめだ。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の口座凍結を回避して効率的に資産を運用

GEMFOREXでは365日間利用実績がない、あるいは利用規約に違反すると即口座が凍結されてしまう。

口座維持手数料や機会損失のリスクがある一方、休眠扱いならサポートへ依頼すれば解除してもらえる。

通常のトレードをしていれば基本的には規約違反にもならないため、日頃からフェアな運用を心掛けると良いだろう。

最大1,000倍レバレッジに無料EAと多彩な魅力を備えたGEMFOREXで口座開設して、ぜひ効率的に資産を増やしてほしい。

GEMFOREXの無料口座開設はこちら

SNSでもご購読できます。