TitanFX(タイタンFX)デモ口座の開設手順。口座開設できない時の対処法も解説!

TitanFX(タイタンFX)デモ口座の開設手順。口座開設できない時の対処法も解説!

当記事では、TitanFX(タイタンFX)のデモ口座開設方法からMT4/MT5の設定方法まで画像付きで分かりやすく解説している。

TitanFXのデモ口座は、50,000ドルの仮想資金を使ってリアル口座とほとんど同じ環境の取引を無料で体験すことが可能だ。

  • 仮想資金でトレードの戦略を研究したい
  • MT4/MT5の使い方を練習したい
  • EAのパフォーマンステストがしたい

上記に当てはまる方はTitanFXのデモ口座を使ってみるといいだろう。

TitanFX(タイタンFX)のデモ口座は本人確認不要、メールアドレス一つで複数開設可能なので誰でも気軽に利用することができる。

TitanFXはスキャルピングやEAトレードにはもってこいの業者

TitanFXは超低スプレッド高い約定力を誇っており、使い勝手の良さから管理人もメインで利用している海外FXブローカーだ。

その他にも最大レバレッジ500倍・追証なし・豊富な取引通貨ペアと、ハイレバスキャルピング向きのスペックが整っている。

リアル口座を開設しているとデモ口座の「無期限化」や「残高変更」ができたりするので、TitanFXの利用を考えている場合はリアル口座も合わせての開設をオススメする。

TitanFX口座開設はこちら

TitanFX(タイタンfx)デモ口座の特徴と留意点7つ

はじめにTitanFXデモ口座のスペックと、リアル口座との違いについて解説していく。

デモ口座はリアルに近い環境でのトレード体験が可能だが、あくまで仮想(バーチャル)取引だ。

リアル口座での取引とは違いがあるということは理解しておく必要があるだろう。

全ての口座タイプ・取引ツールでデモトレードが可能

リアル口座と同様、口座タイプは「スタンダード口座」「ブレード口座」の2種類から選択が可能だ。

取引ツールはMT4MT5から選ぶことができる。

口座タイプや取引ツールを途中で変更したい場合は、追加のデモ口座を作成しよう。

スタンダード口座とブレード口座どちらを選べばいい?

初心者ならスタンダード口座、スキャルピングをするならブレード口座がオススメ

ブレード口座とスタンダード口座には、取引方式とスプレッド以外にスペックの違いがない。

項目 ブレード口座 スタンダード口座
取引方式 ECN STP
最大レバレッジ 500倍 500倍
追証 なし
(ゼロカットシステム)
なし
(ゼロカットシステム)
スプレッド ドル円平均0.33pips ドル円平均1.33pips
取引手数料 往復0.7pips/lot 無料
ロスカット水準 証拠金維持率20%以下 証拠金維持率20%以下
ボーナス なし なし
初回最低入金額 20,000円 20,000円
取引プラットフォーム MT4・MT5 MT4・MT5
両建て 可能 可能

初心者だったりトレードスタイルにこだわりがない場合、いちいち取引コストを考えなくても済むスタンダード口座の方がおすすめだ。

スキャルピングを体験したい目的であればブレード口座を選択しよう。

TitanFXのブレード口座は超狹スプレッドで、別途手数料はかかるもののスキャルピングに最適な口座だ。

手数料がかかるとは言え取引手数料の安さは業界トップクラスのため、超狹スプレッドのハイレバスキャルピングを体験したいなら作ってみて損はないだろう。

MT4とMT5はどちらを選べばいい?

メインにする取引方法によって違う

TitanFXでEA(自動売買)取引をメインに取引をする場合はMT4がおすすめだ。

EA(自動売買ソフト)に関してはMT4の方が断トツで種類が多い。

一方、MT5は動作スピードが優秀で、スキャルピングトレードやここぞというときのポジション取りがストレスなくできる。

MT4とMT5の違いについて詳しくまとめた下記記事も参考にするといいだろう。

関連記事:【2022年最新】MT4とMT5の違いを徹底解説。結局どっちを利用したらいいの?

スプレッドと取引手数料はリアル口座と同様

デモ口座でもリアル口座と全く同じ銘柄を取引可能で、スプレッドも同じ設定となっている。

手数料はリアル口座同様、ブレード口座のみ手数料が発生する

TitanFXのスプレッドにいつて詳しく知りたいという人は下記記事でまとめているので参考にして欲しい。

ベース通貨は日本円・米ドル・ユーロ・豪ドルから選択可能

TitanFXデモ口座で設定可能なベース通貨は日本円・米ドル・ユーロ・豪ドルの4つ。

リアル口座とは異なり、シンガポールドル建て口座が選択不可となっている。

ベース通貨は一度設定したら後から変更はできないため、変更したい場合は追加のデモ口座を作成しよう。

レバレッジは500倍まで選択可能だが変更不可

レバレッジはリアル口座と同様、最大500倍まで設定することが可能だ。

デモ口座で選択可能なレバレッジ
500倍、400倍、300倍、250倍、200倍、100倍、50倍、25倍、1倍

デモ口座ではレバレッジを後から変更する事ができない

後からレバレッジを変更したい場合、追加のデモ口座を作成する必要がある。

デモ口座の資金は最高500万円。追加入金する方法はない。

デモ口座の資金は最高500万円で、1万円単位で調節が可能だ。

追加入金は不可となっており、資金が無くなった場合は追加のデモ口座を開設する必要がある。

ただしリアル口座を保有の方のみ、サポートへ連絡をすればMT5のデモ口座残高変更を受け付けている

約定力はリアル口座とは異なる

デモ口座からの注文はマーケットを通さないため、約定力はリアル口座よりも高くなる。

デモ口座で身に着けた感覚のままリアルト口座でレードをしてしまうと、約定力の違いから思わぬ損失を被ることにもなりかねないので注意が必要だ。

とはいえTitanFXの約定力は業界TOPクラスを誇っており、リクオートやオフクオートもほとんどない。

EA・インジケーターも利用可能

デモ口座もリアル口座同様にEAやインジケーターの動作が可能。

TitanFXではZuluTrade(ズールトレード)という自動売買システムが導入されており、初心者でもプロと同じトレードを無料で体感できる。

TitanFXデモ口座の開設方法・手順

以下ではTitanFXデモ口座の開設方法をパソコン版とスマホ版それぞれ画像付きで丁寧に解説していく。

デモ口座は本人確認の提出は不要メールアドレス一つで簡単に開設ができる。

まずは以下リンクより、TitanFXのデモ口座開設フォームに飛ぼう。

①デモ口座開設ページでユーザー登録をする

パソコン版デモ口座開設画面

TitanFXデモ口座ユーザー登録

スマホ版デモ口座開設画面

TitanFXスマホ版デモ口座開設画面

デモ口座開設フォームを開いたら、「氏名」「メールアドレス」の入力と「プラットフォーム」の選択を行う。

  • 名:(例)Taro
  • 姓:(例)Kaigai
    姓名はヘボン式ローマ字で入力する。わからなければ『ヘボン式ローマ字綴方表(東京都生活文化局)』を参考にすると良い。
  • メールアドレス:(例)kaigaifx@gmail.com
    Eメールアドレスの登録は1アカウントにつき1つのみ登録可能。
    ただし、[softbank,dokomo,ezweb]など携帯のメールアドレスは使用不可となっている
  • プラットフォーム:MT4かMT5を選択
同意のチェックボックスにチェックを入れたら、「さあ、始めましょう」をクリック。
下のページが表示されたらユーザー登録は完了だ。
パソコン版画面

 TitanFXデモ口座開設

スマホ版画面

スマホ版TitanFXデモ口座登録完了画面

②MT4/MT5をダウンロード&インストール

登録したメールアドレスに届いたメールをチェックしよう。

パソコン版メール画面

パソコン版TitanFXデモ口座登録完了画面

メール本文にあるこちら」をクリックするとMT4/MT5をダウンロードすることができる

スマホ版メール画面

TitanFXデモ口座スマホ版メール画面

スマホ版のMT4/MT5は専用のアプリをダウンロードする。

MT4/MT5のダウンロード&インストールの手順はほとんど変わらない。

MT4のWindows版mac版スマホアプリ版それぞれダウンロード方法を以下に詳しくまとめているのでチェックしてほしい。

③MT4/MT5へデモ口座を設定してログイン

インストールが完了したらMT4/MT5を立ち上げ、デモ口座の設定を行う。

ここからはパソコン版スマホ版をわけて解説していくので、必要なほうを確認して欲しい。

パソコン版デモ口座設定方法

①デモ口座の申請をする

TitanFXデモ口座の申請①

MT4の左上にある「ファイル(F)」から「デモ口座の申請」をクリックする。

 TitanFXデモ口座の申請②

「TitanFX-Demo01」を選択して「次へ」をクリック。

TitanFXデモ口座の申請③

「新しいデモ口座」にチェックを入れて「次へ」をクリックする。

②口座タイプとベース通貨・入金額・レバレッジの設定

TitanFXデモ口座MT4の設定①
  • お名前:(例)kaigai taro
    最小5文字で記入する。
  • E-メール:(例)kaigaifx@gmail.com
  • 電話番号:(例)「+81」「8012345678」
    国番号「+81」を選択し、自分の電話番号の最初の「0」を省略して入力しよう。
  • 口座タイプ:(例)USD-Blade
    ベース通貨と口座タイプはペアで表示されるので、日本円のスタンダード口座の場合は「JPY-SD」となる。
  • 証拠金:(例)50000
    デモ口座の最高入金額の50000ドルを選択しておくのが良いだろう。
  • レバレッジ:(例)1:500
    選択に迷ったら最大レバレッジ500倍を選択しておくことをオススメする。
すべて入力を終えたら同意のチェックボックスにチェックを入れて、「次へ」ボタンを押す。

スマホ版デモ口座設定方法

①デモ口座の申請する

デモ口座開設スマホ版①

下のメニューバーから「設定」を開き、「新規口座」をタップする。

スマホ版TitanFXMT4デモ口座開設①

「デモ口座開設」をタップする。

TitanFXスマホ版デモ口座開設②

TitanFXスマホ版デモ口座開設③

検索窓に「Titan]と入力すると出てくる「TitanFX-Demo01」のサーバーをタップする。

②口座タイプとベース通貨・入金額・レバレッジの設定

TitanFXデモ口座スマホ版情報登録

  • お名前:(例)kaigai taro
  • 電話番号:(例)08012345678
  • E-メール:(例)kaigaifx@gmail.com
  • 口座タイプ:(例)USD-Blade
    ベース通貨と口座タイプはペアで表示されるので、日本円のスタンダード口座の場合は「JPY-SD」となる。
  • 証拠金:(例)50000USD
    デモ口座の最高入金額は500万円。
  • レバレッジ:(例)1:500
    選択に迷ったら最大レバレッジ500倍を選択しておくことをオススメする。
すべて入力を終えたら右上の「登録」をタップする。

④ログインIDとパスワードの発行

デモ口座の設定が完了すると、ログインIDパスワードが発行される。

パソコン版画面

TitanFXデモ口座MT4の設定②

TitanFXデモ口座スマホ版パスワード発行画面

パスワードとログインIDはこのタイミングにしか表示されないので、必ずメモをしておこう。
デモ口座のパスワードは再発されないため、もし忘れた場合は再度口座を開設しなければならない。

⑤デモ口座へのログイン方法

ここからはMT4/MT5のデモ口座へのログイン方法についてパソコン版スマホ版に分けて解説していく。

それぞれ必要なほうを確認して欲しい。

パソコン版

TitanFXデモ口座MT4ログイン

MT4/MT5を立ち上げたら、「ファイル」から「取引口座へログイン」を選択する。

TitanFXデモ口座ログイン

「ログインID」「パスワード」「サーバー名」を入力し、「ログイン」ボタンをクリックする。

TitanFXデモ口座MT4ログイン

画面右下の通信速度に数値が表示されたら、ログインが完了している。

スマホ版

 TitanFXデモ口座アプリ版ログイン①

下のメニューバーから「設定」を開き、「新規口座」をタップする。

TitanFXデモ口座スマホ版ログイン②

既存のアカウントにログインをタップする。

TitanFXデモ口座スマホ版ログイン③

「TitanFX-Demo01」のサーバーを選択する。
表示されていない場合は検索窓に「Titan」と入力しよう。

TitanFXデモ口座スマホ版ログイン④

「ログインID」と「パスワード」を入力し、「パスワードを保存」にチェックを入れたらサインインをタップする。

TitanFXデモ口座が開設できない場合の対処法

デモ口座が開設できない場合に考えられる主な理由は以下の3つがある。

それぞれの対処法を画像付きで詳しく解説していく。

①次へボタンが押せない場合

 TitanFXデモ口座開設できない①

MT4/MT5にデモ口を座開設するさいに、全項目の情報を入力しても「次へ」が押せない場合は以下を確認して欲しい。

  • 名前は5文字以上で入力する。
  • 国番号の欄に手入力で+81と入力し、最初の「0」を省略した電話番号を入力する。

上記を満たしていない場合、情報要項として認識されていない可能性がある。

②取引サーバーを選択できない場合

 TitanFXデモ口座開設できない②
「TitanFX-Demo01」のサーバーが表示されず、口座開設ができない場合。

検索バーに”Titan”と入力して検索すると、「TitanFX-Demo01」が表示される。

【補足】デモ口座にログインできない場合はどうしたらいい?

デモ口座にログインできない場合は、「パスワードが間違っている」「デモ口座の有効期限が切れている」という理由が考えられる。

①パスワードが間違っている

何度もログインがはじかれてしまうなら、パスワードが間違っている恐れがある。

TitanFXのデモ口座ではパスワードは再発行されないので、忘れた場合は再度デモ口座を開設し直さなければならない。

②デモ口座の有効期限が切れている

 TitanFXデモ口座ログインできない場合

MT4/MT5の右下の通信速度欄に『無効な口座』と表示されている場合はデモ口座の有効期限が切れている。
再度デモ口座を扱いたい場合は開設し直そう。

TitanFXデモ口座の使用期限と無期限化方法

TitanFXのデモ口座は、MT4とMT5で使用期限が異なる。

【MT4デモ口座】
使用期限は30日間・リアル口座開設で無期限化可能。

MT5デモ口座
最終ログインから30日間有効で、無期限化をすることはできない。
無期限で使い続けるためには、30日以内に定期的にログインをする必要がある。

一度期限が過ぎてしまったデモ口座は復活させることができない。
期限が過ぎた場合は新たにデモ口座の開設を行おう

リアル口座を開設してデモ口座を無期限化できる。

MT4の使用期限は30日間だが、リアル口座を開設すれば無期限で使うことが可能だ

リアル口座を開設済みでMT4デモ口座の無期限化を希望の方は、下記の情報を添えてサポートチームに連絡しよう。

  • ライブ口座番号
  • フルネーム(アルファベット)
  • 登録Eメール
  • デモ口座番号

一旦リアル口座を開設してしまえば、無期限のデモ口座を使ってゆっくりとトレード戦略の研究をすることができる。

TitanFXのリアル口座開設はこちらから

デモ口座を使ってTitanFXの極狭スプレッドを体験しよう

TitanFXはスプレッドの狭さや約定力の高さが業界TOPクラスで、自動販売も可能とメリットが多い。

デモ口座なら自分の資本を危険にさらすことなくトレードの研究ができ、MT4/MT5の機能を自信を持って使えるようになるまで練習することも可能だ。

デモ口座でトレードのコツを掴んだら、ぜひTitanFXリアル口座も開設して実際にトレードをしてみよう。

SNSでもご購読できます。