FXGTは両建て禁止!?FXGTの両建てルールを解説

FXGTは両建て禁止!?FXGTの両建てルールを解説のアイキャッチ

    本記事ではFXGTにおける両建て取引のルールについて解説している。

    • 両建てとはどのような手法なのか
    • FXGTで認められている両建て取引
    • FXGTで両建て取引するメリット
    • FXGTで禁止されている両建て取引

    FXGTでの両建て取引のあらゆるルールが理解できるように作成しているため、両建て取引に興味がある方は参考にしてほしい。

    FXGTの口座開設はこちら

    両建て取引とは?

    そもそも両建て取引とは「同通貨ペアで、”売り(ショート)”と”買い(ロング)”の両方のポジションを保有するトレード」のことを指す。

    例えばUSD/JPY(ドル円)の通貨ペアで両建て取引をしたい場合。

    • 1ドル110円のときに売りポジション
    • 1ドル100円のときに買いポジション

    上記のように同じ通貨ペア内で売りと買いでポジションを保有すれば、両建て取引をしているということになる。

    【具体的な両建て取引例】

    USD/JPY(ドル円)にて、1ドル100円で1lotのロングエントリー後に、1ドル110円になったタイミングで1lotのショートエントリー。

    その後に、1ドル115円まで値動きがあった場合。

    ■ロングポジション

    • 1ドル110円のとき
      →10円分の含み益
    • 1ドル115円のとき
      →15円分の含み益

    ■ショートポジション

    • 1ドル110円のとき
      →評価損益なし
    • 1ドル115円のとき
      →5円分の含み損

    上記の例だと、両ポジションを合算するとどのような値動きをしようと10円分の含み益か含み損が発生することになる。

    両建て取引では、ロングポジションとショートポジションで同lotのポジションを保有している場合、両建て開始時から含み益も含み損も拡大しない。

    そのため両建て取引は、ポジションを決済することなく含み益と含み損をキープしたい際に用いられることが多い手法となっている。

    FXGTでは同一口座内でのみ両建て取引が可能

    FXGTではMT5の同一口座内でのみ両建て取引が認められている。

    詳しくは後述するが、複数口座間での両建て他業者間での両建て取引は認められていないので注意してほしい。

    FXGTで両建て取引をするメリット

    必要証拠金が相殺される

    FXGTでは両建て取引をすると、ロングとショートポジションの必要証拠金が相殺される。

    【必要証拠金が相殺される例】

    ■ロングとショートで同等のポジションを持った場合

    ・ドル円で1lotのショートポジション
    ・ドル円で1lotのロングポジション

    この場合だと、証拠金ゼロで両方のポジションを持つことができる。

    ■ロングとショートでエントリー枚数が異なる場合

    ・ドル円で10lotのショートポジション
    ・ドル円で5lotのロングポジション

    この場合だと、差分の5lot分の証拠金が必要となる。

    証拠金を減らすことなくポジションを保持できるため、強制ロスカットを防いだり、新規ポジションを注文することもできる。

    ただしショートポジションとロングポジションで取引枚数が違う場合は注意。
    差分の証拠金がかかるため、取引枚数が違う場合は口座残高や証拠金維持率をチェックしておこう。

    ポジションを決済することなくトレンド転換を待つことができる

    両建て取引では、ポジション保有しながら相場のトレンドを見れるというメリットもある。

    両建てでは含み益も含み損も拡大しないからこそできることだ。

    【例】

    ■保有中のポジションで含み損が発生している場合

    ドル円のショートで含み損が発生しているが、今後トレンドが逆転してプラスなりそうだとする。

    このタイミングでドル円のロングでポジションを取れば、現在のドル円ショートの含み損を拡大させることなくポジションを保有しておける。

    後にトレンドの転換が発生すれば、ドル円ロングのポジションを決済すればOK。
    保有していたドル円ショートでトレンド転換の恩恵を受けて、含み損を含み益に持っていける可能性がある。

    ■保有中のポジションで含み益が発生している場合

    ドル円のロングで含み益が発生しているが、レンジ相場に突入して、今後どちらに転ぶかわからないタイミングだとする。

    ドル円のショートでポジションを取れば、含み益をキープしつつ次のトレンドを待つことができる。

    • 上昇トレンドになった
      →ドル円ショートを決済して、ロングポジションをそのままキープして含み益を拡大。
    • レンジ相場を抜けないor下降トレンドになった
      →ロングポジションとショートポジションを同時決済してキープしていた含み益を利確。

    上記の例のように相場の動きを見て対応を変えれるのが両建ての正しい使い方であり、両建てのメリットだ。

    FXGTで禁止されている両建て取引例

    以下ではFXGTで禁止されている両建て取引例を紹介する。

    仮にFXGTで禁止されている両建て取引をしてしまうと、利益取引や没収、最悪の場合だと口座凍結されかねない。

    基本的に禁止となる両建て取引は利用規約に記載してある。
    「禁止されていることを知らなかった」という言い訳は通用しないため、FXGTで両建て取引をする際は禁止取引に抵触しないように気を付けてほしい。

    【FXGTで禁止されている両建て取引】

    • FXGT内で複数口座を利用した両建て取引
    • FXGTと他業者を併用した両建て取引
    • グループ内での両建て取引
    • ゼロカットシステムを悪用する形での両建て取引

    FXGT内で複数口座を利用した両建て取引

    FXGTでは複数口座の開設が可能となっている。

    しかし複数口座を開設し、口座をまたいで両建て取引するのは禁止されているので注意しよう。

    【複数口座を利用した両建て例】

    FXGTでA口座とB口座を開設

    • A口座でUSD/JPYをショートエントリー
    • B口座でUSD/JPYをロングエントリー

    同一口座内ではなく、口座をまたいで両建てしている形になるのでNGだ。

    複数口座間での両建ては禁止と知っていなければやってしまいがちな手法の1つ。

    複数口座の開設をしている方、今後検討している方は注意しよう。

    FXGTと他業者を併用した両建て取引

    FXGTと他のFX業者(国内・海外問わず)で両建て取引するのもNGだ。

    【FXGTと他業者を利用した両建て取引例】

    FXGTとXM(海外FX業者)の口座を所持している状態で以下のエントリーをする。

    • FXGTでUSD/JPYをショートエントリー
    • FXGTでUSD/JPYをロングエントリー

    業者をまたいでの両建て取引になっているためNGだ。

    1業者のみを利用している方は心配する必要はない。

    しかし複数業者で口座開設して、並行して運用している方は気付かず抵触する可能性もあるため注意しよう。

    グループ内での両建て取引

    1人で両建てするのではなく、複数人でグループを組んで両建てをするのも禁止となっている。

    【グループ内での両建て取引例】

    AさんとBさんが手を組み、それぞれがFXGTで口座を開設。

    • AさんがUSD/JPYをショートエントリー
    • BさんがUSD/JPYをロングエントリー

    1人1人で見れば両建ての形になっていないが、グループ内での両建ての形となっているためNG。

    他業者での話になるが、実際に過去にグループ内で両建てをしていて利益取消処分となったグループが存在する。

    グループでの両建てでもしっかりバレてしまうので、やらないようにしてほしい。

    ゼロカットシステムを悪用する形での両建て取引

    FXGTではゼロカットシステムを悪用する形で両建てをするのもNGだ。

    例えばゼロカットシステムの悪用方法の1つとして窓開けトレードと呼ばれるものが存在する。

    【例】

    FXGTと海外FX業者Aの口座を開設。
    各口座に10万円を入金した後、以下の両建てを行ったとする。

    • FXGTでドル円1lot(10万通貨)ロングポジション
    • 海外FX業者Aでドル円1lot(10万通貨)ショートポジション

    この両建てポジションを金曜のクローズでも決済せずに保有し続けて、週明けに100pipsの窓が開いたとしよう。

    すると、

    • FXGT口座:10万通貨×200pipsで20万円の損失
    • 海外FX業者Aの口座:10万通貨×200pipsで20万円の利益

    結果だけ見るとプラスマイナスゼロに見えるが、FXGTのほうはマイナス残高となりゼロカットが執行されるため、実質的なマイナスは口座残高の10万円のみ。

    海外FX業者Aの口座は20万円プラスのため、合計するとトレーダーは10万円の利益を得たことになる。

    トレーダーはゼロカットのおかげでノーリスクで稼げた一方で、FXGTはゼロカットでマイナス分の10万円を補填しなければならないため損していることになる。

    FXGTに限った話ではないが、このようなゼロカットを利用した両建てで稼ぐのはあらゆる業者で禁止されている。

    FXGTの同一口座内で両建てした際の注意点

    スワップポイントとスプレッドは2ポジション分発生する

    FXGTの両建てでは、証拠金は相殺されるものの、スワップポイントとスプレッドは2ポジション分発生することを覚えておこう。

    2つのポジションを決済する場合は同時決済する

    ロングポジション・ショートポジション両方とも決済したい場合は”同時決済”するようにしよう。

    MT5で同時決済する方法はめちゃめちゃカンタン。

    1. MT5で両建てしている通貨ペアの注文画面を開く
    2. “注文種別”を”両建て解除”へ変更する

    この方法で両建てしているポジションの同時決済が可能だ。

    個別に決済してしまうと、決済のわずかな時間差で含み益の減少や含み損の拡大が起きる可能性もあるのでオススメしない。

    片方のポジションのみ決済する場合は証拠金維持率の減少に注意

    両建てしているポジションの片方だけを決済する場合は注意してほしい。

    「両建て解消=相殺されていた必要証拠金が発生する」ということなので、証拠金維持率が下がってしまう。
    両建て解消前の段階ですでにロスカット水準ギリギリだった場合は、解消した瞬間に強制ロスカットラインを下回ってしまう可能性もある。

    両建てポジションの片方だけ決済したい場合は、現在の証拠金維持率を確認してからにしよう。

    以上がFXGTで両建て取引する際に知っておいてほしいルールのすべてだ。

    FXGTでは同一口座内でのみ両建て取引OK。
    両建ては難しいというイメージがあった方もいるかもしれないが、うまく取り入れれば損失を抑えつつ、利益を伸ばすことができる。

    ただし禁止取引にだけ気を付けよう。

    意図せずして抵触してしまった場合でも、重いペナルティが課せられる場合がある。

    せっかく出した利益や、かけた時間がパーになってしまうので、きちんとルールの範囲内でトレードするように気を付けよう。

    FXGTの口座開設はこちら

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *