全15社!海外FX業者のスプレッドを比較【リアルタイムスプレッドあり】

海外FX業者のスプレッドを徹底比較

本記事は、低スプレッド×ハイレバでトレードを行いたいあなたのために、海外FX業者15社をスプレッドだけで比較・ランキングした。

前提知識として、海外FX業者の口座タイプには

  • STP・スタンダード口座
  • ECN・ゼロスプレッド口座(※1)

と大きくわけて2種類ある。
(※1,ゼロスプレッド口座は業者によって呼び方が変わる)

STP・スタンダード口座とは、国内FX業者と同様スプレッドに業者手数料が上乗せされている口座だ。

ECN・ゼロスプレッド口座とは、スプレッド0.0pips~で、手数料を1取引ごとに徴収する口座タイプである。

ゼロスプレッド口座の手数料計算の例

ドル円のスプレッドが0.1pips、1lot(10万通貨)当たりの取引手数料が5ドル(約500円)だとすると実質のトータルコストは

0.1pips+0.5pips(5ドル)=0.6pips

となる。

スプレッドに特化して考えると、業者や通貨によってスタンダード口座の方がスプレッドが優れている場合もあれば、ゼロスプレッド口座のほうが狭い場合もある。

そこで、当記事では、STP口座・ECN口座を合わせて比較・ランキングしている。

海外FX業者スプレッド徹底比較

我々日本人トレーダーが好んで取引する、通貨ペアを10種類選抜して比較した。

またこの表に載っているスプレッドは各業者の平均スプレッドだ。

比較した通貨一覧 全11通貨

  • ドル円
  • ユーロドル
  • ユーロ円
  • ポンド円
  • ポンドドル
  • オージー円
  • オージードル
  • ニュージーランド円
  • ニュージーランドドル
  • カナダ円
  • カナダドル

比較対象の海外FXブローカー一覧 全15社

  • XM
  • LANDFX
  • AXIORY
  • TradersTrust
  • Tradeview
  • TitanFX
  • FBS
  • IFOREX
  • ACFX
  • FXOPEN
  • BIGBOSS
  • FXPro
  • IFCMarkets
  • MILTONMARKETS
  • GEMFOREX

※ゼロスプレッド口座(手数料が別途発生する口座)は、手数料込みでのトータルコストスプレッドで比較している。

上位5社!海外FX業者のスプレッドを比較

全15業者の中から、全通貨の平均スプレッドが2.0pips(取引手数料コミ)の上位5社をピックアップし、スプレッドを比較した。

業者名手数料全通貨
平均スプレッド
ドル円
平均スプレッド
ユーロドルユーロ円ポンド円ポンドドルオージー円オージードルニュージーランド円ニュージーランドドルカナダ円カナダドル
Tradeviewのロゴ_120_60

cTrader口座(ECN)

往復500円/lot
(※0.50pips)
0.55pips
(1.05pips)
0.10pips
(0.60pips)
0.10pips
(0.60pips)
0.30pips
(0.80pips)
1.10pips
(1.60pips)
0.40pips
(0.90pips)
0.70pips
(1.20pips)
0.30pips
(0.80pips)
1.10pips
(1.60pips)
0.60pips
(1.10pips)
0.80pips
(1.30pips)
-
AXIORYのロゴ_120_60

ナノスプレッド口座(ECN)

往復600円/lot
(※0.60pips)
0.66pips
(1.26pips)
0.30pips
(0.90pips)
0.20pips
(0.80pips)
0.60pips
(1.20pips)
1.30pips
(1.90pips)
0.40pips
(1.00pips)
0.90pips
(1.50pips)
0.40pips
(1.00pips)
1.20pips
(1.80pips)
0.70pips
(1.30pips)
0.70pips
(1.30pips)
0.60pips
(1.20pips)
miltonmarketsのロゴ_120_60

プレミアム口座

往復800円/lot
(※0.80pips)
0.56pips
(1.36pips)
0.20pips
(1.00pips)
0.20pips
(1.00pips)
0.30pips
(1.10pips)
1.30pips
(2.10pips)
0.60pips
(1.40pips)
0.90pips
(1.70pips)
0.30pisp
(1.10pips)
1.10pips
(1.90pips)
0.40pips
(1.20pips)
0.40pips
(1.20pips)
0.50pips
(1.30pips)
titanfxのロゴ_120_60

ブレード口座(ECN)

往復700円/lot
(※0.70pips)

0.82pips
(1.52pips)
0.33pips
(1.03pips)
0.20pips
(0.90pips)
0.74pips
(1.44pips)
1.45pips
(2.15pips)
0.57pips
(1.27pips)
1.12pips
(1.82pips)
0.52pips
(1.22pips)
1.62pips
(2.32pips)
0.86pips
(1.56pips)
1.10pips
(1.80pips)
0.55pips
(1.25pips)
xmのロゴ_120_60

ゼロスプレッド口座(ECN)

1000円/lot(往復)
(※1.0pips)
0.80pips
(1.80pips)
0.40pips
(1.40pips)
0.40pips
(1.40pips)
0.80pips
(1.80pips)
1.10pips
(2.10ips)
0.40pips
(1.40pips)
1.00pips
(2.00pips)
0.60pips
(1.60pips)
1.20pips
(2.20pips)
1.00pips
(2.00pips)
1.10pips
(2.10pips)
-
(表は横スクロールできます)

表の見方
平均スプレッドの上列:手数料抜きのスプレッド
平均スプレッドの下列:手数料込みの出来上がりトータルコスト

この表を見ればわかるように、ランクインしている全ての口座が取引手数料を別途徴収するECN口座だ。

スタンダード口座(スプレッドに業者の利益が上乗せされている口座)よりも、取引手数料+スプレッドの出来上がりトータルコストはかなり低くなっている

平均スプレッドで比較する意味

他サイトでは最小スプレッドで業者の比較をしているところが多いが、正直最小スプレッドで比較しても全く意味がない

海外FX業者は変動制のスプレッドを採用している。
超狭なスプレッドをつけることもあれば、指標発表時や流動性が大幅に落ちる場合は大きくスプレッドが広がることもある。
最小スプレッドが0.2pipsだとしても、実際は2.0pipsが平均ということもザラにありえる。

海外FXブローカーの真の実力を知りたければ、平均スプレッドで見るようにしよう。
(ちなみに最小スプレッドで比較しているサイトは単にスプレッドを狭く見せたいだけだ)

TradeviewのILC口座(cTrader/ECN) No.1スプレッド

Tradeviewのレビュー記事でも書いているが、Tradeviewのスプレッドは業界でもダントツNo,1のハンパじゃない水準だ。

TradeviewILC口座 リアルタイムスプレッド

Tradeview ILC口座 リアルタイムスプレッド

取引手数料が別途0.5pipsかかる

ILC口座はMT4,cTrader,Currenexの3つから選べ、特にスプレッドが狭いのがcTrader口座
ドル円やユーロドルは取引が活発な時間帯だと、しょっちゅうスプレッド0.0pipsで取引することができる。

約定力も高いので、とにかくスキャルピングに特化したいというトレーダーにはもってこいだろう。

ただし、最低取引枚数が1万通貨~・レバレッジ制限が200倍までで、初回入金額が10万円以上のハードルがあるので、海外FX中級者~上級者向けの口座だ。

Tradeviewの口座開設はこちらから

AXIORYのナノスプレッド口座(MT4・cTrader/ECN) バランス良し

AXIORYのナノスプレッド口座が2位にランクイン。
全通貨バランス良くスプレッドが狭い。

AXIORYナノスプレッド口座 リアルタイムスプレッド

Axioryナノスプレッド口座のリアルタイムスプレッド

取引手数料が別途0.6pipsかかる

ナノスプレッド口座は、MT4とcTraderの2種類から口座タイプを選ぶことができるが、スプレッドには差がないのでお好みの方で取引すればいいだろう。

1,000通貨から取引OK、初回入金額2万円~、最大レバレッジ500倍と初心者でも取り組みやすいスペックだ。

AXIORYの口座開設はこちらから

MILTON MARKETSのプレミアム口座(MT4) レバ800倍取引OK

MILTONMARKETSのプレミアム口座は、取引手数料が往復800円と多少高いもののスプレッド水準は非常に高い。

MILTON MARKETSプレミアム口座 リアルタイムスプレッド

MILTON MARKETSプレミアム口座 リアルタイムスプレッド

取引手数料が別途0.8pipsかかる

これほどまでの高水準スプレッドにも関わらず、ボーナスキャンペーンを積極的に行っている珍しい業者だ。
ちなみに、現在は入金額の15%を還元するボーナスを開催中。

最大レバレッジ800倍で1,000通貨から取引OK、無料VPSを使ってトレードすることもできる。

MILTON MARKETSの公式サイトはこちら

【補足】MILTON MARKETSでは、スタンダード口座とプレミアム口座から口座を選べるが、スタンダード口座のスペックは高くない。
口座開設するなら、プレミアム口座一択だ。

 

TitanFXブレード口座(MT4/ECN) 管理人のメイン口座

スキャルピングトレードの際、私がメインで使っているのがTitanFXのブレード口座だ。

TitanFXブレード口座 リアルタイムスプレッド

TitanFXブレード口座のリアルタイムスプレッド

取引手数料が別途0.7pipsかかる

取引手数料は往復700円と少々高いが、スプレッドは高い水準を保っている。

特にドルストレート系のスプレッドは狭く、取引手数料コミのトータルコストで、米ドル/円(1.03pips)・ユーロ/米ドル(0.90pips)・ポンド/米ドル(1.27pips)・カナダ/米ドル(1.25pips)とかなり優秀。

 

完全NDD方式を採用しているため透明性が高く、顧客不利のトレードがないことも気に入っている要因だ。
レバレッジ最大500倍・ロスカット水準20%・追証なし」なのでアクティブで大胆なスキャができる。

TItanFXの口座開設はこちらから

XM Zero口座(MT4/ECN) 大御所の低スプ口座

今や海外FXトレーダーで知らない人はいないというほど有名なXM。
以前よりスプレッドが広いという声が非常に多く、新たにできたのがこの低スプレッド口座のZero口座だ。

XM Zero口座 リアルタイムスプレッド

XM Zero口座のリアルタイムスプレッド

取引手数料が別途1.0pipsかかる

取引手数料が1lotあたり往復1,000円と高いのがネックだが、それでも全通貨平均スプレッド2.0pipsを切る

XMは国内FX業者とほとんど変わらない使いやすさなので、ECN口座初心者の方や、最大手の安心感を享受したいトレーダーにオススメだ。
元々XMでスタンダード口座を持っている人は、ボタン一つでZero口座の開設が可能なので試してみてもいいだろう。

XMの口座開設はこちらから

海外FX業者のスプレッドレベルは格段にUPしている

管理人は海外FX歴10年程だが、海外FXを始めたての頃きちんと出金できるまともな海外FX業者がiforexくらいだった。

iforexはお世辞にもスプレッドは狭いといえない。しかしハイレバレッジの代わりに泣く泣く高いスプレッドを受け入れるしか選択肢がなかった。

しかし、現在ではご覧の通り海外FX業者のスプレッド水準は国内FX業者に見劣らないほど高い
特に今回ピックアップした上位5社は、超短期のスキャルピングトレードにも全然対応できるだろう。

取引手数料が別途徴収されるECN口座は使ったことがないということで敬遠しがちかもしれないが、実際にトレードしてみると違和感なくすごく快適なので試してみてほしい。

 





◇海外FX業者選びにまよったら◇
↓海外FXのトリセツ管理人が選ぶ厳選海外FXブローカー6社をチェック↓
管理人が選ぶ、海外FX業者おすすめ6選へGO

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*