DD方式とNDD方式の違いとは

FX会社ごとにFXの取引方式が違うのはご存知だろうか。

国内FXトレーダーで取引方式の違いを明確に説明できる人はまだまだすくない。

しかしFX業者を選ぶ際、そのブローカーがどの取引方式を採用しているかは非常に重要な要素だ。

事実、海外のトレーダーは、スプレッドやレバレッジを検討する前にまず取引方式を確認すると言われている。

FXの取引方式には大きくわけて

  • DD方方式・・・FX会社(ディーラー)がトレーダーとインターバンクの間に介入する
  • NDD方式・・・FX会社(ディーラー)がトレーダーとインターバンクの間に介入しない

の2種類がある。(さらにNDD方式の中にはSTP方式とECN方式の注文方法が分かれている。)

 

もしあなたがFXの取引方式についての知識がないならば本ページを参考にしてほしい。

本ページでは、DD方式とNDD方式(STP,ECN)の違いやメリットデメリットを解説していく。 続きを読む