GEMFOREXのスプレッドは広い?狭い?早朝に拡大するタイミングに注意!

GEMFOREXの平均スプレッド比較・一覧まとめ!のアイキャッチ

    本記事ではGEMFOREXのスプレッドについてまとめた。

    • GEMFOREXのノースプレッド口座とオールインワン口座のスプレッド比較
    • ノースプレッド口座の平均スプレッド
    • オールインワン口座の平均スプレッド
    • 他業者とのスプレッド比較

    上記4つを主軸に解説しているので、GEMFOREXのスプレッドついて知りたい方は参考にしてほしい。

    結論から言うと、GEMFOREXのスプレッドは業界トップクラスの狭さを誇る。

    スプレッド特化型のノースプレッド口座は文句なしの激狭スプレッド。
    ドル円とユーロドルの平均0.3pipsと国内業者と比べても遜色ない。

    オールインワン口座もノースプレッド口座と比較すれば見劣りするものの、ボーナスありの口座と考えると狭い方だ。
    ボーナス×ハイレバレッジでデイトレする分には全く問題ないスプレッド水準だ。

    GEMFOREXの口座開設はこちらから

    GEMFOREXは口座タイプによってスプレッドの広さが異なる

    GEMFOREXにはノースプレッド口座とオールインワン口座の2つの口座タイプが用意されている。

    項目ノースプレッド口座オールインワン口座
    最大レバレッジ1000倍1000倍
    追証なし
    (ゼロカットシステム)
    なし
    (ゼロカットシステム)
    ロスカット水準証拠金維持率20%以下証拠金維持率20%以下
    スプレッド
    (ドル円平均)
    0.30pips2.00pips
    取引手数料無料無料
    ボーナスなしあり
    初回最低入金額30万円100円

    2つの口座タイプの違いをざっくり言うと、”スプレッド特化型”か”ボーナス特化型”かだ。

    • ノースプレッド口座→ボーナスがない代わりにスプレッドが激狭
    • オールインワン口座→スプレッドが広い代わりにボーナスあり

    スプレッドに極限にこだわるならノースプレッド口座を選ぶのがオススメだ。

    ただしノースプレッド口座は利用までのハードルが少々高め
    初回に30万円以上の入金をしないと取引できない。

    ボーナスもなしで”完全自己資本”での勝負になることも考えると、

    「いきなり30万円入金するのは躊躇ってしまう…」
    「自己資本に自信がないからボーナスで増やしたい」

    という方はオールインワン口座を開設するのがオススメだ。
    冒頭でも述べた通り、オールインワン口座でもボーナスあり口座の中ではかなり狭い。

    まずはオールインワン口座でボーナスを利用して資金を溜めた後にノースプレッド口座へ移行するのも良いだろう。

    (※)GEMFOREXは複数口座開設OK

    GEMFOREXでは複数口座の開設OKだ。

    なのでオールインワン口座でボーナス利用の取引で資本を増やしたのちに、ノースプレッド口座へ移行するといった戦略もできる。

    ノースプレッド口座とオールインワン口座のスプレッド比較

    主要通貨ペアのノースプレッド口座・オールインワン口座のスプレッドを比較してみた。

    FX通貨ペアノースプレッド口座オールインワン口座
    USD/JPY0.3pips1.2pips
    EUR/JPY0.5pips1.4pips
    GBP/JPY1.0pips1.9pips
    AUD/JPY0.6pips1.6pips
    EUR/USD0.3pips1.2pips
    GBP/USD1.3pips2.1pips
    AUD/USD0.3pips1.5pips

    ノースプレッド口座の方がオールインワン口座よりも平均で1.0pipsほど狭いスプレッドを提供しているのがわかる。

    特に取引量の多い人気通貨ペアのUSD/JPY・EUR/USDは0.3pips、EUR/JPYは0.5pipsという狭さ。
    国内FX業者と比較してもまったく引けを取らないスプレッド水準だ。

    この極狭スプレッドにも関わらず、最大レバレッジ1,000倍×追証なしで取引できるため、ハイレバスキャルピングには最適の環境となっている。

    ノースプレッド口座のFX通貨ペアの平均スプレッド一覧

    ノースプレッド口座のスプレッドは、”ノースプレッド”の名が示す通りめちゃくちゃ狭い。

    ドル円・ユーロドルの平均0.3pipsを筆頭に、海外業者はおろか国内業者と比較しても遜色ないレベルだ。

    FX通貨ペア平均スプレッド
    USD/JPY0.3pips
    CHF/JPY1.5pips
    AUD/CAD2.4pips
    AUD/JPY0.6pips
    AUD/NZD1.9pips
    AUD/USD0.3pips
    AUD/CHF1.4pips
    CAD/JPY1.2pips
    EUR/AUD1.5pips
    EUR/CAD2.0pips
    EUR/CHF0.7pips
    EUR/GBP0.3pips
    EUR/JPY0.5pips
    EUR/USD0.3pips
    EUR/NZD3.1pips
    EUR/ZAR68.3pips
    GBP/AUD3.1pips
    GBP/CHF1.6pips
    GBP/JPY1.0pips
    GBP/USD1.3pips
    GBP/NZD2.9pips
    GBP/CAD2.4pips
    NDZ/JPY1.2pips
    NZD/USD1.1pips
    USD/CAD0.8pips
    USD/CHF0.3pips
    USD/CNH17.3pips
    USD/HKD13.3pips
    USD/SGD3.2pips
    USD/TRY20.3pips
    USD/MXN53.3pips
    USD/ZAR15.0pips
    ZAR/JPY2.2pips
    XAU/USD2.1pips
    XAG/USD2.0pips

    (※)ノースプレッド口座は変動スプレッドのため平均値を記載している。

    もちろんあくまでも平均スプレッドなので、スプレッドが狭くなりやすい22時~翌2時の時間帯では、ドル円0.0pipsという光景も珍しくない。

    0.01pipsでもスプレッドにこだわりたいスキャルピングトレーダーには垂涎の環境と言える。

    ノースプレッド口座と他業者のスプレッド比較

    ノースプレッド口座と、低スプレッドとされる海外FX業者のスプレッドを比較してみた。

    通貨ペアGEMFOREX
    ノースプレッド口座
    TitanFX
    ブレード口座
    Axiory
    ナノスプレッド口座
    XM
    ZERO口座
    取引手数料無料往復0.7pips/lot往復0.6pips/lot往復1.0pips/lot
    USD/JPY0.3pips1.03pips
    (0.33pips)
    1.00pips
    (0.40pips)
    1.10pips
    (0.10pips)
    EUR/JPY0.5pips1.44pips
    (0.74pips)
    1.30pips
    (0.70pips)
    1.60pips
    (0.60pips)
    GBP/JPY1.0pips2.15pips
    (1.45pips)
    2.30pips
    (1.70pips)
    2.10pips
    (1.10pips)
    AUD/JPY0.6pips1.82pips
    (1.12pips)
    1.50pips
    (0.90pips)
    2.00pips
    (1.00pips)
    EUR/USD0.3pips0.90pips
    (0.2pips)
    1.00pips
    (0.60pips)
    1.10pips
    (0.10pips)
    GBP/USD1.3pips1.27pips
    (0.57pips)
    1.50pips
    (0.90pips)
    1.60pips
    (0.60pips)
    AUD/USD0.3pips1.22pips
    (0.52pips)
    1.20pips
    (0.60pips)
    1.40pips
    (0.80pips)

    (※1)ノースプレッド口座は変動スプレッド制のため平均スプレッドを記載。
    (※2)TitanFXブレード口座・Axioryナノスプレッド口座・XMZERO口座はECN口座なため、「取引手数料+平均スプレッド」の合計値を記載。平均スプレッドのみの数値に関してはカッコ内に記載している。

    見ての通り、”スプレッドが狭い”と言われる業者と比べても比較にならないレベルだ。

    またGEMFOREXのノースプレッド口座はスプレッド以外の手数料がかからないので、わざわざ取引コストを計算する必要がない。
    MT4に表示されるスプレッドしかかからないので、直感的に取引できる。

    オールインワン口座のFX通貨ペア平均スプレッド一覧

    オールインワン口座のスプレッドは、ノースプレッド口座や他業者の低スプレッド口座と比べると広め。

    海外FXのスプレッド水準でいうと、”中の上”といったところだ。

    FX通貨ペア平均スプレッド
    USD/JPY1.2pips
    CHF/JPY2.1pips
    AUD/CAD2.5pips
    AUD/JPY1.6pips
    AUD/NZD2.3pips
    AUD/USD1.5pips
    AUD/CHF2.4pips
    CAD/JPY2.0pips
    EUR/AUD2.3pips
    EUR/CAD2.2pips
    EUR/CHF2.0pips
    EUR/GBP1.5pips
    EUR/JPY1.4pips
    EUR/USD1.2pips
    EUR/NZD3.2pips
    EUR/ZAR102.8pips
    GBP/AUD3.2pips
    GBP/CHF3.1pips
    GBP/JPY1.9pips
    GBP/USD2.1pips
    GBP/NZD3.0pips
    GBP/CAD3.3pips
    NDZ/JPY2.1pips
    NZD/USD1.8pips
    USD/CAD2.0pips
    USD/CHF1.9pips
    USD/CNH17.4pips
    USD/HKD15.0pips
    USD/SGD3.3pips
    USD/TRY22.0pips
    USD/MXN55.0pips
    USD/ZAR16.0pips
    ZAR/JPY2.3pips
    XAU/USD3.0pips
    XAG/USD2.1pips

    (※)オールインワン口座は変動スプレッドのため平均値を記載している。

    オールインワン口座と他FX業者のスプレッド比較

    とはいえオールインワン口座は“豪華なボーナスを提供している口座”というくくりでみると、スプレッドは狭い方だ。

    以下、豪華なボーナスキャンペーンを開催していることで名高いXM・LANDFX・IFOREXと比較してみた。

    通貨ペアGEMFOREX
    オールインワン口座
    XM
    スタンダード口座
    LANDFX
    Live口座
    iforex
    USD/JPY1.2pips1.6pips0.8pips1.8pips
    EUR/JPY1.4pips2.6pips1.5pips1.8pips
    GBP/JPY1.9pips3.5pips1.8pips5.0pips
    AUD/JPY1.6pips3.0pips1.6pips5.0pips
    EUR/USD1.2pips1.6pips0.8pips1.8pips
    GBP/USD2.1pips2.3pips1.2pips3.0pips
    AUD/USD1.5pips1.8pips0.9pips3.0pips

    さすがに海外FXトップクラスの低スプレッッドを誇るLANDFXには劣るものの、XMやiFOREXよりは狭いスプレッドなのがわかる。

    GEMFOREXでは定期的に”口座開設ボーナス(未入金ボーナス)”を提供しているので、このボーナス分だけでも取引してみるのがオススメだ。
    ノーリスクでGEMFOREXの使い心地を試すことができる。

    ボーナス自体の出金は不可だが、ボーナス利用の取引で得た利益は出金できる。

    GEMFOREXのスプレッドに関する豆知識

    早朝など取引の流動性が低い時間帯はスプレッドが拡大しやすい

    GEMFOREXに限らずだが、早朝はスプレッドが広がりやすいので注意。

    各国の市場取引時間

    (引用:取引できる時間帯は? 外為どっとコム)

    特に午前7時~午前8時はロンドン・ニューヨークの2大マーケットはおろか、日本市場もオープンしていない

    もっともスプレッドが広がりやすいので注意しよう。
    ドル円やユーロドルなどの主要通貨ペアでは、スプレッドが0.5pips程度拡大してしまうこともある。

    上でも軽く触れたが、逆に22時から翌22時はロンドンマーケットとニューヨークマーケットの開場が重なる期間でスプレッドが狭くなりやすいのでオススメだ。

    重要な経済指標が発表されるいタイミングはスプレッドが広がりやすい

    以下のような重要な指標が発表されたり、決定されるタイミングはスプレッドが風呂がりやすいので要注意。

    • 非農業者部門雇用統計(アメリカ)
    • ADP雇用統計(アメリカ)
    • ISM景況指数(アメリカ)
    • 米FOMC政策金利発表(アメリカ)
    • GDP成長率(アメリカ)
    • 消費者物価指数(CPI)(アメリカ)
    • 新築住宅販売件数・中古住宅販売件数(アメリカ)
    • 日銀金融政策決定会合(日本)
    • 欧州中央銀行(ECB)政策金利発表(EU)
    • その他各国の政策金利発表・GDP・雇用統計

    為替レートが大きく変動して取引の流動性が損なわれるため、スプレッドが広がりやすいのだ。

    経済指標の発表時間は以下のカレンダーが見やすくまとめられているのでチェックしてほしい。

    →Yahoo!JAPAN ファイナンス「経済指標カレンダー」

    DD方式採用がスプレッドの狭さにプラスに働いている

    GEMFOREX(ゲムフォレックス)の評判は?13の特徴から読み解く』でも触れているが、GEMFOREXはDD方式の業者だ。

    トレーダーの注文を一旦業者側が決済するため、非常に約定が早くなるというメリットもある。
    (もちろん注文を”呑まれる”と、故意に負けさせられる可能性があるというデメリットもあるが)

    約定がスピーディになることで、スプレッドも注文時から広がりにくくなる。
    一般的にDD方式=悪と思われているが、真っ当に運営している業者であればメリットもあるため、過剰に心配する必要はない。

    GEMFOREXのスプレッドを日本円に換算する方法

    GEMFOREXのスプレッドを日本円に換算する計算式は以下の通り。

    取引量×0.0001×為替レート×スプレッド=日本円換算のスプレッド

    上記のように、スプレッドの金額は取引する通貨量によって異なる。
    たとえばドル円110円、スプレッド0.3pipsの際に50万通貨(5ロット)でエントリーする場合は「50万×0.0001×110円(為替レート)×0.3」で1,650円だ。

    pipsの計算方法については、下記のページでも詳しく解説しているので参考にしてほしい。

    以上、GEMFOREXのスプレッドに関する解説は終わりだ。

    軽く本記事の内容をおさらいしておく。

    【ノースプレッド口座】

    • ドル円・ユーロドル0.3pipsを筆頭とした最狭水準の低スプレッド
    • 最大レバレッジ1000倍×追証なしでハイレバスキャルピングに最適
    • 初回最低入金額30万円・ボーナスなしと初心者には手が出しづらい

    【オールインワン口座】

    • ノースプレッド口座と比較するとスプレッド広め
    • その他のボーナス特化型の口座と比べるとスプレッドは狭いほう

    正直どちらの口座タイプのスプレッドも海外FX全体でみると狭い方で、利用価値は大いにある。

    特にノースプレッド口座は海外FX随一のスプレッドの狭さを誇り、ハイレバスキャルピングにはもってこいの環境。

    初回最低入金額30万円が問題にならないトレーダーであれば、利用してみるのがオススメだ。

    GEMFOREXの口座開設はこちらから

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *