【3分で終わる】GEMFOREXの口座開設方法。ゲムフォレックスで本人確認書類を提出する手順も解説

【3分で終わる】GEMFOREXの口座開設方法。ゲムフォレックスで本人確認書類を提出する手順も解説

本記事ではGEMFOREXの口座開設方法について解説していく。

GEMFOREXでは口座開設時に書類提出の必要がなく、めちゃくちゃスピーディかつカンタンにできる。
3分あれば口座開設自体はできるだろう。

簡単な手順は以下の通りだ。

GEMFOREX口座開設手順
  1. 公式サイトへアクセスする
  2. 口座タイプ、登録種別、お名前(英文字)、メールアドレスを入力
  3. GEMFOREXから届いたメールを確認し、口座開設完了

以下のリンクからGEMFOREXの口座開設フォームへ飛び、本記事を参考にしながら進めてほしい。

GEMFOREX口座開設キャンペーン情報

現在、GEMFOREXでは超お得な口座開設キャンペーンを開催している。

口座開設20,000円ゲットできるのは、GEMFOREXだけだろう。 気になる方は公式サイトをチェックしてみよう。

新規口座開設で20,000円プレゼント
・100%入金ボーナスつき

\口座開設で20,000円プレゼント/ GEMFOREXの無料口座開設はこちら

※2022年5/31(火)まで

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の口座開設の手順

ここではまず、GEMFOREXの口座開設手順を、以下3つのステップに分けて解説する。

  • 口座開設に必要な書類
  • 必要情報を入力して口座タイプを選ぶ
  • メールボックスでGEMFOREXから届くメールを確認する

他の業者で口座開設経験がある方は、3分程度。

初心者の方でも10分程度で手続きが行えるため、ぜひ参考にしてほしい。

口座開設に必要な書類

GEMFOREXは本人確認不要で口座を開設できるが、そのままではボーナスの受取りと利益が出金できない。

出金前に書類を提出する必要があるため、事前に以下の書類を準備しておこう。

●身分証明書(1点)

運転免許証・パスポートなどのコピー。
※パスポートの場合は住所記載ページも提出の必要アリ

●住所証明書(1点)

公共料金明細書・クレジットカード会社や携帯電話会社の請求書・有効期限内の健康保険証など
※発行日より3ヶ月以内のものに限る

●身分証明書と本人が一緒に大きく写っている鮮明な写真

身分証明書と本人が一緒に大きく写っている鮮明な写真

引っ越しなどで住所が変わり、書類の記載内容と相違が発生した場合は承認が下りない可能性がある。

あらかじめ現状と同じ情報かどうかを確認して、不備のないようにしてほしい。

個人事業主の必要書類

個人事業主として本人確認を行う場合は、先ほど触れた身分証と住所証明書に加えて、「法人格ではない」ことが分かる書類も提出する。

具体的には以下の通りとなるため、事前に準備してほしい。

  • 個人事業の開業届
  • 個人事業開業届出済証明書
  • 納税証明書
  • 青色または白色確定申告書

上記の他に納税証明書なども有効とされているので、できる限り手間なく用意できるものを探すと良いだろう。

法人の必要書類

法人として本人確認を行う際は、代表者の身分証明書と一緒に、会社登記簿謄本も提出する

発行後3ヶ月以内の謄本でなければ受け付けてもらえないため、あらかじめきちんと確認しておこう。

具体的な提出方法については、個人口座や個人事業主と同様だ。

必要情報を入力して口座タイプを選ぶ

GEMFOREXの登録フォームを埋める

  • 口座タイプ:(例)日本円口座(オールインワン)
    ※日本円口座(オールインワン)・USD口座(オールインワン)・日本円口座(ノースプレッド)・USD口座(ノースプレッド)から選択
  • 登録種別:(例)個人口座
    ※個人口座・個人事業主口座・法人口座から選択
  • お名前(英文字):(例)Kaigai Taro
    ※半角英文字で入力
  • メールアドレス:(例)Kaigaifx@gmail.com
    ※gmailやYahoo!メール等のフリーアドレスでも可

まずは登録フォームを埋めていく。
非常にカンタンな項目ばかりなので特に悩むことはないだろう。

オールインワン口座とノースプレッド口座、どちらを開設すれば良いかわからない方は選び方を後述するので参考にしてほしい。

すべての項目を選択・記入したら「私はロボットではありません」にチェックを入れて「口座開設」をクリックする。

GEMFOREXの仮口座開設完了の画面

上記の画面が表示されれば口座開設完了だ。

オールインワン口座とノースプレッド口座

オールインワン口座とノースプレッド口座はまったくスペックが異なる口座だ。

  • オールインワン口座:豪華なボーナスが適用されるデイトレード向けの口座
  • ノースプレッド口座:ボーナスはないがスプレッド激狭のスキャルピングトレーダー向けの口座

【オールインワン口座とノースプレッド口座のスペック早見表】

項目オールインワン口座ノースプレッド口座
最大レバレッジ1000倍1,000倍
追証なしなし
平均スプレッドドル円2.0pips
ユーロドル1.8pips
ユーロ円2.0pips
ドル円0.3pips
ユーロドル0.3pips
ユーロ円0.5pips
取引手数料無料無料
取引ツールMT4MT4
ボーナスありなし
商品FX:33種類
貴金属:2種類
FX:33種類
貴金属:2種類
最低取引量0.01LOT(1,000通貨)1LOT(100,000通貨)
ロスカット水準証拠金維持率100%以下証拠金維持率100%以下
最低入金額1円30万円

どちらも基本的なスペックは同じで、最大の違いはボーナス特化かスプレッド特化かというところ。
ただしノースプレッド口座の方が最低入金額30万円・最低取引量が10万通貨からと、初心者にはとっつきにくい部分がある。

管理人的には最初にオールインワン口座を開設してボーナスを利用して取引した後、ノースプレッド口座に乗り換えるのがオススメだ。

GEMFOREXでは追加口座の開設がOKなので、いつでも口座を乗り換えることができる。

メールボックスでGEMFOREXから届くメールを確認する

GEMFOREXから登録したメールアドレス宛に2通メールが届いているので確認しよう。

  1. マイページのログインパスワードが記載されたメール
  2. 口座番号・口座パスワード・MT4サーバーなどが記載されたメール

どちらもかなり大切なメールなので必ず控えておこう。

【マイページのログインパスワードが記載されたメール】

GEMFOREXマイページのログインパスワードが記載されたメール

【MT4情報が記載されたメール】

GEMFOREXのMT4情報が記載されたメール

【パスワードとパスワード(ReadOnly)の違い】

パスワードはMT4へログインする際に利用するパスワード。
こちらのパスワードでログインすると発注などすべての機能が利用できる。

パスワード(ReadObly)もMT4にログインする際に利用するのは同じ。
ただしパスワード(ReadObly)でログインすると、発注などが行えず、閲覧のみ可能な状態でのログインとなる。
第三者へ自身の口座を開示するときなどに利用するものだ。

 

GEMFOREXの口座開設に必要な書類提出方法

GEMFOREXでは単純に口座開設するだけなら必要書類を提出する必要はない。
初回出金時に提出すればOKだ。

しかし各種ボーナスを受け取るには、書類提出まで終わらせなければならない

オールインワン口座を開設してボーナスの受け取りを考えている方は、口座開設後すぐに書類提出まで済ませてしまおう。

マイページへログインする

GEMFOREXのマイページへログインする

届いたパスワードを利用してGEMFOREXのマイページへログインしよう。

必要書類をアップロードする

必要書類をアップロードする

マイページにログインしたら、マイページの1番下のある「ファイルのアップロード」から必要書類をアップロードしよう。

必要書類アップ後の表示

アップロードする書類はスマホで撮影したものでもOKだ。
すべてファイルを選択し終えたら、アップロードをクリックする。

アップロードすると、GEMFOREX側で確認が行われ、承認されると「必要書類受理のご連絡」というメールが届く。

GEMFOREXの「必要書類受理のご連絡」のメール画面

必要書類の提出手順は、以上の通りとなる。

ここまででGEMFOREXの口座開設方法は完了だ。

入力する項目も少なく、書類提出方法もカンタンなので誰でも10分あれば書類提出までできるだろう。

読者がこの記事を参考にスムーズに口座開設を終わらせることができたら幸いだ。

GEMFOREXの口座開設はこちらから

GEMFOREXの口座開設後でよくある質問まとめ

ここからは、GEMFOREXの口座開設後によくある質問を解説する。

  • 入金方法
  • MT4のダウンロード手順
  • 出金方法

いずれも運用する際は必要な知識となるため、ぜひ参考にしてほしい。

入金方法

GEMFOREXの入金方法は以下の通り豊富であり、ユーザーは自分のニーズに合わせて切り替えられる。

  • 国内銀行送金
  • クレジットカード
  • オンラインウォレット
  • 仮想通貨
  • 中国国内銀行決済

それぞれで最低入金額や着金スピードが異なるので注意してほしい。

MT4のダウンロード手順

GEMFOREXでトレードを始める際は、取引ツールのMT4をダウンロードするのがおすすめだ。

具体的には、公式サイトの「プラットフォーム」からタブレットやWindowsといった利用環境を選択するだけで完結する。

MT4のスペックやさらに詳細な手順については以下の記事で解説しているので、ぜひ参考にしてほしい。

GEMFOREXMT4の詳細はこちら

出金方法

GEMFOREXはマイページで手続きを行うだけで、簡単に口座資金を出金できる。

2022年4月現在は銀行送金出金しか利用できないが、着金スピードは比較的早いと評判だ。

具体的な手順については、次の記事で詳しく解説している。

GEMFOREXの出金方法はこちら

GEMFOREXで口座開設する4つの注意点

GEMFOREXの口座を開設する際は、以下4つのポイントに注意する必要がある。

  • 口座維持手数料が発生する可能性がある
  • 同じ名義の口座から出金するとボーナスが消滅する
  • スキャルピングに制限がある
  • 口座登録タイプは4つある

事前に把握しておかなければ、効率的な運用は行えないため、きちんと押さえておこう。

口座維持手数料が発生する可能性がある

GEMFOREXは、3ヶ月間入金や取引を行っていないアカウントに対して、1,500円の口座維持手数料を徴収している。

決して少額とはいえないコストとなるため、口座を開設した際は定期的に利用した方が良いだろう。

もし長期的に使う予定がない場合は、口座資金をすべて引き出しておけば問題ない。

同じ名義の口座から出金するとボーナスが消滅する

GEMFOREXでは複数の口座を保有できるが、ボーナスはアカウント単位で付与されるため、どの口座から出金しても消滅してしまう。

たとえば口座Aにボーナスが入っているとしても、その他のBやCから出金した場合は一定割合が差し引かれるということだ。

事前にルールを知らなければ運用効率が低下するため、きちんと把握しておこう。

ゲムフォレックスのボーナス情報を詳しく見る

スキャルピングに制限がある

スキャルピングは高頻度で取引を繰り返す手法であり、GEMFOREXでも実践することが可能だ。

レバレッジをかければ少額資金でも十分な利益が得られる一方、以下のケースは規制の対象となってしまう。

  • 極端に大きいロット
  • ボットを利用した自動トレード

通常通りにスキャルピングを行えば特に心配する必要はないが、GEMFOREXを利用する上では念のため押さえておくべきだ。

口座タイプは4つある

GEMFOREXには合計4つの口座タイプがあり、それぞれで特徴が異なる。

オールインワン口座とノースプレッド口座については先ほど触れた通りとなるため、ここではレバレッジ5,000倍口座とデモ口座について解説する。

レバレッジ5,000倍口座

GEMFOREXは不定期でレバレッジ5,000倍口座を提供しており、オールインワン口座よりもダイナミックに取引できる。

具体的なスペックは次の通りだ。

  • 入金可能金額:~50,000円
  • 獲得可能利益額:~100万円
  • 取引可能通貨:~300万通貨

2022年4月現在は募集していないが、いつ再開しても良いように公式のアナウンスをしっかりチェックしておこう。

デモ口座

デモ口座とは、架空の資金で本番さながらの取引が行えるサービスであり、GEMFOREXでは無料提供されている。

もし損失がでても現実の資金が減るリスクはないことから、初心者の練習環境には最適といえるだろう。

具体的な口座スペックはオールインワン口座と同様なので、本格的に投資を始める前にぜひ利用してほしい。

GEMFOREXでの口座開設は海外FX初心者におすすめ

GEMFOREXは海外FXでありながら国内FXの特徴をあわせもっており、海外FX初心者が取引しやすい業者と言える。

一定のデメリットはあるものの、高いレバレッジ、豪華なボーナス、狭いスプレッド、安心の日本語対応などメリットが多い。

国内FX並の低スプレッドで1000倍という超ハイレバ取引を体験してみたいという人は、とりあえず口座開設ボーナス分だけ取引してみるのもおすすめだ。

また種類豊富なEAが無料で使いたい放題なので、自動販売にチャレンジしてみたいという人もGEMFOREXでぜひ口座開設してみてほしい。

GEMFOREXの口座開設はこちらから

GEMFOREXの関連記事一覧

GEMFOREXを利用前後で、気になるであろう記事をまとめた。

両建てやレバレッジ、スプレッド・ゼロカットなど、GEMFOREXに関する情報をまとめている。

チェックしたい記事は、ぜひこちらから参考にしてほしい。

SNSでもご購読できます。