FX Beyond(fxビヨンド)の口コミ評判からわかる10の強みと8つの弱み。利用時の注意点も徹底解説

FX Beyond(fxビヨンド)の口コミ評判からわかる10の強みと8つの弱み。利用時の注意点も徹底解説

FX Beyondは業界最高水準の1,111倍レバレッジ追証不要のゼロカットシステムを搭載しており、法定通貨を含む5種類の銘柄が取引できる。

「FX Beyondの強みを知りたい」「具体的な評判が分からない」

FX Beyondを検討している方は、そんな悩みを持つこともあるだろう。

FX Beyondは以下のような特徴を持っており、6種類の銘柄と高機能分析ツールで多角的な資産運用が行える。

  • 複数項目の検証とSNS連携機能を搭載した分析ツールが利用できる
  • 1,111倍レバレッジでダイナミックな取引が行える
  • 少ない情報で口座が開設できる
  • 出金申請から最短1日で着金する
  • サポートチームが日本語に対応している

今回はFX Beyondの口コミ評判からわかる強みと弱み、利用時に押さえておくべきポイントについても解説していく。

ダイナミックなレバレッジ第三者目線から分析できる高精度ツールで効率的に運用したい方は、ぜひ本記事を参考にしてほしい。

FXBeyondの公式サイトはこちら

FXBeyondの特徴であるハイレバレッジな取引環境は、海外FX業者全体の特徴として挙げられる。

以下記事では海外FX歴10年以上の管理人が忖度なしにおすすめできる業者を比較・ランキング化しているため、ぜひ目を通してほしい。

>>FX歴10年の私が選ぶ!海外FX業者13選

本ページの記載事項一覧

FX Beyond(fx ビヨンド)とは

FX Beyondは以下の特徴を備えたFX会社であり、まだ実績が浅いながらも多くのトレーダーから活用されている。

  • 2021年にFXサービスをローンチした
  • パナマの金融ライセンスを保有している
  • 顧客資産を区別する分別管理で安全性が高い

ここからは、それぞれ詳しく解説を行う。

2021年にFXサービスをローンチした

FX Beyondは2021年3月からサービスを提供している実績の若いFX会社だ。

XMやFXDDといった老舗がひしめく中でのデビューは一見すると厳しいように思われたが、巣篭り需要が拡大し始めたタイミングでのローンチは結果的に功を奏したといえる。

2022年1月現在で既に多くのトレーダーを獲得しており、今後のさらなる発展が見込まれている有望な新興ブローカーである。

パナマの金融ライセンスを保有している

FX Beyondはパナマ共和国のAVISOライセンスを取得しており、海外FXを選定する上で重要な運営の信頼性もきちんと押さえている。

参考までにAVISOは知名度の高いFCA(イギリス)と比べれば審査基準が緩い印象だが、多くの業者が保有するFSA(セーシェル)やIFSC(ベリーズ)と取得難易度は同程度だ。

もちろんライセンス情報に関しても公式サイトに掲載されているため、気になる方はぜひチェックしてみてほしい。

顧客資産を区別する分別管理で安全性が高い

FX Beyondは顧客からの預かり資産を分けて保管する分別管理を実施しているため、万が一倒産しても口座残高が返還される可能性が高い。

日本の金融庁が義務付けている信託保全は自社口座ではなく信託銀行へ預託することからより安全といえるが、海外FXの水準なら十分なリスクヘッジになるだろう。

詐欺まがいの業者も少なくないことを考慮すれば、FX Beyondは一定以上の透明性とトレーダーへの心配りが感じられるFX会社だ。

FXBeyondの公式サイトはこちら

FX Beyond(fx ビヨンド)を利用しているトレーダーの3つの良い口コミ評判

ここからは、FX Beyondを実際に利用しているトレーダーが挙げている3つの良い口コミ評判を解説していく。

  • 出金申請から約1時間で着金した
  • 追証なしで安心して取引できる
  • サポート対応が早い

FX会社を選定する際は有力な判断材料となるため、ぜひ参考にしてほしい。

出金申請から約1時間で着金した

一般的な海外FXでは申請から着金までに1週間程度かかるケースも多いが、FX Beyondはわずか1時間ほどで振り込まれたという評判が挙がっている。

入出金ともに比較的スピーディーな国内FX並みの水準であり、トレーダーにとっては大変利便性の高いポイントといえるだろう。

手早く資金が移行できれば他の商品にもテンポ良くチャレンジが可能となるため、投資全体の回転率向上に役立つ持ち味だ。

追証なしで安心して取引できる

FX Beyondは海外FX特有のゼロカットシステムを導入しており、多額の損失に繋がり得る追証を負担する必要がない。

取引のスキルが十分でない初心者には特に安全性の高い環境であり、ハイレバ取引と相性が良い点も魅力的だ。

もちろんボラティリティの高い仮想通貨や指数といったCFD銘柄でも適用されるため、安全性を活かして多角的な投資を行いたい方はぜひ活用してほしい。

サポート対応が早い

FX Beyondはサポートチームの対応スピードに関しても良い評判を獲得しているため、取引ツールや入出金手続きのトラブルもすぐに解決してくれる。

特にFX取引の経験がない方にとっては利便性が高く、安心して資産運用に打ち込めるFX会社といえる。

肝心のサポートスタッフも当然日本語ネイティブであり、細かなニュアンスもスムーズに汲み取ってもらえるだろう。

FXBeyondの公式サイトはこちら

FX Beyond(fx ビヨンド)を利用しているトレーダーの3つの悪い口コミ評判

FX Beyondの良い評判が把握できたところで、ここからは以下3つの悪い口コミ評判についても解説していく。

  • クレジットカード入金の対応ブランドが少ない
  • 質問内容によってサポートからの連絡が遅いケースがある 
  • スリッページの頻度が多い 

いずれも効率的な運用においては重要なポイントであるため、きちんと押さえておいてほしい。

クレジットカード入金の対応ブランドが少ない

FX Beyondは2022年1月時点でVISAとMastercardにしか対応しておらず、即時反映のJCBやAMEXなどでは入金できない仕様だ。

クレジットカードは手軽に発行しづらいだけに、口座開設を検討する上ではあらかじめ手持ちの国際ブランドを確認しておいた方が良いだろう。

もし利用可能なカードを持っていない場合は、銀行送金かオンラインウォレットを検討してほしい。

サポートからの連絡が遅いケースもある

スピーディーなサポート対応が評判のFX Beyondだが、タイミング次第では10日以上返答がないケースもあるようだ。

具体的な問合せの手段は専用フォームからのメールのみであることから、他の件に埋もれてチェックしてもらえない可能性も考えられる。

本来は数日程度で対応してもらえるため、あまりに遅いと感じる場合は再度連絡してみるのがおすすめである。

スリッページの頻度が多い

FX Beyondでのスマホ取引は保有ポジションに対して不利なスリッページの頻度が高く、悪い評判に繋がっている。

参考までにスリッページとはトレーダーの発注と実際の約定価格がズレる現象を指しており、レート変動に対してFX会社の処理が追いつかないことが主な原因とされる。

具体的な損失は0.3~0.5pipsと比較的小規模だが、利幅を狭く取るスキャルピングをメインにしている方には大きなデメリットといえるだろう。

FX Beyond(fx ビヨンド)の10の強み

次は新進気鋭のFX Beyondが持つ10の強みを確認していきたいと思う。

利益を積み重ねて資産を形成するには持ち味の把握も重要であるため、現在検討している方はぜひ参考にしてほしい。

出金スピードが早い

先ほど触れた通りFX Beyondは申請からわずか1時間程度で着金した実績を持っており、海外FXの中では格段に出金スピードが早い強みがある。

その他にも手続きの翌日には自身の口座に振り込まれていたという口コミがあるため、一時的ではなく通常のパフォーマンスであることが分かる。

当然土日を挟んだ場合はその分遅れる可能性もあるが、努力して得た利益が手早く現金化できる環境はモチベーションの維持にも繋がるだろう。

追証不要で1111倍レバレッジが利用可能

FX beyondは追証不要のゼロカットシステムだけでなく、1,111倍ものレバレッジを提供している。

人気海外FXのXMでも888倍、FXDDは200倍であることを考慮すれば破格の水準といえるだろう。

追証による損失を気にせず少額でハイレバ取引が行えることから、収益性を求めるトレーダーには特にメリットの大きいポイントだ。

10の機能を搭載した分析ツールを提供している

FX Beyondのプラットフォームでは以下10種類の機能を搭載した独自分析ツールが利用可能であり、自身の取引データを簡単な操作で検証できる。

  • 通貨ペア別勝率
  • 利益金額比率
  • 獲得pips数
  • 平均獲得pips数
  • Buy/Sellトレード損益
  • 取引回数
  • ポジション保有時間
  • 損失金額比率
  • 勝敗比率
  • 上記データのTwitterシェア機能

いずれも手計算で算出するには大変な労力が必要である一方、より精度やスキルを高めるには重要なポイントである。

特にTwitterの成績シェア機能は他のトレーダーと評価し合うことで第三者目線の見解が得られるため、積極的に活用してほしいサービスだ。

法定通貨と5種類のCFD銘柄を取り扱っている

FX Beyondでは約30種類の法定通貨ペアに加えて、以下4種類のCFD銘柄も取り扱っている。

銘柄 具体的な商品
法定通貨 ドル円・ユーロ円・ユーロドルなど約30種類
エネルギー・貴金属 ゴールド・原油など3種類
暗号通貨(仮想通貨) ビットコイン・イーサリアム・ライトコイン・リップル 計4種類(すべて対USD)
株価指数 USA30・NAS100・JPN225 計3種類
株式 Amazon・AMEX・VISA・Appleなど9種類

CFD(差金決済)であるため実際に株式や仮想通貨が手に入るわけではないが、原油や資源国通貨などで相関取引が行える点は魅力的だ。

AMEXなどの国際ブランド株を扱うFX会社はあまり存在しないため、比較的二ッチな相場にチャレンジしたい方にもおすすめといえる。

クイック口座開設で手早く始められる

FX Beyondはクイック口座開設を採用しているため、メールアドレスや氏名といった最低限の情報を入力すれば即座にトレードが始められる。

実際のところ他社では本人確認などで数日程度の日数がかかるケースもあることから、チャンスが発生している相場へシームレスに飛び込める強みだ。

銀行入金に関しては特段の制限は設けられていないが、クレジットカード入金は本人確認が必要となる点には注意してほしい。

FX Beyondの口座開設について詳しく見る

公式サイトとTwitterで日本語サポートが受けられる

FX Beyondは公式サイトに加えてTwitterからも問い合わせを受け付けており、完全日本語対応でトレーダーの不明点を的確に解決してくれる。

質問したその場で回答が得られる電話やチャットには対応していないが、専用フォームを利用すれば初めてでも簡単に質問できる点も魅力だ。

海外FXでありながら、きちんと日本人トレーダーを意識している強みといえるだろう。

トレードスタイルにあわせて3つの口座タイプが選べる

FX Byondは取引条件が異なる以下3種類の口座タイプを設けており、幅広いトレードスタイルがカバーできる強みがある。

スタンダード ゼロスプレッド プロ
平均スプレッド 1.5pips~ 0.1pips~ 0.0pips~
取引手数料 なし なし
(決済後にスタンダード口座と同じスプレッドが差し引かれる)
なし
最大レバレッジ 1,111倍 500倍 500倍
最低入金額 5,001円~ 5,001円~ 5,001円~
取引ツール MT4 MT4 MT4

ゼロスプレッド口座に関しては後からスプレッド相当分の手数料が発生する一方、プロ口座はスキャルピングにも特化した低コストな条件である。

スタンダード口座ならレバレッジをかけてダイナミックな運用も行えるため、自身の目的にあわせて切り替えてみてほしい。

高機能ツールのMT4に対応している

FX Beyondが採用しているMT4は、数十種類のテクニカルチャートや初心者にも分かりやすい操作性を兼ね備えた高機能取引ツールだ。

WindowsとMacの両方で利用できるだけでなくスマホアプリもリリースされているため、シーンを選ばず効率的な運用が可能である。

あらかじめ設定したロジックに基づいて自動取引を行うEA(Expert Adviser)にも対応しており、多彩な投資スタイルに寄与するプラットフォームといえる。

NDD方式で取引の透明性が高い

NDD(Non Dealing Desk)方式を採用しているFX Beyondは取引の透明性が高く、トレーダーは注文操作が発生しないフェアな環境で運用できる。

参考までにNDD方式はFX会社のディーラーを介さずに直接インターバンクへ注文を通す仕組みである。

反対にディーラーを介するDD(Dealing Desk)方式はトレーダーの利益が業者の損失となるため、あえてスリッページを引き起こす事例も散見される。

少しでも優位性を持って取引したい場合は、ぜひ利用してほしいFX会社だ。

ロスカット水準が20%に引き下げられた

FX Beyondのロスカット水準は従来50%と比較的高く設定されていたが、2022年1月10日の規約改定を持って20%にまで引き下げられた。

実際のところロスカットまでの余力がなければ少しの価格変動で強制決済が執行されてしまうため、トレーダーにとっては有利となる改善だ。

1,111倍レバレッジやゼロカットシステムの効果をより高めるポイントであることから、FX Beyondの新たな強みとして把握しておくべきである。

FXBeyondの公式サイトはこちら

FX Beyond(fx ビヨンド)の8つの弱み

FX Beyondが持つ多彩な強みを解説したところで、ここからは同じく重要な弱みに注目していきたい。

実際に利用してから悩んでしまう初心者も多いため、ぜひ参考にしてほしい。

入金方法の選択肢が少ない

FX Beyondは大きく分けて以下3通りの入金方法を設けており、他社に比べると選択肢が少ない印象だ。

  • 銀行送金
  • クレジットカード(VISA、Mastercard)
  • オンラインウォレット(BitGo)

いずれも即日から2営業日中に着金する点は利便性が高い一方、オンラインウォレットの種類が少なく仮想通貨にも対応していない。

先ほど触れた通りVISAとMastercard以外の国際ブランドも利用できないため、口座を開設する際はあらかじめ注意した方が良いだろう。

実績がまだ浅い

FX Beyondは2021年3月にローンチしたばかりの新興FX会社であり、2022年1月現在の運営歴はまだ1年も経っていない。

ダイナミックなレバレッジやゼロカットシステムといった魅力は捨てがたいが、実績を重視するトレーダーは少々不安を感じるだろう。

迅速なサポート体制に加えてロスカット水準の引き下げといった顧客ファーストの姿勢が見受けられるため、現状だけでなく将来的な発展にも注目してみてほしい。

サポートへの問合せ方法が分かりにくい

サポートの対応自体は評判が高い一方、肝心の問合せ方法は少々分かりにくい仕様となっている。

具体的にはマイページの「よくある質問(FAQ)」に進むのだが、初見では質問集しか見つけられないかもしれない。

FXBeyond1

 

実はサポートスタッフへ連絡するには自身が知りたい問答に記載された「こちら」をクリックする必要があり、そこへ辿り着く案内は存在しないのだ。

FXBeyond2

 

中上級者はもちろん、不明点が発生しやすい初心者は特に押さえておいた方が良いだろう。

ボーナスキャンペーンが少なめ

FX Beyondのボーナスキャンペーンは基本的に不定期となっており、他社に比べると少ない印象だ。

海外FXといえば入金や新規口座開設でダイナミックなボーナスを付与するイメージがあるだけに、不利に感じてしまうトレーダーも少なくないだろう。

新規登録者向けの2万円ボーナスなどを開催していた実績はあるため、公式サイトかTwitterのアナウンスに注目してほしい。

レバレッジ規制が細かく設定されている

FX Beyondは海外FXの中でも高水準となる1,111倍のレバレッジを提供しているが、以下表の通り証拠金額によって引き下げられる点には注意してほしい。

証拠金額 レバレッジ
200万円未満 1111倍
200万円以上 200倍
500万円以上 100倍
1000万円以上 50倍

実際のところ資金が積み重なる前であればそこまで気にする必要はないが、中上級者にとっては収益性が著しく低下するデメリットといえる。

口座残高が500万円以上になれば本来の10分の1にまで縮小するため、適宜出金するなどして調整した方が良いだろう。

仮想通貨は対ドルでしか取引できない

FX Beyondを利用する上ではぜひ仮想通貨CFDにもチャレンジしたいところだが、現状は対ドルのペアしか提供されていない。

自動で換金されるため手続きの手間はない一方、対円ですら高いボラティリティがより一層激しくなる特徴を持っている。

一日で数千pipsが変動するケースもあることから、資産を減らさないためにも取引量を抑えるなどして十分に注意してほしい。

銘柄によって取引可能時間が異なる

ほとんどの海外FXは24時間稼働しているが、FX Beyondは次の通り銘柄ごとに取引可能時間が定められている。

取引銘柄 取引可能時間
法定通貨 1:05~24:55
貴金属・エネルギー 2:00~24:55
暗号通貨(仮想通貨) 1:05~24:55
株価指数 2:00~24:15

24:30~24:55

(JPN225のみ3:05~24:15)

株式 17:30~24:00

証券取引所が絡む株式CFDなどは致し方ない面もある一方、法定通貨と仮想通貨においては運用効率が低下する弱みといえる。

直前にポジションを持てば取引停止中の価格変動でロスカットとなるリスクもゼロではないため、あらかじめきちんと時間帯を把握しておいてほしい。

CFDの銘柄数自体は少ない

FX Beyondは全6種類もの豊富な銘柄を取り扱っているが、CFDの銘柄数自体はそこまで多くはない弱みがある。

指数と仮想通貨は各3銘柄しか選択肢がなく、株式に関しても9銘柄とCFDが取引できる他社に比べて低水準だ。

肝心の法定通貨は比較的十分なペアが揃っているため、FX Beyondでは通常のFX取引をメインに運用するのがおすすめといえる。

FX Beyond(fx ビヨンド)で押さえておくべき3つのポイント

ここからは、FX Beyondの口座を開設する前に押さえておくべき以下3つのポイントを解説する。

  • 入金は不定期のボーナスキャンペーンを狙う
  • 本人確認は早めに済ませておく
  • 最低20,000円から入金するのがおすすめ

いずれもFX Beyondの強みを活かすには重要であるため、きちんと把握しておいてほしい。

入金は不定期のボーナスキャンペーンを狙う

FX Beyondは過去に入金100%ボーナスキャンペーンなどを開催してきた実績があるため、できる限りタイミングを合わせるのがおすすめだ。

もちろん不定期であることからあまり待ち続けると機会損失に繋がってしまうが、50万円入金すれば100万円分もの取引が行える点は大きな魅力である。

公式サイトやTwitterを定期的にチェックしつつ、アナウンスがあった際は積極的に活用してほしい。

本人確認は早めに済ませておく

FX Beyondはメールアドレスなどを登録するだけで取引が始められる一方、本人確認手続きは早めに済ませておく必要がある。

銀行送金に関しては制限されていないためすぐに支障がでるわけではないが、口座を開設しただけではクレジットカード入金利益を出金することができないからだ。

いざという時に迅速な手続きが行えるよう、初心者は忘れずに実施した方が良いだろう。

最低20,000円から入金するのがおすすめ

FX Beyondでは少額入金に対して1,000円の手数料を設けているため、どの方法であっても最低2万円から入金するのがおすすめだ。

一見するとそこまで大きなコストには思えないが、長期的に回数を重ねれば数万円単位にまで膨れ上がる可能性もあるだろう。

最終的な利益の目減りにも繋がることから、FX Beyondを利用する上では特に押さえておきたいポイントといえる。

FXBeyondの公式サイトはこちら

FX Beyond(fxビヨンド)は初心者におすすめの評判が高いFX会社

FX Beyondは新興FX会社でありながら高い評判を獲得しており、業界最高水準の1,111倍レバレッジや迅速なサポート体制は初心者にもおすすめだ。

法定通貨を含む6種類の銘柄は多角的な投資が行えるだけでなく、10機能を搭載した分析ツールは他社にはない強みといえる。

クイック口座開設を導入しているため、最低限の手続きで思い立ったその日に取引が始められる点も大きな魅力だろう。

FX Byondでリスクヘッジしつつダイナミックに資産を形成したい方は、以下リンクをクリックしてFX Byondの口座開設から始めよう。

FXBeyondの口座開設はこちら

SNSでもご購読できます。