FXGTでのスキャルピングまとめ!向かないって本当?疑問をまるっと解説。

FXGTでのスキャルピングまとめ!向かないって本当?疑問をまるっと解説。のアイキャッチ

    本記事ではFXGTのスキャルピングに関する情報について詳しくまとめている。

    結論から言うと、FXGTでのスキャルピングは認められている
    手動でのスキャルピングでも、EAを利用した自動売買によるスキャルピングでもOKだ。

    ただしスキャルピングOKだからといって、FXGTでのスキャルピングがオススメとは限らない

    「FXGTはスキャルピング向きなのか?」
    「FXGTでのスキャルピングで禁止取引に抵触することはあるのか?」

    などの疑問にも本記事では解説しているので参考にしてほしい。

    FXGTの口座開設はこちら

    FXGTでのスキャルピングは認められている

    冒頭でも述べたが、FXGTでのスキャルピングは認められている

    この件については、FXGTの公式HPでも明記されているため確かな情報だ。

    Q.スキャルピングは認めていますか?

    はい。可能でございます。

    引用:「取引について」FXGT公式HP

    FXGTでいくらスキャルピングしても、利益取消といった処分を科されることはないため、安心して取引してほしい。

    FXGTではEAを用いた自動売買によるスキャルピングもOK

    FXGTでは手動による裁量スキャルピングだけでなく、EAを利用した自動売買によるスキャルピングもOKだ。

    EAでロジックを組んで、数秒~数十秒レベルの超短期売買を繰り返しても問題ない。

    ただしFXGTで使える取引プラットフォームはMT5のみ
    これまでMT4を利用していた方は、MT4のEAやインジケーターはMT5では利用できないので注意しよう。

    新たにMT5用のEA・インジケーターを設定する必要がある。

    FXGTがスキャルピングにオススメできない2つの理由

    FXGTではスキャルピング可能だが、スキャルピングがオススメできるかというと別の話。

    管理人としては、正直FXGTでスキャルピングするのはオススメできない

    理由は以下の2つ。

    1. スプレッドが他業者と比べて優秀ではない
    2. ECN口座の提供がない
    3. ストップレベルの設定がきつい

    スキャルピングトレーダーであれば、別業者を選択することをオススメしたい。

    以下の記事では、スキャルピングにオススメの業者を、選び方の基準や選定の根拠も述べて紹介している。
    海外FXでスキャルピングをメイン手法にしたい方は参考にしてほしい。

    FXGTは他業者と比べてスプレッドが狭くない

    FXGTのスプレッドは海外業者の中では”並”レベル

    0.1pipsでもスプレッドにこだわるべきスキャルピングトレーダーにとっては、物足りない水準となっている。

    通貨ペアFXGTTitanFX
    ブレード口座
    iFOREXXM
    スタンダード口座
    取引手数料無料往復0.7pips/lot無料無料
    USD/JPY1.6pips1.03pips
    (0.33pips)
    1.8pips1.6pips
    EUR/JPY2.2pips1.44pips
    (0.74pips)
    1.8pips2.6pips
    GBP/JPY3.5pips2.15pips
    (1.45pips)
    5.0pips3.5pips
    AUD/JPY3.0pips1.82pips
    (1.12pips)
    5.0pips3.0pips
    EUR/USD1.6pips0.90pips
    (0.20pips)
    1.8pips1.6pips
    GBP/USD2.2pips1.27pips
    (0.57pips)
    3.0pips2.3pips
    AUD/USD1.8pips1.22pips
    (0.52pips)
    3.0pips1.8pips

    (※1)FXGT・XMは変動スプレッド制のため、平均スプレッド値を記載。
    (※2)TitanFXはECN方式のため「取引手数料+平均スプレッドの合計値」を記載。平均スプレッドのみの数値についてはカッコ内に記載。

    表を見るとわかるように、FXGTのスプレッドはボーナス特化型の業者であるXMやiFOREXと同程度。

    スプレッド特化型のTitanFXのECN口座と比較すると、明らかにスプレッドが劣っていることがわかる。

    FXGTはボーナス特化型の業者でデイトレード向け

    FXGTはそもそもボーナス特化型の業者。
    スプレッドを削るのではなく、ボーナスを提供することで顧客還元している。

    • 初回150%入金ボーナス(上限4万円)
    • 2回目60%入金ボーナス(上限100万円)
    • 常時30%入金ボーナス(回数無制限)

    ※ボーナスは全て1/18までの期間限定

    ※FXGTのキャンペーンは期間によって変わるため、詳しくは「【2020年】FXGTのボーナスまとめ!タイアップキャンペーン開催中で超絶お得。」を参考にしてほしい。

    これらの豪華なボーナスを利用してデイトレードするのであれば、スプレッドの広さはそこまで気にならない。

    取引回数FXGTTitanFXスプレッド差
    1回1.6pips1.03pips0.57pips
    (570円)
    10回16pips10.3pips5.7pips
    (5,700円)
    100回160pips103pips57pips
    (57,000円)

    当然スキャルピングのような取引回数が多くなりがちな手法ほど、スプレッドによる手数料差は大きくなる。
    しかし、裏を返せば少ない取引回数で大きな利幅を狙っていくデイトレードであれば、さほどスプレッドは気にならないというのがわかるだろう。

    FXGTではECN口座の提供がない

    FXGTではECN口座の提供がされていない。

    ECN口座はスプレッド+取引手数料の合計取引コストが低い業者が多く、またその取引方式から高速かつ強固な約定力がある。
    言ってみればスキャルピングに適した口座タイプだ。

    しかしFXGTで提供されているのは、STP(スタンダード)口座。
    上述した通り、ECN口座を提供している業者よりもスプレッドが広い上、約定力も若干落ちる。

    スキャルピングをメインで行うなら、他業者のECNのほうがオススメできる。

    ストップレベルの設定が広い

    スプレッドの広さの他に、FXGTはストップレベルが広いのもスキャルピングしづらい要因となっている。

    ストップレベルは”幅”と呼ばれ、市場価格から最低限乖離しなければ注文ができない範囲のことを指す。
    つまりストップレベルが狭いほど現在の市場価格から近い値で指値・逆指値を入れることができ、逆にストップレベルが広いほど現在価格から遠い値でしか指値・逆指値を入れられないということ。

    細かい利ザヤを抜いていくスキャルピングでは、このストップレベルの広い狭いがかなり大きい。
    ストップレベルが狭いと1.0pipsでの損切りや利確も容易になるからだ。

    通貨ペアストップレベル
    (pips)
    USD/JPY6.2pips
    EUR/JPY8.0pips
    GBP/JPY12.2pips
    AUD/JPY11.2pips
    EUR/USD5.2pips
    GBP/USD8.4pips
    AUD/USD6.0pips

    FXGTの主要な通貨ペアのストップレベルを表記したが、お世辞にも狭いとは言えない。
    そもそもTitanFXのようなスキャルピング特化型の業者ではストップレベルがゼロに設定されていることもある。

    スプレッドに注目する方はかなり多いが、スキャルピングトレーダーはストップレベルにも着目すべきなので絶対に覚えておこう。

    FXGTでスキャルピングする際の注意点

    FXGTでのスキャルピングはオススメできないと述べたが、それでもFXGTでスキャルピングする方は以下に注意してほしい。

    • 裁定取引(アービトラージ)
    • 接続遅延・レートエラーを利用した取引
    • 週明け窓を狙ったトレード

    これらの禁止取引に抵触すると、利益没収などの処罰の対象となってしまう。

    裁定取引(アービトラージ)の禁止

    FXGTではいかなる裁定取引も禁止されている。

    「そもそも裁定取引ってなに?」というレベルなら気にする必要はないが、知らないうちに抵触するケースもあるため頭に入れておこう。

    特にEAを利用する場合は、気づかぬうちにロジック次第で裁量取引になってしまう可能性がある
    事前にロジックを確認しておくのがオススメだ。

    【複数口座間での両建て】
    A口座とB口座という複数の口座を利用した両建て取引は禁止。
    相場の変動が大きいタイミングで実行すると、片方の口座はゼロカットで損失を抑えつつ、もう片方の口座で莫大な利益をあげられる。
    業者がゼロカットの補填で損をする手法のため、あらゆる業者で禁止されている。

    【他業者間での両建て】
    GEMFOREXとその他の業者を利用した両建ては禁止。
    禁止理由は複数口座間での両建てと同じだ。

    グループ内での両建て・裁定取引】
    FX仲間とグループで両建て・裁定取引するのは禁止。(グループAはドル円買い・Bグループはドル円売り)
    過去に他業者でとあるグループがこの規約に抵触し、利益をすべて没収されて口座凍結という罰則を科されたことがある。

    接続遅延・レートエラーを利用した取引の禁止

    世界的な有事のような相場の急変動が起こるタイミングでは、アクセスが集中しすぎるあまり、ネットワークエラー・接続遅延が起こりやすくなる。

    ネットワークエラーや接続遅延により、チャートに正しい市場価格が反映されていないタイミングを狙って取引するのは禁止だ。
    仮に利益をあげても、取消の対象となってしまう。

    週明け窓を狙ったトレードの禁止

    月曜の市場オープン時に金曜のクローズ値から、大きくレートが乖離することがある。(金曜クローズ価格と月曜オープン価格の間に大きな空白(乖離)があることを窓開けと呼ぶ)

    窓開けを狙って、金曜クローズ時に複数口座間で両建てして稼ぐことは禁止だ。

    なおこれは厳密には明確に禁止されているわけではない。
    ただしやりすぎると”ゼロカットの悪用”とみなされ、利益取消になる可能性があるので気を付けよう。

    以上でFXGTでのスキャルピングに関する解説では終わりだ。

    本記事の要点をまとめると、

    • FXGTではスキャルピングOK(手動でもEAでも)
    • FXGTでのスキャルピングはオススメできない
      →スプレッドが”並”の水準。ストップレベルが広い。
    • FXGTでスキャルピングする場合は禁止取引に抵触しないよう注意

    FXGTでのスキャルピングはオススメできないが、現在1/18までの限定でFXGTでは3段構えの入金ボーナスを用意している。

    2回目までの入金なら証拠金を合計で2.5倍まで増やせるので、ボーナスも加味して使い勝手を試してみるといいだろう。

    FXGTの口座開設はこちら

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *