curfexとは?評判はどう?入金・出金手数料から登録方法まで解説!

curfexとは?手数料から登録方法まで鬼まとめ

本ページでは海外FX業者【Axiory】で国内銀行送金を利用する上で登録必須なcurfexについて、特徴を全てまとめてある。

  • そもそもcurfexってどんなサービスなのか
  • curfexは信頼して利用できるのか
  • 入金手数料や出金手数料の詳細が知りたい
  • curfexでアカウント登録してみたい

上記含めて1つ残らず全て解説し、得体のしれないcurfexの全貌を丸裸にしている。

curfex公式サイト:https://www.curfex.com/

そもそもcurfexとは?

curfexは香港に拠点をおく国際的な送金サービスだ。

curfexに登録さえしておけば、

  • 香港
  • 韓国
  • 日本
  • フィリピン
  • シンガポール
  • インドネシア
  • マレーシア
  • オーストラリア

の銀行に送金することができる。

日本では「楽天銀行」「三井住友銀行」「ジャパンネット銀行」に対応しており、curfex経由で世界中どこからでも送金することができる。

【通常の国際送金よりも手数料が大幅に安くなる】

curfex経由で送金すれば、通常の国際送金よりも手数料を大幅に削減できる。

たとえば日本円10万円を韓国に送金する場合、通常の国際送金でかかる手数料はトータルで5,741円
一方でcurfex経由なら1,000円(送金額の1%)しかかからない。

普段から国際送金する機会がある人は、登録しておいて損はないサービスだ。

(現状では上述した8カ国への送金にしか対応していないが、送金対象国は拡大予定とのことだ。)

日本の金融庁の認可を受けている送金サービス

curfexは日本の金融庁管轄の関東財務局に資金移動業者として登録をうけている。

関東財務局へ資金移動業として登録許可を受けています。

(参照:curfex公式サイト

まだ知名度が低いサービスではあるが、金融庁登録済みということで安心して利用できる。

curfexはbitwalletなどのオンラインウォレットとは一線を画す

curfexはあくまで送金に特価したサービスで、オンラインウォレットの機能はない

つまり「オンラインウォレット自体に入金する」「一旦オンラインウォレットに送金し、オンラインウォレットから銀行に送金する」という手順は存在しないのだ。

海外FXの出入金経路として注目されているbitwalletを利用した場合と、curfex経由での出入金経路を比較してみた。

■bitwallet(オンラインウォレット)経由で海外FX業者に入金・出金する場合

  1. bitwalletでアカウント開設
  2. 銀行振り込み、もしくはクレジットカードでbitwalletに入金
  3. bitwalletから海外FX業者に入金

→入金完了

  1. 海外FX業者からbitwalletに出金
  2. bitwaletから国内銀行に出金

→出金完了

■curfex経由で海外FX業者に入金・出金する場合

  1. curfexでアカウント開設
  2. 海外FX業者の指定口座に振込(curfexはこの送金を担う)

→入金完了

  1. 海外FX業者から国内銀行に送金申請(curfexはこの送金を担う)

→出金完了

bitwalletなどのオンラインウォレットを利用する場合と比べて、出入金のステップが大幅に簡略化されているのがわかるだろう。

curfex経由でAxioryに入金・出金する場合の手数料・着金スピード

上述したように通常の送金の場合は送金額の1%ほど手数料が発生するが、curfex手数料はAxioryが全て負担してくれる。

2万円以上の送金であれば、出金時の「出金額1%」の手数料しか発生しない。
(Axioryではどの出入金方法を選んでも、2万円以下の送金で一律1,500円の手数料が発生する)

curfex経由でAxioryに国内銀行送金で入金した場合

発生する手数料はAxioryの指定口座に振り込む際の振込手数料(432円ほど)だけ。

2万円以上入金すれば、振込手数料のみで入金することができる。
(従来の国内銀行送金と全く同じ仕様だ)

着金スピードは一営業日以内
早いときだと、振り込み完了から1時間以内でAxioryのアカウントに着金することもある。

curfex経由でAxioryから国内銀行送金で出金した場合

発生する手数料は送金手数料である「出金額の1.0%」だけ
国内銀行口座に着金するまでに、追加で他に手数料が徴収されることはない。

着金スピードは出金申請から2営業日以内

従来の海外銀行送金と比べて、出金スピードが大幅に短縮できる。

また手続きはAxiory会員ページから送金先の銀行口座を登録するだけなので、カンタンだ。

出金手数料は海外送金よりも割高になる可能性があるので注意

便利な国内銀行出金だが、出金額によって手数料は海外銀行送金の方が安くつく場合がある。

海外銀行送金で出金する場合のトータル手数料は3,000円~4,000円程度。
curfex経由でかかるのは「出金額の1%」なので、だいたい30万円以上出金する場合には海外銀行送金よりも手数料が高くなってしまう。

最長で出金までに5営業日待てるなら、あえてcurfex経由にせずに通常の海外銀行送金で出金した方がお得だ。

curfexの口座開設方法(アカウント登録)の流れ

公式HPへアクセス後に登録フォームへ進む

まずはcurfexの公式HPへアクセスしよう。

curfex公式サイト:https://www.curfex.com/

アクセスしたら右上の「会員登録」か、真ん中あたりにある「今すぐ始める」をクリックする。

口座開設フォームを埋めて会員登録を進める

  • アカウント種別:個人アカウント
    (※)個人アカウント以外選択不可
  • 居住国:(例)JPY
    →JPY(日本)かHKD(香港)から選択

両方選択したら「次へ」をクリック。

  • メールアドレス:(例)kaigaifx@gmail.com
    →gmailやyahooメールなどのフリーアドレスでもOK
  • パスワード:(例)任意のパスワードを2回入力する

メールアドレスとパスワードを入力したら、「私はロボットではありません」にチェックマークを入れよう。

その後「登録する」をクリック。

より詳細な個人情報入力フォームが表示される。
入力式のところは入力、選択式のところは当てはまるものを選択して埋めていこう。

なお入力するところはすべて日本語で入力してOKだ。

  • 苗字:(例)田中
  • 名前:(例)太郎
  • 電話番号:(例)+81 8012345678
    (※)国番号の「+81」が入力されているため、自分の電話番号の最初の”0″を省略して入力。
    登録する番号は携帯電話・固定電話の両方可
  • 生年月日:(例)01(日) 01(月) 1980(年)
    (※)生年月日は日付から選択していく。日にちがDD、月がMM、年がYYYYで表示されているので適切なものを選択しよう。
  • 職業:(例)会社員
  • 国籍:(例)日本

基本的な個人情報を入力したら、住所の入力へ移る。

なおcurfexでは登録した住所宛にアクティベーションコード(ログインに必要なコード)が、簡易書留郵便で送付される。
絶対に住所は間違えないよう正確に入力しよう。

  • 郵便番号:(例)1234567
  • 県:(例)東京都
  • 市:(例)新宿区
  • 住所1:(例)西新宿1-2-3
  • 住所2:(例)ABCタワー201

住所の入力を終えたら、最後にマイナンバーの記載と書類を提出する。

提出する書類は以下の3点。

  1. マイナンバーカード(マイナンバー通知カード)の表面
  2. マイナンバーカード(マイナンバー通知カード)の裏面
  3. 運転免許証or在留カード

提出する書類はスマホで撮影したものでOKだ。

書類をアップロードしたら、利用規約と顧客管理に関するチェックボックスにチェックを入れて「次に」をクリックする。

上記の画面が表示されるので、届いたEメール内のリンクをクリックして認証しよう。

またそれと同時に登録した住所へアクティベーションコードの簡易書留が自宅に届くのを待つ。

セルフィ―(自撮り)画像の提出

curfexからセルフィ―(自撮り)画像を提出してくれという旨のメールが届く。

こんにちは、

Curfexへご登録いただきありがとうございます。
お客様にご入力いただいた登録手続きの確認を行います。Curfex登録の手続を完了するためには以下の手続きを行う必要がございます。
以下の画像を添付の上このメールアドレスへご返信下さい。

1. 自撮り画像送付による本人確認

犯罪による収益の移転防止に関する法 律施行規則の一部改正により、お客様 の自撮り画像送付による認証が必要と なります。お客様ご自身の鮮明な顔写真 をご提供いただき本人確認を行います。

イメージファイルを表示の上、自撮り画像による本人確認のご案内をご参照ください。

添付されたイメージ画像を参考に自撮り画像を撮ろう。

自撮りにはアップロードして提出したマイナンバーカード、運転免許証or在留カードが写っている必要がある。
自分だけが写っている画像では認証されないので注意だ。

アクティベーションコードでアカウントを有効化する

登録住所へアクティベーションコードが届いたら、それを利用してアカウントを有効化しよう。

なおアクティベーションコードが届く前に、アカウント登録自体は完了している。

こんにちは、

Curfexにご登録いただき誠にありがとうございます。
お客様のアカウント登録が完了いたしましたのでご案内いたします。いつでもお客様のAxioryアカウントへの日本国内お振込みがご利用いただけます。
以下の銀行口座へデポジット金額をお振込みください。お振込み時には送金名義人、もしくはメモ欄へAxioryアカウントIDをご記載いただきますようお願い申し上げます。
________________________________________

銀行名:ジャパンネット銀行
支店番号:005
支店名:ビジネス営業部
口座番号:1950217
口座名義人:CURFEX JAPAN(カ
________________________________________

銀行名:みずほ銀行
支店番号:028
支店名:銀座通支店
口座番号:2501406
口座名義人: CURFEX JAPAN(カ
_______________________________________

銀行名:第二営業支店
支店番号:252
支店名:楽天銀行
口座番号:7753662
口座名義人: CURFEX JAPAN(カ
_______________________________________

ご利用に関してご不明な点などございましたらhello@curfex.com までお気軽にお問い合わせください。

ただしアカウントを有効化するまでは、curfexの機能(国内銀行送金)は使えないので注意しよう。

以上でcurfexのアカウント登録は完了だ。

curfexは登録しておくだけで、海外FX口座と国内銀行の間で送金しあえる便利なサービス。

入金は従来の国内銀行送金と何ら変わらない仕様で利用できて、出金スピードも海外銀行送金より大幅に改善されている。

現状ではAxioryしかcurfexに対応していないが、今後他の海外FX業者も出入金オプションとしてドンドン取り入れていくだろう。

ただ気がかりなのが、日本の金融庁の管轄下だということ。
今後対応業者が増えてcurfexが目立つ存在になれば、金融庁からの圧力で利用停止になることも考えられる。

とはいえ現状Axioryユーザーが登録しない理由は1つもないので、当記事を参考にアカウント登録してみてほしい。

curfex公式サイト:https://www.curfex.com/

またcurfex対応のAxioryについては、下記のページで管理人が詳しくレビューしている。





◇海外FX業者選びにまよったら◇
↓海外FXのトリセツ管理人が選ぶ厳選海外FXブローカー6社をチェック↓
管理人が選ぶ、海外FX業者おすすめ6選へGO

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*