GEMFOREXの両建て取引ルール!おすすめ手法や禁止取引まで解説

GEMFOREXの両建て取引ルールまとめ!おすすめ手法や禁止取引まで解説のアイキャッチ

    本記事ではGEMFOREXの両建て取引のルールについてまとめている。

    GEMFOREXでの両建て取引のあらゆるルールが理解できるように作成しているため、両建て取引に興味がある方は参考にしてほしい。

    GEMFOREXの口座開設はこちらから

    そもそも両建て取引とは

    両建てとは「同じ通貨ペアで”売り(ショート)”と”買い(ロング)”の両方のポジションを持つトレード」のこと。

    例として「USD/JPY」の通貨ペアで両建てする場合は、

    • 1ドル110円のとき売りポジション
    • 1ドル109円のとき買いポジション

    上記のように同じ通貨ペアで売りと買いのポジションを持つと、両建て取引の形となる。

    【両建て取引の具体例】

    USD/JPY(ドル円)にて、1ドル100円で1lotのロングエントリー後に、1ドル105円になったタイミングで1lotのショートエントリー。

    その後に、1ドル110円まで値動きがあった場合。

    ■ロングエントリー

    • 1ドル105円のとき
      →5円分の含み益
    • 1ドル110円のとき
      →10円分の含み益

    ■ショートポジション

    • 1ドル105円のとき
      →評価損益なし
    • 1ドル110円のとき
      →5円分の含み損

    上の両建て例を見ると、両ポジションの評価損益は値動きに関わらずポジションを持ったタイミングの5円分の含み益から変動しないことがわかる。

    両建てでは、売りと買いで同lotのポジションを持つと、両建て開始時の評価損益は変動しない。

    この特性を生かして、ポジションを決済せずに評価損益(含み益・含み損)を固定したい場合に両建て取引は用いられることが多い。

    GEMFOREXは同一口座内の両建てのみOK

    GEMFOREXでは同一口座内での両建て取引は認められている。

    しかし複数口座間での両建て取引や業者を跨ぐ形での両建て取引は認められていないので気を付けよう。

    GEMFOREXで両建てするメリット

    スワップポイント狙いの両建てでコツコツ健全に稼げる

    GEMFOREXでは同一口座内での両建てが認められていると上で述べたが、これを利用したスワップ狙いの取引で堅く稼ぐことができる。

    手法はいたってシンプルで、売りと買いどちらのポジションでもスワップポイントがプラスの通貨ペアを両建てするだけ。
    両建てすることで相場変動のリスクを背負うことなく、スワップポイントで稼げる。

    ちなみに両建てを利用したスワップ稼ぎは公式で推奨されているので、罰せられることは一切ない。

    GEMFOREX両建て取引の評価損益シミュレーション

    実際に売りと買いどちらもプラスのスワップポイントかつ、一番スワップポイントが高いUSD/HKDの通貨ペアの両建てでどれくらい稼げるかシミュレーションしてみたので参考にしてほしい。

    【前提条件】

    • 口座レバレッジは1000倍
    • 証拠金維持率20%以下で強制ロスカット
    • 証拠金は50万円
    • USD/JPYロングのスワップポイントは0.21300
    • USD/JPYショートのスワップポイントは0.28700
    • USD/JPYのスプレッドは平均となる1.2pips
    • 1ドル110円時にエントリー

    最大レバレッジ1,000倍なため、証拠金50万円であれば最大で約500万通貨(1億円分)ポジれる。
    ただし両建てする必要があるため、実際に持てるポジションは「USD/JPYショート25ロット、USD/JPYロング25ロット」。
    (スプレッドは合計2.4pipsなため、エントリー時の支払いは合計で約12,000円。証拠金が50万円かつ証拠金維持率は20%以上なので強制決済はされない。)

    【1日で稼げるスワップポイント】

    • USD/JPYショート25ロット
      →約625円
    • USD/JPYロング25ロット
      →約788円

    →合計約1,413円のスワップポイントが毎日受け取れる。

    【1カ月で稼げるスワップポイント】

    約1,413円×30日=約42,390円

    →証拠金は50万円のため月利約8.5%
    (スプレッド支払い分は、8日目以降で回収。証拠金分は約1年で回収できる。)

    ポジションを決済せずにトレンド動向を追える

    両建て取引では、ポジション持ちながら相場のトレンドを見れるというメリットがある。

    これは評価損益が変動しない両建て取引ならではだ。

    【例】

    ■保有中のポジションで含み損が発生している場合

    ドル円のショートで含み損が発生しているが、今後トレンドが逆転してプラスなりそうだとする。

    このタイミングでドル円のロングでポジションを取れば、現在のドル円ショートの含み損を拡大させることなくポジションを保有しておける。

    後にトレンドの転換が発生すれば、ドル円ロングのポジションを決済すればOK。
    保有していたドル円ショートでトレンド転換の恩恵を受けて、含み損を含み益に持っていける可能性がある。

    ■保有中のポジションで含み益が発生している場合

    ドル円のロングで含み益が発生しているが、レンジ相場に突入して、今後どちらに転ぶかわからないタイミングだとする。

    ドル円のショートでポジションを取れば、含み益をキープしつつ次のトレンドを待つことができる。

    • 上昇トレンドになった
      →ドル円ショートを決済して、ロングポジションをそのままキープして含み益を拡大。
    • レンジ相場を抜けないor下降トレンドになった
      →ロングポジションとショートポジションを同時決済してキープしていた含み益を利確。

    GEMFOREXで禁止されている両建て取引

    上で軽く触れたが、GEMFOREXで認められている両建ては”同一口座内での両建て”のみ。

    GEMFOREXで禁止されている両建てをしてしまうと、いくら利益を出そうが、利益取消や没収といった処分を受けることにばってしまう。

    禁止されている両建て取引については、利用規約にも記載されているため、知らぬ存ぜぬは通用しない。
    抵触してしまわないよう、事前にどのような両建てが禁止取引にあたるのか覚えておこう。

    複数口座間での両建て取引

    GEMFOREXでは複数口座の開設可能だが、複数口座間での両建ては禁止されている。

    【複数口座間での両建て取引例】

    GEMFOREXでオールインワン口座とノースプレッド口座を開設。

    • オールインワン口座でUSD/JPYをショートエントリー
    • ノースプレッド口座でUSD/JPYをロングエントリー

    2つの口座を跨ぐ形で両建て取引しているので禁止取引に該当する。

    複数口座を開設して運用している方は、意図せず両口座間で両建ての形にならないよう注意して取引してほしい。

    別のFX業者を利用した両建て取引

    GEMFOREXとその他の海外FX口座を利用した両建て取引は禁止取引に該当する。

    【GEMFOREXとその他海外FX口座間での両建て例】

    GEMFOREXと海外FX業者Aの口座を所持している。

    • GEMFOREXでUSD/JPYのショートエントリー
    • 海外FX業者AでUSD/JPYのロングエントリー

    業者を跨いだ両建て取引になっているためNG。

    複数の業者を口座開設して利用している方は、意図せず業者を跨いだ両建ての形になりやすいので注意だ。

    グループ内での両建て取引

    1人で両建てしなくとも、複数人で手を組んだグループで両建てするのも禁止されている。

    【グループでの両建て取引例】

    AさんとBさんが手を組んで、どちらもGEMFOREXで口座開設。

    • AさんがGEMFOREXでUSD/JPYをショートエントリー
    • BさんがGEMFOREXでUSD/JPYをロングエントリー

    個人では両建ての形になっていないものの、グループ内で両建ての形となっているためNG。

    GEMFOREXではないが、過去に別の海外FX業者でこの手法で利益を出していたグループが利益取消処分を受けた例もある。

    IP情報や業者間の情報共有等で、グループ内での両建てもバレてしまうのでやめておこう。

    ゼロカットシステムを悪用する形での両建て取引

    GEMFOREXではゼロカットシステムを悪用する形で両建てをするのもNG。

    例えばゼロカットシステムの悪用方法の1つとして窓開けトレードと呼ばれるものが存在する。

    【例】

    GEMFOREXと海外FX業者Aの口座を開設。
    各口座に10万円を入金した後、以下の両建てを行ったとする。

    • GEMFOREXでドル円1lot(10万通貨)ロングポジション
    • 海外FX業者Aでドル円1lot(10万通貨)ショートポジション

    この両建てポジションを金曜のクローズでも決済せずに保有し続けて、週明けに100pipsの窓が開いたとする。

    すると、

    • GEMFOREX口座:10万通貨×200pipsで20万円の損失
    • 海外FX業者Aの口座:10万通貨×200pipsで20万円の利益

    結果だけ見るとプラスマイナスゼロに見えるが、GEMFOREXのほうはマイナス残高となりゼロカットが執行されるため、実質的なマイナスは口座残高の10万円のみ。

    海外FX業者Aの口座は20万円プラスのため、合計するとトレーダーは10万円の利益を得たことになる。

    トレーダーはゼロカットでノーリスクで稼げるが、反面GEMFOREXはゼロカットでマイナス分の10万円を補填しなければならないため損していることになる。

    GEMFOREXに限った話ではないが、このようなゼロカットを利用した両建てで稼ぐのはあらゆる業者で禁止されている。

    GEMFOREXで両建て取引する際の注意点

    証拠金・スプレッド・スワップポイントが2倍かかる

    GEMFOREXの両建てでは、証拠金・スプレッド・スワップポイントは2ポジション分発生する。

    他業者では証拠金は相殺される場合もあるが、GEMFOREXでは相殺されないので注意しよう。

    両建て取引を解消する場合は同時決済が鉄則

    ロングポジション・ショートポジション両方とも決済したい場合は”同時決済”するようにしよう。

    MT4で同時決済する方法はめちゃめちゃカンタン。

    1. MT4で両建てしている通貨ペアの注文画面を開く
    2. “注文種別”を”両建て解除”へ変更する

    この方法で両建てしているポジションの同時決済が可能だ。

    個別に決済してしまうと、決済のわずかな時間差で含み益の減少や含み損の拡大が起きる可能性もあるのでオススメしない。

    片方のポジションのみ決済する場合は証拠金維持率の減少に注意

    両建てしているポジションの片方だけを決済する場合は注意。

    「両建て解消=相殺されていた必要証拠金が発生する」ということなので、証拠金維持率が下がってしまう。
    最悪両建てを解消した瞬間にロスカットされる可能性もある。

    両建てポジションの片方だけ決済したい場合は、現在の証拠金維持率の確認を忘れずにしよう。

    以上がGEMFOREXで両建て取引する際に知っておいてほしいルールのすべてとなる。

    GEMFOREXでは同一口座内でのみ両建て取引OK。
    両建ては難しいというイメージがあった方もいるかもしれないが、うまく取り入れれば損失を抑えつつ、利益を伸ばすことができる。

    特に両建てを利用したスワップ狙いはかなりオススメ。
    リスクを最小限に抑えつつ堅実に稼げる。

    現在GEMFOREXでは口座開設ボーナス20,000円を開催しているため、その分だけでもチャレンジしてみるのがオススメだ。

    GEMFOREXの口座開設はこちらから

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *