【画像付き】XMのMT4にヒストリカルデータをダウンロードする方法

【画像付き】XMのMT4にヒストリカルデータをダウンロードする方法

    本記事ではXMのMT4にヒストリカルデータをダウンロードする方法を解説している。

    ヒストリカルデータの利用はEAトレーダーにはかなり重要。
    ダウンロードしたヒストリカルデータを用いてバックテストをすることで、実際のEA運用の精度が大きく変わってくる。

    まだヒストリカルデータを利用していないトレーダーは、本記事を参考にして今後のトレードに役立ててほしい。

    XMの口座開設はこちらから

    そもそもヒストリカルデータとは

    ヒストリカルデータはその名の通り、過去の為替相場を記録したデータのこと。

    ヒストリカルデータをMT4にダウンロードすることで、これから利用予定のEAが過去のチャートでどのような取引をし、どれだけの損益を出したのか確認できる。

    この作業は”バックテスト“と呼ばれるもので、今まで利用したことのないEAを導入する段階でかなり重要な作業だ。
    (ちなみに実際にEAを運用しながらテストすることを”フォーワードテスト”と呼ぶ)

    ヒストリカルデータを利用することで、より高精度なEAの運用が可能となるため、EAトレードメインのトレーダーはぜひ活用してほしい。

    ヒストリカルデータのダウンロード方法

    ヒストリー内の最大バー数を決める

    まずはヒストリー内の最大バー数を設定しよう。

    MT4のツールからオプションの順でクリックする

    XMのMT4を起動して、「ツール」→「オプション」の順でクリックするとウィンドウが開く。

    チャートからヒストリー内の最大バー数とチャートの最大バー数を設定する

    その中のタブから「チャート」を選択すれば設定画面に移行する。

    この画面の中の「ヒストリー内の最大バー数」と「チャートの最大バー数」が今回いじるところだ。

     

    ヒストリー内の最大バー数は過去のチャートのバーのうち何本まで表示するかを決めるもの。
    設定する数が多ければ多いほど、過去のチャートまで遡れるようになる上、長期のバックテストができるようになる。

    なので最大バー数は最大値の「2147483647」本に設定するのがオススメだ。

    最大バー数を設定するとチャートのバー数が変更される

    チャートの最大バー数はざっくりいうと「チャートを開いたときに表示されるバーの本数」のこと。

    設定している数値が大きければ大きいほど、過去まで遡ってチャートを見れる。

    どこまで遡ってチャートを見るかは個人差があるため、自由に設定してOKだ。
    (後からでも数値の変更は可能)

    ただし表示するチャートが多いほど、インジケーターの動作やチャートの切り替えに時間がかかるので注意しよう。

    またこの数値を小さく設定しても、チャートに表示されるバー数が減るだけでPCのヒストリカルデータが削除されるわけではない
    (例えばヒストリカルデータの最大値を1万、最大バー数1000にしても、表示されない9000のデータは残っている)

    ヒストリーセンターから通貨ペアと時間足を設定する

    次にヒストリカルデートしてダウンロードしたい通貨ペアと時間足を設定する。

    MT4のツールバーからヒストリーセンターをクリック

    再びMT4メニューバーの「ツール」をクリックし、その中から「ヒストリーセンター」をクリックしよう。

    ヒストリーセンター内の通貨ペアからデータをダウンロードしたい通貨ペアを選択

    ヒストリーセンターの画面が表示されたら左側の通貨ペア一覧の中から、ダウンロードしたい通貨ペアをクリック
    クリックすると時間足が表示されるので、さらに時間足まで選択。

    その後通貨ペア欄の下にある「ダウンロード」をクリック。

    ヒストリカルデータをダウンロードする際のアラート

    ダウンロードアラート画面が表示されるので、OKをクリックするとダウンロードが開始される。

    ダウンロードが開始されると、ダウンロードボタンの右側にダウンロード状況が緑のバーで表示されるので確認しよう。

    (※)ヒストリカルデータをダウンロードする際のアラートについて

    ヒストリカルデータのダウンロード前にアラートが表示されるのは、ヒストリカルデータをメタクオーツ社(MT4の開発元)から引っ張ってくるがゆえに起こる問題があるからだ。

    複数業者を利用したことがある方ならわかるが、業者によって同じ時間帯のチャートでも微妙に価格に差異があることがあるだろう。
    (業者によって利用しているカバー先の金融業者が異なるためにレートが変わるのは当然のこと)

    この現象がメタクオーツ社のチャートデータとXMのチャートデータでも起こっている。

    そのためメタクオーツ社のヒストリカルデータをMT4にダウンロードすると、過去のXMのチャートと置き換えられるので”過去の価格と一致しないがそれでもダウンロードして良いか?”というアラート画面が表示されるのだ。

    ダウンロードしたヒストリカルデータを確認する

    ヒストリカルデータのダウンロードが完了すると、先ほど開いた「ヒストリーセンター」画面のデータベースレコードを確認しよう。

    確認してレコードが増えていれば、正常にヒストリカルデータのダウンロードが成功した証拠だ。

    ダウンロードしたヒストリカルデータは後から追加でダウンロードしたり、編集したりすることも可能だ。

    自分の使いやすいように編集して、バックテストに役立ててほしい。

    関連記事:ヒストリカルデータを用いたバックテストの方法(準備中)

    以上がXMのMT4にヒストリカルデータをダウンロードする手順だ。

    1. ヒストリー内のバー数を設定する
    2. データをダウンロードしたい通貨ペア・時間足を選択する
    3. ヒストリカルデータをダウンロードする

    たったの3ステップでカンタンにできるので、XMでEAトレードメインで取引する方はぜひヒストリカルデータを利用してみてほしい。

    XMの口座開設はこちらから

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *